井沢満ブログ

後進に伝えたい技術論もないわけではなく、「井沢満の脚本講座」をたまに、後はのんびりよしなしごとを綴って行きます。

「シン・ゴジラ」で、憲法を改めて思う

2016-10-13 | ドラマ

「シン・ゴジラ」はおそらくに日本映画史に残るであろう名作ですが、
政治を舞台にしたレーゼドラマ(対話劇)の趣もあり、
アクションと、思索と両面の磁力を持ち合わせていることが
わかれば、更に観客層が広がるかと思われます。

私は単に話題作なので、観ておこうかという程度の観客だったので、
その質の高さに驚かされたのでした。

映画では、アメリカの権力の強大さと身勝手さもセリフに
現れ、また防衛論ともなっているので憲法についても
自ずと考えざるを得ませんでした。

護憲派は、日本人自らが作り出したという幻想を語りますが、
現実はGHQ製作で、それも日本のためではなく日本が二度と
立ち上がれないように、とそれを目的に作られたのです。

他国に憲法を押し付けることは国際法にもとります。
したがって、法を曲げて存在しているものに対して
ノーベル賞などおかしなことなのです。

日本の護憲派の人たちはあれこれ、理屈を探して日本人が
関与していることを言い立てますが、あんな醜い日本語が
日本人製作なものですか。

と理屈をぶつけ合うより、大統領選の真っ最中にジョー・ハイデン副大統領が
味も素っ気もないくらいに、ハッキリ言ってくれました。

We wrote Japan's Constitution

「我々が日本の憲法を書いた」

「安倍首相が改憲の必要性を強調しながら『(軍隊保有禁止などを定めた)憲法9条は、日本が第2次世界大戦で敗れた後、日本を統治していた連合軍総司令部(GHQ)の強要で作られた』と明らかにしているのと同じ文脈だ」

トランプ批判をバネにして、もの凄まじいことを言ってくれたのですが、さして報道されもせず、ましてテレビは取り上げていないような?

さて、日頃からこの方達は皇室崇敬の保守愛国者である、と国民が認める方たちが、「生前退位」の欺瞞性に対して、いっせいにそれまで封じていた批判の言葉を延べてくださったので、私ごとき者が言いやすくなったのですが・・・

生前退位という「お気持ち」表明を公共放送を使ってなさり、それを受けて内閣があたふたと準備をする、というそのことじたいが憲法違反です。
天皇陛下は常々、「平和憲法護持」とおっしゃっていらっしゃいますが、矛盾なさっています。

更に、天皇陛下は国民の意見を二分することの、いずれかに加担なさったご発言はよろしくないでしょう。それはひいては、憲法改正を党是とする自民党と、党是実現に動いている安倍政権への否定ですから、畏れながらこれも象徴というお立場上、憲法違反です。

付随して、皇后陛下の「A級戦犯」ご発言に驚かされた国民も多いと思うのですが、東京裁判は勝者の復讐裁判でありそこに、正義はありません。
皇后陛下の、九条の会その他左翼の方々に偏られたご親交も、
象徴天皇のご伴侶として、申し訳ないのですが、いささか逸脱ではないでしょうか。

皇太子殿下の辻本清美氏との親交も、伝えられているようにもし事実なら
由々しきことと憂慮せざるを得ません。

「核については論議すべき」としていた、稲田朋美防衛相が大臣になったとたん、自衛隊不要論の辻元清美氏に舌鋒鋭く非難され涙ぐむさまに、呆れ果ててからまだ日がさして経たぬうち、「シン・ゴジラ」を観て、この映画1本をネタに小論文が書けるなあと思っていたのですが、コメント欄情報によればすでに「正論」に書かれた識者がいらっしゃるとか。

中谷前防衛大臣が地位を離れる無念さに泣いた男泣きとは、種類が違います。
情けないこと、この上ありません。攻撃に心をあっけなく乱される防衛大臣など、即刻追放して、新たな人を据えるべし。危なかっしくてしょうがない。

また、しょうもないことですぐ泣く五輪担当相も困りもの。丸川珠代参議院議員が  愛之助さんと藤原紀香さんの披露宴で紀香さんの友人代表で挨拶したのはいいけれど、感極まって泣きじゃくられたとか。涙腺が崩壊し易い私が言うのもなんですが、あちらは感情のコントロールが必要な政治家です。
何というチープな涙。心して欲しいと思うのです。
披露宴の席に、愛之助さんの元愛人が座っていたから、同情して泣いたのなら、まだ解るけど(嫌味です)。

 

誤変換その他、文章上の瑕疵は後ほど推敲します。

皇室関連へのコメントは何を書かれても自由ですが、言葉遣い含め最小限の敬意は払われますようお願いします。

参考過去記事

生前退位リークは、天皇陛下でいらした? (週刊新潮最新号)

「生前退位と女系天皇」 皇室クーデーターとなぜ呼ばれる?

生前退位「特措法」という言葉に惑わされぬよう

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「君の名は。」と「シン・ゴ... | トップ | 王宮にお泊りはいかが? »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
午後の雨やどりさん (ネコ太郎)
2016-10-13 12:25:32
皇室ウォッチブログとして秀逸な「午後の雨やどり」さんですが、久しぶりに更新されています。
相変わらず文献に基づいた鋭い見識を示されています。

今回特に顕著な記述は。
以下勝手に引用させていただきます。

*****
まとめるならば、肝要なのは、権力を持たない天皇が、時の政権に対して起こしたクーデターの手法が『譲位』であったということである。
*****
と喝破しておられます。

日本国憲法がGHQ作なのは保守にとっては当たり前中の当たり前であらためて取り上げる必要がなく、護憲派にとっては触れたくないところだから黙殺なのでしょうか。
冷静に見ればものすごい重要な証言なのに。
Unknown (ざわざわ主婦)
2016-10-13 21:41:56
シンゴジラ、ものすごく色々考えさせられる映画でしたね。私もどうしても映画館で観ようと、時間を作って観に行きました。

他ブログの皆様の写真やそれに対するコメントで、今回の宮中晩餐会などでのマナー違反、特にいくらお年を召しているとはいえ、よその国の王妃の腕にすがって歩かれる姿をみて、生前退位はまともな判断能力のない人、まともでない職員の人々によって発信されたことと確信しました。

政府は反応する必要ないのです。利権に絡むものが騒ぐだけで、大半の日本人は無関心か、しょせんどっちでもと思っているのですから。
メディア雑感 (総太郎)
2016-10-13 23:39:39
先生、皆様方、こんばんは。

秋篠宮様とも縁の深いタイのプミポン国王が御逝去されたようで、心より御冥福をお祈りしたいです。
タイは軍事政権による政情不安が多く、唯一、王室の方々が和平に尽力される歴史らしく、確か1992年の軍部と市民との衝突・流血の収拾を図ったのも国王だったと記憶しています。
混乱なき情勢を願うばかりですね。

ところで、ネコ太郎様のお話にも若干、関連しますが、先日、御報告したように光文社の「FLASH」さんの女系推進の論調が余りにも異常だったので、
最新号も気になり確認した所、

「陛下の御意向に抗う安倍総理・宮内庁官邸直送不敬人事」
「浮かれポンチ内閣が前代未聞の禁じ手!」
なる、またしても大仰な見出しの特集記事。

今回は、政治評論家の野上忠興氏一人だけの実名登場で、他は素性の不明な某宮内庁担当記者・某政治部デスクなる匿名証言者の談話ばかりで構成。

要するに、陛下の生前退位を妨害するのはけしからん趣旨で、末尾の文責は
「自己陶酔型の総理は不敬な禁じ手すら厭わないのか。」
なる編集部の纏め。

ここまで執拗なキャンペーンは、他紙でも余り見掛けず、何がなんでも陛下の生前退位成立と女系天皇の実現を目指すかのごときで、不気味な物を感じました。

一応、他のページ・紙面には殊更偏った印象もなく、女性アイドルのグラビアや娯楽記事主体で、恐らく読者の方々もそちらの方に関心が向かわれるのでしょうが、まるで自由な紙面の中で、先日の「文藝春秋」と同じく、皇室問題だけはバイアスが掛かったような印象です。

女性週刊誌含め、改めて、しばらく動向を観察してみたいですね。
菊のカーテンの中からどのような意向があるのか・・・。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む