井沢満ブログ

後進に伝えたい技術論もないわけではなく、「井沢満の脚本講座」をたまに、後はのんびりよしなしごとを綴って行きます。

慰霊に行くのに満面の笑顔 稲田大臣

2016-12-28 | 断食 少食 不食

https://twitter.com/nikkeilive/status/813363945817812992/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw

画像はこちらより ↑

 

真珠湾訪問は、慰霊でしょう。
このスター気取りの笑顔は、外交的な意味でも、迂闊であり非礼でしょう。

飛行機のタラップで、満面の笑みで大きく手を振る稲田さんに著しく
違和感とそして、デジャビュを感じます。

既視感の正体は、滅多におやりにならない被災地ご訪問で
流された民家の瓦礫の前で、にこにこされている皇太子殿下と皇太子妃殿下です。

いずれも対象への敬意と、心からの哀悼の意をお持ちにならぬことから来る笑顔でしょう。稲田さんは心からでなくても、日本国の閣僚としての立ち居振る舞いというものがございます。

稲田さんに関しては、靖国神社でお目にかかった時以来の
直感による違和感(外したことがない)と、その後のTPOを
心得ない、その場ヘの軽視と侮辱でもある
突拍子もないファッションに呆れ果てているのと、それから
辻元さんに突っ込まれた時の、防衛相にはあるまじき
涙目を腹から軽蔑しているのと・・・・もろもろで、わたくし稲田さんに
厳しすぎるでしょうか。

雑誌名が解らず、典拠無しの拝借画像ですが・・・・・

ブルーと黒で統一したらしいところに、ピンクのバッグ。
ごてごてした柄スカートに、ゴテゴテ柄の網タイツ。
キャップにサングラス。
コンセプト皆無。
男はこの手のことに、比較的寛容・・・・・と言おうか、鈍感なのですが
女性のファッションというのは、結構中身を示します。

 

 

 

 

*誤変換及び文章の瑕疵は、後ほど推敲致します。

*アクセス数が増えるに連れ、ジャンクコメも時に紛れ込みます。
鬱陶しいのでとりあえず、お名前欄に無記名のもの、
杜撰なHNは1つの目安として、そのままスルーさせて
頂きます。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「有能」なら民度が高いのか... | トップ | 現代日本に不倫無し »
最近の画像もっと見る

33 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
画像はこちらでしょうか? (菜の花)
2016-12-28 07:56:15
>既視感の正体は、滅多におやりにならない被災地ご訪問で流された民家の瓦礫の前で、にこにこされている皇太子殿下と皇太子妃殿下


http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1482878382596.jpg


雅子妃は、津波の被災地を訪れられ、記録の動画をご覧になり「もう一度」とご所望になりました。
あのね・・・・スペクタクル映画じゃないのよ。
それにニュースで散々、ご覧になっていらっしゃらない?
・・・・・ご関心がおありでない、か・・・・・・。
おはようございます (総太郎)
2016-12-28 10:10:55
実は、小生もこの画像を拝見した時、先生と同じ印象を抱いてしまいました・・。

稲田大臣に対しては、偏見も反感も全くございませんでしたが、色々な現状を目にするにつれ、先生の予見が正しかったのでしょうね・・。

昨日の山芙蓉様の歴史認識・御意見には同感です。

先生もお気付きかとは思うのですが、最近、南京大虐殺に関して、日本テレビの「NNNドキュメント」が虐殺は事実であった趣旨の特集を製作し、
日本テレビ報道部の清水潔記者が文藝春秋社から「南京事件を調査せよ」旨の著書を刊行され、
民放連、ギャラクシー賞を受賞されたりする状況。

先生も「バンキシャ」等の御仕事で御存知かも知れませんが、
清水潔さんは公正で殊更政治的イデオロギーを主張なさるタイプの方ではなく、大変御尊敬する記者の方だったのですが、一体どうしてしまったのか?・・と(~_~;)

問題の著書も拝読中ではあるのですが、今のところ、産経新聞が異論を唱えている位ですね。
メディアの影響力の大きさを思うと危惧しております。
服装は少しマシになったみたいですね。。。 (如月)
2016-12-28 14:27:52
井沢先生こんにちは。その後目の調子はいかがでしょうか?

稲田大臣。。。私も満面の笑みに、お祝い事のときのような大きなお手ふりに仰天しました。(服と髪色は幾分マシになったようですが。)
慰霊というより「遊びに行くの?」と言いたくなります。

国防をになう大臣としてTPOにあったお振舞をお願いしたいです。

お返事 (井沢満)
2016-12-28 16:07:01
菜の花さん

この写真・・・・と、皇太子妃殿下にはまだ何枚も、ございますね。


総太郎さん


稲田さんには私、総理大臣すら思ったこともあるくらいなのですが、その後ここには書いてないこともあれこれ。いずれ書くかもしれません。


脚本家もやたら、左翼が多いのですがその延長線上にということもないのですが、放送関係は多いですねえ。何をどう調べたら南京大虐殺があった、ということになるのか私など全く解りませんが・・・・
ひょっとして中国から渡される莫大なお金?
清水さんがそうだというわけではないのですが。
余りにも、不自然で・・・・大虐殺の肯定など。



如月さん

視界は明るくなったような気がしないでもないのですが・・・・・その代わりメガネ無しで普通に読めていた小さな文字が、霞むようになってます。
なんでしょうね。

次は歯の治療が待ち構えています。

次から次。その後はひょっとして前立腺肥大の治療か手術?

来年度はあちこちメインテナンスして、再生の年と名付けています。


稲田さん、余り激しく批判されるので服装は少し変えたのでしょうか。

ところで、政府専用機、必ず入り口に自衛官が立つのですが、両陛下の時は姿を見せません。両陛下が自衛官をお嫌いなので。
困ったことです。専用機は自衛隊の管轄なのに、いないことにされても。
これも大きく見れば政治関与ではないでしょうか、間接的自衛隊ご批判。

今度この画像は分かり易いので、、記事に書いたほうがいいのかな。

両陛下の自衛隊と、国旗国歌がお好きではないご様子を国民はあまり知りませんね。
違和感より嫌悪感 (サヨナキドリ)
2016-12-28 17:54:23
この画像を目にした際私も違和感、(というより寧ろ
「嫌悪感」と称した方が良いかも知れません)を感じました。

まず、防衛相という立場、そしてどういう任務で自分は
今その場に居るのかということが意識が皆無。

ただただ、毎回毎回、恰もそれがご自分の初舞台かの如くのハイ・テンションぶり。

見送りの家族に行ってきますと手を振る、中学生の
修学旅行出発時のようなウキウキ感と同種のものが伝わります。

稲田さん、貴女一体おいくつ?

チグハグなフリフリお馬鹿ファッションに身を包み
颯爽と報道陣の前に現れ笑顔をふりまく

注目されるのが大好きな普通のおばちゃん。

この人、こういうステージ、もう楽しくて仕方がないご様子。

・・・恥ずかしいから、止めて下さい。

・・・っていうか相応しくないから辞めて下さい。

それからこの被っている帽子
韓国のタレントのものであるとの、あるブロガーさんのご指摘がありましたね。
Unknown (mai)
2016-12-28 18:56:50
井沢先生おかえりなさいませ。
まとめて読ませていただいてからタイピングした長文投稿が反映されませんので、先生のリテラシーに抵触してしまったかしらと心配しておりますが、果たして確実に送信したのか?と自問すると、自信がありませんw
「金帝・銀帝・賢帝・泥帝・哀帝」の「伯家予言」について書きましたが、その件はまたいつか先生に取り上げていただき、ご高配を賜りたいと思っております。
稲葉防衛相、本当に情けないですね。
いつ見ても貧相なのはもうどうしようもないとして、テレビニュースで見ておりましたら、安倍総理の横で微笑を浮かべテレビカメラの方(右斜め前)に顔を傾けたままのおかしな角度で黙祷に入られました。
この方、政治資金でものすごく豪遊されておられるんですねw
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20161205/Postseven_472208.html
元カレのバックバンドのドラマーさんを政策第一秘書にして国費で養ってあげて、当選後すぐハワイの海外視察()旅行に同行させたり、両親を議員宿舎に住まわせたりと、
やりたい放題の三原じゅんこさんといい、政治でメシを喰おうという気マンマンな卑しさが透けて見えていて私もどうしても好きになれません。
なぜ安倍総理が重用するのか、どうにも理解できません。


Unknown (mai)
2016-12-28 19:23:12
井沢先生
訂正ですw
×ご高配
○ご高閲

なんか違和感残したまま送信してしまいましたので、違和感の原因を正します。
他にもいろいろと読みにくい部分がありましたらいつも申し訳ありません。
先生、ありがとうございます。 (総太郎)
2016-12-28 20:08:05
小生、清水さんは御尊敬する方のお一人で、
ましてや、こちら井沢先生の場をお借りして、取り上げるのは心苦しかったのですが、最近仰天する事ばかり(~_~;)

ギャラクシー賞受賞を始め、
件の著書や御本人のツィッターでも、政権批判・反日的な言動を表明。
慰安婦像の撤去にも反対で、南京大虐殺否定派との対決姿勢を打ち出され、YouTubeには事もあろうに、あの青木理氏と仲睦まじく政権批判対談する様子まであり、さすがに見過ごせず・・(~_~;)

かつて「フォーカス」記者時代から、桶川ストーカー事件、足利事件の追及等、優れた取材をされ、公正に真実を記される方だったのですが・・。

鳥越俊太郎さんと全く同じ変遷を辿っておられる様子です!
かつて、毎日新聞・テレビ朝日「ザ・スクープ」
時代の鳥越さんはリベラルながらも公正で立派な姿勢。
具体的には1990年、金丸信氏と田辺誠氏の訪朝・金日成との会談・土下座外交を舌鋒鋭く厳しく批判!
あの時代、これだけ勇気ある姿勢を示されたのは、鳥越さんと、フジテレビ「竹村健一世相を斬る」の竹村健一先生、TBS「日曜放談」での田久保忠衛先生らごく僅かの方々の記憶で、心から感心した物でした!
この頃から既に拉致問題を一貫して取り上げて下さり、「拉致被害者の方々が全て開放されるまで私(鳥越さん)も番組も追及を続けます!」との反骨ぶり!

日本の戦争は一貫して反省すべき、平和憲法遵守の姿勢の反戦派ではありましたが、
ロシアや中東情勢、中国の人権問題についても良く取り上げ・発言内容も日本の国益と普遍的な人権を重視した立派で公正な物でした。
事件報道でも常に被害者の方々の立場に立たれ、番組ゲストに保守派の方々がお越しでも紳士的で公正な司会ぶり。
毎日新聞やテレビ朝日を舞台の御仕事では、それなりに御苦労や軋轢もあった筈で、
小生、あの頃「鳥越さんは保守かリベラル?どちらなのだろう?」と思っていた位でした。
桶川ストーカー事件でも鳥越さんと清水潔さんが連携され追及される盟友ぶりだったのですが・・。

鳥越さんが都知事選挙出馬の際、清水さんが「桶川ストーカー事件の追及・取材を鳥越さんが自分独りの手柄のように語る違和感」旨、非難されている仲違いぶりには閉口しました(~_~;)

あれだけ立派だった鳥越さんが、御承知の通り、単純思考・反日的な言動を繰り返す変遷で、拉致問題についても殆んど語って下さらず、都知事選挙でも醜態ぶり。
失礼ながら、清水潔さんもそのように変遷されている気がしてなりません・・。

皆様方、一体何があったのか・・?
故・筑紫哲也氏のようなタイプなら、元々反日的なお方でしたから(それでも、昭和50年代位の筑紫さんは晩年程の反日ぶりではなかったですが)驚きませんが、小生の知る昔の鳥越さんや清水さんはそんなタイプではありませんでしたからね・・。

何かのきっかけや周囲からの感化で、
ジャーナリズムや報道は反権力・反体制であるべき!
国家権力は悪!のような思考に陥ると、鳥越さんや清水さんのように変遷するのではないのか・・?
先生も仰るように、失礼ながら何かの勢力の工作によって、変化されるのか・・、
真剣にこういった方々を分析・観察する必要性も感じます。
ジャーナリズムの世界だけでなく、政治家や拉致被害者の某御家族でも、まるで人が変わってしまったような方々を先生や皆様方も御存知だと思います・・。

そして、映画・演劇の世界は圧倒的に左派の方々が多いですね・・。美輪明宏さんらもそうですし、
新劇等、戦前のプロレタリア運動の延長だったり致しますし、
小生も御尊敬、お慕いする映画関係者の方々は大半そうですので、そこは、もう割りきって諦めています(苦笑)

では、また気付いた事がございましたら、御報告させて頂きます。
Unknown (ケイシ)
2016-12-28 21:21:17
井沢先生の稲田さんに対する違和感は、仰る通りですね。稲田さんが靖国神社参拝は、特アが政治問題化しているので、参拝できなった事は理解できますが、戦没者慰霊祭に防衛大臣として出席されなかったのは、許されない事だと想います。この事を指摘した辻元氏は嫌いですが、彼女の言っている事の方が正論ですよ。 安倍首相がなんで、こんなとんちんかんな女性を重用するのか首を傾げます。
はじめまして (知子)
2016-12-28 21:28:04
井沢先生はじめまして。
いつも拝読させていただいております。

稲田大臣の満面の笑み、私も激しく違和感を感じたひとりです。
また、今回の慰霊のどちらかで、首を斜めに傾げただけのような礼もありました。
この方には残念な思いをすることばかりです。

また、先生の皇室へのお考えにも深く同意することばかりです。

特に皇太子妃に関しての違和感、先生が時々書いてくださるこちらを読むたび、真っ当なご意見だとありがたい思いでいっぱいになります。
一体いつまで甘えた人生を送られて国民に負担を強いられるのか。

あのお二方が日本の象徴になられるだなんて本当に勘弁していただきたい。
お返事 (井沢満)
2016-12-28 22:44:34
サヨナキドリさん


確かに・・・・嫌悪感が先に立ちますね。
醜いものを目にした時のいやぁな感じ。


maiさん

>先生のリテラシーに抵触してしまったかしらと心配しておりますが


禁止ワードは一個だけしか設定してません・・・・し非公開にもしてません。禁止ワードは某ブロガーさんの読者さんがその人になりすまして、こちらのコメ欄に書き入れるようなことをされ、お互いに迷惑なので双方の名を出さぬよう、禁止にしています。



長文の場合はコピペなさることをお勧めします。
たまに、何かのハズミでこちらに届かないことが
あるのです。



総太郎さん


賞もねえ・・・・・その賞は私も作品で確か2度?だったか頂いたことがあるのですが・・・・・流行語大賞と同じく、ひょっとしてそれ傾向の人たちの溜まり場なのかもしれませんね。

びっくりしたのですが、流行語大賞の「日本死ね」を選んだ歌人、偶然かどうか知りませんが西早稲田の反日韓国人組織が集結したところに、連絡先があります。「平和憲法にノーベル賞を」の自称主婦の御方の本拠地も同じく西早稲田だったような。




ケイシさん


戦没者慰霊にすら出ないということが、信じられません。日本人ではないですね。そのメンタリティが、という意味で物理的出自のことではありませんが。



知子さん


皇太子と皇太子妃については、ネットの主流で語られ、ささやかれていることの85%が真実だと思います。お国に近いところにいる方から、さまざま耳にしています。

その中身も驚くべきことではありますが、私が肝をつぶしているのはむしろ、こんな由々しいあれこれを、全く公表しない日本のマスコミなのです。




「肝をつぶしている」との仰せですが (けん)
2016-12-29 04:09:27
「その中身も驚くべきことではありますが、私が肝をつぶしているのはむしろ、こんな由々しいあれこれを、全く公表しない日本のマスコミなのです。」

 しかし、日本のマスコミが その全てが 朝鮮人に乗っ取られているのですから、むしろ 当然の事だと私は判断しています。日本においては、「朝鮮人が 朝鮮人にとっての利益のために」という 唯一点の観点から 日本人に知らせる情報と知らせない情報とが取捨選択されていますから。それによって、朝鮮人が 日本人の意識と行動の方向を 朝鮮人の利益増大化への方向へ誘導しているのです。この事に 日本人は 気付かねばなりません。気付いて、拒否せねばなりません。日本人による 日本人のための 正当なマスメディアを 一秒でも早く できるだけ早く 作らねばなりません。

私が「朝鮮人こそ 日本の諸悪の根源」とまで言い切った事を、皆さんは どのように 受け止めていらっしゃいますか。ご意見を 伺いたいと存じます。
いつもありがとうございます (赤いサラファン)
2016-12-29 05:53:06
術後の経過いかがでしょうか。こうして更新してくださることで元気にしていただいています。本当に感謝しております。

天皇、皇后、そして皇太子、雅子さんを見るたびに暗澹たる気持ちになり、日本人として恥ずかしい気持ちになります。外国の要人に会ってほしくないです。

それは稲田大臣を見ても同じです。慰霊はとても風が強い場と動画を見てわかりました。そんななか、もう顔を見なくても服装を見ただけで稲田大臣だとわかります。風に白いブラウスか何かが吹かれていましたから。べったりした髪も。風が強いならジャケットの前をきちんと留めて、服がなびかないようにするとか髪はまとめるとか考慮しないのでしょうか。血を吐くほどの訓練を重ね、命をかけて日本を守っておられる自衛隊員の方たちもあの大臣では士気があがらないでしょう。気の毒です。私たち国民もはなはだ心もとない。

そしてこの笑顔で手を振る様を見て仰天しました。自分を女優か何かと勘違いしている?今はほんとにおかしな風潮です。政治家が女優ぶり、女優や俳優が政治家か政治評論家のように政治を語り、総理大臣を批判する。全く逆ではないですか。自分の分を弁えない人があまりに多いです。

知識も深慮もなく軽薄に政治を語るタレントや役者、監督、キャスターたち。そして日本の安全よりもわが身を飾り目立ちたがる政治家たち。女性なら男性と違い、お金にも少しはきれいかと思いきや、そんなこともなくどんどん失望していきます。目立てれば誰でもいいなんていう人選をするから女優やキャスターが政治の世界に入ってきます。弁護士も弁がたつから入ってきます。でも信条はどうなんでしょう。蓮舫 はガソリーヌ山尾はいつになったら逮捕されるんでしょう。

日本貶めの急先鋒が天皇、皇后です。天皇は完全に皇后の言いなりか、マリオネットのごとく肘をひっぱられ、それを恥ずかしいとも思わない皇后。誰一人忠信もできない。昭和の天皇、皇后陛下の佇まいは美しかったです。何かよくわからないなりに天皇陛下に愛着を抱き、世界に誇れるお二方として仰ぎ見ておりました。

それが今では美智子さんの正体見たり、平民以下です。マスコミしかなかった時代ですから騙されても仕方ないとはいえ。

そして一番分を弁えていないのは美智子さんでしょう。日本の象徴たる肝心のところがこうなのですから日本がおかしくなって当然です。

男女同権が行き過ぎたあまり、おかしな方向に向かってしまいました。やはり防衛大臣に女性というのは不適切だと思います。たとえ小池氏であっても。

自衛隊員が命をかけている以上、防衛大臣も命をかけて日本を守るという面構えであってほしいです。

2日ほど前、「林修の今でしょ講座」という番組で大河ドラマで取り上げてほしい人物をプレゼンしていました。林氏と東大教授の本郷 和人教授のプレゼンでした。私は幾人かのうち、徳川家康の忠臣で数々の武勇伝を持つ本多 忠勝という武将に惹かれました。


忠勝の哲学は武士の心得として「志からではなく見た目の形から武士の王道に入るべし」と言ったということです。形を重んじているうちに自然に中身がついてくる。武士として恥ずかしくないふるまいをしろ、そのうち、本当の勇者になれる、という考え方で57戦無敗で家康を守り抜いた武将です。


稲田大臣は何を浮かれているんでしょう。ほんとに恥ずかしい。見た目があれでは中身がすっからかんと思われても仕方ないです。何かあったら一番に逃げ出しそうです。

私は秋篠宮様と紀子妃殿下に是非天皇陛下、皇后陛下として立っていただきたいと希います。その願いが叶ったなら日本がどんなに明るく希望に満ちた世界に誇れる存在になるでしょう。もう、世界の前で頭を垂れて卑屈になる必要もなく、子供たちも日本人に生まれて良かったと笑える日が来る、そう信じます。

安倍総理は、内にも外にも敵がいて大変だとは思いますが、妙な女性偏重は止めていただきたいです。女性である私がそう思います。

若い人、子供たちが誇れる日本、未来ある日本に一日も早くなることを祈っています。長々と申し訳ございませんでした。お元気でよい年の瀬をお過ごしください。



けん様へ (菜の花)
2016-12-29 05:57:20
おはようございます。

>「肝をつぶしている」との仰せですが


これは、井沢先生のレトリックですよ。
「驚いてみせている」という文章上の技術。
情報番組にセミレギュラーに出られていた
先生が、テレビの裏側、それもごく単純な裏側を
ご存じないわけはないでしょう?

なぜこのようなレトリックを使われるかと言えば
「段階」説法だからです。いきなり語っては受け入れられないことを段階を追って説法していく、釈迦の方法論です。

あなたのように言い切るのは簡単なのです。
ただし、匿名や無名のブロガーなら。

放送が(NHKさえ。いえNHKが一番)乗っ取られているということは、先生も過去の記事で何度も行間に込められています。

>私が「朝鮮人こそ 日本の諸悪の根源」とまで言い切った事を、皆さんは どのように 受け止めていらっしゃいますか。ご意見を 伺いたいと存じます。


その通りとおもいます。放送、新聞、週刊誌、法曹、教育、皇室にさえ・・・・ありとあらゆる分野に彼らは入り込んでいます。
これも、井沢先生は微妙に書かれてますよ?
行間を読み取りましょうよ。お立場で書けないことが
たくさんあると思います。
むしろ、お顔をお名前を晒して、よくここまで書かれると私などファンは肝を潰しています。
北朝鮮人が名誉会長である某カルトなど、暴力団と結びついて、怖いことやらかしますからね。

あなたのように匿名性ではない、ブログであることを理解しましょうよ。

レトリックの意味をもう少し説明するなら「マスコミに肝をつぶしている」、という言い方でその報道をまるごと信じ込んでいる日本人への警告ともなされています。そう私は読ませて頂きました。

あと記事ではないので、そのコメントを出された方への直接レスポンスということなので、自ずとそれ自体、二者間の文脈があります。その中のたったひとつの表現を突出して捉えて食いつかれるのも違うかと思います。

あなたの仰る内容は、間違ってはいません。
保守の、よく解っている層なら基礎知識です。
井沢先生がご存じないわけないじゃないですか・・・・・
そこを敢えて外してお答えになっている真意を読み取りましょう。


品位ということもある (鳩摩羅什)
2016-12-29 08:12:08
けんさん

初めまして。

菜の花さんが簡潔に答えてくださったが、私はブロガーとしての品位を、述べたいと思います。

「朝鮮人こそ 日本の諸悪の根源」は、じゃっかん過剰ですが、間違いはありません。こういう言い方も菜の花さんのおっしゃる「レトリック」ですね。
ただ、こんな表現を言葉の流麗さと、品位で知られている井沢先生が出来ますか?
ちょっと、ものの解った愛国保守は、これが基本の認識ですよ。
それを井沢先生がわざわざ、なぞることはないでしょう。しかも、気楽なコメ欄です。井沢先生の言葉を文脈無視で噛み付くより、ご自分の考えとして単に述べればよかったです。
誰も反対はしませんよ。基礎中の基礎、ほぼ事実なんだから。在日は、日本弱体化のためにGHQが仕込んでいったウィルスなんですから。(皇室にも入り込まれちゃいました。北のお血筋の方がいらっしゃいます)
菜の花さま、ご指摘ありがたく (けん)
2016-12-29 08:16:36
肝に銘じておきたいと存じます。と同時に、安堵しております。と申しますのは、日本を日本人の手に取り戻すための戦い その現実におきましては、まだまだ国民的運動というには非常に遠く、むしろ個々に ばらばらでしかなく、安倍さんというリーダーに対しても疑心暗鬼になってしまう時もありで、誠に心細い段階であります。

私の提言に対して まず真っ先に「言い過ぎ。大半の朝鮮人は良い人 少なくとも悪人ではない。」というような反論が寄せられるのではないか、と予想しましたので。

なので、私のほうが認識不足でありました。今後も、御意見・御指摘を 宜しくお願いします。
けん様へ (mai)
2016-12-29 11:29:05
「朝鮮人こそ諸悪の根源」
こういう断罪の仕方は良くないと思います。
これまで、確かに太平洋戦争後におきましては列強からアジアを救った覇者としての日本国の名誉は軽んじられ、中国を交えたかの国らにおいては逆に負の面ばかりを強調され宣伝されてきた歴史があります。
それでもやはり故国の為に、そしてアジアの為に、列強に対して敢然と立ち上がり、無私尽公の志を抱き散って逝かれた誇り高い日本人の子孫としての矜持があるなら
「諸悪の根源は朝鮮人である」などと言うべきではありません。
かの国等よりも (mai)
2016-12-29 11:42:13
かの国等に対する日本国政府の対応と井沢先生がご指摘のように、マスコミの反応・ミスリードが諸悪の根源だったとは思います。
日本国の総理として、まともな歴史観を内外に発信されたのは安倍総理がはじめてではないでしょうか。
それ以前はどなたも腰砕けだったような。
敗戦国としては致し方なかったとも言えますが、それでも敗戦という複雑な状況下であっても拾い上げなくてはならない大切な物を拾わずに踏みつけて、地ならししてきたようなお粗末さを感じます。
mai様に同感です (総太郎)
2016-12-29 15:16:16
小生の個人的意見では、ございますが、拉致被害者の御家族とも交流させて頂き、色々な方々を存じ上げている立場として御許し頂ければ幸いです。

けん様のお気持ちは、分からない事はありませんが、やはり「朝鮮人」「中国人」と一括りで表現
すべきではなく、「朝鮮総連」「反日勢力」と言った表現をなさるだけで、随分印象が違うと思います。

綺麗事とお叱りを受けるかも知れませんが、
小生、在日朝鮮人、中国人の友人・知人もおりますが、言うまでもなく、反日的な方々ばかりではなく、実際にそういった方々と多数接すれば印象も違う筈です。

拉致被害者の支援運動に措きましても、脱北者、在日の方々と共に行動。
命懸けの貴重な内部リークも多数あり、中国や北朝鮮の体制・現状を嘆かれている現実で、日本がどれだけ住み良い素晴らしい国かは理解されている訳です。

横田さんの御両親始め、西岡力会長、増元照明さんら、皆様方も見解を表明され、小生も直接伺っておりますが、ヘイトスピーチには絶対反対!のお立場。

皆様方、「過激な運動や差別的な言動は絶対に慎んで欲しい」と心を痛めておられます・・。

具体的には「救う会」始め、私達の団体にも、某団体等から連携の連絡がありましたが、
上記のような見解を伝えた所、相手側は沈黙し、一切連絡はなくなりました。

新聞協会、民放連、BPO等、全ての公的機関は
過激な団体を反社会勢力と見なし、大半のメディアへの登場は不可能・・。

著名な政治家・文化人始め、賛同を寄せる影響力のある方々は誰もいないどころか、繋がりを指摘されれば非難され、社会的信用を失う現実。

小生、老舗の民族派・右翼団体の友人・知人も沢山おりますが、そういった方々でさえ、特定の国籍や人種を名指ししてヘイトスピーチを行う行動には批判的です。

小生含めて、色々な背景は分かっていても、口に出したり、一線を越えてはならない部分はある訳で、無党派層、善良な一般の方々の理解を得る為には、御言葉を慎重に選ばれないと・・。

甘いとお叱りを受けるかも知れませんが、人間としての礼節を大切にして、暖かい言葉で訴えなければ、一般の方々からは差別的で、偏った思考。
不気味で恐ろしい存在としか思われません・・。

こちらでは、井沢先生の暖かい御配慮で大抵のコメントも反映され、深い語らいも出来ますが、分かりやすく申せば、一般の周囲の友人・知人なり、職場・学校で正々堂々と語る事も出来る正論、「横田さんの御両親の力になって下さい」「朴槿恵大統領の行動はおかしい」
「中国や北朝鮮の政治体制は間違っていますよね?」旨で訴えるべきでしょう。

mai様だけでなく、
先日、稲田大臣に関するエントリーでも、れもん様が有意義な御意見を投稿されていましたが、小生も同意見。

これも、綺麗事、甘いとお叱りを受けるかも知れませんが、枕詞に「一般の善良な在日の方々を差別する意図はない」と強調しなければ、反日勢力から攻撃の口実を与えるだけです。

皆様方から御批判を受けるかも知れませんが、
拉致被害者の御家族のお気持ちも知るだけに、
一言申し上げたくなった次第でした。
追記 (総太郎)
2016-12-29 17:31:55
外国の反日勢力と正々堂々と闘う為には、
それぞれの国の良識派、心ある方々と仲良く手を携えるのが、得策の筈です。

どうしても「日本人の主張だろう!」と揚げ足を取る勢力は数知れず・・。
石平さん、呉善花さん、鄭大均先生、金美齢さんら、それこそ命懸けで発言して下さる素晴らしい方々!
これらの方々を思えば、○○人云々と失礼な事は言えない筈です・・。
井沢先生始め、桜井よしこ先生、青山繁晴さん、今は亡き三宅久之先生、かつては、福田恆存先生、田中美知太郎先生、村松剛先生、中嶋嶺雄先生ら、私達のお手本となる素晴らしい方々の御言葉から学べば、
御言葉を一つ一つ慎重に選ばれ、辛辣ながらも品のないヘイトスピーチとは無縁!

改めて良き運動の在り方、礼節ある表現について考えさせられました・・。
御意見に感謝いたします。 (けん)
2016-12-30 02:29:42
御指摘は 確かに正論であります。失ってはいけない視点を丁寧に説明なさって頂き、ありがたいと存じます。

私の考え 並びに 心情について もう少し 書かせてください。

例えば、言う事の 十の中の七つ 八つが嘘ならば、「あの人は嘘吐きだ」と 周囲から評価され、それが続けば「あの人は嘘吐き」が定評となる。これは当然でしょう。朝鮮人の中の 八割までが反日であり、しかも不法・不当の悪質な反日の限りを尽くしている現状 そして それが日々 全く改善される事が無いばかりか、政治・経済から報道・教育・宗教および皇室に至るまで 朝鮮人に乗っ取られて 日本が劣化の一途をたどり 今や李鵬の放言「日本という国は無くなる」が着々と実現しつつある この期に及んで、私は「朝鮮人こそ 日本の諸悪の根源」という「過激な表現」を 皆様に投げかけたいと思ったのです。

朝鮮人の反日活動は、そもそも「外国人の政治活動を禁止している憲法に違反している」のであって、それなのに、公安警察も放置しているので、沖縄で在日が不法行為を繰り返している。嘘と捏造によって「鬼郷」なる慰安婦宣伝映画を在日が制作して世界中で放映されているのに、それでも日本政府は放置している。このように、朝鮮人の反日活動が その殆ど全てが「良き運動の在り方、礼節ある表現」のかけらもない 不法不当なものであるというのに、それに対する日本人の戦いだけが、「良き運動の在り方、礼節ある表現」を固く守っていては、「それでも この戦いに勝利し得る」「礼節と正義が必ず勝つ」と 確信をもって 言い得るのでしょうか。

チベットでは中国人に抗議する「礼節と順法の僧侶たち」が殺害されました。
在日の「良い朝鮮人たち」が、悪い朝鮮人たちに対して 何らかの抑止力となってくれると言い得るのですか。朝日新聞を乗っ取っている朝鮮人の反日捏造デマ宣伝のひとつさえも 合法手段によっては打ち砕く事が出来ない。それが日本の 長年に渡って朝鮮人の悪行・不法不当な反日活動と戦わずに来てしまった今の日本が 構造的に改革不可能にまで追い込まれた現実です。李明博の「日本乗っ取り完了宣言」は まさに現実そのもの。

私は戦いの身近な一歩として「パチンコと朝鮮系企業への不買」を呼びかけています。絶望しながら。

くどいですが、もう一度だけ。 既に「乗っ取り完了宣言」まで受けてしまっている日本人が 「良き運動の在り方、礼節ある表現」だけで 中国・朝鮮の無法者との戦いに 勝てますか。中国共産党も朝鮮人の大半も 日本に対して「無法者」なのだと私は判断している。ただ合法手段だけで  「良き運動の在り方、礼節ある表現」だけで 本当に 勝てるだろうか。
同じコインの裏表 (菜の花)
2016-12-30 08:59:43
けんさんも、そこに異見を出された方たちも、愛国という意味では同じ土壌ですね。
けんさんのは「そういう言い方もある。視座もあり得る」というレベルで、基本で全く違うということでもなく、たとえば桜井さんたちと同じようなある極端な表現を反日との戦いでの手段として取られたということであり、論戦の対象になるようなことではないと思います。

在特会を受け入れるか受け入れないか、という如きことで、あの表現方法を好きでなくても、あの表現ありてこそ、朝鮮学校が乗っ取っていた公園を取り戻せたのは事実です。無知であった日本人に広く知らしめることにもなりました。

この間ここに出入りして、なんだか感情だけで喚き散らしていた視野狭窄の桜井さん心酔者の論理もない言葉も通じないさまを見ていると、ああいうのは受け入れませんが私は在特会は評価しています。

けんさんと在特会が同等であるという意味ではありません。「表現方法」「視座」の差だという意味で、引き合いに出しました。

時と場を心得るなら、けんさんのもありじゃないでしょうか。いえ、時に必要です。

日本人のプライドとやらで同じ土俵で言い返してはならない、ということが一時さかんに書き込まれ、日本人が矜持とやらプライドとやらを保った挙句、現在のていたらくです。

領土は盗られたきり、同胞は拉致されたきり
いずれも取り戻すタイミングを失ってしまいました。

北朝鮮で思い出しましたが、小○田家は北系です。
確信を持って言い切れます。
創○学会の元会長が北系だし、まあ驚きませんが、
今更。
おはようございます (総太郎)
2016-12-30 09:32:38
けん様の率直な御意見は受け止めさせて頂きます。

これ以上は、小生とけん様のお考えや生き方の違いであり、けん様は御自身の判断に基づいての行動、そして、御支援される方々のお力添えをなされば宜しいかと存じます。

桜井誠さんにしろ、立派だと感じる部分はありますし、皆様方、それぞれのお考えがある筈ですから・・。
小生や周囲の運動仲間は、「一般の方々が眉をひそめる振る舞い、反社会的な行動は慎む」
「警察・政界・行政・メディア・学識者の方々を敵に廻して解決には繋がらない、良き社会にはならない」との判断で、こういった職業現役の方々と共に行動しておりますので、
いわゆる綺麗事保守として、過激な勢力からは非難されるのでしょうね・・。

しかしながら、警察・公安当局からも危険団体として監視され、まともな一般のメディアから取り上げられない団体が政権獲得までどれだけ現実があるのか・・。

井沢先生が、桜井誠さんに都議会選挙から地道な第一歩を・・と、暖かいエールを贈られていたのもその部分でしょう。
実際、反日勢力・黒い勢力はそれを見越していますから、桜井誠さんらは眼中に殆んどなく、実際目の色を変えて攻撃対象にしているのは、かつては橋下徹さんであり、現在は小池知事のような方。
そして、生前退位に反対する有識者メンバーの方々であり、青山繁晴さんらの誹謗中傷が仕組まれる訳で、それは皆様方が社会的に立派な信用があり、国政や世論に実際に影響を与えているからです!

小生、桜井よしこ先生、青山さんら、皆様方からも暖かい御言葉を掛けて頂き、御意見も伺い、その他、常にそれなりのお立場の方々と交流しながら行動している訳ですが、
そういった方々でさえ「総太郎さん、ヘイトスピーチは絶対に止めて下さい!」
「迷惑です!、あんなやり方では見識を疑います」と仰り、具体的に色々な情報も伺っている以上、反社会的な振る舞いは絶対に出来ません!

しかしながら、けん様個人のお考えは自由ですし、これ以上、論じるつもりはございません。

けん様、或いは御自身のの応援する方々のやり方で、職場や周囲の方々はもちろん、
多数の国民、政界関係者、有識者の方々からも賛同・情報が寄せられ、多数のメディアが好意的に取り上げて下されば、けん様の御言葉で言う勝利、良い結果に繋がるのでしょう。

そう思われるのであれば、信念に従われて下さい。
御健勝お祈り致します。

先生、場をお借りして失礼致しました。
選択の問題 (みもざ)
2016-12-30 10:38:55
けんさん、それに反対の人、いますが議論の対象にして、保守層を分断するほどの根本的差異ではないんじゃないかしら?

戦いの方法論の差なんであって、それぞれに言い分あるし。

ということを前提に、あたしはどっちかというとけんさん寄りだから少し「こういう見方」「こういう感性」のあるという意味で、読み流していただきたいです。反論までは行かないんです。けんさんに異議を唱えるお二人の言葉の意味は理解してるので。
ただ、在特会肯定派の気持ちはこんなふうだという意味で。

>それでもやはり故国の為に、そしてアジアの為に、列強に対して敢然と立ち上がり、無私尽公の志を抱き散って逝かれた誇り高い日本人の子孫としての矜持があるなら
「諸悪の根源は朝鮮人である」などと言うべきではありません。

なぜいうべきでないのか、理由が示されていません。だから私は説得力を感じません。


>マスコミの反応・ミスリードが諸悪の根源だったとは思います。

そのマスコミに入り込んでるのが、朝鮮人なんですが? 相当ですね。NHKもそう。だから諸悪の根源は朝鮮人という言い方は間違いではないです。


>日本国の総理として、まともな歴史観を内外に発信されたのは安倍総理がはじめてではないでしょうか。

でもないです。半端ですよ。事情はともあれ。著書「美しい国」を読まれましたか? 「韓流は一時的ブームではない」「日本は多くの文化を朝鮮から貰って来た」「韓国は日本と価値観を共にする法治国家である」

ええかげんにせー、と言いたい。
こういう姿勢の曖昧さ、「きれいごと」が日本の決然たる態度を示させなかったという意味で、私は在特会のやり方も方法論の一つとしてあるし、県さんが言われるのももっともだ、と思います。

かといって、反論のおふたかたの言わんとするところは理解してるんですけど。だからそれはそれで、どうぞご自由に、ってことなんですがけんさんの考え方や手段もありってことで、もっと大らかに対して欲しいと思いました。

>これらの方々を思えば、○○人云々と失礼な事は言えない筈です・・。

ひとくくりに日本と日本人を貶める相手との渡り合いでは、時に一括りも必要だと思います。
喧嘩はきれいなだけでは勝てません。
中韓は特にそうです。相手は品位の美徳など認めません。おとなしくて、やりやすいとバカにされるだけです。

それに、普通の頭脳があれば・・・・一括りに罵っても叩いても、個別では違うぐらいは認識しています。
当たり前なので。中韓ではほぼ、その意識はないですね。たまに個別を褒めれば鳩山とか、左翼皇室とか。
一括りで叩いても、石平さんは呉善花さんが自分のことだなんて、思いませんよ。
追記 (総太郎)
2016-12-30 11:56:36
菜の花様の御言葉も大切に受け止めさせて頂きます。

仰る通り、世の中はある意味でコインの裏表。

具体的には私有地の問題、和歌山県で反捕鯨団体に毅然と抗議されたり、その他、暴力的な集団に立ち向かわれた桜井さんらの行動には感心しております。

不適切な例えかも知れませんが、新聞・テレビが報じなくとも、阪神大震災や東日本大震災で、任侠団体の方々がどれだけ立派な支援や炊き出し・救助活動をされ、多くの方々の役に立たれたか!

同じ日本を愛し、人の役に立ちたい理念は同じ筈ですから・・。

けん様には御自身の理念での御健勝を改めてお祈りしております。
「余命三年時事日記」から (けん)
2016-12-30 12:20:21
 長文の引用で申し訳ない事ですが、どうか皆様 御目通しをお願いします。井沢様 どうか宜しくお願いいたします。

(ttp://hosyusokuhou.jp/archives/48781388.html)
新潟の糸魚川大火のボランティアを募っているNPO法人「にいがた災害ボランティアネットワーク」の事務局長李仁鉄が「民団鳥栖支部支団長」だと判明しました。
 NPO・NGOは補助金がほぼ無条件でもらえるからロクなものがないのは、知っていましたが、ここまで露骨にやるとは思いませんでした。
 NPOについては、最近休眠法案が成立したようですし、三井住友銀行が通帳廃止を検討しているようです。もし、通帳廃止の目的がネットに慣れていない老人の休眠口座を増やし、NPOに流すことにあるとすれば、すべてつながると思います。
 また、糸魚川大火は中華料理店の鍋の空焚きが原因で、その店の店主が中国人らしいことを考慮すれば、彼らは一種の放火ビジネスをしようとしているのではないでしょうか。 失火責任法により、過失責任は軽減され、故意・重過失しか責任を負わなくてよいし、民事責任の損害賠償など払わなくても罰則があるわけではないし、被害者側も火災による莫大な損害賠償責任を負える資力が加害者個人にあるわけがないから、初めから損害賠償を期待せず、保険に入っている被害者は火災保険で満足して、保険に入っていない被害者は泣き寝入りするケースがほとんどでしょう。
 ネットの書き込みによると、火元の中華料理店の中国人店主はしょっちゅう仕事をほっぽり出してパチンコに行っていたようですし、確信犯の可能性もあります。何より、火災が発生してからのこの怪しいNPOの動きの早さを見ると、これら一連の流れが壮大な自作自演・ビジネスである可能性は否定できないと思われます。

 以上 引用でした。在日朝鮮人が 日本の税と社会保障の最大限の受益者になっている なりおおせている現実の一端が ここにも露呈した そういう事ですね。
ヘイトスピーチとは何か? (鳩摩羅什)
2016-12-30 13:14:34
「反日朝鮮人は出て行け!!」
「朝鮮人の不法特権を許すな!!」

という事実へのアジテーションまでヘイトスピーチにカウントされるとしたら、その意見には与しません。
戦後71年間、日本は基本大変紳士に振る舞ってきました。その結果、何がどう好転しましたか?
絶無。

在特会的過激な運動などここ近年に過ぎません。
ある意味誇り高く振る舞って来た日本人への苛立ちと挑戦状でしょうよ。
佐賀県の施設に朝鮮人が入り込んでいて、嘘ばっかり来場者や、高校生に教え込んでいたところへ、乗り込んで抗議したのは在特会の方々です。
ロート製薬のあられもない韓国加担に、直接行動で乗り込んだのも在特会です。
大阪の密入国不法滞在者(ルーツが)に対して、桜井さんをはじめとするデモ隊のシュプレヒコールが、ナイフとなって刺さり、のさばらないようの牽制するだけの力はあると思います。
桜井よしこさんら、お上品派ではありません。と言って、桜井さん批判でもなく(むしろ逆)、在特会及び在特会的なるものの全面肯定でもありません。

品よく矜持高く振る舞えば、竹島や拉致被害の方々が戻って来るのですか?
拉致被害者救出は自衛隊のある組織が乗り込めば、可能だと聞き及んでいます。ただ、日本国民がその結果を受けて立つ覚悟があれば、とのこと。
ないでしょうね。下品な喧嘩を避けるなら。

「KILL JAP」「祝 大地震」というヘイトスピートがまかり通る韓国に対して、日本人がそこまで細かく気配りをする価値があるのかどうか、私には疑問です。
韓国人や不定在日の耳に届いているのは桜井よし子さんの理路整然たる温和で品のいい談話ではなく、在特会的激しいシュプレヒコールであり、新大久保浄化とのさばっていた韓国人浄化も、在特会レベルのヘイトスピーチとデモによってです。

総太郎さまへ (けん)
2016-12-30 13:32:58
日本を大切に思う気持ちは同じだと思います。
心の中で 共に手をつないで 日本を守るための戦いを
それぞれの出来る事を実行して行きましょう。
敗北は諦めてしまった場合だけだと私は考えています。
必ず勝つと信じて 病身ですが、生命の限り 私は諦めません。井沢様のブログに御邪魔して 勇気も頂いていますから。皆様、共に戦って行きましょう。
両面が必要 (moon)
2016-12-30 14:01:19
基本を櫻井よしこさんに代表される、良識高潔派に置くとして、もう一方の櫻井元在特会のやり口も必要です。
硬軟自在の戦いをしないと、品がいいだけのやり方では、のさばられる一方です。戦う相手の、質の悪さを考えましょう。
皆様方、ありがとうございます (総太郎)
2016-12-30 14:12:05
みもざ様、鳩摩羅什様らもありがとうございます。

皆様方の見解にも学ぶ事ばかり。
姿勢や行動は違えど、皆様方の御意見も大切に受け止めさせて頂きますので、今後とも御教示お願い致します。

けん様も暖かい御言葉ありがとうございます。
御自愛くださいませ。
安倍総理語録 (水底の金貨)
2016-12-31 00:21:49
maiさん、お返事がないようですが・・・・
安倍総理の著書「美しい国へ」からの抜書です。

「日本は長いあいだ、韓国から文化を吸収してきた歴史をもつ。その意味では、韓流ブームはけっして一時的な現象ではない」


「わたしは日韓関係については楽観主義である。韓国と日本は、自由と民主主義、基本的人権と法の支配という価値を共有しているからだ」

*あの頭の悪い、総理夫人だから語る場もあるということも忘れ、お電波発言や左翼発言を繰り替えず夫人放置と共に安倍さんの、負の部分が以上の言葉ですが、著書にはまっとうなくだりも、数々あります。


A級戦犯についても誤解がある。A級戦犯とは、極東国際軍事裁判=東京裁判で、平和に対する罪や人道に対する罪という、戦争の終わったあとにつくられた概念によって裁かれた人たちのことだ。
稲田大臣邸 (ベル)
2017-01-03 17:07:43
初めてコメントさせていただきます。
年末年始で、閲覧を少しお休みしておりましたら、稲田さんの話題。
話題は、昨年のエントリーですが、ご近所なのでコメントさせていただきますう。

稲田大臣邸の近所に住む者です。
稲田大臣、この外遊から帰国直後に新居に入ったようです。
主人と「朋ちゃん、もうハワイから戻った?警察官が立っていたよ。」と会話し、その日の夜ニュースで靖国参拝を知りました。
ご近所の土地も購入し、前邸より若干土地も広がり、だいぶ大きなお家になっています。
あの笑顔には「帰ったら新年は新しいお家よー」という喜びもあるのかな?と思いました。

一つ気になっているのは、稲田邸のお向かいさん、在日の方なんですよね。
ご自身の脇の甘さと、地域のぼんやりした警察官の警備で不測の事態に対応できるのか?と不安です。

最後ですが、井沢先生お体無理なさりませんようといいつつ更新楽しみにしております。
ベルさん (井沢満)
2017-01-03 18:23:38
>ご自身の脇の甘さと、地域のぼんやりした警察官の警備で不測の事態に対応できるのか?

大丈夫。
稲田さんみたいな無能大臣を狙うテロリストは
いません。
むしろ敵側には、稲田さんみたいにぼーっとした
勘違い大臣が防衛の位置にいてくれたほうが
好都合。

・・・・・というのは皮肉なんですが。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む