井沢満ブログ

後進に伝えたい技術論もないわけではなく、「井沢満の脚本講座」をたまに、後はのんびりよしなしごとを綴って行きます。

価値観を共有できぬ国

2015-03-07 | 歴史・政治

かつて、安倍総理の著書「新しい国へ」を読んだ時、大筋納得の行く
記述であったが、こと韓国に関するくだりは、ほとんど捏造に近い内容ではないか、と、その夫人の韓国との密着ぶり放置と並んで、ほとほといぶかしかった。

夫人で言えば、個人的に韓流が好きであったり、韓国を愛していたりするのは
構わない。総理夫人というその発言が世界に発信されるお立場で、政治に結びつけた動きをなさるのが、迷惑なだけである。

例えば朝鮮通信使は、明らかに資料もあり日本への朝貢使節であったのだが、
現在韓国は「文化の劣っていた日本に、高い韓国から教えに行った使節団」だととんでもないことを言い立てユネスコの文化遺産に登録しようとしていて、
またそれに協力する日本の自治体があるのだが、総理夫人昭恵さんもまた
そこへ賛同を示されていて、ほとほと消耗する。朝鮮通信使の実態など「日東壮遊歌イルトンジャンユガ)の数十行を読めば事足りるのに、この方発言の前に、お勉強をなさるということをご存知ないのだろうか。

「日東壮遊歌」を記した朝鮮通信使は第11次朝鮮通信使(目的は徳川家治( 在職1760年〜1786年)の将軍襲職祝い)の一員(従事官の書記)として来日した金仁謙」

安倍総理の「新しい国へ」における次の記述。

韓国と日本は、自由と民主主義、基本的人権と法の支配という価値を共有しているからだ。

これを読んだ時は、目を疑った。本気でそう思って書いていらっしゃるのか、と。
外交上の方便としてのリップサービスであっても、これは国益を損ねるレベル。
いかがなものかと思っていたら、このほど
外務省の国別基礎データのページから「基本的価値を共有」という表現が姿を消し、単に「最も重要な隣国」となった。

だいぶ日本も正直になったと言うべきだろう。「最も重要な隣国」はまだ、リップサービスの残滓だと思うが。

個々商売で噛んでいる立場の人は別だが、国と国との関係性において韓国との関わりが断たれたとしても日本にさしたるダメージはない。
日本は韓国にとって、おそらく「最も重要な隣国」ではあろうが。サムスン、ヒュンダイ、LGと韓国の三大企業、それが傾けば韓国の国の屋台骨が潰えるという企業は軒並み、日本の精密部品と日本所有の特許に頼っているのである。
日本は他に売り先がある。

日韓通貨スワップも、日本にメリットは皆無に等しかったのだが、
どうも韓国側はそれに気づかなかったようで、停止となって
しばらくしてから、慌て始めている。

盗難の仏像は返さないし、靖国放火犯引き渡しにも非協力的、産経新聞元支局長は延々と軟禁状態、水泳選手の裁判には通訳つけられず。そして、今度はリッパート駐韓米大使が韓国暴徒に襲われ、80針の縫合手術を受けた。

米高官の“日本寄り発言”が原因とも言われ、犯人に男は過去に日本人をも襲っている。竹島(独島)を巡る反日運動家だという情報もある。人質に取られた形の産経新聞の元支局長が裁判に出ると、生卵はぶつけられる。罵詈雑言は浴びる。

どこが「韓国と日本は、自由と民主主義、基本的人権と法の支配という価値を共有している」だ。

もともと産経支局長の記事は「朝鮮日報」を紹介したレベルに過ぎない。それが朴槿恵大統領の名誉を傷つけたのなら、朝鮮日報のほうが先んじて、情報通信網法に基づいて起訴されるべきであろうに。

韓国内でもさすがに「韓国がみっともない」として声が盛んにあがっているようであり、ここは彼らの良識にいささかほっとする。

シンシア・リーという筆名で、韓国をその著書で告発し続けている韓国の歯科医師がいらっしゃるが、いたって穏健でまっとうな意見を書かれる方で、私はこの方の文章を好んで読む。

 
韓国にも、むろん良心も知性もある。ただ国家として口封じされ、また幼児期からの反日教育に騙されている人々が多いだけである。しかしネットの発達で真実を知る人々は徐々に増えてはいるように感じる。

 

韓国大統領府秘書室と秘書室長が韓国紙ハンギョレをあることで訴えたが、大統領府秘書室のほうが敗訴した。

 

コン・ユ主演の(ここでも、コン・ユ言うとるか、と言われそうだが)「トガニ」という
映画では、実際に行われた児童施設での児童への性的虐待(女の子のみならず、男の子へも)が題材として取り上げられていて、現実は権力側がお金と権力でもみ消してしまうのだが、映画はそれも暴き、権力側の悪行を告発、私は韓国も変わりつつあるか、と感慨を持ったのである。
(韓国という母国の権力構造を告発する映画に出演するコン・ユの、侠気(おとこぎ)を私は好ましく思う。スターの華やかさの片鱗も見せず、地味な話に地味な教師役で誠実に取り組んでいた)

いわゆる嫌韓と言われる人々は、私の韓国へのこんな感想と期待に「甘い」と言うだろうが、しかし、行く手数メートルしか照らさぬ灯りでも、闇夜よりはいいではないか。

自らがソウルで誕生したせいかどうなのか、私には韓国の政治外交には憤りながら、どこか郷愁(というほど住んでもいず、生後数ヶ月で日本に引き揚げたのだが)に、似通う親しみを実は感じてもいる。
政治外交的にはいつでも、国交断絶上等と構えているが、それとは別の
、心の柔らかいところに住まう心情である。

 

私に仮に韓国人の血が流れているとしても、意見は変わらないと思う。
ひとまず、武家の家系で母の小学校の頃などは学校の書類に
「士族」と記載、父方も探ったが日本ルーツ、とりあえず私は日本人なのであるが、国籍云々より、日本の言葉と精神を抜き差しならず大切に思う者なので、
本質的な意味でも私は日本人である。

 

国籍が日本であろうと、パスポート取得に便利だから日本国籍取りましたなどと
言う中国人を私は日本人とは認めない。名前は書かぬが。
村山富市、河野洋平、鳩山由紀夫など国損なう者たちも日本人とは思わない。
その精神性に於いて彼らは日本破壊のゾンビであろう。

 

話が逸れたが、韓国は産経新聞の加藤達也前ソウル支局長を人質として閉じ込めているだけでは飽きたらず、韓国政府は新産経支局長に対して、
通常は数週間で出す外国記者の身分を証明する「外信記者証」を約半年間にわたり発行していない。

産経新聞の愛国記事と、韓国批判記事への報復であろうと言われているが、
子供の仕返しかい、と言いたくならないか。

繰り返すが、元支局長の記事は朝鮮日報の記事の紹介レベルに過ぎない。
それでいて朝鮮日報にはお咎め無しなのである。朝鮮日報という自国の
メディアと闘うほどの胆力もなく、闘う根拠も実はないのかもしれない。
世界に対して恥ずかしいことであろう。

ロウソク程度の灯りはともったにせよ、韓国の国家としての民度(と言いたくはないのだが)はまだまだ。

それにしても、イスラム国の人質問題にあれほど騒いだマスコミも政府も、
一日本人が罪もなく監禁に等しい扱いを受けているのに、おとなしいこと。
国際新聞編集者協会は「国際法の基準を逸脱している」と処罰の撤回を
求めているというのに。

経済制裁でもなんでもいい、なぜ毅然としないのだろう。
北による拉致も、結局日本政府の腰の弱さに付け込まれたのであろう。
連合赤軍の犯人の要求をみすみす飲んだ福田赳夫政権が
その責めの一端は、負うべきものであるかもしれない。

だから・・・・・一新聞記者のことであっても、そこへの対応で国の姿勢が
厳しく問われ、世界は「見ているぞ」ということなのだ。
どれだけ守りが甘い国だと見くびられているだろう。

「韓国とは価値観を共有していない」とぬるくながら、一歩進めたのだから、
頑張って欲しい。支局長の延々たる軟禁に関し韓国は世界の批判を浴びていて、日本は報復に出てもいい免罪符を得ているというのに、動かない。
私など実は穏やかでもなんでもないので、竹島も含め9条に両手両足縛られ武力発動出来ぬなら経済制裁しろや、おお、何やっとんぢゃ、われっ!! と内心叫んでいるのである。

それにしても、竹島という領土が南に不法占拠され、北からはおそらく800人に及ぶ日本人が拉致され、北方領土はあのまま。70年間平和だったのは、
平和憲法のおかげ、とはいったいどこまでお人よし。
一見、有事でなく過ごして来たのは米国の核の恫喝力のおかげであって
憲法などという紙に書かれた文言が国を守りはしない。
GHQが日本弱体化を狙って短時日に作成、美しくない雑駁な日本語未満で記された憲法が、アメリカとの安保も盤石ではないことが解った今、どこまで日本の安全を担保してくれるのか。

 


日本が軍事力を正当に持ち、正当に行使できるなら竹島は盗られていず、
漁民4千人が韓国へ拉致監禁、虐待されてもいず、北へ拉致されてもいない。
日本の漁民たちの命と引き換えに、日本国内の収監中であった朝鮮人の犯罪者たちを日本政府は釈放させられた上、特別永住権まで与えさせられた。
これをどれほどの日本人が、そして韓国の方々がご存知か。
一方的被害者加害者の立場でのみ語られがちな日韓問題だが、
それは、意図的プロパガンダによって植え付けられた虚妄である。GHQのWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)の置き土産なのだ。
GHQが敷いた報道管制である「プレスコード」も、WGIPも
敗戦以来延々と今なお作動中なのである。
機会があればいずれ触れたい。

 

占領中、吉田茂元首相が韓国の横暴と狼藉に、どれほど悲痛な嘆願書をマッカーサー宛てに出したか、日本人なら知っておくべき基礎事項すら教えられず、日本人はひたすら「お前が悪い」と言われ続け、今日に至る。

コメント (32)

言い返せ、日本

2015-02-25 | 歴史・政治

そもそも外国特派員協会なる場が、なぜ妙な日本人を多く呼んで、日本貶め発信を
海外に向けてするのか、日頃から鬱積しているところへ、胸のすく
啖呵を切ってくれた人達がいる。

 

「朝日新聞を糺(ただ)す国民会議」の人たちで、私は加瀬英明氏の普段からの言説には両手を挙げて賛同、他の方には賛否で見ているけれど・・・・

以下は、抜粋抜き書きである。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150223-00000002-jct-soci&pos=5

「(外国記者は)日本について全く無知で、いい加減なこと触れ回る」 朝日「吉田証言」2万人訴訟会見で、なぜか海外メディアとバトル

 いわゆる従軍慰安婦が多数強制連行されたとする「吉田証言」に基づく誤報を朝日新聞が30年以上取り消さなかった問題で、「朝日新聞を糺(ただ)す国民会議」が2015年2月23日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見した。同会議は、日本や日本国民の国際的評価を低下させたとして、朝日新聞に損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて提訴している。

この日の会見では、訴訟の意義を「事実関係を司法の場で明らかにする」ことだと説明。さらに、対朝日新聞だけではなく、「日本について全く無知で、いい加減なことを触れ回っている」「朝日新聞と同じようなイデオロギー色に満ちた報道しかしていない」といった外国記者に対する批判も相次ぎ、記者からは「侮辱はすべきでない」などと反発する声が出た。

井沢コメント そもそも国民会議の主張を記者の一人が侮辱したのが、皮切りであり加瀬氏は、まっとうに批判で切り返したに過ぎない。

記者側から侮辱の言葉を最初に浴びせかけたことを棚に上げ、批判と侮辱を取り違え男ヒスを起こして喚いたのはイタリア人記者のほうである。

 

米国人記者が「私の印象では、朝日新聞の報道は、国際社会はかなり肯定的に受け止めてきた気がするが、皆さんのメッセージはどちらかと言えば否定的に受け止められている。なぜ、皆さんのメッセージは否定的に受け止められていると思うか」

これでは、言われたほうの切り返しのほうが、まっとうであろう。
自ら誤謬を認めた朝日新聞の主張を採択、朝日が間違っていたとする
原告側を貶めたのであるから。

 

と質問したのに対して、登壇者の2人は外国メディアの伝え方に問題があるとして、会見に出席している記者を非難した。

 「ここに来ておられる米国、欧州の記者の方も、日本について全く無知で不勉強。それが一番大きな原因。私たちの責任ではない」(加瀬氏)

   「日本人は、虐殺や、むやみな殺生、人殺しを嫌う国民。この現実を無視して、日本人が大変危険な存在である、もっと言えば安倍総理が危険な存在であると、歴史修正主義者、ライトウイング(右翼)という形で非難しているのが、残念ながら、はっきり言いますが、日本にいる皆さんだと思う。非常に私たちは残念だし、怒りすら覚える。本当のことを伝えていただきたい。日本の真実を伝えるのが皆さんの責任であり義務だと思うが、残念ながら東京にいる皆さんは、朝日新聞と同じようなイデオロギー色に満ちた報道しかしていない」(水島氏)

「奴隷制があった国から性奴隷とか何とか言われたくない」

さらに加瀬氏は

「日本は歴史を通じてslaves(奴隷)、slavery(奴隷制)が全く存在しなかった文化。特に、米国のつい19世紀後半まで奴隷制があった国からsex slaves(性奴隷)とか何とか言われたくない。それに日本には、宗教抗争、例えばカトリックとプロテスタントが際限なく殺し合うような宗教対立も宗教抗争も存在しなかった。多くの外国のジャーナリストの方々が、日本について全く無知で、いい加減なことを触れ回っているから、日本の評判が悪くなっている面が大変大きいと思っている。是非みなさん、日本について勉強していただきたい」

 

とも主張。これに対してイタリア人記者が、

 「35年以上日本で外国特派員をしている者として、『あなた方に歴史を教える』という主張には憤慨している」

   「侮辱はすべきではない」

などと声を荒げ、司会者が「(質問ではなく)スピーチはいらない」などと制止する一幕があった。

J-CASTニュース

抜粋転載はここまで。

最初に原告団を揶揄した米人記者は、GHQの占領下7年間に米兵による強姦が2万件に達したことを知らないのだろうか? 防衛庁外局であった調達庁の記録にある件数なので、実数はもっとだろう。

朝鮮戦争当時、韓国には米兵相手の慰安所が当時の大統領の指揮下で開設され、劣悪な環境下で女達が虐げられていた事を知らぬのか。

いずこの戦地でも、兵隊による強姦が頻発しそのための防波堤として売春婦たちがいた。

売買春の肯定をするわけではないが、人間の実相がそうであるなら、慰安婦を性病予防や慰安所の秩序など、国の管理下に置いた日本のほうがまだしも良心的ではないのか。

戦後、日本における米兵の強姦が頻発、慰安所が開かれその間強姦件数が激減したが、米国の愚かしくも偽善的な清教徒主義のルーズベルト夫人たちの一言で閉鎖。
罪もない日本の一般女性たちへの強姦がまた頻発する。

生理的に猛り立った男たちの瀑流を、なにゆえ見ぬふりしてきれいごとを
言うのか、特派員協会の記者たちもである。

日本を悪者にして、原爆投下、大空襲、強姦、殺戮と自らの非道にめくらましをするアメリカのプロパガンダに世界がまんまと騙されているようである。
そして韓国発の捏造と。

米国がやらかしたベトナム戦争に、カネ目的で参戦した韓国兵たちが現地の女達や子供たちににどんな非道をやらかしたかそれは告発されず、ひたすら日本が叩かれるのである。

偉そうに私が、もし日本人に願うことがあるとすれば、

「言い返せ」

その一言である。

黙って言われっぱなしになっていては、孫子の代に禍根を残し、
祖国に誇りと愛を持たぬ国民になってしまう。

以下は千葉県の公文書記録にある、米国から日本が要求された「性奴隷」提供の記録である。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140610/dms1406101535006-n1.htm

朝鮮戦争当時の、米兵相手の「性奴隷」。中には北から拉致された
女性たちもいて、売春のみならず炊事洗濯までやらされていたという。

近年韓国で当時の「性奴隷」たちから告発する動きがあったが、これは特派員たちは問題にもせずやり過ごし、ひたすら日本を叩く。

以前ドラマを書いた時、役者として指名させて頂いたケント・ギルバート氏が
極めてまっとうなことを書いてくださっている。

http://ameblo.jp/workingkent/entry-11913718096.html
2014-08-22

朝日新聞がいわゆる「従軍慰安婦問題」について、先日、過去の間違った記事を取り消したという話を聞きました。ところが訂正の内容は十分ではないし、開き直った態度で全く反省している様子は無いし、謝罪も一切していないということで、保守系の私の友人たちは「朝日新聞を廃刊まで追い込むべきだ!」と物凄く怒っています。

もし誰かに「この件で日本が失った国益はHOWマッチ?」と聞かれたら、ホールインワン賞を13回取った私でも、答えに困ってしまいます。30年以上にわたって傷付けられた国家の信用や名誉を金額に換算するというのは相当難しい問題です。正解が計算できないから、テレビではこの問題は使えません。

ところで私も「従軍慰安婦問題はあったのだ!」と先日まで信じ込んでいましたから、朝日新聞に完全に騙された人間の一人です。だから朝日新聞は私にも謝罪して欲しいです。保守系の友人たちは「従軍慰安婦問題なんて無かったんですよ!」と何度か私に教えてくれました。しかし私は全く聞く耳を持たなかったので、彼らは密かに私を馬鹿にしていたかも知れませんし、彼らの信用を失ったかも知れません。そのことを考えると精神的苦痛を感じるから、朝日新聞に対しては損害賠償を請求したいくらいです。

というのは冗談ですが、朝日新聞にまんまと騙された被害者が他にもいることを忘れてはいけません。韓国人です。彼らは「日本軍は韓国人女性を強制連行して従軍慰安婦(性奴隷)にした」という、朝日新聞が書いた記事を真実だと信じたからこそ、日本政府にしつこく謝罪と賠償を要求してきました。さらに、韓国の日本大使館の目の前や、アメリカ国内の複数の場所に「従軍慰安婦像」なる銅像を設置する活動も、真剣に継続して来ました。

それなのに「あの記事、根拠が無かったから取り消します」の一言で済まされちゃったら、必死の努力を続けてきた韓国人(と一部の日本人弁護士)は、ただの赤っ恥じゃないですか! 国連人権委員会にまで訴えて主張を認めてもらったのは、朝日新聞が従軍慰安婦問題を「真実として報道した」という事実が最大の根拠だったんですよ?
(以下略)

抜粋転載ここまで

 

 

RAA: Recreation and Amusement Association

「レクリエーション及び娯楽協会」というキレイ事の名称で、日本人が米兵相手の売春。群がる米兵たち。

これができるまでの米兵による日本女性強姦事件と婦女暴行の数、1日平均数、記録にあるだけで40件。

廃止後の強姦事件と婦女暴行の数、1946年前半の1日平均数は記録されているだけ330件。

売春施設が強姦への歯止めになるという事実。

朝鮮、中国、ソ連の男たちによる、日本女性へのレイプ。

 

「不幸なるご婦人方へ至急ご注意!」。満州(現中国東北部)や朝鮮半島から博多港に向かう引き揚げ船では、こんな呼びかけで始まるビラが配られた。

 

 「不法な暴力と脅迫により身を傷つけられたり……そのため体に異常を感じつつある方は……」「診療所へ収容し、健全なる体として故郷へご送還するので、船医にお申し出下さい」

 

朝鮮や中国の男たち、ソ連兵に強姦された女性たちの余りの多さに、専門の診療所(二日市診療所)が開かれ堕胎や性病の措置に当たったのである。

なぜこれを日本人は黙っているのか。言われっぱなしでいるのか。

福岡県筑紫郡二日市町(現筑紫野市)

自ら言い出し打ち据えることは日本人はせぬが、言われたら言い返せ。
それは自らの名誉のためだけではなく将来の大人である、子どもたちへ私たちの義務ではなかろうか。

 

コメント (47)

GHQの禁じた麻 その優れた特性

2015-02-20 | 歴史・政治

自らの体験から、実感的に麻の実オイル(hemp seed oil)が優れていることは先稿で述べた。

種子といわゆる大麻とは異なるが、今回は広く「麻」ということで
述べてみたい。吸ってトリップする次元はちょっと置いておいて頂けると
幸い。現状法律があるのは事実で、勘違いされると鬱陶しいので。
それにしても、太古より日本では使用されて来て、それをトリップに
用いて問題を起こした連中などいなかったようだが。
密教の護摩焚きに変性意識をもたらす助けに用いられたという
事実はあるが、一般にはごく普通に有効な植物として
用いられ、神事にも関わって来た。

これをGHQが禁じたというのは、おそらく神域に関わる日本人の精神封じと、
それから麻は多岐に製品ができるので、日本人にそれを開発させると
アメリカが日本に買わせたい製品が売れなくなってしまうということがある。
害なら煙草のほうが実質的害がある。

神道は、精神性への「道」であり、柔道・茶道・華道・弓道‥‥・・など皆同じ。
麻の封印は日本人の神性や精神性への封印であろうかとも思われる。
日本文化の中の麻の役割は大きかった。

大麻の栽培は古来より日本で行われてきたが、そのために何か不祥事が
あったという記録はないことを再度言っておきたい。
吸引するごときことは西欧発であり、いささか迷惑なことである。

大麻の栽培が、日本占領わずか3ヶ月後にGHQにより禁止されたことに
着目したい。彼らが麻の威力を承知していたからに他ならぬ。

私自身は以下の説を検証することは出来ぬので、そう言われている、という
形でしか紹介出来ぬけれど、麻の効用とされているものは以下である。

◇生育の速さ 3ヶ月で3メートル程度に生育

◇土地や体内の浄化力 放射能にも有効

◇衣料、紙、建材の材料になる

◇食糧になるので、生育早い麻は将来の食糧危機にも有効

◇石油の代替品になり、車も麻油で走る

◇医療に使える

などなどである。

大麻と神事との関わりは以下である。

 

◇大麻の強い生命力は、魂の象徴とされ神の依り代と見做されていた。

◇天岩戸伝説の天太玉命は、大麻の先にいくつもの勾玉を飾り付けて捧げ持っていた。

◇江戸時代。紙すき業者たちは、紙の原料の一部でもある大麻と関係が深い天日鷲命を祀っていた。

◇伊勢神宮のお札は「神宮大麻」という名で、現在はGHQ禁止令以来、余儀なく紙であるが、本来は大麻草が使用されていた。

◇かつては神棚に大麻を安置、家族で拝していた歴史がある。

◇穢れを祓う大麻(おおぬさ)や御幣(ごへい)、聖域を囲む結界のための麻紐など、注連縄や神殿に吊るしてある鈴の縄として、現在も《穢れを祓う力がある》として使用されている。

◇神事である大相撲の横綱の綱も、神社の注連縄同様に大麻が使用されている。

以上、浅くだが麻を占領軍が禁止した経緯を述べた。

今後は石油の代替品として、また医療への有効植物の可能性を考え、
また日本人の本来の精神性・・・・・強く直き魂の復活のためにも
私は麻がまた日本で合法的に用いられるようになって欲しいと
願っている。

誤解が困るので、再度記しておくがマリファナを解禁しろなどという
次元ではない。(これとて、大昔から日本は大麻が使われてきたが、
吸引する者がさほどいたとも思えぬし‥‥‥‥・事故の事例は文献に
見ない)

ちなみに神道における大麻は、「たいま」ではなく「おおあさ」と読む。
あるいは「おおぬさ」。「たいま」と読むのは伊勢神宮の御札だったと思う。

余談だが、麻のパワーを承知していたのは神道ばかりではなく、古代エジプトや
キリスト教でも同じくであった。

紀元前1万年ごろのエジプトで大麻が既に栽培され、BC5千年には衣料に用いられた記録がある。

エジプトのミイラを包んだ麻布に見られるごとく、3000以上年経てもなお風化せず原型を保っている麻の強靭さ。吸湿性と放湿性の均衡が優れている。


イエス・キリストの遺体を覆った「聖骸布」も麻である。

ヒンドゥー教においても、ガンジス川へ流されるご遺体は亜麻で覆われている。

BC2千年にはエジプト王の墓に麻栽培についての壁画があり、麻のカラシリス(巻衣)が「神に許された」ものとして、神官の衣服に使われ、神事にも用いられている。

古代人の直感というものは、洋の東西問わず侮(あなど)れないものである。

中国では古来より、漢方薬として大麻の使用があった。

日本で昔から使われてきた麻の葉模様だが、これは組み合わせによっては「神性幾何学」における象形と相似で重なる気がしているが、追求するほどの根気がない。誰かがすでに指摘しているかもしれない。

当分は飲料、食料、そして肌への塗布を通じて麻パワーを探求してみたい。

コメント (5)

助けて憎まれる理不尽

2015-02-15 | 歴史・政治

「日韓通貨スワップ」が、日本側の意志で終了だそうだ。

韓国では「日本に利用される」とか「なくても困らない」という意見が

民間レベルで出されているが、どうも実情を知らないらしい。

日本人ですら勘違いしているが・・・・スワップは対等な関係なら

報じられている通り、「金融市場の混乱時などにお互い通過を融通」し合う

「相互関係」である(べきだ)が、韓国とのそれは実質日本からの「援助」である。

今まで日本が韓国に行ってきた援助額を詳述すると、恐らく皆さん、

仰天なさるかと思うが、日本人が知らない以上に韓国民は日本から

どれだけ助けられているかを知らされてはいない。

歴史を遡れば韓国の誇る経済急成長「漢江の奇跡」でさえ、日本からの援助金がベースにある。

もう援助はいいのではないか。

反日されながら、何の援助だろうと思うのは対中国へのODAももういいのではないか。あちら経済力は(上辺でも)日本を上回ったことだし。
第一自国の核実験による放射能混じりの黄砂が偏西風で吹きつけられ、迷惑をこうむっているのは日本なのに、その日本がなぜ中国の「黄砂対策」のために費用を差し出さねばならぬのだ。言ってはなんだが、正しくその用途に全額が使われるのだろうか。
高官の懐でなければよいが。

少なくとも韓国への援助は、以下が続行している限りは、止めるべきではないだろうか。

◆慰安婦その他の歴史改竄による日本毀損と、反日教育。

◆竹島の不法占拠

◆日本から盗んだ仏像を返却しない

◆産経新聞元支局長の出国禁止、軟禁状態

他にもあるかもしれないが、とりあえず思いつくまま列記してみた。

これらがクリアにならない段階での援助は、日本が韓国の行為を容認していると
受け取られかねない。いったん、あらゆる援助と協力をストップして、日本側の
断固たる意志を伝えてはどうか。

というごときことを書くとすぐ「嫌韓」認定する人達がいるので、気が重いのだが
そんな単純なラベリングに私は該当しないので、念のため。

とりわけ自分と同じ仕事のジャンルにいる方々で、敬愛する人々が韓国にはいらっしゃる。政治と外交面は別次元のこと。

コメント (3)

もう一人の人質

2015-02-14 | 歴史・政治

イスラム国の人質事件は連日大々的に報道されたが、もう一つの“人質”にマスコミが冷淡なのはなぜなのだろう。

ソウル行政地裁が13日に、産経新聞前支局長の出国禁止措置の停止を求めた仮処分申請を棄却したそうだ。

これは国家による「軟禁」ではないのだろうか。日本に妻と、子供3人を残したままもう半年の出国禁止である。

出国させない必然性がわからない。逃亡の恐れはなく、隠滅すべき証拠もない。
新聞社社員として裁判に応じないことも考えにくい。

もう一人、これは人質と言っていいのかどうか、盗みの疑いをかけられたあの水泳選手である。彼は自白しなければ韓国を出してもらえないという恐怖心から、自分がやりました、と言ってしまったという。彼の腰の弱さを言うのは簡単であるが、まだ若い。それに韓国という国は、人を定かならぬ理由で拘束する国である。とどめおかれたら、日本での日常も仕事も学校も、そこで延々と途切れてしまう。韓国に閉じ込められたご本人にとっては、日々の緩やかな拷問であろう。
また裁判に出たら出たで、ヘイト・スピーチに取り囲まれ、車に玉子がぶつけられる。

水泳選手の罪無罪は私は知らない。でも裁判に通訳が来なかったということを
聞いて暗澹たる気持ちになった。その言い訳が通訳が裁判の日にちを間違えていた、というのである。
一人の青年が国内ではない、遠路をはるばる裁判のために外国に来ているのである。日にちを間違えた?

しかも肝心の監視カメラの映像は相変わらず、本人と断定するには曖昧で判然としない。

こうした状況の中、韓国に首相の親書を携えて青瓦台を表敬訪問したのが、自民党の総務会長である。1400人もの自治体職員や経済界の人間をぞろぞろ引き連れて。情けなく浅ましいとは思わぬか。
挙句大統領から「従軍慰安婦」問題を解決せよと、高圧的に命令され頷いて来る始末。そして、韓国政府の教育部は2015年度の歴史教科書に慰安婦を人権問題と強制連行の観点から明記させるそうだ。

朝日新聞発の捏造であることが解った今も、彼らはまだやっており、それをわざわざ言われに「友好」に出かける議員団。売春が女性の人権問題なら、今日本に3万人とも言われている韓国人売春婦の人たちをなぜ、韓国政府も自民党からのお使いさん議員も、救い出し韓国へ戻してあげないのだろう。

こんな中、日韓通貨スワップに関して「韓国が求めれば延長する」と菅官房長官の発言で、今更驚きはしないが「いつまで続く悪縁のぬかるみぞ」とは思う。
日本にメリットもないスワップを延長したとて、あちらに感謝などなく、いや早々と罵られてさえいるというのに。

「ナッツリターン事件」は毎日大々的に報道されるのに、日本人“人質事件”をマスコミは報じず、政府も抗議しない。どころか、韓国へご機嫌伺いを出し、首脳会談を懇願、言われ放題の上、実質的経済援助である通貨スワップの延長を申し出る。

少し控えていた政治発言だったが、諸事余りにも惨状を来していてつい一言。

 

参考 wikiより「日韓通貨スワップ」

日韓通貨スワップは、日本と韓国の中央銀行である日本銀行と韓国銀行の間で締結される通貨スワップ協定、および日本の財務省と韓国銀行の間の通貨スワップ(交換)の総称。

欧州情勢等グローバル経済が不安定な中、日韓両国は、金融市場の安定のため日韓における金融協力の強化の観点から行うものであり、これにより、金融市場の安定が図られるとされ、建前上は日韓両国経済が共に安定的に成長していくことを目的としている。しかし、当初の形態が日本から韓国への片務的なものであった事に鑑みれば解る通り、実質は日本の韓国に対する経済支援の面が強い

コメント (4)