井沢満ブログ

後進に伝えたい技術論もないわけではなく、「井沢満の脚本講座」をたまに、後はのんびりよしなしごとを綴って行きます。

難癖付け屋の不毛度 小池都知事と安倍総理の所信演説が気に食わぬ人たち

2016-10-01 | 

小池都知事の所信表明は概ね好評のようですが、しかし
難癖をつけるためにつける人はいるもので、どこの
党であったか・・・

小池さんの所信表明の60%程度(だったか?)は、過去の都知事の
所信表明とダブっている、という意見を開陳した人がいますが・・・・

都知事の所信なんて慎重を期さねばならぬ場で、そうそう新味は出せないので、オーソドックスにならざるを得ません。豊洲でまず出て、暗に
都議会の腐れ方を指摘した都知事は歴代いなかったし、上々の
出来というべきでしょう。あの、こわもての石原さんにすら
飛ばされた野次が小池さんには、皆無。
小池さんを敵に回すということは都民を、またその背後の国民の
応援団を外すことですから。

所信表明批判の主は、都知事の所信表明は都議会議員のみならず、都民と
ひいては国民のためであるという自覚がなく、浅薄です。
漫才のネタではあるまいし、都知事の所信表明が何から何まで
新しい必要は皆無です。
言葉をどういう心で、どう発するかと言うのが肝心なのであって
新機軸など要りません。豊洲と都庁の綱紀粛正で十分です。

またテレビでは英語が多いと、文句を言っている人がいましたが
小池さんは英語で言った後、同じ文脈でその言葉の意味を
平易に解説しながら、述べています。
「レガシー」などという言葉は、「負の遺産」とでも言えばいいのでしょうが、
言葉には、その瞬間の鮮度というものがあります。
小池さんの文脈の中では「レガシー」という言葉はとりわけ浮いてはいず、
またその後に続く言葉で、言わんとするところは理解できます。

さして思慮もなさそうな電波芸人たちがよってたかって、不毛な論評です。
呆れたのは、安藤優子氏の番組で小池さんを一緒になって軽んじ
侮蔑していた芸人が、今度はどちらかというと褒める側の番組に出て
ヘラへラ。まぁ、それが彼の役割なのでしょうが、私などは報道に関することは
なるべくきちっと発言する人を出して欲しいと思います。職業に関係なく。
言葉足らずで、もどかしい思いをすることもあります。

かねてより国会議員の言葉の乏しさに、不本意な思いをすることがあり
それは述べてきましたが、辻元清美氏の追求に対する、稲田朋美大臣の
言葉の余り豊かでないさまは、いかがなものかと思われました。
国防について、また慰霊祭についての辻本氏の追求は、難癖レベルで
そんなもの、言葉と言葉の戦いなのだから、語気の強い者、語彙の多い者の勝ちなのです。稲田さんには昨年、靖國神社の国民集会でお目にかかり多少の面識はあるだけに、耳元で返すべき言葉を囁きたくなる衝動に駆られました。
防衛大臣があんな、「悪しく女性的な」答弁でどうしますか。
涙目などと書かれていましたが、こんな気弱なお方に防衛大臣は
荷が重すぎないでしょうか。心もとないこと。(稲田氏の政治姿勢への批判ではありません。細部に関してです)

安倍総理の所信表明演説に、議員がスタンディング・オベーションをしたとか、
問題になっていて、何のことだろうと思ったのですが、今夜テレビで
その部分が流され、様子がわかりました。

まず安倍総理の言葉。

わが国の領土、領海、領空は、断固として守り抜く」

この所、頻繁に押し寄せてくる中国船、そして領空侵犯、そして
北朝鮮の核を意識しての決然たる覚悟表明です。

発言自体に何の問題もありません。

そして総理は拍手を促してもいず、まして立ち上がることを要求してもいません。
総理の言葉が終わったとたん、議席から拍手が潮騒のように湧き上がり、
そして自然に多くの議員が立ち上がっていた、と画面で確かめた流れはこうでした。

これが「北朝鮮のようである」というのは、こじつけです。
強制されたスタンディング・オベーションではありません。
そして、肝心なことは拍手は総理へ向けてのそれではなく、
「夜を徹して、海上保安庁、警察、自衛隊の諸君が、任務に当たっている。彼らに対し」なのです。

このどこが、いけませんか。

総理自身も拍手をしていた、と文句を言われていますが、総理の拍手は、
議員たちのスタンディング・オベーションが始まり、それを受けてのことであり、
促しの拍手はしていません。

北朝鮮と言いますが、アメリカの議会における大統領演説における
スタンディング・オベーションは常態です。

それに言わしていただけば民主党時代に、鳩山氏の演説に対して
民主党員がほぼ全員立ち上がって、拍手をしていたではありませんか。

それにしても、辻元清美氏はご存知のように自衛隊忌避の極左のお方ですが、
皇太子殿下と交流が頻繁だ、という情報が事実なら由々しきことだと
思われます。

 

《さらに番組終了後、一緒に出演していた民進党の辻元清美議員が、「最近、私よく浩宮さんと話をする機会があるんだ」と弾む声で、語っていた》

Will10月号、河野恵子氏「内外に蠢く皇室を潰したい勢力」より。
河野恵子氏の文中にある番組とは「朝まで生テレビ」です。

本来皇室不要論者の辻元清美氏と皇太子殿下が、頻繁にいったい、何のお話でしょうか。
仮に「平和憲法護持」自衛隊忌避の“左翼談義”でお話が盛り上がっているとしたら、困ったことです。

皇太子殿下はまた、平成21年(2009)11月11日、共産党人民解放軍音楽隊によるプロパガンダオペラ「ムーラン」にお出ましで、中国国軍の少将、習近平の妻である彭媛氏と接触なさっています。仕組まれたことでしょうが、いささか無防備でございましょう。

あと、特定大教団のイベントにお出かけになったり、その教団の会長の息子と食事を共になさり、また韓国でも極めつけの反日家である国連の潘基文氏、それから韓国の首相としては初めて、竹島に不法上陸した韓 昇洙元韓国首相と親密な交際をなさるなど、実に危ういことと拝見しています。それに加えて皇太子妃の、某大教団会長との尋常ならざる親密度がWillで記述されているだけに。大教団への貶めではありません。皇族が特定思想の一組織と関わることの不公正さとリスクを申し上げています。

「生前退位」が特措法で現実のものとなったら、次期天皇陛下、皇后陛下となられる方々です。慎重にとお願い申し上げます。

生前退位の後の天皇陛下は歴史に倣えば、太上天皇(上皇)となられるのかもしれませんが、発言力はおそらくそのまま、お立場は遥かに自由になられたところで、これまでの経緯から韓国へ私的旅行の名目で謝罪旅行をなさらぬか、それを憂慮しています。杞憂であることを心より願います。

 

(誤変換他、文章上の瑕疵は後ほど推敲致します)

なお皇室に関するご意見は、自由ですが言葉遣いその他
最小限の敬意を失わぬようお願いします。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自惚れ鏡 | トップ | コスモスのブーケ »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ユーチューブにて (けん)
2016-10-01 04:49:10
「速報 ニュース - 安倍内閣が皇室に入り込んだ韓国スパイを駆除!!」を 御覧下さい。

内容に関しては 私は真偽を確かめる事が出来ませんが、いかにも「ありそうな事」で、「これが真実ならば、辻褄が合う」と判断する次第です。
動画 (鳩摩羅什)
2016-10-01 05:40:40
別スレのコメ欄に書き込みに来て、ご紹介の動画を拝見。

概ね事実だと思います。
ただNHKへのリークは風岡一人で出来るスケールでもなく、またNHKが風岡個人のリークに即乗ることも、危険性から考えてないでしょう。NHKはもっと、天皇陛下に近い筋のある御方からお墨付きを頂いたからこそ、報道にゴーしたはずです。でなければ、もし誤報の場合、会長、局長が飛ぶ程度のことではすみません。
NHKの存在自体が危うくなるくらいの一大事です。
それをあれだけ確信を持って報道できたのは、発信元が天皇陛下か皇后陛下ご自身だということでしょう。
残念なことです。

安倍総理の人事は、天皇クーデターへの牽制だと思われますが、警察関係の投入はヤフオクへの牽制の可能性もあるのかもしれません。これは深読みかもしれないのですが、そう期待します。
警視庁の科学捜査班が「あること」を行えば一発なので・・・・あまり道を外れたことをなさると、「やりますよ」という牽制かもしれぬ・・・・と思ったりもします。
皇族の周辺 (ぬかった)
2016-10-01 08:04:54
このところ、ソフトバンク経由日本ユニセフへ、という詐欺まがい寄付が話題になっています。

日本ユニセフというのは不思議な団体で、寄付をやめて何年経っても (二年や三年の話ではありません)、立派な「寄付のお願い」が送られてきます。同封してある住所と氏名のシールだけでも、一生使いきれないほど溜まりました。この印刷と郵送に毎回いくら掛かっているか、と考えますと、東京都ではないけれど会計はザル構造になっていそうです。巨額の寄付金が、本来の善意をどれほど反映した使途に流れているか、疑問を持つ人も多いでしょう。

ありもしない「タイの貧民の子から心臓を奪って日本の子に移植」という映画の後援をしたり (名義だけで寄付金は回していないと説明していますが)、いろいろと疑わしい団体ですが、皇族や皇室関係者が名を連ねているのが、またまた怪しい。金銭的な問題が発生しない全くの名誉職であっても、名前が掲げられる以上は十分に注意していただきたい (ましてや賃金や謝礼が発生するなら、責任は非常に重いでしょう)。

>皇族が特定思想の位置組織と関わることの不公正さとリスクを申し上げています。

現在、皇族の方々は、おそらく戦前よりはるかに多い組織・団体と関係していらっしゃると思います。それは皇室と国民の距離を縮める一方で、危険も孕んでいる。英邁な方であっても、情報が偏れば誤りが起きます。周辺の人事は重要です。

某大教団は昭和40年代でしたか、何かの建物が竣工した折、「将来天皇陛下をお迎えする部屋」を用意した、と信者が喧伝しておりました。着々と進めて来たのだな、と私は見ております。
「アメリカかぶれはみっともない」 (三角四角)
2016-10-01 11:28:42
人が演説中に立ち上がって拍手するのは、我が国では、ハシタナイ行為です。   
人には人の、国には国の、それぞれの流儀が有ります。  猿真似はみっともないから
止めましょう。  自民党員である衆議院議長から注意を受けた事実を無視し過ぎです。
 我が国では、麺類を食す時に音を立てて啜りますが、欧米ではハシタナイ行為として嫌
われます。  それぞれの流儀を大切にするべきでしょう。
 といって、海上保安庁、警察、自衛隊の皆さんに敬意を表すなと言っている訳では有り
ません。  着席のまま、割れんばかりの拍手を20秒どころか1分以上すればよかった
のではないでしょうか。
三角四角さん (みずほ)
2016-10-01 13:35:46
>人が演説中に立ち上がって拍手するのは、我が国では、ハシタナイ行為です。   


初耳です。
論拠をお示しください。

初めて見る光景でもないし、はしたないという
感性が私は理解できません。

立つ、座るの線引もあなたの主観だと思われますが?
三角四角さん (鳴海)
2016-10-01 14:11:31
>「アメリカかぶれはみっともない」

この認識がまず間違いです。

先生がアメリカの例を引いたのは、
「北朝鮮」と言われた批判に対して
アメリカでも、という意味であり、
アメリカがやっているから、やろうと
いう意味ではありませんよ?

欧州各国でもやっていることであり、
そもそも発祥が、英国王ジョージ2世です。

日本にも「場内総立ち」という言葉があるように
スタンディング・オベーションはありますよ?

>民党員である衆議院議長から注意を受けた事実を無視し過ぎです。

これも勘違い。
「もう十分だろうからお座りなさい」
という促しであり、スタンディング・オベーションが
いけないと言われたわけではないです。
野次こそが追放されるべきですが、特例としての
スタンディング・オベーションは批判の対象には
なりません。しじゅうやられているわけでなし、
民主党の鳩山演説の時以来です。

>麺類を食す時に音を立てて啜りますが、欧米ではハシタナイ行為として嫌われます。

パスタのたぐいはそうですが、素麺饂飩など海外に定着するにつれ、それらは音立てて皆さんすするようになってます。テレビで見ませんか?

高村さんが言うように、スタンディング・オベーションは、もはやグローバル・スタンダードです。
しかも民主党のときのように、総理の演説内容を讃えた起立と拍手ではなく、今回のは日本の防人への
感謝の念です。

あれで自衛隊や警察、海上保安庁の方々が
どれほど、勇気づけられ誇りを抱いたか。
過去には、自衛隊の師弟が学校であろうことか
教師に人殺しの子供呼ばわりされていたのです。

拍手だけではなく、立ち上がることでビジュアル的な
メーッセージ性がより強く表現されました。

 

国技館でもスタンディング・オベーション (菜の花)
2016-10-01 14:53:45
三角四角様へ

日本の伝統の殿堂である国技館でも、千秋楽結びの一番での、場内総立ちで歓声と拍手なんて珍しい光景でもありません。

明治期の政界でもあったような記憶で、調べているのですが見つかりません。どなたかご存知でしたら。
スタンディング・オベーション反対者は (毬藻)
2016-10-01 16:48:39
軒並み、左翼弁護士、民進党他野党連中ですね。

三角四角さんは、先生の文章の誤読に加え、事実誤認をしていらっしゃいます。

>自民党員である衆議院議長から注意を受けた事実を無視し過ぎです。

いいえ。時系列を間違っています。



【大島理森議長はしばらくして「ご着席下さい」と注意をした。】報道より

立ち上がったことを、注意したわけではありません。
もういいでしょうから、ご着席くださいという意味です。
Unknown (風鈴)
2016-10-01 18:18:52
現行の天皇制(この言い方は不適切なのでしょうが)はある側面において脆弱性を持っていると思います。
もともと、民主主義国家との整合性は難しい所であり今回の「お言葉爆弾」もその辺りの弱さを突かれたものでした。

危うい均衡を保ちながら昭和の時代が何事も無く過ぎていったのは偏に「昭和天皇」が天皇史上傑出した英名な方だったゆえです。

そして私たちがそれを未来に渡って永久に期待できるかといえば残念ながらそうではないと、既に今の現実が教えてくれています。

今回の「お言葉爆弾」で「こんな皇室なら無い方がいい」という極論まで見かけました。しかし私たちには「皇室の存廃」を思考する自由はありません。


数百万の家族が我が子を父を夫を捧げて守った皇室の存在意義の有無など平和な時代に生きている私達に論じる資格はないのです。

であれば、いかなる人物が至高の玉座に座ろうとも皇室の存在そのものはびくともしないシステムを作り上げるべきではないでしょうか。

今の皇室のあり方が戦後すぐの「とりあえず感」を引きずったままのように思えるのですが。。





拡散の御願い。 (けん)
2016-10-02 01:24:05
今回は 止むに止まれず、直リンクにて 御容赦を頂きたく御願いします。

【日いづる国より】三宅博、国家観と国民保護の喪失は教育界の腐敗から[桜H28/9/30]

https://www.youtube.com/watch?v=4ef6d9GtUyU

を ぜひ御高覧の上、拡散を御願い申し上げます。

 反日教育を国家事業として実行しているのは 中国・朝鮮半島2カ国だけではなく、日本政府も加担している事。この重大事実を 日本国民が広く周知し、国民の意志と活動によって 日本政府・文部科学省・地方の教育委員会・教職員たちから「反日勢力を許し 反日勢力に懐柔され屈服している弱さと愚かさ」を一掃・払拭せねばなりません。

 とりわけ、共産党系の「学び舎の教科書」が あろう事か 検定に通り、昨年9月の段階で 【国立】(5校)【私立】(33校)の中学校で 採択されてしまっております。

 在日朝鮮人によって侵食された新聞・テレビ・教育行政も含む教育界の全般によって、「憲法9条を守れ」の「美名」のもとに日本弱体化・日本侵略を容易にするための洗脳・誘導・教育が 日々 着々と進行中。

 日本人は結束して戦わねばなりません。既に負け続けています。国を失うか守れるか、既に最終段階まで負け続けて今に至っているのです。存亡を懸けた戦いです。まずは、日本第一党を支持して行きます。そして、日本を守る意志を持つ全ての日本人を 日本第一党に集結させたいと思います。自民・公明は 単なる「利権屋の集団」に過ぎません。改革は不可能。だから、日本第一党を 日本を守る最後の砦として 大きくして行く事 そして、「日本の心を大切にする党」などの有志と統合して 10年後までには日本の政権与党に成る事を願い、活動して行く所存です。皆さんの御支持を御願いします。実現の可能性なんか 計っている場合ではなく、何が何でも やらねばならぬ戦いです。皆さん、どうぞ、御参加ください、御願いします。 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事