井沢満ブログ

後進に伝えたい技術論もないわけではなく、「井沢満の脚本講座」をたまに、後はのんびりよしなしごとを綴って行きます。

誤解と偏見  秋篠宮

2013-05-23 | ドラマ
お会いした、というのも不遜なほどの、僅かなお目にかかり方で
あったが、秋篠宮ご夫妻につかの間、接したことがある。

某映画の試写会で、私もどういうものか来賓席を頂戴して
同じエリアに秋篠宮ご夫妻がいらして、私ごとき
者にもお辞儀をたまわり、恐縮した。
紀子スマイルが美しく、秋篠宮も穏やかに腰低くあらせられ
何と気持ちのいいカップルだろうと、記憶に残った。
まだお二人もお若い、昔のことである。

・・・・ということを話したら、眉をひそめた人がいる。
わけを聞いて驚いた。
「紀子様は計算高くしたたかで・・・云々」
その後周辺に聞いてみたら、同じ感想を漏らす人が一人ならずいて
また驚いた。

聞けば、男子をご出産のタイミングが、どうも紀子さましたたか、の
印象の根源らしい。
それならお気の毒である。紀子様は、東宮雅子妃との関係で
第三子を出産をしてはならぬ、と陰に陽に圧力をかけられていた。
庶民なら暴れてもいい人権侵害だが、皇室は特殊である。
紀子様は耐え、従った。

そして時が経ち、雅子妃にいよいよ第二子の出産の可能性が
ないことがはっきりしたとたん、紀子様に手のひら返しして
今度は、やれ産めそれ産め。男子をなせ。
心が弱い方なら、そこでプレッシャーに折れたと思う。
しかし耐えぬいて、ご出産、男子だった。

そしたら、男子をタイミングよく生んだことが計算高い、したたか、だと
いう印象を広めたようで、人の噂というものは本当にしょうもない。もっとも何者かが
秋篠宮と紀子様に関するあることないことを、触れまわり噂を流していた形跡もある。

東宮の豊かな歳費に比べれば、慎ましい予算をやりくりして、
公務は東宮ご夫妻の10倍、20倍。お遊びと静養にもめったに出られない。
お世継ぎまでなして悪口を言われる紀子様をお気の毒だと思う。
出来過ぎる嫁はとかく反感を呼ぶというのもありそうだ。

現在、ご夫妻、お嬢様お二人、時には悠仁さままで含めて、ご公務に
フルに励んでいらっしゃり、神事も怠らず、このご一家で皇室は今、
支えられているというのに。将来の天皇陛下を擁しているご家庭なのに
東宮に比べ護衛が希薄なのも、皇室典範の決め事とはいえ、
心配で理不尽なことではある。

多少はオーラも分かる者として言わせていただけば、紀子様も
秋篠宮殿下も澄んでいる。
悠仁さまのオーラの半端無さは、芸能界でスターのオーラに
慣れている人が指摘する。私も感じる。
比べるのは、不適切かもしれないが、新人俳優を見て、すーっと
視線を惹きつけられる人がまれにいて、するといずれ必ずスターになる。
まだ外したことがない。
悠仁さまにそれを感じる。悠仁さまのオーラはスターのそれとは
異なり、ちょっと神的なものも感じる。言うに言われぬ存在感。

こういうお子様の母であるということは、きっと凄いことなのだろう。
いずれは天皇陛下と呼ばれる我が子。不憫、と思う気持ちも時に
動くのではなかろうかとも想像する。
お健やかに育たれ、無事ご即位の時を迎えていただきたい。
日本という桧扇の要は皇室である。

それにしても、いずれ悠仁さまと結ばれ妃と呼ばれる小さな女の子も
この日本のどこかに誕生しているのかもしれない。
そう思うと行く末を見届けたい思いもあるが、まず私はもう
この世にはいないだろう。


ジャンル:
その他
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言い返さない日本 | トップ | 皇室とは何か・・・ »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
基本に還れ (Unknown)
2013-05-25 23:41:55
よくぞ書いてくださいました。
子の出産をもって「計算高い」とかよく言うよ、ってやつです。ああ腹が立つ!!
妊娠も出産も神の管理する域です。
新たな赤子の誕生を素直に祝せない人間は人としての道に外れている。
人間としての、いや生物としての基本です。
目覚めよ! (宣教師)
2013-05-25 23:47:42
何を信じるか?
それは、貴男の目、貴男の心、貴男の自尊心でもって変化する。

どうか、下記のものを読んで、目覚めてほしい。
目覚めるのは無理でも、考えてほしい。

http://zonho.web.fc2.com/index2.html


ありがとうございます (わたしも)
2013-05-31 09:28:14
今日ゆっくりブログを拝見しました。
ずっと同じことを考えていましたが、世間に影響力のある有名な方が私と同じ意見をこうして述べて下さることに感謝。

そして、世の「知らなさすぎ」や「無関心」な人たちに対していつも腹が立ちますが井沢さんが発言して下さることで少しでも関心を持って自分で色々調べてほしいと思います。

私は妃殿下と同じ年で、たまたま次男の嫁、子育てしながら仕事もフルでしているのでずっと親近感を持ってご一家を拝見していました。

子供が小さかった時は実家に頼ったこともありましたが、それでもどちらも完ぺきにするのは大変です。

一般家庭ならちょっとくらい手抜きをしても誰にも責められませんが両殿下はそういうわけにはいかないでしょう。
両殿下は今までご公務を急に取りやめられたことなど聞いたことがなく、お子様方が小さい頃にはどうしていたんだろうとずっと思っていました。

会見で妃殿下が小さい頃は急な発熱などで大変だったこともありましたとおっしゃっていたのでそういう時もあったでしょう。

批判する人はそういうのわかってて批判してるんでしょうかね…
具合の悪い子を置いて出かける気持ちって、経験者じゃないとわからないと思いますが…

妃殿下はスーパー働くお母さんだと思っています。
お出かけされた先でのお振る舞いも素晴らしいし、お子様方も個性的にお育ちです。
陰でどれだけ努力されているか…

今後もご発言よろしくお願いします。
本当にそのとおりですね (ナデシコ)
2013-06-02 22:11:49
はしめまして。私も紀子さまはスーパーレディだとずっと思ってきました。大好きな御方です。
あまりにハードなお暮らしぶりに、心配になることもありますが、きっと大丈夫だと思います。
紀子さまはご結婚前、警護のお供といっしょに体力作りをされていましたよね?そのお姿がとてもお可愛らしく、好感がもてたのを思い出します。
悠仁親王のオーラは半端ない (ayumi61)
2014-12-28 05:54:06
今更ながらコメントさせていただきます。

>悠仁さまのオーラの半端無さは、芸能界でスターのオーラに慣れている人が指摘する。私も感じる。(略)
>悠仁さまにそれを感じる。悠仁さまのオーラはスターのそれとは異なり、ちょっと神的なものも感じる。言うに言われぬ存在感。

わたしは、皇族にも芸能界にも何の縁もない一般市民ですが、ご意見には完全に同意します。正直なところ、わたしも悠仁親王のオーラには、神々しささえ感じています。正直、私レベルだと、他人のオーラを感じることはまずないのですが、悠仁親王のオーラは、そんな凡人レベルの私でさえ、感じずにはいられないほどです。

このようなお方が、将来の天皇陛下になられることが約束されているわけですから、未来の日本は明るいと思います。ですので、それを見届けるためにも、ブログ主様に置かれましては、できるだけ長生きをしていただけるようにお願い申し上げます。
秋篠宮家 (ある意見です)
2015-09-04 21:05:20
はじめまして。 遅いコメントすみません。 かつて自分も若いころは 紀子妃の笑い顔に違和感を持ちましたが いまでは いい感じです。眞子さま佳子さま悠仁さまを生み ふさわしい公務に忙しい一家 心から応援します。 悪いうわさが拡散したこともあったそうですが 一家を貶めたい一派が意図的に流したことは間違いないですね。 眞子さま佳子さまも成人の会見どれも素晴らしかったです。 もっともっと悠仁親王がいずれ天皇であることが決まりきったことなのに なぜ 愛子天皇なる文字が出るのか怒りさえも覚えます。どうか 秋篠宮家の事実をたくさん記事になることを願って 失礼しました。
Unknown (Unknown)
2015-09-08 00:21:58
初めて妃殿下にお目にかかり直接お話も頂きました。失礼ながら、私もしたたかな計算高く要領のよいお妃様だと思っていたのですが(どちらかというと雅子様の方に親近感を持っていました)、全然違いました。気さくで本当に頭の良いお方という感じで、またルックスもあまりにも美しすぎました。私のような下々の者のことを一人一人覚えて下さいました。
実物はとにかく華奢でスリム!急にファンになりました。今では色々なお仕事を立派にこなされる妃殿下を尊敬いたしております。
過去記事にすいません (イチゴ)
2016-05-11 09:31:45
宣教師さまお勧めの記事を読んでみました。
これはマサコさん側の言い訳……ですかね?

とくに、小和田家では三代より以前の先祖だたどれないらしいですが、このことについては、
「戊辰戦争で記録等が焼失したから」とありました。
でも、あのとき焼けたのは城だけで、城下は無事だったはずですが?

百歩譲って寺の過去帳が焼けたとしても、武士階級ならば菩提寺に代々の墓石があり、そこから先祖をたどることは十分可能です。

つまりはそういうことなのでしょうねぇ(…お察し)
北・・・? (菜の花)
2016-05-11 10:54:24
小和田家の隣家は、赤軍派で北朝鮮に行った
某の隣(つまりは、新潟でも「そういうエリア」ではなかったか。推測にすぎない)

雅子さんが嫁ぐ数日前に小和田家の居間に飾られていたのは、北朝鮮の金正日花でした。普通、簡単に手に入る花ではありません。

だから何、それが何、という人もいるだろうし
何か感じる人もいるだろうし・・・・

単に事実としては、小和田恒氏は反日系外務省でもトップクラスの自虐史観反日系であること。
反日組織である国連と一家で密着していること。・・・
です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む