井沢満ブログ

後進に伝えたい技術論もないわけではなく、「井沢満の脚本講座」をたまに、後はのんびりよしなしごとを綴って行きます。

That's politics!

2016-11-12 | 日記

さてアメリカにおける、反トランプ氏のデモですが・・・・・
なんと程度の低い。トランプ氏が当選したところで、それを心情で受け入れる必要はありませんが、過激なデモをやるのは筋違い、民主主義の否定でしょう。
挙句、星条旗を燃やすに至ってはそもそもヒラリーさん支持者って、いったい
どういう人たちだったんだ? と思わざるを得ません。

トランプ氏はそのツイッターで「プロ市民」と書いて炎上しているようですが、
思わず笑いました。

プロ市民と言われたほうは更に逆上して「合衆国ではデモは合法手段である」と
言い返しているようですが、星条旗を燃やしたり器物破損のデモは違法であるし、それに解説が面倒なんで省きますが(アメリカ人読んでないし)
論理のすり替えというものです。

日本国内でも、見てご覧なさい。トランプ氏を口を極めて罵っている人達は
「一定のカテゴリー」にいる人たちです。

放送局ではNHK、新聞社では朝日新聞がトランプ罵りなのも、興深い眺めです。トランプでもいいじゃないか、という論調が産経新聞で、これも
なるほどね、というところでしょう。

トランプ氏登場は、日本に自衛隊の存在意義と、国防について
考えることを突きつけると思いますが、トランプ氏の言うごとく
日本が全てのお金を出す必要はむろん、ありません。
アメリカは、防衛上の拠点の1つとして必要があって沖縄にいるのだから、
日本が今以上の負担をしなくても、出て行きはしません。
新大統領の周辺が、そうさせません。
逆に日本はディスカウント交渉をしたら、どうなんですか。応じなくても
今後値上げには応じないという、封印にはなります。

当選したとたん、穏やかなおっちゃんオーラになったのには笑っちゃいましたが、
まあ、したたかで頭も悪くないですよね、思われているような野卑なだけの
男ではないです。あそこまでアメリカン・ドリームを体現出来る器なのだから。

勝利した直後の演説は、スピーチライターが書いた原稿を
プロンプターで読み上げていただけですが、しかし
表情は穏やか、ジェスチャーもふんわりと、いやいや只者ではございません。
安倍総理は、ヒラリーさんから会いたいと言ってきたので会ったのはいいが、
外務省の相変わらずの無能で、トランプ氏を無視した形に結果なってしまい、安倍さんが外務省に対してぶんむくれている、という報道を見ました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161111-00000058-spnannex-soci


それでも、電話会談ではトランプ氏はそんなことは、おくびにも出さず「教えを請いたい」とまぁこれまでの傲岸不遜はどこへやら。
朴槿恵大統領には「韓国製品は素晴らしい」と激賞。ギャラクシーが
燃えようと爆発しようと、そこはそれ That's politics!
(小池都知事が外人記者クラブで、防衛大臣を外されたときのことを
問われて答えた、名セリフです)That's politics!

安倍さんもpoliticsは上手なほうなので、お2人の今後の共演、ないしは対決がにわかに面白くなりました。

 

ヒラリーさんだと、選挙結果が出る直前にも書きましたが今頃、どんよりとしていたところでした。

息子が美少年だとかで、わたくしはそうなのかな・・・・と思う程度ですが、
美少年鑑賞家である勝谷誠彦氏が激賞なさってますね。

 

誤変換他、文章の瑕疵は後ほど推敲致します。

アクセス数が増えるにつれ、コメント欄にレベル未満のコメントも
現れるようになり・・・・公開すると、読者の皆さんに反論の
お手間をかけ、かといって、わたくし本人が(まっとうな反論は受け入れますが)、誤読レベルの批判に対応して時間とエネルギーを消費するのは
耐え難く不毛な思いをするので・・・・公開を控えさせていただく
コメントも今後あるかもしれません。ただ機能上、原因不明で
コメント不達のこともあるので、誤解されませぬよう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老舗デパートのエレベーター... | トップ | 降りみ降らずみ、利休鼠の雨... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あらららら… (みくるみ)
2016-11-12 00:53:06
井沢先生、こんばんは。

毎日お邪魔をして、先生のお言葉を拝読しております。

「美少年鑑賞家である勝谷誠彦氏が激賞なさってますね。」

のコメントに反応してしまいまして、思わずコメントを入れさせて頂いております。
大した話ではないのですが、先ほど「最近、、勝谷さんをテレビで拝見しなくなったけど、お加減でも悪いのかしら?」等と考えておりました。  その後先生のブログを読ませて頂きましたら、勝谷氏のお名前が。。。。  それで、こんな意味不明のタイトルになってしまいました。  

ふと、「最近あの俳優さんテレビで観ないな。。。」と思うと、その日の夜にテレビで拝見したりとか、そのような事が時々ございます。勝谷氏が、まさか、先生のブログにご登場されるとは、夢にも思いませんでした。


ところで、外務省は駄目ですよ。  トランプ氏は泡沫候補だからとノーマークだったそうですね。  

ヒラリーさんでなくって良かったです、何かとブラックな事が多すぎますし、美智子さんが喜びそうですし。 トランプさんの方が、やっぱり良いですよね?  私はそんな風な感想を抱きました。   
安倍総理に会った人は、皆さん総理を好きになられると聞いたことがございます。  一説によりますと、安倍総理は「ジジィキラー(余り良い言葉とは想いませんが)」と呼ばれておられるとか?
プーチン氏、エルドラン(すみません正確でないと思います、イスラエルの首相です)氏とか、強面の方とも仲良しだそうです。 
トランプ氏も「強面」のような雰囲気ですし、仲良くやって下さい、と心から願っております。

先生のお着物のお話、興味深く読ませて頂いております。   日常に着物がある事は素敵な事かと存じます。  私も比較的着物を着る機会が多ございますので、先生のお話は、とても楽しみにさせて頂いております。

それから、先日、「バレリーナやピアニストが日々練習を怠らないように、それに倣って書いております」とのお返事を頂きまして有難うございます。  僭越ながら、日々の精進とでも言いましょうか、先生程の方でも、そのように心掛けておられます事、心に留めさせて頂き、これからの私の時間のお手本にさせて頂きたいと(大変生意気ですが)存じます。
みくるみさん (井沢満)
2016-11-12 01:33:50
勝谷さんは在東京のテレビのレギュラーから外れただけで、ご活躍の様子のようですよ。どこの局かは存じ上げませんが、出演もなさっているようです。
トランプさんとネゴしたら? (日本人のひとり)
2016-11-12 06:32:54
井沢満先生

いつも、勇気ある真実の御話、大変興味深く拝見致しております。
また私の拙いコメントブログアップ誠に有難うございます。

対米予想

先ず、当初の印象から温和?なイメージをプラス?なトランプ大統領ですが、我が国の安倍総理は、上手く駆け引きで最良のものを引き出して欲しいものです。

トランプ大統領が選挙中しつこく訴えておりました。米軍撤退の事ですが、単純に要求を考えると…

1.完全に米軍撤退。

2.駐留継続かつ負担費増額。

3.1+2の凡ゆる変形型。

☆これは全くの私見での予想なんですが…

今回、大統領選でアメリカの軍産系はヒラリーさんを推しており当然見返りは何かということになる。例えトランプさんに切り替わってもこの軍産系は目的は果たそうとするのは、見え透いていますから…

要は1でも2でも3でも兵器を高く売り付けたいことは間違いない訳です。良い武器かどうか別ですよ。

問題は核兵器です。1の場合は核が無いと支那の覇権主義で日本は必ず戦場になります。日本が没落することはアメリカにとって税収減になるのでこれも避けたい。しかし、こすいアメリカは支那市場も欲しい。日本と支那が悪感情もつのは構わないが、アメリカは支那人に悪感情持たれたくない…。しかし、核兵器を日本に開発を認めると、いつかアメリカに噛み付くかもしれない…。

2.これが一番アメリカは美味しいんです。
高い高いミカジメ料踏んだくれるから。しかし、支那が来たらやらないといけない。そうすると、支那市場が微妙になる…。

3.まあミックスするので1と2のメリットを両方取ってデメリットを消したいと考えたら、アメリカ製の核兵器を置き、米軍はちょっとずつ撤退するように見せておいて、支那市場も目を離さずかつ少しずつ侵食しながら、日本と支那が緊張高まりそうであれば、表では同盟と言いながら支那市場を牛耳る為、日本は独り立ちするべきだと言って徹底。ある日突然発表。支那市場の価値が決め手?


これらの概念で言えば、トランプに何であれ、核兵器開発を認めさせることが大事というか全てです。

であれば

x.当初の一番美味しい米軍駐留負担増で構わないから、少しずつ撤退していって構わないから、その分支那が攻めてきたら、自衛隊が先に突っ込みますので、核兵器の開発だけ認めてくださいと。完全に米軍が撤退するまで完成させませんからと。

多分これでも駄目かもしれないから、日米の対等の同盟を結んでアメリカが攻められたら日本も戦いますよという同盟条約を結ぶかどうかです。最悪、結んでも核兵器は持たないとヤバイから致し方ないでしょう。その場合は対地域、対国、を東アジア限定にし、期間を20年から50年以下にする事ですね。

これらを踏まえたら…事前にすることは
a自衛隊を戦えるようにしてあげる
自衛隊は装備は軍隊でも形式は警察予備隊の延長になりますので、法整備をすること。世論的にはアメリカが言って来てるとかトランプに脅されてとか何でもいいから、何時でも支那と戦えるよう法整備、改組する。

b支那市場を混乱させる
日本から支那の経済支援は止めて、支那に支店のある企業を冷遇する。そして、本国重視の企業に優遇する。これだけじゃないが、支那の市場を冷やすことには効果あるのではないか。当然そうなれば支那移民が大量に押し寄せるので、今から2重3重に法規制を設けておく。
支那市場が冷えれば支那の勢いも変化し、又アメリカも駐留の意味も変わりますので、まあ核兵器開発をこの時点で了承を得ておれば言うこと無しですね。

c核兵器は用意しておく?
早く言えば、いいですか?って聞く時には、持っておくということ。ほとんど持ってる状態?にしておく…わかりますよね。もしああだこうだ言ったらアメリカ国債知りませんよと。まあ色々条件つけられてもいいので何が何でも持つこと!


まあ、こんな感じになるとは思いませんが笑

素人が日本を真剣に考えたらこうかなあと。
まあ明日には明日で考え変わるかも知れませんが。情勢は変わりますのでね。しかもこれにロシアなんかも入りますのでね笑。韓国?そんなんガン無視ですがな笑

井沢先生 本当に長くてすいません。
皆さんの何かの参考?になれば幸いです。多分…駄文…

先生、各読者様、今後の御多幸をお祈り申し上げます。
いろいろなことを考えます。 (山桜花)
2016-11-12 10:26:53
井沢様、おはようございます。

トランプ氏、したたかで有能と思います。
まだ就任前の一民間人なのに、オバマ大統領や世界各国の首脳が電話してきて、トランプ氏の前で順番待ちしてるではありませんか。
選挙戦での過激発言があったればこそでしょう。
これからは、その過激発言が要求の基準になって、少し常識的なレベルに下げただけでも
「アメリカはこーんなに譲歩したぞ!そっちはどうするんだ?」って大声で言えるんですから。

日本も、外務省を解体して、商人や大阪のおばちゃんを、新外務省の要職につければいいんです。
東大中退して外務省に入省するのがステータスの、お育ちのよい頭でっかちのキャリア役人だから、金ばらまいてお行儀よく譲歩する以外の交渉力は持ってないんでしょう。
そもそも、たいていの国では、お店で何か買うにも、2倍から場合によっては100倍以上吹っかけるのが常識ですから。
相手の言い値から粘り強く交渉して、双方にとっての適正価格まで値切りますよね。

安倍首相は、トランプ氏との電話口で直接打診して、早期の面会を実現したそうで、相手の間合いに入り込む素早い行動が素晴らしい。
ご自分が遅刻して、プーチン大統領に小走りで駆け寄ったこともありましたし、フットワークが軽くていいですね。
国家間外交で軽んじられることは気を付けなければいけませんが、人間的に好かれるのは外交的にも良いことだと思います。上背もあるし。
トランプ氏も嬉しいでしょう、国民の支持率が高く就任年数の長い首相が速攻、自分にわざわざ会いに来てくれるのですから。

今後の日本は、人種差別にも注意深く気を付けなければならないように思います。
第二次大戦の欧州戦線で、連合国の敵ナチス・ドイツは、ユダヤ人排斥は傍論であり結局のところ白人間の勢力争いでしたが、大東亜戦争には「人種戦争」の意味合いがありました。
大東亜戦争は、日本が当時の「白人至上主義 white supremacy」に対抗して起ち、敗けはしましたが、戦後の植民地解放によって現在の人種間平等の社会を確立させたものでした。
トランプ氏を当選させたアメリカ国民は、その平等が行き過ぎた、ポリティカル・コレクトネスにはもううんざりだ、と思っている人々でもあります。
トランプ氏一家もドイツ系移民であり、金髪碧眼、美男美女、傲慢不遜、心の底で何をどう思っているのか…
黄色人種の雄とみなされている日本は、注意深く行動する必要があると思います。
中国人は必ず裏切って白人側につきますので。
訂正 (日本人のひとり)
2016-11-12 18:01:18
3.の欄にて
×日本は独り立ちするべきだと言って徹底。

⚪︎日本は独り立ちするべきだと言って撤退。

お詫びして訂正致します。
失礼致しました。
外務省には (菜の花)
2016-11-12 21:35:10
半端東大だけではなく、北朝鮮系カルト教団の連中が教団組織により(まだ生きていることになっている)名誉会長の意向で送り込まれ、皇室乗っ取りを目論んでいた、元会長の遺志・・・・じゃなかったw 意志により宮内庁に相当入り込んでいます。
某妃の父親経由の引きですが、あのお家そのものが北朝鮮系である元会長と出自を同じくしますものね・・・
こんな怖いことが、目の前で行われたのにお花畑ボケした日本人はまだ少数しか真実を知りません。
妃殿下が反日組織である国連大学に、直通エレベーター付きの特別室を持っていらしたのは、元会長の采配だということの意味を、考えて欲しいのですが「正論」以外、どのメディアも襲撃を怖がって、報道しません。
「正論」はそういう意味で数が出ている雑誌ではないので、かろうじてセーフだったのでしょう。
あちら、批判に対しては殴り込みをかけ、場合によっては消しますからね・・・。
北の得意技です。
元会長は大森にあった**部*の出身で、北のお方です。妃の父方実家の元々のお家は北海道の「特殊なエリア」にあり、お隣が赤軍犯人にお家であったことと、三代前が不明の家柄から半島の出自、それも北である可能性が濃厚です。

Unknown (如月)
2016-11-13 17:38:02
井沢先生いつもブログを拝見しております。

トランプ氏が当選し、驚いたのは反対派がビルに押し寄せ、
国旗である星条旗を燃やしたり破損していたことです。
アメリカは国歌国旗をつねに敬愛掲揚しているイメージがありましたが、
していることが日本の左翼やプロ市民と同じですね。
有権者と支持層は比例すると言いますし・・・(自粛)

トランプ氏は日本から米軍の撤退も公約していましたね。
東京五輪のテロ対策にそなえ、自衛隊を武装できるようにしなくてはなりませんので改正の起爆になってほしいです。
余談ですがこれからのテロは「見えないテロ」と言われているバイオテロが主流になると言われていますので
法医学や感染症学会は検案のしかたなどもずっと研究しています。



続き、非常識は核じゃなくて、、、 (日本人のひとり)
2016-11-15 20:10:59
井沢満先生

いつも、勇気ある真実の御話、大変勉強させて頂いております。

先般はコメントブログアップしていただき誠にありがとうございます。

本日、私が井沢先生のブログに投稿している旨友人に伝えました所、早速、日本が核兵器を持つ構想に非常識と電話で罵倒されまして…

私も理由を述べたのですが聞く耳は持たずと…。こういう状況に友人だけでなく日本人全体?も意識としては日本が核兵器を武装することに無意識的に拒否反応があるのかも知れないという…。

亡国ここに極めれり…の感至りまして、
井沢先生にブログアップして頂けるかどうかわかりませんが先日の対米予想の中で私の核兵器論を述べたいと思います。

1.核兵器がある国は限りなく攻められない。

2.核兵器をもつ国が持たざる国を支配し、その逆はない。

3.どんなに強い軍隊も、核兵器とは勝負にならない。

4.核兵器を持つ国同士は現時点では事実上打ちあえない。

5.日本は撃たれたらまず撃ち落せない。
(今まで一度も撃ち落としていない)

6.現在、支那の基地から約200〜300発、
北朝鮮から?発が日本全域が射程にはいっており、習近平、金正恩、がその気になれば日本人はほぼ滅亡させることが出来る物理的状況は整っている。もちろん日本が200発も落とされるとは言いません。2〜多くて5発?

7.戦争になり、核兵器を持たない国は一発目、もしくは2発目落とされたら、降伏します。ほぼ一発目で勝負は終わりです。(支那が相手なら日本の半分はまず植民地?北朝鮮も参戦したら、、、)

8.核兵器があると外交で舐められない。安倍総理が他国にカツアゲされなくなる。

9.核兵器反対の人は、核兵器で被害に遭われた恐ろしさと核兵器を持つことのベターであるけれども平和があることの意味を分けて考える事が出来ない。被害者の意見で同じ過ちを繰り返さないというなら、尚更落とされないよう整備しましょうと。あと今まで反対論者は理屈が通じないような人が多過ぎると思います。今日で説得不可と感じました。だから反対の人には無駄だから説明はもうしません。

10.私は、今すぐにでも日本は核兵器を持ったほうが良いと思いますがそれは、アメリカが本当に日本を守るとは思ってないからです。それは、アメリカは支那には核を打ち返すとは限らないのではないか…だから一発でも打たれたら、直ぐ日本が打ち返さないといけない…これによって2発目は牽制出来る確率が上がるからです。

11.大東亜戦争の教訓を日本人は全く学んでいない。金正恩でも理解しています。
その証拠に日本国内に日本人を全員収容する核シェルターはありません。核シェルターの知識すらありません。日本で営業している業者も非常に少ないです。実はそんなにしないんですけどね。
核不要と言う人は核シェルター用意しろとは言いません。私、不動産関係の者ですが、核シェルターの話ついてこれた人間はこの10数年一度もありません笑

ここに列挙致しました内容は、私が皆さんを不安にしたいからではないです。
将来の不安を解消したいなら1番確実なのは核兵器を持つことです。アメリカに気を使っても、アメリカはもういずれは引越しして行きます(予想)アメリカは支那とはやりませんから。

長いですが、知って頂いて無駄ではないかと思います。日本人全員が無かったらおちおち夜寝られへんやん!と言う位が普通なのでは。税金払いたくなくなりますよ…


あと間違いなく世界で今1番滅ぼされようとしているのが日本です。
支那→反日、日本国内に於いて工作員が日本分断工作中で4つ位に分けたいんだと推測。北朝鮮→反日、知っての通り。
韓国→反日、アメリカいなくなったら何を考えるか不明。ロシア→なんだかんだ言って親日にはならない。

杞憂で終われば良いが、日本は物理的な安全を早急に構築すべきで先ず国民の意識向上無くしては不可能です。

井沢先生 長文失礼致しました。折角のトランプ政権の日本独立のチャンス無駄にしたくないので、、、安倍総理、駐留費は全額負担拒否!やればできるじゃん!
日本を守ってくださいよ!

先生、読者様、皆様の今後の御多幸を祈りつつ、日本そのものに感謝したいと思います。
日本人のひとりさん (井沢満)
2016-11-15 22:38:12
核アレルギーの人は、論にならないことが多いように感じます。拒絶したきり、なぜ必要なのか説いても聴く耳は持たない例が見受けられます。
心情的拒絶で、論理はないのでしょう。
そしてもう一つの特徴は核をすでに保有している国への批判は、ないことです。
他の国はどうでも、日本が持ってはいけない。
なぜ? 問えるまで議論が発展することもありません。

人間的道義を最大の価値観として、核を落とされてもいいから、日本は持たぬという選択を説く人もいますが、それを選択する大人はいいとして、まだ選択権のない赤ん坊や子供を自分の思想の犠牲にしていいのか、という問題が残ります。

核廃絶論は、核保有国がいっせいに核を捨てない限り無意味です。

それと、核拒絶派は日米同盟における核の傘は、使用しているわけなので、身勝手論者と言われても返す論理はたぶんないでしょう。
続き いつ迄もあると思うな親と核⁈ (日本人のひとり)
2016-11-16 08:31:28
井沢満先生

お早うございます。この度は丁寧で美しいご返信、誠に有難うございます。

先生が仰られたように核拒絶の方は、身勝手という事に尽きると私も思います。
この人達は、外国と誠実に付き合い仲良くしてたら、戦争にはならないと言うですよ…ほんま日本の周りの国は外道民族の国家しかないっちゅう事が理解できないんですよね。今の日本人の思考能力は日本の歴史上最悪なのかもと…昨日は結構落ち込みました。

こういう人には大いなる無視で対応し、日本は国産の核兵器を1日でも早く保有していただきたいと願うばかりです。

先生の文章は本当に表現が細やか鮮やかと思いました。凡人の私は感想も凡文ですが笑

井沢先生、読者様、今後の御多幸をお祈り申し上げます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事