井沢満ブログ

後進に伝えたい技術論もないわけではなく、「井沢満の脚本講座」をたまに、後はのんびりよしなしごとを綴って行きます。

手のひら返しの人々 豊洲をめぐる石原慎太郎氏 安藤優子氏

2016-09-16 | 歴史・政治

数少ない長所に、直感がわりに鋭い、というのがわたくしにあります。

石原慎太郎氏が「オレも騙されていた」というのを聞いた途端、わずかに
霊感寄りの直感が、ピッキーンと作動して、「うそ・うそ・うそ」と
アラームを鳴らしたのです。

ちなみに、この手の直感は、我欲がまとわりついている時には作動しません。
あくまでも、対象に対して「無我」「無欲」であるときに動きます。

それで、知人に「石原さん、おかしいよねえ。あれ、嘘ついてるよねえ」

と話していた直後に、都知事時代の言葉がテレビで検証、さらされていました。
サジェッション、示唆とも解釈できるレベルですが、
あの強権的な石原さんの言葉は、部下にとっては無限大に命令だと
受け取られたでしょう。建屋の地下にコンクリートの箱を作れ、と
担当者は受け止めたのだと思います。

その石原さんが「役人は腐っている」として小池百合子氏に、頑張れと
言っている姿を見て、わたくしはほとんど呆然としたのです。
その、ひとごとぶりもさることながら、化粧の濃い嘘つき女呼ばわりした
その同じ口でエールです。

石原さんが意図的につかれた嘘なのか、老齢による記憶劣化による
“結果的な”嘘なのかは存じ上げませんが。

さらに、安藤優子氏。この方と、この方が仕切る番組の偏りぶり、小池憎しの
番組作りに呆れ果てたことは、先の稿で記しました。
この人達、小池氏の判断が正しいと解った時、振り上げた拳を
どう下ろすんだろうと思い、おそらく何事もなかったかのように
今度は、都を責めるのだろうなと。案の定で、小池氏誹謗と、移転延期を
これでもかと叩いていたことは、覚えてもいなさそうな口ぶりで今度は
矛先を石原慎太郎氏に向けて、批判と揶揄です。

目くそ、鼻くそを嗤うとはこのこと。

築地からなぜ移転しなければならなかったのか。
しかも、他に土地がないという理由だそうですが、それにしても
なぜ、わざわざ毒性の土地、埋め立ての不安定地、豊洲でなければ
ならないのか。築地のまま、地区を区切り地区ごとの新築は本当に
不可能だったのか、とことん検証して欲しいと思うのです。

誰が、最終的なワルであったのか、利権の金を懐に入れるのは
誰なのか、追求すべきです。でないと、また繰り返します。

移転反対の市場関係者も多いのに、推進派の人一人だけを呼び、
口を歪めて小池氏を罵らせていましたが、風向きが変わったとたん、
テレビの画面から、その人のべらんめぇ口調が消え失せました。

手のひら返しとはこういう一連のことを、言います。

■<豊洲市場>石原元知事、地下コン箱案言及 08年定例会見http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-

BSフジの報道番組「プライムニュース」に生出演して、「(知事時代の)僕はだまされたんですね。結局、してない仕事をしたことにして予算を出したわけですから。その金、どこ行ったんですかね?」(石原氏)

 

そういえば蓮舫さん、代表に決まったご挨拶で「つまらない男」と
言い放った岡田元代表と握手。これも手のひら返しでしょうか。

二重国籍でも代表に選出されたということは、将来党から総理を出すという
希望は、はなから捨てている? 二重国籍経歴の人物は、流石に総理は
無理でしょう。

蓮舫さん、話す時眉間に皺を寄せ、剣を立てるのは損です。
時にユーモアを交え、内心の修羅を微笑みで包んで
語る小池百合子さんは器が二回り、三回り大きいなと思いますね。

野党にしっかりしてもらわないと、内に売国奴を複数抱え込んだ自民党に
自己完結されると、困るのですが・・・。民進党と同じ穴の狢議員が自民党にいるんだよね・・・・。

(誤変換ミスタイピングのたぐいは、後ほど推敲がてら直します) 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

本当は賢いドナルド・トランプ

2016-09-15 | 歴史・政治

知人との食事の席に向かう電車の車中、吊り広告の週刊誌の見出しも
私には情報源の1つで、気になる記事があれば本体を読むように
しているのですが、ひときわ目を引くのが「文藝春秋」の大見出し、
「皇后は退位に反対した」です。

約束のレストランに腰を下ろした途端、先についていた知人が
「文藝春秋、羊頭狗肉だ」と、吐き捨てます。
ピンと来たので、「皇后陛下のあの記事?」と訊いたら、案の定でした。
「読んでも読んでも、該当する記事なんかないんだもの、これ
詐欺でしょうが」と、知人は憤っているのですが、実は私もすでに
読んでいて、狐につままれたような感想を持て余していたところでした。

何十年と雑誌、週刊誌は読んでいますがこれほど、看板に偽りのある
記事は初めてです。
気持ちに何か、もやもやするものを感じるのは、NHKが「リーク」とやらで
すっぱ抜いたとされた、あれと似た感触です。
NHKのはリークを装った計略の一環であった、とわたくしは思っていますが、
直感的にあの時と同じ違和感を覚えたのでした。
「誰かが、ある目的で意図的に流した。流させたな」と。そしてご丁寧に
リークを装った「広報」を公の電波を使ってなした「功績」に対して
賞が与えられるとか。茶番です。

文藝春秋ともあろう格式を持つ雑誌が品のないことをする・・・・
と漏らしたわたくしに知人は、「だって“週刊文春”には、T・Nが
雅子妃ヨイショ記事を連載してたし。某勢力が文藝春秋社に
足場を持っているとしか思えませんよ。提灯持ち記事を
書かせてます。ご本人しか知らないはずの、細かい情報を
いったい誰が渡しているんだか」そして知人は、眉をひそめて
水を飲み、「アリバイ作りでしょ」と呟いたのでした。
(週刊誌も1つの思想に凝り固まっているわけではなく、記者にもいろいろいます。文春が全部偏っているというごとき意見ではありません。このところ、
有能な記事を連打しています)

文藝春秋のタイトルの羊頭狗肉ぶりをわたくしも、度を逸して奇妙なことに思ったのは事実です。
「皇后は退位に反対した」と、中身の無いタイトルのみ全国に踊って、
読んでない人たちは、そのタイトルのまま信じ込んでいるのでしょう。
普段の皇后陛下のお言葉や、行動の流れからタイトルに違和感を
抱きわざわざ読んでみるわたくしのような人間も、そうそういないでしょうから。

皇后陛下は男女同権主義者でいらっしゃるのだろうな、と皇后陛下の
ご交友範囲が、九条の会やいわゆる左翼の人々に加えて、フェミニズムの方が驚くべく多くまた男女同権主義者である元GHQメンバー、ベアテ・ゴードンとの
親交もあり、ひょっとして愛子さまを皇太子殿下の次の継承権2位になさりたいのではないかと、なんとなく察していたのです。
それとなく、天皇陛下のお言葉としておおやけに、週刊誌に書かれたこともあります。

摂政を拒否した生前退位となると、皇室典範をいじらねばならず、いじる過程にある勢力が国連や、皇后陛下となぜかお親しいらしい“新大統領”ヒラリー・クリントン女史の力を借りて、女性・女系天皇の条項をねじ込んで来るな、とこれはわたくしの確信的読みであり、密かな恐れでした。(わたくしは男系による万世一系でなければならぬという立場です)

国連にある、女子差別撤廃委員会(Committee on the Elimination of Discrimination against Women)が、選択的夫婦別姓制度の導入、婚外子と婚内子の相続分の同等化を主張、捏造慰安婦を実在として日本を糾弾する立場といえば、どういう立ち位置にある組織かお解りでしょう。
日本からはある左翼女性弁護士が参加されています。
北朝鮮に人道的支援などするのでめくらましされますが、基本はいまだ「敵国条項」がある反日組織です。

国連の方たちに加えて、女性宮家創設のメンバーであり皇后陛下の盟友でいらっしゃる緒方貞子氏などが、女性・女系天皇を強く主張なさると思います。

わたくしは国連を反日組織と規定していますが、言わずもがな緒方氏は、国連の要職を歴任したお方で、皇后陛下の学校の先輩でありカトリックのお仲間であり、国連人権委員会日本政府代表でした。また国連は小和田恒ご一家とのご縁が深いところです。国連大学には池田大作氏により、雅子妃殿下専用の執務室が設けられ、直通の専用エレベーターが設えられたと、最新号の「Wil」でただごとならぬ記事が署名入り(河添恵子氏)で掲載されましたが、宮内庁からの抗議と訂正要求は行ってないようです。

緒方貞子氏は小泉純一郎首相(当時)の私的諮問機関として、2004年(平成16年)12月27日に設置された皇室典範に関する有識者会議に、メンバーの一人として参加なさっていて、出来レースメンバーです。

皇位継承問題やそれに関連する制度(皇室典範)について、2005年(平成17年)1月より17回の会合を開き、同年11月24日には皇位継承について女性天皇・女系天皇の容認、長子優先を柱とした報告書提出されました。

一度結論の出た皇室典範改正の方向が、このたびの「生前退位」で再び、蒸し返されないであろうか、というのがわたくしの懸念です。

悠仁親王のお誕生により、沙汰止みになった女性宮家と、女性・女系天皇論ですが、まだまだ水面下では諦めていないと、わたくしには見えるのです。

そもそも女性宮家自体が、女性・女系天皇擁立の前段階案でもあり得ます。
委員10人が、緒方貞子氏はじめ全員左翼やジェンダーの人々であったことに、わたくしは唖然としたのですが・・・・・。要するに知識人委員会と言っても【誰かが】ある意図でメンバーを一方に偏って選出すれば、結果は見えたも同じなのです。
女性宮家は速やかに、委員10人全員の賛同を得てあわや始動しかけたのが民主党野田政権の時です。

それが安倍政権の奪還で沙汰止みになったのです。安倍総理は男系の主張です。わたくしは、ここでもオーバーではなく、日本の神の摂理を感じたのです。悠仁親王殿下のお誕生を奇跡と思った心情と同じ範疇のことです。
皇祖神、奸計を許さず、と。

ただ、ご承知のようにテレビではあたかも既知の論であるごとく「女性が天皇でなぜ悪い」という雰囲気を醸し出そうとしています。
こういう流れに加えて、ヒラリー“大統領”が国連のCommittee on the Elimination of Discrimination against Womenと手をたずさえて、「日本の男女差別に抗議、撤廃!!」と来られたら、テレビも雑誌もその話題で沸騰し、「生前退位」を深く考えもせず80%90%の国民が賛成というようなプアな状況ですから、世論がそれ一色に染まるのも案外簡単なのかもしれません。
米国初の女性大統領の勢いある言葉とワンセットで、「世界の潮流」「諸外国の王室の例」など挙げられたら、ひとたまりでもないのではないですか?

皇室をまっとうに深く考えたことがなければ、「別に女性天皇いいんじゃない? 過去にいたこともあるし」程度の認識であろうと思われます。女性天皇と女系天皇は基本で異なります。いまだかつて女系天皇が日本史に存在したことはありません。

と、そんなわけでわたくしは、ヒラリー・クリントン氏ではなくいつしか、よもやのドナルド・トランプ氏を望むようになっていたのです。民主党の大統領では、日米の関係性は変わり映えもせず、安倍総理の「戦後レジウムからの脱却」もならず、しかしトランプ氏なら、激震に見舞われるだろうが日米関係に風穴を空けられるのではないか、と。

最初はわたくしとて、トランプ氏などイロモノ候補としてしか見ていなかったのですが、その後観察しているとある「演じ方」はしていますが、どうして相当頭はよろしい人なのではないかと、思うに至っています。
日米関係も無知をベースに吹きまくっていますが、いざ大統領に就任すれば、あのままではないでしょう。

ヒラリー・クリントン氏が、9・11の追悼式で倒れ、それをきっかけに密かに囁かれていた重病説がまた蒸し返されています。
可能性としてはパーキンソン病が最も有力なようですが。となると、大統領は無理です。隠して当選したとしても、核を預かる身で任期中に何かあれば大ごとでどのみち、地位を追われることになりかねません。

数字上は拮抗している二人なので、健康問題を機にトランプ側に当選の針は触れたような気がしているのです。

ヒラリー氏が倒れたのを受けて、以前からヒラリー氏の健康状態を
攻撃していたトランプ氏が、攻勢を強めるぞと報道されていましたが、
わたくしはそうは思いませんでした。実際に倒れて、ひょっとして
難病であるかもしれない女性を叩くほどのオバカではないだろうと、
思ったからです。結構引き際を心得た計算ずくであろうと。
案の定トランプ氏は、周りの支持者たちにまでSNSなどで
ヒラリー氏の病気を話題にすることを、禁じました。

皇室問題の悪化を防ぐ意味でも、わたくしはリスクを承知でトランプ勝利を
願うものですが、その矢先に安倍内閣が生前退位に関する特措法を、来年の国通常国会には出したいという報道に接し、暗澹としています。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160914-00000008-mai-pol
<生前退位>「皇室典範特例」政府検討 特別立法

安倍総理は皇室問題にも的確な判断力をお持ちの方と思っていたので、せめて在任中は引き延ばしをしてくださらないかと期待していたのですが、票を持つ国民の80~90%が、生前退位賛成という状態では、内部からの圧力もあってのことでしょうか。特別立法で目先をごまかしても、皇室の問題点は消えません。
それに今回限りと銘打っても、それが「前例」となって定着してしまいます。
何より、なぜ無問題である摂政を置かぬのかという問いに、的確に答えず「天皇陛下のご意向なので」では、皇室への疑念を長くひきずらせてしまいます。
なぜ、摂政ではいけないのか客観的に納得のできる説明が出来なければ、生前退位は止めて、摂政を置くべきです。場合によっては秋篠宮殿下の摂政でも構わないと思います。

それこそ「特措法」で、案外イージーに皇室典範がいじれ、いろいろなケースに対応、乗りきれることが、今回はからずも露呈してしまいました。秋篠宮殿下を摂政として立て、悠仁親王殿下を幼帝としてお立てする、などということもさほど突飛な案でもないでしょう。

「生前退位」が実はいかなるものなのか、政府はまず周知徹底すべきでしょう。それでも賛成という国民が大勢いるとは思えません。「摂政」を立てれば法律上も無問題の制度があることすら、国民は知らされていません。

それがなされないのは、皇太子殿下を摂政に立てられればそのお立場にはふさわしからぬ様が、皇太子妃ともども国民の目撃するところとなり、秋篠宮殿下への移譲論が起きるから、摂政制度は使いたくないのだ、と元宮内庁の方が実名で述べていらっしゃいましたが、これ以上に納得できる説明が見当たりません。山下晋司氏。https://dot.asahi.com/wa/2016071900223.html

また、平川祐弘氏(東大名誉教授・比較文学)は雅子妃の、臣籍降下をさえ主張していらっしゃるような状態です。

天皇陛下が「十分に務めを果たせぬまま、天皇であり続けることに変わりはありません」として、摂政制度を拒否なさったことで内閣をはじめ紛糾しているわけですが、そもそも畏れながらお言葉に矛盾があるように思われます。

陛下のお言葉は言葉を変えれば、皇太子殿下と妃殿下を天皇皇后に即位させたら、十分に務めを果たしてくれる、となりますがこれは現在までの皇太子ご夫妻を拝見していれば、あり得ないでしょう。秋篠宮殿下ならあり得ることから、陛下のお言葉を秋篠宮殿下の即位を望まれていると、深読みした国民もいるくらいです。

口を開かれれば、雅子が愛子が、とお誕生日会見でその言葉が幾つ出たか数えた識者がいて、その回数の頻度にわたくしも驚いたのですが、その識者は一方で実はそれは、精神科医からのアドバイスなのだとも書いていて、なるほどと虚脱いたしました。治療の一環だというのです。「雅子はよくやっている」というたぐいのことを、よく国民の前おっしゃれる・・・・・と思っていたのですが、それも治療だと言われれば解るのです。

しかし・・・・天皇の本分は「無私」です。あらゆる価値観の前に、日本国と国民を先行させてひたすらに祈るのが、今までの祭祀王のお務めでした。ご家庭を最優先せざるを得ないお立場で、天皇がお務めになれるでしょうか。

被災地訪問や慰霊の旅は天皇陛下の本来のお務めではないので、それがお出来にならなくてもよろしいのですが、雅子妃殿下の場合は女性側の祭祀が行えるとも思えません。海外を相手のお務めも。それ以前に、皇太子殿下のご健康は祭祀が行える状態なのでしょうか・・・・・。

即位の儀という皇室最大の神事を、雅子妃はお務めになれるのでしょうか。和服を忌避なさるお方が、十二単おすべらかしというお姿で長時間の式典に耐えられるでしょうか。宮内庁では、お出来にならぬなら雅子妃抜きでやると回答しているようですが、そのように落丁のある神事が、神に通じるものなのかどうか。またそんなにあっけなく、伝統を壊していいものなのかどうか。皇室が限りなく、民間と同じレベルに成り下がるのではないでしょうか。世界約120カ国から元首クラスを招いての即位の礼も、新皇后陛下を除いての儀式となり、わたくしなど先の即位の儀を拝見した者からみればうら寂しく思われるのです。

あと、まだ1つ国民が知らされていないことは生前退位後の天皇陛下のご身分です。ほぼ太上天皇(だいじょうてんのう)つまりは上皇とおなり遊ばされ、ご退位なさっても権力はなお保持されることとなり、しかし退位されているので「私的お立場」でたとえば韓国にご旅行なさり、私的立場でお詫びの言葉を述べることなどが許されてしまいます。
韓国へ行かれたい思いは折りに触れ、皇后陛下ともども漏らされていると報道では伝わって来ていて、李明博元大統領に「友好願い」のメッセージを渡された、と李明博元大統領(か側近・李東官イドングァン元大統領府報道官)の回顧録には記されているそうです。
原著を確かめようにも、翻訳本が出てないので読めないのです。
前韓国大統領を巡る回顧録が訳されないということにも、いささか不審の念をもたざるを得ないのですが・・・・。
ちなみに、天皇陛下から駐韓国大使を通じて「友好願いと謝罪の用意がある」というメッセージを託されたと書かれた別所浩郎駐韓日本大使は無言であり、宮内庁からも抗議と訂正要求は行っていません(宮内庁に電話して確認済です)

これまで、政府の依頼だとされていたご公務が実は、周りで陛下の意を汲んでの本質は「私的希望によるご旅行であった」ということが明かされ、慄然とせざるを得ないのですが、たとえばあの決してしてはならなかった中国への、天皇皇后両陛下のご訪問。宮沢喜一内閣の企みであったと思い込んでいたのですが、そうでない場合も想定されるのかもしれぬ、と今にして思うのです。

天皇陛下は憲法に謳われている如き「象徴」という無力一辺倒のご存在ではあらせられなかった・・・・。
生前退位論を契機として、愛国保守の知識人として尊敬を得ていた人たちが、危機感からいっせいに遠慮していた言葉を表に出したので、状況も解りまた、わたくしごときもいくらかは、ものを言える自由を得たのですが。

とんでもない大きな反日勢力が、生前退位を利用して動き回っていることを国民には知って欲しいのです。生前退位とは何の関係もない「女性/女系」天皇論が、女性、女系の言葉の区別すらつけられず、声高に語られ始めている不可解さをどうぞ考えてください。

女性・女系天皇論が、なぜ生前退位論に漏れなく、くっついて来るのですか?

水族館にお遊びに出掛けられたり、ヴェトナム行きを検討なさるなど、まだまだ
天皇陛下はお元気でいらっしゃいます。来年の通常国会に特措法案提出などと、ことを急ぐこともないのではないでしょうか。
ヴェトナム行きは、共産党の最高指揮者、エン・フー・チョン氏と会見され、刺激を受けられたのでしょうか。官房長官は、政府からの要請のごとく発表しましたが、こうなると首を傾げます。天皇陛下の私的ご意向ではないのですか?
リタイアしたいとおっしゃる陛下の意向を受けて、憲法問題がまとわりつく特措法を急いでいる政府が、ヴェトナム行きを依頼などするでしょうか?

それこそ、譲位を早くと望まれている皇太子殿下妃殿下になぜ行って頂かぬのでしょう? 「十分に象徴としての務めが出来る」からこその生前退位のはずなのに、実態は違うという、はからずも告白になってはいらっしゃらないでしょうか。

(誤変換ミスタイピングのたぐいは、後ほど推敲がてら直します) 

 お願い 

アクセス数が急激に増えています。以下をご注意願いたく存じます。

皇室へのご発言に関しては、内容は過激なもの以外は自由ですが、言葉遣い含めて敬意を払われますよう。

名と顔を晒しつつ、発言には100%の責任を負う覚悟のブログです。
ご配慮をお願いします。

匿名やUnknownでの投稿は、発言への責任担保という意味で
おやりにならないでください。

無記名の2ch的書捨てに場がなることを好みません。
常連の方はどうぞ一つの名前で押し通されますように。


ありがちのHNはかぶるので、避けたほうが無難です。

これまで、全てのコメントを公開して参りましたが、以降礼節を著しく逸脱したコメントは公開しかねます。ご了承ください。ありがとうございます。

  
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

漢江の奇跡は奇跡ではなく、日本のお金なのですよ

2016-09-08 | 歴史・政治

この夏、しじゅう食べていたアイスクリームがコンビニから姿を消し
物足りない。いつも大量にあるのに、すぐ売り切れていた。
メーカーはわからない。私が毎度はまるのは、練乳味だが
「白くま」ではない。

白くまのトッピングの果物が私には邪魔である。

戦後の韓国の急成長、それは確かに急激な成長でこれが
自力なら奇跡と言ってもいいのだが、残念日本のお陰である。

と唐突に始めたが・・・・・

漢江の奇跡とやらをユネスコ登録する動きがあるそうで、
日本はお金だけ出さされながら、やられ放題。

急成長の正体は日韓基本条約(1965年)。

無償金3億ドル・有償金2億ドル・民間借款3億ドル以上(当時1ドル=約360円。現在価格では合計4兆5千億円相当。

当時の韓国の国家予算が3億5千万ドル程度だったから、国家予算が棚ぼたで
2倍になった勘定。

それに加えて国際協力銀行によると、90年代までに6000億円の円借款が行われ、韓国の「奇跡」の象徴、京釜高速道路などインフラの開発、浦項総合製鉄などの企業の強化。

そして仕上げに、日本の民間企業による大規模投資で韓国更に潤う。

韓国民は、「漢江の奇跡」の正体が実は、日本からの多額援助、技術援助で
あったことを知らされてない。

それにしても、これだけネット社会で情報は溢れ、また在日の方々も
真実はご存知であろうに、こういうことばかりは都合よく
韓国には漏れないのである。

・・・・・・在日の人々もご存じないか。学校では教えないし。日本人すら知らないのかも? 日韓基本条約は教わる気がするけれど?

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

築地市場移転も、利権がらみなのか?

2016-09-01 | 歴史・政治

小池都知事の会見を全部は見られなかったので、都庁に
電話して、疑問点をうかがってみた。

専門領域の方がいらっしゃらないということで、残念ながら当方の
質問にはお答えして頂けなかったが、質問しながら疑惑の点は
いよいよ、膨らんできた。

まず、なぜ豊洲なのか?

素人だし手持ちの資料を引くしか能がないのだが、2001年に売り主であった
東京ガスが、東京都に出した資料を見てそもそもなぜ買ってしまったのか
理解に苦しむ。豊洲で東京ガスは、ガスを30年間製造していた。以前は石炭使用で製造していたところである。

石炭から都市ガスを製造する過程において生成された汚染の内容は、7つの物質(ベンゼン、シアン化合物、ヒ素、鉛、水銀、六価クロム、カドミウム)による、土壌及び地下水(六価クロムを除く)の汚染が確認。

水銀 環境基準値の24倍

ヒ素 環境基準値の49倍

シアン(青酸カリの一種) 環境基準値の490倍

ベンゼン(発癌性物質) 環境基準値の1500倍(再調査では1000倍)

ーー以上は2001年の売却時に東京ガスが東京都に出した資料に依るーー

東京都では、以上が処理済みで無問題としてHPに詳細が説明されているのだが、どうにも信用できかねる部分がある。

ちなみに水銀は、皇太子妃妃殿下の母方祖父、江頭豊氏がその後処理に関わった、あの悲惨な水俣病を生み出した元凶であり、
ヒ素は、安倍昭恵氏のご実家森永のミルクが、ヒ素混入のミルクで
大勢の赤ん坊が亡くなったのだ。

第二の水俣と言われる新潟の昭和電工の廃液による水銀汚染の食物連鎖で起きた公害病のお宅安西家へは、皇后陛下の妹でいらっしゃる恵美子さんが嫁がれているので、知っている人もいるだろう。
水俣、第二の水俣と皇太子妃、皇后陛下のお身内が関わっているとは、偶然も度が過ぎて、一体何のメタファかと考えこむことがある。

豊洲のこれだけの汚染ぶりを見て、なぜ買ったのか、そこへあろうことか
食品を扱う築地市場の移転を決めたのかが、どうにも解らずそれは
質問しても、答えは得られずついには「内田さん絡みの利権ですか?」とまで
質問して、半ば冗談だったのだが・・・・・回答は得られるわけもなく。
小池知事が会見で提示した、異様なまでの建築費の値上がりぶりが
五輪におけるそれを連想させたのは事実である。

築地市場の移転自体は、青島都知事の時代に言われ始めたようだが、
実際に豊洲として動いたのは、石原・猪瀬コンビの時である。
そして、石原氏は内田氏と親密ではあった。

築地は世界的に知られた観光エリアでもあり、独特の風情を残し、
移転はいかにも、理不尽なことだろうと思う。
アスベストが問題なら、駅舎の改築のように普段も使いながら
一画ずつ補修なり、増築、新築なりして行けばよかったのではないか?
素人考えだが、水銀やヒ素が充満しているところにわざわざ
行くことはあるまい。(現在の汚染の数値は不明)

盛り土をしてコンクリートで固めたところで、水銀やベンゼンは気化するから
夏場は蒸発するという説も読んだ。もしそうなら魚に触れるのではないか。人体にもいいわけなかろうと、思うのだが。

築地市場特有の三輪小型トラック、ターレも規定台数以上が走ると、豊洲では床が抜けるそうで、そんな脆弱さでどうする。また地震の時には液状化もあったそうで、東京に直下があればどうなるのだろう。駐車場は足りず、そして作業は腕がつかえる狭さでやりづらいと聞く。なぜ、現在の築地をリニューアルさせる方向で進めなかったのか理解に苦しむ。ちなみに、五輪道路云々は東京開催が決まってから後の話である。

モノレール建設や、水上に可能な限りの大きな水上バスを走らせて、道路のほうは凌いで欲しい。と言っても、豊洲を中止して、築地市場を再建というのはほぼ、金銭的にもう無理なところまで来てしまっているのだろうか。

本当に・・・・・誰が、小汚い思惑でこんなところに移転させようとしたのか。
現在は首都の真ん中にある市場ということでも、世界的にもインパクトがある
築地を捨てることは伝統への反逆でもある。

都庁の人は、石原都知事の時代に決まった、と答えてくれたが
石原氏ご本人は「前の都知事が決めたこと」とうそぶいていらしたようだ。
前の都知事が決めたら、何でもするなら新都知事の意味などないではないか。
この方は表舞台から去るときになって、それまで隠れていた暗部がさらされている。

いったん決めたものを遅延させたら、関係者が困るなどという人がいて
それは事実だろうが、しかしそれと都民の食の安全とどちらが重いというのか。
あたかもJA全農が韓国からの肥料輸入を決めたばかりなので、ほとほと
ため息が漏れる。一体、皆どうしてしまったのだろう? バイオテロのこの時代に
食がからむことに、反日国からの輸入はやってはならない。

まだ試験結果が出ていないものを、強引に豊洲移転としたのは舛添氏だが
本当に、小池氏でよかった。五輪用の道路を築地市場に貫通させるのに
急いだのだろうが、本末転倒であろう。
都民の健康と五輪を秤にかけるなら、どうせこれも利権まみれの五輪など潰しちまえ。・・・・・・健康と比べるなら、である、念のため。
しかし、豊洲に移転してからとんでもない検査結果が出たら、どうする
つもりだったのだろう。改竄か隠蔽しかないのではなかろうか。

移転中止があり得るか、という記者の質問に小池都知事は答えなかったが、
検査結果がなお上述の値なら、中止せざるを得ないではないか。
それを決行するなら都による犯罪であろう。第三の水俣病が起こりはしないのだろうか。

中止となった場合の目もくらむようなお金の処理はどうするのか、まことに石原氏が残した負の遺産は大き過ぎるというべきだろう。尖閣名目で集めたお金は、100年後ぐらいに、こそっと使うしかないだろう。大体石原氏が、訳の分からない辞め方さえしていなければ、猪瀬、舛添氏と大金の飛ぶ選挙もなかった。
もっとも、石原氏のまま都政が続行していたら内田氏の存在も都民は知らぬまま、豊洲へのダークでリスキーな移転もなされたことを思えば、小池都知事の誕生は時代の必然であったのかもしれない。

それにしても重責である。並みの器ならかかってくる巨大なストレスに、へたってしまうだろう。これだけのことを日々なさっているのだから、旅行ぐらいファーストでいいじゃないか、まっとうに仕事をしている知事なら。

欲で頭の狂った人たちのおかげで、都民はまた要らざる出費を強いられる。
保育園落ちた、日本死ねの人、騒ぐのはこういう時ではないのか。
要らざる莫大なお金が駄々漏れで、出ているのだ。保育園にも高齢者施設にも使われず、ただ数名の懐が潤うために。

「日本人と外国人が入れる老人ホーム」と銘打って都が10億円を支援したホームが、実はほぼ韓国人専用であるらしいことは、この間書いた。
10億は、都民である日本人のために出費して欲しい、と思うのは違うのだろうか。小池都知事の時代ならあり得ないことのように思うのだが。

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

領土は渡さない

2016-08-31 | 歴史・政治

表記タイトルで、統合幕僚長の河野克俊氏と百田尚樹氏が対談なさっているのを読みました。(「WiLL」10月号)

かねてからの、私の懸念「9条で手足を縛られた自衛隊は、いざ戦闘となった時に先制攻撃が効かず不利ではないか」は、百田さんも同じことを河野氏に漏らされるのですが、河野氏は否定なさっていません。

「他国の軍隊組織と比較すると、平時においてはたしかにそういう一面があると思います」

対談の言葉のままです。

「安保法制の制定等によって、活動範囲を広げていく必要があると思います」

尖閣の防衛については、あらゆる場合を想定して断固たる措置に出る、と河野幕僚長は断言なさっています。

しかし、その決意と実情が中国に伝わっているかどうか、との懸念は百田氏も述べていて、私もそれは同意です。尖閣に上陸とか、バカなことをやらかさねばいいのですが。一寸刻みで領空領海に入り込み、日本の出方を伺っているのが見えるだけに。

あと、困ったもんだなあとこれは常日頃思っていることですが、大臣が無造作に変わることで、とりわけ真剣に取り組もうと思ったら5年、10年の歳月を必要とするだろう文科相、防衛相が短期で変わるのは、専門知識の初歩を身につけたとたん他へやられてしまいます。

稲田朋美防衛相も、連日防衛省に行きレクチャーを受けているというのですが、なんで一人を長期に据えませんかね? 今の慌ただしいスパンだと、学んで終わり。

女性の防衛相つながりで、小池百合子氏はおそらくいずれ国会へUターンして首相の座を目指していらっしゃると思われるのですが、しかしながら都知事はせめて二期務めて頂きたいと予め、お願いしたいのです。ご承知のように、知事の手腕が問われるのは、二期目からです。

女性ということで、唐突に飛躍するのですがトランプ氏待望論が意外に多くなっていて、へぇと思っています。私なども、実はクリントン氏では日本は戦後レジウムのひきずりのまま変わり映えせず、アメリカに言われるまま時に屈辱的で息苦しく、トランプ氏なら良くも悪しくもショック療法で、防衛も自主独立のほうに触れて行く可能性も感じるのです。
最初は、とんでもないホラ吹きおじさんだと思ってましたが・・・・・。
いざ大統領になれば周囲からの制御もあり情報のレクチャも受けるので、
今みたいな野放図なさまは、多少は抑制されるでしょう。

仮にクリントン大統領で気が重いのは、この方皇后陛下と親密で、それゆえ女性天皇の擁立を男女同権の立場から、援護射撃しそうで、皇室の特殊性を一知半解で口出しされることが予見でき、それは由々しきことだと思っています。
ジュネーブ国連欧州本部の女子差別撤廃委員会の介入が顕著にあるだけに、新大統領の口添えが日本の世論を妙なほうに引っ張って行かぬかと。
国連の委員会には、日本の左翼とNGOが暗躍して、女性天皇の誕生を画策しています。「生前退位」は、それ単独である話ではなく背後の大きな勢力とつながっていると私は見ています。女性天皇を言い立てるのは、ほぼ左翼と日本憎しの「外国」ばかりという現実をどうぞ見て、情報を得つつあれこれ頭をめぐらし真実を探り当てて頂きたいと願っています。

緒論あるでしょうが、神話か実在かは重要なのではなく、天照大神という皇祖神につながる神武天皇を初代として、男系DNAでつながることがこれは理屈抜きに皇室の成り立ちに必要だと思われるのです。

皇室は浮世の薄っぺらい男女同権だの人格だのという権利意識で測る存在ではないと思っています。日本という国家がそもそも神武天皇と神道と天照大神と三位一体で始まった国で、それが戦争を挟んでもなお現在まで続いている世界で唯一の稀有な国です。

祭祀を単なる厄介な儀式として捉えるのはおそらく、霊感皆無の唯物主義の人たちでしょうが、私のように、わずかでも三次元以上の存在を「感じる」者は祭祀が単なる旧弊な伝統儀式とも思えないのです。祭祀が崩壊すれば皇室の芯は瓦解、国体にも影響する、と私は恐れています。そして祭祀王は男でなければならぬ、と。
常時安定した祭祀が出来ない女性の生理的条件を含め、素朴な感性として神事は男の領域だ、とそう思うのです。土俵という結界に女性が踏み入る違和感、というのが近い感覚かもしれません。
異論はあるでしょうねぇ・・・・。理性の埒外の話なので。
ローマ法王も男性限定ですが、こちらの理由は知りません。

国連やクリントン“新大統領”が、クレームを入れてきたら、ローマ法王を引き合いに出すと早いかと思いますが、本当は数時間こんこんとご進講して欲しいところです。大統領になるかどうか、現段階では解りませんが。

皇室関係のことは、不敬にあたらぬよう細心の注意を払いながらの
言葉選びがしんどく、避けがちなのですが今日は女性天皇不可論にまで
踏み込んだので、もう一つリアルな懸念を記しておきます。
仮に愛子天皇が擁立なった時、その背景には国連に出入りの左翼弁護士他、
もっと、いうに憚るお方たちもいるわけなので、伴侶として迎える
男性が、実権を握る可能性を恐れるのです。必ずしも公明正大な
男子と結ばれる保証がないので・・・・・。

 

またまた連想ゲームで、思い出したのですが・・・・「領土は渡さない」で
竹島に思いが行き、そこでJA全農が韓国から肥料を輸入するという
話。韓国の議員団が竹島に不法上陸したばかりなのに、なんで
こういうことしてくださるのかな・・・・と。
農業に全く無知なので、単なる嘆きでしかないのですが。

私も韓国産と中国産は極力避けているほうなので、それは
単に安全の意識から。農薬使われたら、処置なしだなあ、と。
国産野菜や米を買ったつもりでも、肥料が韓国産では。
化学肥料だとかなので、しょせんチッソ、リン酸、カリではないかと
言われそうですが、混ぜものをされそうで・・・・・

食の安全にはお金がかかります。承知で高いほうを選んでいる
消費者の多くいることを、知ってほしいと思うのです。

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加