井沢満ブログ

後進に伝えたい技術論もないわけではなく、「井沢満の脚本講座」をたまに、後はのんびりよしなしごとを綴って行きます。

米韓、次の大統領は?

2016-11-06 | 歴史・政治

朴槿恵大統領、相談相手親友に男の「喜び組」

朴槿恵(パク・クネ)大統領の参謀で、国家機密流出問題の渦中にある女性・崔順実(チェ・スンシル)氏に、崔氏“お抱え”のホストチームが存在したJTBCテレビが報道。

韓流ドラマのエグさを地で行く展開。

「崔氏がホストクラブに通うのではなく、いつでもどこでも呼べば出張してくる5人の男性ホストがいた。

崔氏が呼ぶホスト5人は“固定メンバー”で、崔氏が男性らと会うのは主にソウル・江南地区にあるカラオケ店で、1回の飲食代は400万〜500万ウォン(約37万〜46万円)」(崔氏と親交のある金メダリスト証言)

相手が落ち目になると簡単に裏切るのも、韓流。
メダリストの身で、15年も付き合っていたからには、そこに美味しい
餌があったからだろうに?

崔順実(チェ・スンシル)氏は「VIP(朴大統領を指す)が外国に行ってもいちいち(私に)聞いてくる」とぼやき、大統領からの質問を“うるさがっていた”」と金メダリストは証言。

「池に落ちた犬は、棒で叩け」という、ことわざがあるお国柄です。

 

潘基文の困惑と、裏切り

 

次期大統領と見なされていた、国連の潘基文(パン・ギムン)氏ですが、
次の大統領選のために、せっせと朴槿恵にごまをすっていたのが、
このたびの朴槿恵大統領の凋落で、自らの支持率も危ういラインに
下落。
とたんに、手のひら返しで国連事務総長としては異例の内政批判。

とっても韓流なのでした。ここでも、池に落ちた犬は棒で叩かれる。

 

潘基文氏とヒラリー・クリントン氏

 

さて、困ったことには潘基文氏は韓昇洙(ハン・スンス)氏と共に
我が国の皇太子殿下を、つまりは次代の天皇陛下を早くから
囲い込んでいて、いずれは韓国へ引っ張り込んで、謝罪させる気満々です。
韓昇洙氏は、韓国の首相として初めて竹島に不法上陸した御仁です。

「生前退位」で、皇太子殿下が即位なさったとたん、名うての反日韓国人、
潘基文氏と韓昇洙と組んで、今まで培った包囲網をジリジリと狭めていくか、
あるいは、いっそ退位で上皇となられ、発言権は残されたまま自由になられる
今上陛下と皇后陛下にターゲットを絞っての、韓国へ招致活動を始めるのか、
いったん韓国へ行かれたら、今までの例に漏れず韓国に謝罪と反省の
お言葉を述べられるは必至、困ったものだと思っていたのですがここへ来て、
潘基文氏かなりの苦戦を強いられる様子。

誰が韓国大統領になろうと、反日路線に代わりはないものの、潘基文氏の
韓昇洙とタッグを組んでの皇太子殿下取り込みは厄介だと、拝見していました。

出来るなら、潘基文氏ではないようにと祈る思い。

それにしても不可解なのは、韓国の大統領は末期になると皆、悲惨なのです。
投獄やら自殺やら暗殺やら、身内の不祥事やら。

敗戦後のどさくさに、火事場ドロで竹島を盗んだ李承晩(イ・スンマン)大統領は
アメリカに亡命しての、孤独な死。

末期は不幸と知りつつ、それでも皆大統領になりたがり、末期になって来ると
支持率の極端な低下に怯えながら、反日に拍車をかける・・・

朴槿恵大統領は自らの失態で、反日カードは切れなくなってますが。

歴代大統領、つい権力の濫用に走るのは国民性でしょうか。

それにしても、皇太子殿下も潘基文氏や韓昇洙氏、辻元清美氏らと
何をお考えで、親密であらせられるのか、ここにも敗戦時より延々と
繁殖してきた、GHQの植え付けた日本と皇室弱体化ウィルスの存在を
思わないではいられないのです。

 

ヒラリー・クリントン氏と、皇室の皇統破壊

 

単なるメール問題ではなく、おそらくそこに中国マネーが目的の
クリントン氏側から中国への機密事項リークがあろうと思われるのですが・・・・
とりあえず、無教養ほら吹きのトランプ氏を忘れておいて
クリントン氏がもし大統領になったら、日米関係は敗戦後のまま
膠着、変化もなくそれなりに“安全に”ずるずると持続するのでしょうが・・・・・・

それと、潘基文氏が皇太子殿下と“親友”なら、クリントン女史は
皇后陛下と睦まじいご関係です。

そして、お二人とも男女同権主義者・・・・・となれば、国連の女性差別撤廃委員会をバックに、「女子差別」として、愛子さま天皇を強烈にプッシュしてくる可能性があります。
ちなみに女子差別撤廃条約を批准したのは、雅子妃の父上であらせられる
小和田恒氏だと、水間政憲氏は語っています。

という懸念もあり、トランプ大統領になったらいやでも、日本は軍事的独立を
それも速やかに考えざるを得ず、まあどちらになってもリスキーなのですが、
ひょっとして安倍総理の言う「戦後レジウム」からの脱出が、トランプ氏当選ならあり得るかなとも思うのですが、その代わりまあ大変でしょうね、日米ともに、いや世界もトランプ氏当選だと。それだけに、現在の日米関係の膠着状態に、風穴が開く可能性を感じなくもないのです。爆弾を抱えるようなものですが、大統領にいざ収まったら、周囲からストッパーもかかり、基地問題も事実をちゃんと学びはするでしょうが。

左 クリントン                       右 トランプ

 h

ttp://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_int_america-topelection20160729j-11-w470

誤変換及び文章の瑕疵は、後ほど推敲します。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

「どのツラ下げて」アウン・サン・スー・チー女史。「慰安婦毀損」のかたわら日本から得る高額援助

2016-11-04 | 歴史・政治

いやしくも、「国民民主連盟中央執行委員会議長」の肩書で、
我が国を訪れたお方に「どのツラ」とは、無礼は重々承知。

しかしながら、中韓による慰安婦を含めた「歴史問題」を看板に、日本貶めに加担したという事実があるお方が、日本に多額の援助を請いにいらしたことに対しては「どのツラ下げて」という、日本語以外に適切な表現が
思いつかないのです。

アウン・サン・スー・チー女史の慰安婦に関する日本貶め発言は、
3年前に女史が韓国を訪問した際のものです。

以下、転載

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130201/asi13020114410002-n1.htm
歴史問題で日本を批判 韓国でスー・チー氏
2013.2.1 14:31、産経新聞

 


 聯合ニュースによると、韓国訪問中のミャンマーの最大野党国民民主連盟(NLD)党首、アウン・サン・スー・チー氏は1日、太平洋戦争をめぐる日本の歴史問題に絡み「過ちは誰でもあるが、過ちを認めることをためらうことこそが本当の過ちだ」と述べ、日本の姿勢を批判した。

 ソウルで面会した宋永吉・仁川市長が「ドイツと違い日本は従軍慰安婦問題などを認めない。関心を持ってほしい」と述べたのに応じた。

 スー・チー氏はまた、ミャンマー独立の英雄、父アウン・サン将軍が生前「日本人の個人を憎んではいけない。誰でも長所と短所があるから短所を理由に憎むのはだめだ」と話していたとも述べた。アウン・サン将軍は第2次大戦中に旧日本軍の軍事訓練を受けたが、後に独立のため日本軍と戦った。(共同)

 

            ーーー転載終わりーーー

 

韓国紙「聯合ニュース」経由なので、すべてをまるまる信じるわけではありませんが、女史がもし日本との友好を考え(あられもなく言えば、経済援助で頼るなら)、いかに韓国側の飛ばし記事であれ公に流れた報道に対しては、明確な否定があるべきであろうと思われます。

仁川市長に対しては、捏造で他国を貶める前にヴェトナム戦争で韓国兵が
為した殺戮、強姦、残虐行為の数々を懺悔せよと、申し上げたい。

日本は言われっぱなしで、なぜ攻撃に転じないのでしょうね。

わたくしが愉快でなく思うのは、安倍総理に女史が会うのに先立って、岸田文雄外相が女史に会っていることなのです。
外相なら、韓国経由であるとはいえ、女史の「過ちは誰でもあるが、過ちを認めることをためらうことこそが本当の過ちだ」という発言は、知っているべきでしょう。

知っていて、おそらく確認もしていず、仮にもしその発言が事実だとしても、抗議もせずヘラヘラしていたであろうことが「見える」からです。
「見える」だけで書くなと言われそうですが、女史から韓国での発言に対して、なんの言及もないということは、日本がミャンマーに経済援助する見返りに(捏造に依る日本毀損に対しての訂正申し知れなど、見返りという次元ですらありませんが)、女史には何の条件もつけずただ援助するという雰囲気を漂わせて来たのでしょう。

済州島の海女がユネスコ無形文化遺産に登録される流れだそうで、となれば日本の由緒ある海女の歴史はもう、登録不可能ということではないのですか?
アメリカが拠出金を凍結させている今、世界最大の拠出国である日本がなぜ、後手後手に回るのでしょうね。仕事、ちゃんとしてますか。

最近やっと日本も凍結状態にしたようですが、遅きに失しています。

何度も述べるようですが、佐藤地ユネスコ大使と岸田文雄外相の無能ぶりに、呆れ果てまた憤っています。
そもそも、外務省が敗戦後のGHQ施策からいまだ抜け出しきっていないという、信じがたい状態があるのですが。南京大虐殺という捏造をこれほどまでに、定着させてしまった責任も外務省にあります。

ポツダム宣言受諾後の経緯も、外務省に当時いらした小和田恒氏の失態であり(失態なのか、意図的なのか)日本が無条件に悪かったとする自虐史観家小和田氏による「日本ハンディキャップ論」による跪き外交論が、いまだ省内に尾を引いているようで、それらの中から宮内庁に移行している人々がいることもまた、現在の皇室問題を更に厄介なものにしています。

話が脇に逸れましたが、安倍総理が「官民を挙げて新政権を全力で支援する」と強調、8000億円も支援することは、今後のミャンマーの成長を考えれば日本にとって見返りはあることなので、構いませんがしかしいつも日本は、言われるまま与えてばかり。そこに外交的「駆け引き」がないように見えること、何としたことでしょう。
フィリピン大統領に対してもそうでしたが。
彼らは本心から日本に感謝しているでしょうか。

アウン・サン・スー・チー女史に、日本毀損の捏造慰安婦を吹き込んだ永吉・仁川市長はじめ、日本は言われ放題されながら日韓通貨スワップなど、ハッキリ言えば「施し」でしかないことをやるわけです。

なんで、むざむざ大金を渡してしまうのか、そこに条件をなぜつけられないのか。それは水面下の交渉でもいいのです。

備考 

アウン・サン・スー・チー女史と韓国とのご縁

*1983年10月9日、アウンサンが眠る廟へ献花に訪れた韓国の全斗煥大統領(当時)を狙って、北朝鮮がラングーン爆弾テロ事件を起こした。全斗煥は一命を取りとめたものの、両国関係者に多数の死者が出た。建国の父の墓所をテロに利用されたビルマは北朝鮮と国交を断絶した。両国の国交が回復したのは、24年後の2007年であった

櫻井よしこ氏と並んで、最も信頼に値するとわたくしが思っている
高山正之氏のアウン・サン・スー・チー氏評は辛辣です。

http://blog.goo.ne.jp/chorinkai/e/a6005fd0acd292ff29d79ed938c9acc5

(Wiki)高山正之はアウンサンスーチーについて、父を殺し、祖国を破壊したイギリスに忠誠を誓い、イギリスに背く祖国を非難し「植民地支配の糾弾」事業を潰したと評している。

そう言えば・・・・・ミャンマー在住の知人(日本人)のアウン・サン・スー・チー評も痛罵に近いほどにシビアでした。幽閉された悲劇の美しい愛国運動家としての知識しかその時はわたくしになかったので、不思議だったのですが。

とは言え、いまだ女史については無知なのでわたくしには判りません。
ただ、イメージよりはしたたかな計算家であることは事実らしいので、
日本の外交にしっかりお願いします、ということです。

 ・・・・・・今スカイプでミャンマーの知人に改めて問い合わせたら「アウン・サン・スー・チーは民主党みたいな存在」とレスが来て、しばし絶句。意味不明ではあるけれど。日本から8千億分捕った手腕は「凄い」と褒めてましたが。「北朝鮮とべったりで、自称日本人の朝鮮人がウヨウヨ」・・・・「尊大な乞食」とか、だんだんスカイプはエスカレートして来たので、このへんで。

 

話題一転、先の記事のコメント欄に小池百合子氏政経塾「希望の塾」を仕切っている音喜多氏の、メルマガを転載してくださった読者がいらしてそれを機に全文を手に入れて一読、首をかしげたのですが・・・・

まず内容が上から目線なのです。その前に、自らの塾運営の不手際への自省はお有りではないのだろうかと、訝しい。

わたくしが、運営に対してかなり手厳しくテレビの取材カメラに向かってぶつけ、それはご丁寧にCMの直前と、明けに流され、生放送のスタジオには音喜多氏もいたので、わたくしの批判は聴いていらっしゃるはずなのです。

そこを含んでのことなのかどうか、ひょっとしてわたくしに関わる発言かどうか、判断しかねるのですが(文章にあまり秀でてはいらっしゃらないようで、明晰ではないのです)、

全文は転載ははばかられるので、ここ・・・・

>ということは事務局としては当然、おおっぴらには言えないのですけど(苦笑)、
カルチャースクール感覚で通っているだけでは何も起きないことは確かです。

カルチャースクール感覚で通ってならないなら、「政治家志望でなくてもよい」と
募集時になぜ掲げたのか、ご説明願いたい。
誰もが、かつての音喜多さんのように政治家になりたくてあくせくしているわけではありません。

政治家志望ではない人々を、今後塾はどう処遇する気なのか。
少なくとも一回目の.
印刷物で配れば用が足りる程度の中身の希薄な
「講演」を聞かせるだけで終わるなら、それは不誠実でしょう。

むろん、たんなる批評家ではいたくなく、身を少しでも動かして都政に物申すなり関わる意図で塾に応募したのですが、政治家志望以外の人たちを合格させたからには、その受け皿があるのかどうか、うかがいたいのです。

上からのアドバイス以前に、塾自体の体制は整っているのですか? 

再述はしませんが、受講生により塾の決まり・・・・禁止事項の通達内容が
まちまちなどと、これは初歩ミスですよ?
そこへの反省は片鱗もなく、上から目線のお説教は少々、お立場に
あぐらをかいていらっしゃらないでしょうか。
バラエティ含めたテレビへのご出演も、おっしゃる政治家(より大きな)になるための手段なのかもしれませんが、塾の責任者だから、それに関するトピックでテレビに呼ばれるのではないでしょうか。
だったら、その前に塾運営の基礎ぐらいは、指摘されたなら真率に省みてきちっとなさって頂きたい。

小池百合子政経塾に関しては、コメ欄も賑わいわたくしも勉強になりましたが
わたくしが今現在、この瞬間に小池百合子氏を支持申し上げているのは、豊洲と五輪の暗部に、文字通り命を懸けて斬り込めるお方だからであり、都政の浄化は国政の浄化につながるからです。

氏の過去など多少勉強している人なら、わざわざ批判していただかなくても皆さん承知でしょう。着地点に危うさも感じてはいます。しかし、今このときは斬り込むとき。これまで暗部に押し込められていた湿地帯に、陽を差し込ませることが必要なのであり、今は根本的批判で足を引っ張るべきではなかろう、もし都政を本当に大切に思うなら、というのがわたくしの意見です。

「今この時」における120%支持なのであって、1年後は判りません。
都知事の真価など、二期目にならぬと判らぬものを、今俯瞰で見た評価は
不可能です。

小池氏の過去の経歴を存じ上げないわけではありません。しかし「今、この時期に」それを理由として、小池氏を貶め引きずり落として何が生まれるのでしょう?
では誰が、「今この時点の」東京都知事として、ふさわしいのでしょう?

塾に関していくらかおおやけに物申しているのは、期待するからこそです。小池氏が絶大なる人気にあぐらをかかず、謙虚に進んでいって頂きたいからであり、決定的批判など致しませんが、そこだけは遠慮がちにチクチク、申し上げているわけです。

3回目の講師に橋下徹氏を呼ぶという情報を得ましたが、それはおそらく
維新と手を結ぶ前提でしょう。新党を立ち上げるには、国会議員のいる
党(維新は27人でしたっけ)との結託が必要だから、そこは理解していますが・・・・・
しかし、橋下氏と聞いただけでアレルギーを起こす塾生も相当いそうです。
聞いてない、とねじ込まれたときに、いかなる論理で説明なさるのか、
その時、整然と対応できるようシミュレーションをと、この間の不手際を
見せつけられたゆえに、老婆心ながら申し上げておきます。

盛り上がった祭りはいずれ、終わる。舞い上がった神輿は、地に降ろされる。
それもわざわざ指摘せずとも、大人なら常識でしょう。

今はしかし、その過剰なほどの熱気が都政や五輪の闇と拮抗するには
必要だった、とそれも大人なら解るでしょう。

いささか反語的に申せば、「落ち方」が大切なのです。
落ちてから、いかに進み続けるか。
あまりの順風の激しさに舞い上げられ、着実に歩を進めるべき道を
見失っていただきたくない・・・・と僭越ながら「今のところ」熱い支持者の
1人からの願いです。だが永遠の支持など誓えません。それは誰によらず。

 

誤変換他、文章の瑕疵は後ほど推敲致します。

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

アイドルグループ「欅坂46」の扮装 が、ナチス・ドイツの制服に似ているとか

2016-11-01 | 歴史・政治

アイドルグループ「欅坂46」のハロウィン・コスプレがナチス・ドイツの制服に似ているということで、ユダヤ系人権協団体から抗議が来たとかで・・・・

最初、正直に言えばちょっと神経質すぎる抗議ではないか、と感じたのです。
旭日旗を思わせるありとあらゆるデザインに韓国の人々が、抗議するのと同じ
ような次元で、ニュースを受け止めていたので、むしろ「欅坂46」を擁護するつもりで、両者の画像を比べてみたのです。

最初、「欅坂46」のはマントを羽織っているし、似ているも何も・・・・と思いつつ

 

(画像は公式ブログから)(BuzzFeed Japan)

次にナチス・ドイツの制服を見てみました。

制服というより、帽子が酷似ですね。

帽章が・・・・・・こりゃいけません。

画像は ht

tp://members2.jcom.home.ne.jp/kb1911/ass1.htm

より拝借しました。

念のため、機長などがかぶる帽子もチェックしてみて中には、欅坂46のに似ているものもなくはないのですが、しかし飾り紐?(あご紐か)の箇所などが「欅坂46」のほど酷似してはいません。

それに、何よりハロウィン・ファッションとしてナチス・ドイツの制服が定着しているということを知り、キモを潰しています。「欅坂46」もハロウィン・ライブでの扮装だということで、意図的使用の可能性があります。

何という無礼、何という無知でしょうか。

ハロウィンの扮装には、ゾンビや骸骨など負の存在がありますが、しかしナチス・ドイツはいけません。被害者がリアルに大勢います。

仮に故意でないにせよ、バッティングするような扮装は避けるべきです。ハロウィン・コスプレとして定着しているなら、なおさら。

コスプレで1人自室で楽しむ分まで文句は言いませんが、まかり間違っても渋谷の大通りをナチス・ドイツの制服で歩いたりなどなさらぬよう、お願いします。
とんでもないことです。

たとえば、広島や長崎の被爆者の扮装で街を練り歩いたり、あるいは原爆を落とした
エノラゲイの乗組員のファッションで出歩くほど、やってはならないことです。

広島の原爆ドームを模したセットの前で、上半身裸の卑猥な踊りを見せたのが
韓国国防相御用達であるRainピという歌手であり、竹島反日工作員女優キム・テヒの恋人です。

同じくナチス・ドイツ制服のコスプレは、人間性と教養の問題です。

謝罪を求めるユダヤ人人権団体からの、複数回の申し入れに対して関係者は無反応でいるようですが、速やかに謝罪して頂きたいと思います。

抗議元のSimon Wiesenthal Centerは、ホロコーストの記録保存や反ユダヤ主義の監視を行い、国際的影響力を持った組織です。
アイドルグループのコスプレの次元を超えて、国際問題化され日本の不誠実が世界に喧伝されぬよう、願いたいのです。

さて末尾に話題一転、小池政経塾へのわたくしの批判ですが、テレビでオンエアされました。批判内容は先のブログに示したとおりです。
また塾運営についての批判は批判として、「小池百合子氏は120%の支持をしています」と、その言葉もテレビでは流れましたが、テレビにいったん映ると見当違いのコメントが殺到することも、何度か経験しているのでコメ欄は外していますが今回、復活させます。

コメ欄をクローズする前に、批判文のアップを「まるで待ち構えていたかのように」、コメントが入り、しかしそれ以降他コメントはブロックするつもりであったので不公平かと非公開で処理しました。それでも理路の通ったコメントなら公開もやぶさかではなかったのですが、予想通り文の趣旨読み違え、勘違いの反駁であり、SMAPの時もそうだったのですが、それらのレベルのコメントを許すと妙なわけのわからないコメントが続々とそれに続き、結局常連読者の方々がご対応くださり、甚だ申し訳ないことになるので基本的に、今回は誤読に基づくレベル未満のコメントは公開しません、とあらかじめ申し上げておきます。
きちんとした反駁文なら、謹んで承ります。

SMAPの場合は、ファンの感情は分からぬでもないので私をサンドバック代わりに叩いて少しでも気が晴れるなら、とコメントは一つ残らず公開したのですが、やり取りしてくださる読者さんたちに要らざるご負担をかけてしまい、申し訳なく思っています。というわけで、今回は論理と言葉の粗末なコメントは公開しません。
・・・・・・そういえば、SMAPで思い知ったのですが、アイドル系のタレントについて書くと、盲目的なファンがどう答えようもない理路の混乱したコメントを寄越すというのも学んだので、「欅坂46」ファンの殴り込みも今回は受け付けません。
冷静に、なぜそうであるのかを、理知的に述べてくださっている反駁文はこの限りではありません。

小池政経塾批判については、おそらくコメ欄を閉ざす前、文章をアップしたとたん来た内容と、おつかつのコメント予備軍があるかと思います。だから、最小限答えておきます。

 


その反駁文は、政治家を志す者が、論文一つさくっと書けぬようで、
どうする、という内容でしたが・・・・
わたくしに立候補する気は皆無なこと、再三表明しています。
数少ないわたくしの特技は速読と、文章の速いことで著書もそれなりにあり、文章は呼吸する如きことなので小論文ごときで、難渋は致しません。
小論文以上の内容を、たまにはブログでさえアップしていますがどれも
難儀しながら書いたものではありません。
頭に浮かぶことと文章化がほぼ同時ぐらいには、修行しています。
ブログ文章程度の字数なら、構成もほぼ即座に見通せます。

募集要項にある論文に噛み付いたのは、論文を選択の主基準にするなら、
こんな大量の採用などあり得ないということです。
批判文は、人となりを見るのに論文は必要だった、と説くのですが
そんな目的は百も承知です。
わたくしが言ったのは、その程度の目的であるなら、たとえば「自分について
述べよ」という作文レベルでよいではないかということなのです。
サブジェクトを与えられ「論文」と名が付けば「一般論」として、皆さん
それなりに、リキを入れ時間もかける、そういう人たちに失礼ではないか、と。
私の知っている人2人が、合格しているのですがそれぞれ文章ではプロ、セミプロです。
そういう人たちに丹精込めた論文を書かせておいて、採用の間口の巨大なこと、このレベルで採用するのなら論文などと大上段に振りかぶらず、作文を書かせれば済む話ではないですか、というのはわたくしのみならずそのお二方の意見でもあります。
プロ、セミプロが威儀を正し丹精込めた文章がひどく安易に扱われ、侮辱された気分である、とお二人の意見です。これはわたくしも感じました。

 

また批判文は、わたくしが塾費の高さに文句を言っていると、なぜそんな誤読をなさるのか、さっぱり分からないのですが・・・・
わたくしは、先にこう述べています。

>男性が5万円、女性が4万円という入塾費用の格差の意味が解りません。
>高い金額ではないので、額の問題ではなく単に意味不明なのです。

「高い金額ではない」と明記しています。その上で、男女の格差1万円の意味がわからない、と疑問形に過ぎません。
五万円なんて、赤坂の料亭の一食分です。(それが安いというほどの身分ではもはや、ないけれど)

男女1万円の格差が未だに意味不明です。こだわったのは、小池政経塾のジェンダーに対する姿勢が、この一項目に現れていないか? と思ったからに過ぎません。フェミニズムをわたくしは、よしとしていません。
仮に小池氏がそうであったとしても、それゆえに排除というごとき狭量でもなく、ただ傘下で学ばせていただくからには、思想の総体は心得ておきたいのです。

塾生の大量採用もある程度までは、資金稼ぎの側面は理解しているので、それも記述しています。

他に、細部はいくつかありますが事務局の連絡事項不統一にほぼ、帰するものだったと思います。

それにしても、「高くない」と明記しているものをなぜ、他の学校の授業費などを出して、批判してくるのか意味不明です。
それに塾はわずか6回の授業であり、一年中授業のある学校と比較にはなりません。
わたくしは現場で、「ぼったくりじゃないか」という発言をしそれはテレビでも流されましたが、本音です。講義の中身の余りの薄さに驚いた正直な感想でした。塾の費用一般論とは異なります。
それにしても、不思議なのはコメント欄への書き込みが、テレビでオンエアされる前夜であり、記事がアップした直後のまるで待ち構えていたようなタイミングであったことです。それに「ぼったくり」発言はその場にいた人限定された人数しか知らぬこと。
まして、私が井沢満であることを知っている人。となれば人物はある程度絞り込まれ自ずと、ある疑念が生じるのですが、それほど卑劣なことはなさらないと思います。
単なる偶然の一致だったのかもしれません。

テレビにおけるわたくしの批判に対して、もし塾が私を切るなら、私は北朝鮮ではあるまいし、批判を封じるならそれに対しては徹底的に戦うけれど、小池さんの足をささやかにでも引っ張るのは全く本意ではないので、できればそういう事態には立ち至りたくないと願っています。

今後、塾に対してはどうするか決めていません。講義はわざわざ出かけるほどのこともないという判断なので、ネット配信の動画を見てその後も塾生でいたければ、レポートを提出するかもしれません。時間の無駄と思えば去ります。

あれこれ申し上げましたが、立候補する意志のないわたくしと、政界入りのチャンスをうかがう人との体温差があります。塾を通じてチャンスを引っ掴もうとする人たちにとっては、悪くない場でしょう。飛ぶ鳥落とす勢いの小池さんなのだから。あの二階氏が一目置くという・・・・。
ただ、政治の現場に一歩近づいたというだけで、高揚している人たちもいるようです。しばらく時が経てば落ち着きを取り戻すでしょう。

そんな中から小池さんの理念の血脈を継ぐ都議会議員なり国会議員が出てくれたら、寄付した甲斐があります。(今となっては、受講費ではなく単に寄付させて頂いたのだと思っています。中身の薄い講義なら、場合によっては千円でもボッタクリと思うし、価値が見合えば100万円でも安いと思います。わたくしの価値観では、今回に関しては講義と思えばボッタクリ、寄付と割り切れば喜んで、です。小池さんが命をかけて、ことに臨んでいるのはしっかり受け止めています

常連読者の皆様には、あるいは混乱をもたらしてしまい、またご心配をおかけしたかと思いますが、お許し下さい。

常々、述べておりますように直情径行なのです。納得出来ないことには
食い下がります。
また思わぬ激情家でもあり、始めた喧嘩は我が身を傷つけても最後まで
やり通す性分です。穏やかになりたいと心がけてはいますが、何かのはずみで
本性が現れます。今回はかなり本格的に怒りました。

ネットの内外で、政治家を勧めてくださる奇特な方もいらっしゃいますが、
そんなわけで、政治家にはまったくもって向かない気性なのです。

 

追記 レコード会社始め、秋元康さんもさすがに謝罪なさったようです。
国内向け謝罪ではなく、ちゃんとユダヤ系人権団体にも英文での
謝罪文を送られたと期待します。

これを機に、軽々にナチス・ドイツのコスプレや、ハーケンクロイツなど
デザインに使わぬよう、願います。

 誤変換その他、文章の瑕疵は後ほど推敲致します。

 

コメント (54)
この記事をはてなブックマークに追加

ギャラクシーと共に韓国経済、爆発

2016-11-01 | 歴史・政治

朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の友人女性で「影の実力者」として国政に介入と
報じられた崔順実(チェ・スンシル)氏が検察庁に入ったそうで、
その時、動物の汚物が庁舎の前にまかれ、汚物まきは
習性のようですね。

まだしも、人間の排泄物ではなかったぶん、ましだったのかもしれません。
国と国との距離は近いが、メンタリティはかけ離れているなあ、と
思うのですが、大統領府の近くにギロチンを設置したりするのも、
日本人はやりそうにもありません。

このたび韓国でなされた調査では、日本を嫌いと答えた人が
2人に1人いたそうで・・・・

http://shindonga.donga.com/3/all/13/766996/1

お互い、無理に好きになることもないのではないか、とこれは
かねてより「日韓友好・無効・無用」を唱える私の持論です。

あらゆる友好イベントは無駄だし、日本にとっては害になると思っています。
領土を不法占拠されている身で、友好の手を自ら差し伸べる感性も
思想も私にはありません。捏造の性奴隷やら、誇張化されながら
親善とやらの笑みを浮かべれば、自分たちの主張が受け入れられた、
日本には弱みがあるのだ、と捉えるのがあちらの感性です。

朝鮮半島で有事でも、邦人を助けるための情報は渡さない、という
談話も最近出したようですね。

もういいのではないですか。韓国との友好など永遠の画餅です。
それより竹島を早く取り戻さないと、戻すきっかけを失ってしまいます。
自虐史観の小和田恒氏が国際司法裁判所から外れてから、提訴したらどうなのでしょうね。
国際司法裁判所は、両国が裁判を受け入れなければ開かれませんが、
韓国は絶対受け入れません。史実と資料とで検証されたら分が悪いからです。
それでも、日本は「提訴した。しかし韓国は受け入れない」というメッセージは
世界に発信できます。

 


発火する欠陥品を作ったサムスンですが、リコールされても誠実に答えようとする精神と共に基礎体力もありません。「通過経済」というらしいのですが、
工場の設備が日本製であると同時に、これはしじゅう言われてきたことですが、部品である精密機器の80%は日本製他、外国製なのです。

 

日本他、外国部品の「組み立て工場」呼ばわりされるゆえんです。Assemblyですね。アセンブリー、要するにパーツ単体ではなく複数を組み合せた外国産構成ユニット、それが韓国製品です。

 

そのCMに、力士や寿司、富士山、忍者などを用いてあたかも日本製品のように
見せかけ、「日本製品にしては安い」という海外の消費者の錯覚を利用した商法は、そうそう長く続かないだろうと思っていましたが、日本の形だけ真似ても、世界から技術を盗んでも破綻は思いの外早かったようです。人を引き抜きで盗んでも、生産現場の一体感は一からお互い切磋琢磨するところからしか醸成できません。
部品と同じく人も寄せ集めなので、いずれ分解する定めです。

世界の企業から訴えられることその数3000件。

私の好きな韓国女優キム・ソナ主演の連ドラ「私の名前はキム・サムスン」は
とびきり面白かったですけど。

サムスングループは、韓国GDPの20%を占めるといういびつさだから、
韓国経済の20%が破綻しつつあるという言い方も出来るでしょう。
それに加えて、現代自動車のエンジン欠陥、韓進海運の破綻と、
このところ、韓国企業の積んできた“悪業”のつけが、いっきに噴き上げた
あんばいではないでしょうか。既得権益だけで営まれる韓国の中小企業と、
一から叩き上げる日本の中小企業とは実力も体力も違います。

こういう現実があるのに、経済的には日本とほとんど変わらない、という
韓国人は自ら夢を見たがっているのか、政府がばらまく幻想に
あやつられているのか。

ちなみに、韓国GDPの何%だったか忘れましたが(たぶん5%)、売春業が担っています。サムスンのなんと四分の一の韓国経済形成力です。
こんな国に性奴隷がどうとか、貶められたくはないのです。

■韓国売春産業の規模は8.71兆ウォンでGDPの約5%占めるhttp://www.news-postseven.com/archives/20121121_155284.html

ともあれ、ギャラクシーと共に韓国経済も爆発しちゃいました。

日本に頼って来ないでね、と私たちは言わねばなりません。
日韓通貨スワップなど、韓国経済救済でしかないものを上から目線で、
日本に要求しつつ、助けてあげたら後で悪口を言われ、2人に1人に「日本嫌い」と言われ、ワサビテロで貶められ、これ以上助ける意味がありません。

中国韓国が、出すお金少なく口出し多いユネスコに、日本が実質世界一多い拠出分担金を凍結させているのは、遅きに失しましたがとてもいいことです。

口で言って解らなければ、実力行使しかありません。
経済も外交も同様だと思います。

ところで和紙の起源は韓国である、とまた病気が始まりました。
うっとうしいのですが、そのつどまめに否定しておかないと、
慰安婦や強制連行などのように、フィクションが実話として定着
してしまいます。

紙文化がそれほど豊かなら、なぜ韓国には歴史上の文献が
呆れるぐらい少ないのか。

世界最古の長編小説「源氏物語」が和紙に綴られたのは日本ですが、韓国には何か紙に記された文化遺産がありましたっけ?

千利休は実は韓国人で、茶道も韓国発祥なんだそうですが、よもや
紫式部が実は朝鮮女性だったとは、言い出さないでしょうね。

 

誤変換その他文章の瑕疵は、後ほど推敲致します。

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

意地と筋と、世渡りと。ランチとディナーの格差。

2016-10-29 | 歴史・政治

午後、テレビを見ていましたら小池都知事のお顔が映り、つい見てしまいます。
ものすごい露出度です。
ここまで突っ走って落とし所があるのか、というごとき否定的意見も出ているようですがこれだけ人の耳目をそばだてる政治家は久々です。
旋風はまだ続くでしょう。

テレビでの話題は、例の「七人の侍」が二階幹事長のランチへの誘いを
断った、ということでおおむね7人が批判されていて、わたくしなどは
ついテレビの前で肩を怒らしてしまったのですが・・・・

まずわたくしは、卑近なことにせこく、こだわりました。

二階幹事長のお食事のお誘いは、「造反の」7人はランチ、同日夜の食事は
党方針に従順であった12人の区会議員招待だそうですが、2つの点で
ひっかかったのです。

ランチと言えば、どのレストランも安いのです。ランチ価格。
夜がフルコース。と、むろんどちらも居酒屋である可能性もあるので
単純には言えないのですが。
我ながら、随分せこいことにこだわるなぁ、と思いつつ。(苦笑)
しかし、わたくしが当事者なら、ばかにすんじゃねぇよ! と啖呵の一つも切りたいところ。

もともと、首を切られる覚悟で小池支援に乗り出した人たちです。
「たかがランチかよ、バカにすんな」と思うかどうか知りませんが、
わたくしの感性はそう。首切るってんなら、切ってみろと啖呵切っての
小池支援なのだから、見くびんなよ、というところ(あくまでも、わたくしですよ?)

しかも、従順であった12人のもてなしと同日に、と見え見えの懐柔策を
取られるほど、なめられたかな、と(わたくしなら、思う。離党届の締め切りまで日がないならないで、撃ち方止めのとき段取りをつければよろしかったのに)

そして、あろうことか小池百合子氏の塾「希望の塾」の開講式にぶつけますか。
開塾の講義は、6時過ぎには終わるので7名のほうを夜のお誘いに
すれば出られたわけです。そこへの慮りがない。軽んじられた、と
わたくしなら思う。なめんなよ、と。俺達の決死の覚悟を安く見積もるんじゃねぇよ、と。

コメンテーターの中には、小池塾は今後も開催されるのに、ということを
言う人もいましたが、開講式という船出の時に7人が揃っていなくて、
どうしますか。このコメントを出した方は、人間の筋と覚悟と意地を
解っておいででない。

身過ぎ世過ぎの世渡り術から言えば、食事のお誘いには出たほうがよいわけですが、しかし武士の一分が立たぬと思う男(女も)いるわけですよ。

などと。

筋やら意地など、人の3倍は持ち合わせているわたくしが、政治家には向いていないと思う点の一つです。

政治なんて妥協の連続ですもの。曖昧が嫌いで、白黒の決着をその場でつけてしまいたい、恥ずかしながらせっかち、激情家でもあるし。

政治に妥協は必要と重々わかっていても、わたくしは自分の首をかけて小池さん支援に立った、「意気に感じた」7人が好きなのです。
党に言われるまま唯々諾々と、増田氏応援に回った12人の自己保身政治家さんたちよりも。中には、本当に増田氏のほうが都政のためだと思った人もいるのかもしれないので、その人は除外しますが。

ただ、言わせていただけば、なんで都民の事を考えたら増田さん?
なんで、その選択?
党利党略で党に言われるまま、応援したに過ぎないのではないのですか?
情けない・・・と切り捨てるのもそれぞれお立ちが場あるのでしょうから、言っちゃいけないのでしょうが。

と、青臭い事書いてますがしかし、国のため都のためと本気で立つ人なら、
身過ぎ世過ぎより人としての筋の通し方を選びませんか? 小手先の世渡りで、泳ぐ小者議員を身近に見せつけられているだけに、そう思います。

それに、テレビでは「二階さんみたいな力のある人のお誘いを蹴るなんて」と言っている人がいましたが、長年政治の世界にいて感覚が鈍麻なさっているかもしれません。

本気の愛国保守がいかに、二階さんを蛇蝎のごとく嫌っているか、ご存知ないのでしょうか。あるいはご存知でいながら、長いものには巻かれろというご提言だったのでしょうか。あたかも「女性天皇」肯定など、この方は徹底的に皇室というものを、お分かりではありません。愛子様天皇がもし擁立されたら、これまでの皇統がすべて「雑」に入れ替わってしまい、「どこの馬の骨」であるか国さえ定かでない男の遺伝子に皇統を乗っ取られる危険性があること、男子一系であるがゆえに、遡れば神武天皇に行き着くという遺伝子上のメカニズム、Y遺伝子の存在にも無知なのでしょう。

二階さんのお誘いを断るとは、7人が図に乗っていると思われかねないという論評もありましたが、ここでへこへこ二階さんのお誘いに応じて「昼飯ごときで」手打ちしてしまう7人なら、がっかりする国民も多いと思いますよ。

今後の7人に向かって、どれだけ順風なのか逆風なのか解りませんが、応援しています。

しかしなんで自民が増田さんを立てたのか、謎です。舛添さんの時と同じく、「手の内に飼ってコントロールしやすい」と思われたのか?
もしそうなら、都民を舐めた話。それこそ、都民ファーストを第一義に願いたい。
増田さんで、ここまで都政の暗部が顕になりましたか?

内田さんの存在感が希薄になるにつれ、伏魔殿は実は都議会ではなく都庁本体であったということも、解って来ました。だからと言って、真っ向から戦わずそこまで汚染されるにまかせて来た都議会も、無実であるとはいえないでしょう。

安倍政権は、他に選びようも今のところないこともあり支持はしていますが、その人事には首をかしげています。
女性の時代だから、とか男女比率の問題で女性を安易に選んで欲しくないと思うのです。失敗続きではありませんか。

稲田さんにはほとほと、がっかりしています。
率直に私的なことを書いてしまいますね。
わたくしが第一印象で、首をかしげた人で、実はいい人だった素晴らしい人だったというケースは皆無なのです。

某所で稲田さんとはお目にかかり、ごく短く交わした会話の印象は(やな、女だなぁ)でした。

その時はまだ、稲田さんはひょっとしたらいずれ総理の芽もおありかとすら拝見していたので、(やな女)という自分の印象にさして注意を払わなかったのですが、蓋を開ければもうめちゃめちゃ。場を心得ぬ稚拙なファッション含め、驚き呆れましたね。

嘘か本当か、辻元清美議員に突っ込まれた涙目になったのは、あれは父親の逝去によるものと、擁護している人がいるとか、いないとか?
仄聞しただけなので、仮にいるとして感想を述べますが、一言「あほでしょうか」です。

わたくしの仕事のジャンルで言うなら、役者は親の死に目には会えないことは最初から覚悟です。幕が降りるその瞬間まで演者であることが要求されます。
書き手とて、臨終には駆けつけられてもその夜は喪服で執筆です。わたくしは、重度の胃潰瘍で胃に激痛が走っている最中に、脂汗を浮かべ、うめきながら爽やかな朝ドラのコミカルなシーンを書いておりました。

そんなこと、誇るべきことでもなくプロなら当たり前ではないですか!
ギリギリの締切に追われる連ドラを引き受けた時は、場合によったら葬儀にも出られないな、とそれは織り込み済みで、書いていました。
当たり前のことです。

中国からの危機がひしひしと迫る中、親に去られたことが涙の原因かどうかは
知りませんが、国会であろうことか涙ぐむ防衛大臣など即刻罷免して頂きたいのです。防衛大臣なんて、たとえ目の前で肉親が殺されていても、冷徹な判断をくだせる人でないと、国が滅びます。
それを、国会で涙とは! 腹の底より軽蔑します、プロとして。

国会の場ではないのですが、丸川珠代氏もいかがなものかと思われます。
これも現場を見たわけではなく、人から聞いたレベルなので間違っていたら
前言撤回で謝罪しますが、歌舞伎役者と女優さんとの披露宴に出て、
その女優さんのお友だちだとかで丸川さんは、その女優の名を叫びながら
●●が何とかで! と号泣したのだそうで。(相手は2度目なのに、感傷に泣き浸るか、とこれを言っちゃあいけないですね)
しかし本当に勘弁して欲しいのです。
一般なら構いません。それに、涙腺はわたくしなどゆるさを通り越して決壊している人間が批判することでもありません。

しかし、政治家です。いつなんどき、国家がかかる決断を迫られるかわからないのに、女友達の名を呼びながら泣き叫ばれても困るのです。
それに、いつ防衛大臣を拝命するか解らない身なのだから、腹をくくれと申し上げたいのです。女学生気分で国会議員をやられては、困ります。

丸川さんに対してはその政治的資質を問うわけではなく、ただ感情に浸らぬようにとの、希望を書いたに過ぎません。この方への国民の評価は今後でしょう。

そして肝心の安倍総理。できるだけ任期を長く務めて頂きたいと思っているほどの支持者ではあるのですが、女性に対して緩すぎないでしょうか。
それは、あろうことか自民党の党是に反対したり、ヘリパッドの現場に出かけてみたり、公認に口出ししてヤクザと関わりのあった人物を党に推薦してみたり、数々の愚かしい言動があります。単なる総理の女房に過ぎない身で勘違いなさっている安倍昭恵さん放置に対しても、お願いしたいところです。

女性だから、ではなく能力で選んで頂きたきこと、いくら女房であっても、いや伴侶だからこそ、けじめをつけられないことに対しては厳しくあって頂きたいのです。

同じ涙でも中谷前防衛大臣の悔し涙と、稲田大臣の感情的涙とは種類が違います。

・・・・・ということで、明日が小池塾開講式です。思ったより遥かに人数が多いので、わたくしみたいに最初から「立候補はしません」と宣言しているような
塾生は傍流になるかもしれないし、当初目論んでいた都政への意見が
ストレートに伝わるかもしれない、というのもこれだけ人数が多いと
どうなのか。もうちょっと少ないイメージだったので、少しでも小池さんのお手伝いが出来るなら・・・という思いもあったのですが大人数の中で
取り紛れてしまうかもしれません。

今入った個人的情報だと、千人が入る講堂に午前と午後分けての
2回とか。集金もあるだろうから(政治だから、それが悪いという意味ではありませんが)、大勢取るだろうとは予測していたのですが、
ここまでとは思ってませんでした。2次募集もあるかもしれないと仄聞していて、
講義を受ける身としては、やれやれ・・・・・です。
倍率が低いほど、人材のレベルは落ちます。
大勢の中から、一人二人でも優れた人材が出現すればいいとは思いますが。

わたくしの場合半年間6回の講義を大勢と大講堂で聴いて終わり、ということも
あるかもしれませんが、それはそれで。

誤変換他、文章の瑕疵は後ほど推敲致します。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加