井沢満ブログ

後進に伝えたい技術論もないわけではなく、「井沢満の脚本講座」をたまに、後はのんびりよしなしごとを綴って行きます。

「自分の息子に同じこと言える?」

2015-11-22 | 日本語について

ある女性キャスターが放った言葉が、胸に小骨のように突き立っていた。

報道からそのキャスターの言葉を拾うと、

あんたは僕の子じゃないんだよって言われる息子の気持ちになると切なすぎません?」

「厳密な法解釈と家族の形って違うじゃないですか。そんなに厳密に法的に『あなたと私は家族じゃない!』って言わなきゃいけないんですかね?」

 「いったんは長男と新しい奥様もうまくいってたわけですよね。過去に結婚していたことも、子供がいたことも事実なわけじゃないですか。実子がどうかは別としても。それをいまさら決着つけなくちゃいけないんですかね?」

「生みの親より育ての親って言葉もあるくらい」

拾い上げてみると、それなりに理屈は通っていないわけでもない。私は与しないが、そういう考え方もある。特に西欧では、実子の他に多国籍の子供たちを養子にしているハリウッドスターもいるぐらいだ。

しかし・・・・ここは日本ではないか。「血縁」という縁で結ばれた家族というのが基本にあり、微弱ながら血を辿れば1滴分の血は天皇につながっている・・・・という国家も「家」としてみなす感性が日本にはある。そのことの是非は置いておくとして、日本人の感性の基本にある。(血縁にはない家族の否定論ではないので、念のため。その肯定的ドラマを大昔にNHKに書いたことがある)

女性キャスターの言葉に決定的に欠けている「母性」のごときものなのだけど。言葉に添う人としての情のなさ。

母性というと女に母性を押し付けるな、とかいうフェミニズムの言い方は勘弁して欲しいのだけど、父性と母性は歴然と異なるし、猿ですら母性を持っているから本能的に乳を与えるし、外敵から守るではないか。育児そのものは男猿の役目ではない。基本的な生物としての営みを言っているので、男の育児参加を批判しているわけではない・・・・と現代は何と色々言い訳をしないといけないのだろう。ほんと、めんどくさ。

しかし「あなたの子が出来た」と言われ、潔く責任をとって結婚したら離婚。男手で育て上げたら他の子だった。なんで騙されたほうが叩かれるんだ?

それはさておくとして、コメント欄に頂いた内容に、ああ私が感じた違和感はそれだったか、と目から鱗だったのだが「自分の息子に同じことがいえますか」ということなのだ、結局。

他人に対してならいくらでも一般論で、きれいごとが言える。本人の身になってみろ、という言い方は出来るが、自分なら黙っている、という人も選択肢としては皆無ではないだろう。

だが自分の息子がそういう目にあった時の母親は、許せるか?

「生みの親より育ての親って言葉もあるくらい」は、親のほうが少なくとも他人の子だと知っていること前提のことわざであろうに。そしてそれを知った子が感謝とともにいう言葉であろうに。

今回の一件とは事情が基本的に異なる。

私は、話題の渦中の彼とたまに会って遊んでもらっていたのだが、そういう時には彼の実家のお母さんが、彼の家に来ていたようで、しかしある時、お母さんに子供がひどい言葉を投げつけたとか、したとかで、お母さんが泣いていたことがある。
お母さんから泣きながら電話が来て、彼がそれに対してなだめ、それから
子供に電話して、こんこんと言い聞かせているのを、私はそばで聞くともなく聞いていたことがある。「おばあちゃんに、あんなこと言っちゃいけないよ。おばあちゃん泣いてたよ。おばあちゃんも、○○を一生懸命育ててくれてるんだよ・・・・」

その時は、やっぱり男手一つで育てるのは大変なんだなあ、よくやってるなあという程度の感想で、息子さんが心に問題を抱えていることを知らなかった。彼が再婚する前、文字通り男手一つで育てていた時期のことである。

ある時は子供が海外で発病して、大変だったようで私はそういう時の
父親の心理状態を物書きとして知っておきたかったので、細目に渡り
・メールで質問したら「まんさん、きっついなあ」と返事が来て、答えては
くれなかった。よっぽど大変だったのだなあ、とその時もそれだけの
感想であった。

彼もむろん私も子供が実子だと思い込んでいる時である。

彼のお母さんの話に戻る。面倒を見ている最中、違和感はなかったのだろうか? 何かが違う、と。言葉にするほどでもない違和感。
心に、ひずみを抱えているので扱いが大変だということの他に、センサーのごときものは作動しなかっただろうか?

彼が私と会うのに、お母さんには来てもらえない日だということで子連れでやって来たことがある。その子が「こんど、お母さんがけっこんするんだよ」と私に言い、私はとっさに返事できなかった。彼は穏やかに無言だった。

そして、駅に向かって手を繋いで帰る「父子」の後ろ姿を私はしばらく
見送っていたことがある。
父親と幼い息子が手を繋いで夜の家路を辿る光景はいいもんだなあ、と。

まだ少年めいていたアイドル時代からの付き合いなので、そういう感慨もあったのだと思う。
あの樹生がお父さんかぁ、と。記憶の中に高い背と小さな背と、父と息子の背中が影絵になって今もある。

・・・・ご自分がもし、彼の母親だとして、以下の言葉を言えるかどうか、くだんの女性キャスターに改めて問うてみたいのだ。

 

あんたは僕の子じゃないんだよって言われる息子の気持ちになると切なすぎません?

 

「厳密な法解釈と家族の形って違うじゃないですか。そんなに厳密に法的に『あなたと私は家族じゃない!』って言わなきゃいけないんですかね?」

 「いったんは長男と新しい奥様もうまくいってたわけですよね。過去に結婚していたことも、子供がいたことも事実なわけじゃないですか。実子がどうかは別としても。それをいまさら決着つけなくちゃいけないんですかね?」

 

「生みの親より育ての親って言葉もあるくらい」

‥‥‥‥‥‥・どうもしっくり来なくて、彼女の経歴を調べてみたら案の定、子供は産んだことがなくしたがって、育てたこともなく、他人の子供を預かって慈しんだこともなく‥‥・

子育てってきれいごとでは無論行かず、ある有名な女性から聞いたことだが「書いている最中に泣かれると、この、ぶっ殺してやろうかと思うこともあるよ」と。これは極端だろうが、子育てがいかに手間暇根気と忍耐がいるか、知らない女性に言って欲しくないのだ。

それに、言わせていただけば一度離婚していて、2度目は不倫じゃないですか。ひょっとしたら、一度目のそれも略奪婚だとか、そうでないとか。
それがいけないというほど、私は道徳家ではないけれど、あなたに上から目線で家族を語って欲しくない、とは思う。

夫や父を奪われた妻や、子供の気持ちがわかりますか、と訊き返したい。

自分の息子が騙されて、他の男の子を苦労して育てさせられて、仕事も
セーブせねばならず、そして自分は息子の子でもない子を長年育てる手伝い。
そしてその子はある意味健常児ではなく、あれこれ言われ、され傷ついた挙句、他人の子でした。
で、あなたは「生みの親より育ての親」と言っていられるのか。

いささか、むかっ腹が立ったので、これは当事者である彼の弁護であるというよりも、今回はかなり鬱憤ばらしの駄文である。私が渦中の彼と個人的に付き合いが仮になくても、同じことを言う。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テレビが人を裁く時  | トップ | 「再会の食卓」ドラマでは分かり... »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めてコメントいたします (ごんぎつね)
2015-11-22 14:05:30
はじめまして、こんにちは。いつも読ませていただいております。
井沢先生は、お優しい方ですね。大沢さんは井沢先生のようなご友人がいらっしゃって、お幸せだなと思いました。

特殊なフェミニストは別として、主婦層は安藤優子や喜多島舞のようなな女性を許さないと思います。生理的に受け付けないのです。女の敵と認知されます(笑)
子供達の友人の中にも、離婚し親権争いの末、父親が引き取った方が何人かおりました。全員、一年もたたないうちに、親権は別として母親と暮らしています。働き盛りの父親に、子育ては難しいのでしょうね。
大沢さんはご立派です。
私も親ですが、些細なことであっても子供達の不始末があれば、自分の至らなさを責め悩むことばかり。誰かを責める前に、まず自分を省みます。大沢さんは、子供への不信から検査をするに至った訳ではなく、まず自分自身をよく知りたかったのかな、と思いました。

それにしても大沢さん、ドラマの中では男前な悪役が多いので、ギャップにビックリいたしました。それだけ演技がうまいのですね。
光GENJIの中でも一番のイケメンでしたが、今後ますますご活躍されることと楽しみに応援したいと思います。

井沢先生のご活躍、ブログの更新、これからも楽しみにしております。
同感です (アラフォーママ)
2015-11-22 14:11:41
あの女性キャスターの程度が よくわかりました。なんにも わかってない方なんですね。呆れてしまいました。
そのとおり (一言一句同意)
2015-11-22 14:58:16
本当にそう思います。
偏向報の上、視聴者を「切なすぎません?」と、誘導尋問で、本来の問題の責任を
大沢さんに押し付ける。
違うでしょ?
問題、そこじゃないでしょ?と思います。
何故、大沢さんが責められるのでしょうね?
負わなくていい赤の他人を必死で育ててきたのに…と思うと、本当に腹立たしいです。
同意です。 (ちぃ)
2015-11-22 19:40:00
とても興味深い内容でした。私は子育てをしたことはありませんが、それでもそのアナウンサーに対して、

『不倫略奪のお相手にもお子さんがいらっしゃいましたよね?そのお子さんの心情を考えると切なすぎません?』

と思いました。倫理観が著しくずれている方だと感じました。
良質のドラマ鑑賞こそ教育 (HIRO)
2015-11-22 21:33:43

毎日楽しみに読ませて頂いています。

3人兄弟の一人がどうも変ということで、2人がもう一人を調べたら、病院での取り違えだったとう事故が、数年前話題になりました。

昔の松竹の中村登の波の中で、主人公の佐分利信が育てている子が自分の子なのか苦悩する映画がありました。

知っていて他人の子を育てることと、最初は知らずに他人の子を育てることは全然違うと思います。

産みの親より育ての親とは、両者血縁がないことを知っている場合です。
真っ当な親の子だった場合、子は育ての親に遠慮をするもので、だからうまく行きます。

子が親に甘えられるのは、産んだ親に対する許される業のようなものと思います。
Unknown (Unknown)
2015-11-22 23:46:56
その通りですよ
文中の大沢さんの子育てぶり初めて拝見させていただきました
立派な父親でしたね
仕事も大変な中よくここまで育てたものです
子育てってそんなきれいごとではないですよね
でも大沢さんは精一杯がんばった
それを前提から覆され裏切られた大沢さんの気持ちを考えると・・・今大沢さんに奥さんとお子さんがついていてほんとによかったと思います
でないと早まったこともしかねない
そんな絶望だと思います
はじめましめ (yoshi)
2015-11-23 01:09:11
日頃からマスコミの偏向報道の異常さにうんざりしていましたが、今回の大沢さんの件でいよいよマスコミの異常さを痛感させられました。
事実をねじ曲げ、論点をすり替えてまで被害者である大沢さんを叩く報道を見て「日本のマスコミはもう後戻りできないくらい狂っているのか」と恐怖を覚えました。

グッディの安藤氏や高橋氏に至っては本当に見苦しいくらいに歪んだ意見で唖然としました。安藤氏なんて、自身が不倫略奪婚を2回も犯しているような倫理観が欠如した人物にも関わらず堂々と大沢さんを叩いていて、尚更唖然としました。「子供のいる家庭から父親を一度ならず二度も奪っておいて、どの口が『子供が切なすぎません?』なんて言っているの?!」と心底驚きました。

今回の件でインターネットを見ていて、井沢先生のブログに初めて流れ着きました。至極真っ当なご意見の数々を拝読し、救われた思いでした。井沢先生のように客観的に冷静に物事を判断し、権力に左右されず真っ当な意見を言える方に司会やコメンテーターを勤めていただきたいのに…と強く思います。

長文乱筆で失礼しました。
これからも井沢先生のブログ更新を楽しみにしています。
寒くなりましたね (井沢満)
2015-11-23 02:03:20
ひとつぐらいは嫌がらせが来るかなあと
思っていたのですが、皆さんまっとうで
安心しました。

何でしょうねえ。報道の異常さ‥‥‥‥・?

元々日本の家族制度のいいところを
破壊しようとする一団が日本に生息しているのは
事実なのですが・・・・・・。
Unknown (風鈴)
2015-11-23 09:48:08
件の息子さんは情緒面でも困難な状況にあったようで、
そういう子供さんの親は学校に呼び出されることも多く大沢さんも先生と話し合いをされたり、親同士の飲み会にも参加されたりして周囲にも好感をもたれていたようです。
これは芸能界の方ではなく、その方面の一般人の方のブログから得た情報なんですが。。

大沢さんのお母様も大変なご苦労をされたのですね。でも、立派な息子さんを育てられたのだと思います。
これからは心安らかに過ごしていただきたいものですね。

安藤さん以外にも非難コメントを出した芸能人は多く、何らかの隠然たる圧力があるのでしょう。
でも世論の風は違う方向だと見えます。
Unknown (鈴蘭)
2015-11-23 09:49:38
大沢さんのことを悪し様に言う視聴者はいないと思います。そもそもそういう番組は見ません。
先生、大沢さんに、
頑張ってください、
とお伝えください。
同感です! (せいこ)
2015-11-23 11:32:49
大沢さんのことを思うと同じ子供を持つ親として涙がでます。
会見の時の大沢さんの涙、あの姿を見るたびに胸がしめつけられます。
井沢先生のブログを拝見し心救われる思いです。
井沢先生の言ってることは全て正論でこういう場で発信してくれること嬉しく思います。

大沢さんは苦労されながら16年、子育てをしてきて突きつけられた現実。
こんなにひどいことがあるのでしょうか。
裁判に勝ったからといってこれで終わりではないですもんね。
喜多島舞さんには人間の心があるんでしょうか。
ほとんどの一般人は大沢さんの味方ですよ。それがまともな意見です。
大沢さんの家族も辛い思いをされてるでしょう。
大沢さんの幸せを心から願ってます。
本当に皆様の意見に大きく頷きました。 (岬)
2015-11-23 12:17:10
はじめまして。
先生のプログは 別件からの事が きっかけで ちょくちょく覗いて 読ませて頂いてます。
大沢さんの件は こんなドラマの様な それ以上の事が本当にあるのだとビックリしていました。
大沢さんが光ゲンジで活躍されていた事は知っていましたし、当時の人気は凄いものだったのも記憶しています。当時の私はあまり興味も関心もなく ただ見ていただけでした。
しかし、今回の件で逆に大沢さんに大変好感が持て 応援してしたくなりました。
先ほど大沢さんのプログを斜め読みですが読ませて頂き、先生のおっしゃる通り本当に子育てを一生懸命されていたのだと感じました。
本当に子供を育てるのは 育児書なんて役に立たないと思うほど 手探りな部分も多々あります。まして片親で心と身体にハンディがあればなおのことです。
コメンテーターの方は良心の欠片も無いのかしら?と思います。人の痛みや苦しみを解ろうともしない人にコメントして欲しく無いです。
一方的なコメントや公平性に欠けたコメントしか出来ないマスコミ報道に新ためて疑問を覚えます。特に全国放送番組でそれを感じます。
私の住んでいる関西の番組では(全国放送ではありません)大沢さんの件で少し違うコメントが出ていました。ある方が「大沢さんが自ら暴露したのですね?」と言ったコメントに対し「その前にスクープされていましたし 騒ぎの間は仕事も無かったようです。」と返答してました。
それを聞いて 地方には圧力がさほど及ばなかったのかしら?と思いました。
それにしても捻じ曲げた報道やコメントして良心が痛まないのでしょうか?ジャーナリストとは?
何なのでしょうか?
今回の報道で一般的にも報道の不公平さが広く知れ渡ることになった様に思います。
大沢さん頑張って! (ココア)
2015-11-24 09:09:33
大沢樹生さんがあまりにもかわいそうで居ても立っても居られず、初めてコメントさせていただきます。
だいぶ前のことですが、井沢先生が脚本をお書きになった「外科医有森冴子」に大沢さんが出演された時のことをよく覚えています。
始めは単なるチンピラかと思っていましたが、最後にいい人だとわかり、有森冴子に出会ったことで生き方を改めるという役をうまく演じてらっしゃいました。
今回の件で、元息子さんの気持ちを察して涙し、また喜多嶋さんを一切悪く言わない大沢さんがどれだけ優しく思いやりのある方かがよくわかりました。以前にも増して人の心の痛みがわかる、人間的にも深みを増した大人の男性になられたんじゃないでしょうか。
是非また大沢さんの演技を見たいと思います。
Unknown (翡翠)
2015-11-24 12:56:43
大沢さんと懇意になさっている先生だからこそ、色々思うところがおありなのだと察します。
この件は、マスコミでは概ね
大沢さんの方をバッシング、サンジャポという番組でも一方的に批判していたとか。そんな中、「ワイドナショー」では
喜多嶋舞が一番悪い、被害者は大沢さんと子供さん、という意見で
少し溜飲が下がりました。
女性から見ても喜多嶋さんのしたことは卑劣であり、詐欺であり、人の心を踏みにじる、獣にも劣るやりようで、何故あんな人間に育ったのか
不思議な位です。昔ならふしだら、
アバズレ、ズベ公・・・などとバッシングされて当然だったはずです。
今の世の中、喜多嶋舞を擁護するということは、ジェンダーフリーだ、男女平等だ、と騒いでいる反日サヨクにとって家族破壊に繫がるいい「ネタ」なのだろうと思います。
その女性アナもそういう流れの中の人なのでしょう、少なくとも人の気持がわからない、キャスターとしての資質も疑われる人物だと思います。
Unknown (みか)
2015-11-24 23:18:46
こんばんは。
いつも拝見させていただいております。
先生の大沢さんのブログを見て、自分の大沢さんの印象は間違いではなかったと思いましたので、コメントさせて頂きます。

私の大沢さんの会見を拝見した感想は、大沢さんは嘘偽りはなく、しかもどう考えても卑劣なことをしでかした相手を思いやる男気溢れる人、、との印象です。
きっと表だって騒ぎにしたくなく影ながら調べていたのに、喜多嶋さんサイドが有利になるように情報操作して、彼を悪役に仕立て上げようとしてるんでしょうね。

私も一人の母親です。
だからどちらが息子さんのことを愛しているか、涙ぐむ大沢さんを見たらわかりますよね。
そして真剣に子育てしてきたからこそ、苦悩されるんだと思います。

喜多嶋さんのことは同じ母親として理解し難く、また擁護する方達も同様です。
経験が伴わない言葉は軽く、浅はかです。わかる人にはわかります。
子供を盾に自己擁護するような母親がよいお母さんであるはずがない。


大沢さん、幸せになってほしいです。
息子さんも母親を乗り越えて、あんなにかっこいい人が父親なんだと胸を張っていきてほしいです。
大人が壊れている。 (ももぐりこ)
2015-11-24 23:26:08
大沢樹生氏の親子裁判について。私はだいたいテレビはニュースかスポーツしか観ないのでYahoo!ニュースで騒がれているこの話題には詳しくありませんが、ワイドショーのコメンテーターとは取り上げたネタに何かしら意見を言わなくてはならないようで、いつも思うのですがそれがその人の本心なのかよくわかりません。

この女性キャスターの番組はスタートから視聴率が悪いと聞いています。そもそも深夜の報道番組を長くやってきた方を夕方に見るのは違和感があり、しかも他人の噂話を取り上げるような番組を任されていることからもあまり局内で必要とされていないのだなと邪推します。

大沢氏が普通ならやらないだろう裁判をあえてしたことにはそれなりの事情があってだということを考えてあげられないところに、現在の大人のかかえる病気みたいなものを感じます。
遅ればせながら (若刀自)
2015-11-25 21:24:52
やはりコメントいたしたく。
報道番組を斜めに見ながら。。真実はひとつ、と聞きますが真実なんて人の数ほどあるのに。ひとつなのは「事実」であって、今回はあなたの子ですということで結婚、しかし離婚し子供は置いてって自分は再婚、男手で育てたその子は自分の子ではなかった、という「事実」。それにしても母親側の方に何か力があるのかしら、この偏向報道は。という感想でした。
その後、飲み会やカフェ等で友人と飲んでると近隣のテーブル、特に女子テーブルはびっくりするぐらいこの話題をしておりまして。
世間では報道とは逆が大勢のようですよ。皆様、母親の方を滅多切りです。こちらには書けないワード満載でした(笑)

ますます報道に違和感です。規制をひかれているか、そういう特殊な宗教なのか。そのようにしか思えません。

私の生活行動範囲内のお話ですが、お伝えさせて頂きました。
井沢満 様にありがとうと感謝 (Unknown)
2015-11-25 23:54:31
私は娘にも彼にも分け隔ては全くありません(^^)
想う気持ちは尽きる事は御座いません^_−☆

満さん、ありがとう♪
満さんのblog読者様、本当ありがとう御座いますm(__)m
大沢さんに幸あれ (麗)
2015-11-26 10:43:14
初めて、先生のブログ拝見させていただきました。
私は、結婚していますが子供はいません。

なので、大沢さんのご苦労・ご心痛は想像するしかないのですが、今回の件はあまりにもひどい。

一番の被害者である大沢さんを、悪者にしようとするマスゴミの偏向報道にも、本当に怒りを覚えます。
そうして、某キャスター。
不倫略奪2度もしてるくせに、よく言えたものだ!
あなたには、何も言う権利がない!!と言いたいです。

ご苦労された分、大沢さんのご関係者様には幸せになってほしいな〜と思います。

先生も、くだらない恫喝等あるようで心配になりますが、このように真実を発信して下さること、ありがたく思います。
これからも、ブログ拝見させて頂きたいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。