井沢満ブログ

後進に伝えたい技術論もないわけではなく、「井沢満の脚本講座」をたまに、後はのんびりよしなしごとを綴って行きます。

「国内反日」の潮目は変わりつつあるのだろうか?

2016-03-11 | 歴史・政治

テレビで、台湾による日本の被災地支援を取り上げていて、
思わず見入ってしまいました。

というのは、亡き親友が台湾の人であったということ。(帰化していました)
それから、台湾はおそらく世界で一番、日本に心を寄せてくれている
国なのに、日本のマスコミはないがしろにして来たので、それが
何の変化か、台湾にこれだけ視線を向けた番組が流されるように
なった、そのことが嬉しかったからです。

日本という国は世界でも特殊で、日本を侮辱し貶めることを国是としている
国が至近に、2、3カ国あることに加え、更に特殊なのは国内に
「国内反日」ともいうべき存在が大勢いることです。もとを辿れば
結局敗戦とGHQに端を発する事なのですが、それはまたいずれ。

番組を涙ぐましい気持ちで見ながらしかし、腹立たしかったのは、
濡れ衣を日本に着せてまで日本を侮辱し貶める韓国を、よくもまあ
これまで持ち上げ続けてきたものだという憤りと、
台湾が日本への恩義を忘れず返してくれるのに引き換え、
韓国は恩を仇で返すそのままであり、そういうことを言うと
「ヘイトスピーチ」呼ばわりされる理不尽に、いささか感情的に
なってしまいます。

反日の在日の人たちもまた、源流はGHQ方針に行き着きます。

なかんずく、映像に携わる私が許せないのは「鬼郷」という「史実に基づいた」と
巻頭に掲げて始まる慰安婦の大嘘映画であり、これが韓国で
反日プロパガンダとして制作されたのなら、あそこはそういう国です。
驚きも憤りも半分ですが、私が許せないのは、この映画に関与した人の中に日本で何代も暮らしている韓国・朝鮮の人たちがいることです。
卑劣だと思います。あるいは本当に本国で言われている捏造慰安婦を信じて
いらっしゃるのか?

それほど大変な出来事が、もし事実なら韓国の人たち、なかんずく男たちは
何をしていたのですか? 少女たちが20万人も拉致され、性奴隷とやらにさせられ虐待されているのを黙って見ていたのですか?
だったら、日本を叩くより前にそのことを責めるべきではないのですか?
黙って見ていたどころか、日本軍が兵隊を募集すれば最高倍率、
確か50倍位の競争率で韓国の若者たちは押しかけていたのです。

日本軍関与の性奴隷施設が事実なら、恥ずべきは当時の韓国の
若者ではなかったのですか? 他ならぬその日本の軍隊に熱狂して、
兵隊志願に詰めかけていたのですから。

吉田清治という、本当に日本人なのかそうでないかも定かならぬ人の
あくどい小説が、いつの間にか事実として定着してしまい、しかし
それまでは日韓基本条約の場にあっても、慰安婦問題など
一言だって交渉の席には持ちだされていません。
なぜなら、強制の慰安婦など存在しなかったからです。

証拠がない、といえば今生存している元慰安婦の存在そのものが
証拠だと抜け抜けと言ってきますが、話すたび「設定」も「時代」も
くるくる変わる話の、どこを信じればいいのですか。

やれジープで運ばれたの、クリスマス休暇の時は忙しかったの、
それは朝鮮戦争の時の、朴槿恵大統領の父上である朴正煕元大統領が
韓国に設営した慰安所のことではないですか。日本にジープはなく、
ましてクリスマス休暇など、お笑い種です。
いくら老齢でぼけていても、クリスマス休暇などと具体的な名称を
出す時点で尻尾が出ているではありませんか。

またある自称慰安婦は、1946年に慰安婦として日本軍に虐待されていた、
などといいますが、その頃戦争は終わっていて、日本は食うや食わず、
日本軍なんてもうどこにもいません。

矛盾を突かれると、高齢を理由に思い違いしていただけだと逃げます。
そんな、口で語られることが証拠となるなら、強制の慰安婦などいなかった、という元日本兵の証言も証拠になりますね。小野田さんなどもはっきり、
そう証言されていました。はい、お互い相殺で引き分け。

しかし、当時の慰安婦が高給を支払われ、労働環境も恵まれていた
募集性、応募制の売春ビジネスの人たちであった、という証拠は
歴然と在るのです。日本側の文書に、画像に、アメリカ公文書館にある
聞き取り調査に。

言わせていただければ、日本軍による強制の慰安婦は捏造ですが、韓国が清國に女性を貢がされ続けていたのは事実ではありませんか。
嘘の話で日本を打ち据え、現実にあった中国による韓国女性の
性奴隷化はよろしいのですか。

台湾と韓国。この心の差。
しかるに修学旅行といえばなぜか韓国。もし日本が少しでも
台湾の人々の厚情に応えんとするなら、台湾に修学旅行に
行くことです。あるいは観光に行きそれも台北のみならず、
地方に赴くことです。

一部の例外を除けば韓国と違って、日本人は尊敬されていて
あたたかく迎え入れられます。

私が訪れたのは随分以前なので、今は知りませんが高齢者は
日本語を話し、タクシーに乗るとかかっているのは日本の演歌でした。

韓国へ修学旅行に連れて行き、ここは秀吉軍が焼き払ったの(嘘です)、
刑務所跡に引っ張っていき、日本がいかにひどい拷問をここで
したかたか、など吹きこまれ(嘘です)、一体韓国へ生徒たちを
連行する日本の学校の先生達は、日韓の歴史をきちんと
学ばれた上でのことでしょうか。

と、相変わらずのトーンに戻ってしまいましたが、しかしテレビが台湾に
照準を当てるようになったことが、嬉しくまたありがたくわずかながらでも
潮目が変わりつつあるのか、と期待したのでした。

台北でも震災追悼式 日台首脳、異例の親書やりとり

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6194181

余談ですが、テレビは台湾から寄せられた200億円で被災地に
病院ができ、橋の再建が出来たことを報じていました。

日本から中国へ、緑化事業援助で100億円渡すことの
意味がいよいよ分かりません。

中国の緑化>日本の被災地復興

これが二階俊博総務会長の価値観でしょうか。私はこの方も
「国内反日者」の一人だと思っています。本当はもっと激越な
呼称を差し上げたいところですが、自制します。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

国連とユネスコは反日組織です

2016-03-10 | 歴史・政治

国連が、元はといえば「戦勝国」連合であり、成り立ちからすれば「戦勝連」とすべき体質的には反日組織であること、いまだ「敵国条項」があることでも、
明らかでしょう。

超反日の韓国人であり、また次期大統領である可能性が高い
潘基文(パン・ギムン)氏が事務総長であることから反日の
度合いはなお、その色を濃くしているわけですが、
国連自体がもともと反日であることを、私たちは知っておくべきでしょう。

国連事務総長は、概ね発展途上国から選ばれるのが慣例であり、
常にその国際的評価を気にしている韓国の人々が、
この件になぜおとなしくしているのか知りませんが、
一見、華々しい役職ではあるのでしょう。
潘基文氏の無能力ぶりには、世界的定評があるのですが、
それでもその分かりやすい名声から次期大統領になる
可能性も高いかと思います。

誰がなろうと、反日路線の踏襲なのですが反日に加えて
政治的無能力者だとすると、日本にとってはよいことなのか、
あるいは、もっとぬかるみ路線に突入して、今より
鬱陶しいことになるのか、さてどちらでしょうか。

次期国連事務総長の呼び声が高いのは、これもまた中国や韓国に
牛耳られている感のある、あのユネスコの事務局長である、
イリ­ナ・ボコバ女史ですが、この方がまた名うての反日者である、
と伝えられています。

アメリカの大統領選でもし、日米同盟で頓珍漢な日本批判をしている
無知で勉強不足、吹いているだけのトランプ氏が選ばれたら
日本には災難ですが、しかしクリントン女史なら、災難以上です。

トランプ氏に、日米同盟の片務性を言われるなら、じゃあ日本は
憲法改正して自国の正規軍隊と、核を持ちますぜ
と言い返せるだけ
ましですが、韓国の捏造慰安婦の言い分を丸ごと信じて
「性奴隷」呼ばわりするクリントン女史に大統領になられても、
うんざりです。

どっちを見ても意図的反日者だらけ・・・・
せめて、国連とユネスコとはきっちり向き合い、反論すべきは
しませんと。

加瀬英明さんたちが、立ち上がってくださいました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160308-00000585-san-pol

「日本たたきの国際機関に大金出すのは不条理」民間団体訴え

産経新聞 3月8日(火)21時26分配信

有識者らでつくる保守系民間団体「慰安婦の真実国民運動」(加瀬英明代表)は8日、安倍晋三首相と岸田文雄外相宛てに、国連女子差別撤廃委員会の日本に関する最終見解に強く反論すべきだとする要望書を提出した。記者会見した同委員会幹事の藤原信勝拓殖大客員教授は「怒り心頭だ。日本がいかに足蹴にされているか」と語り、同委員会を厳しく批判した。

要望書では政府に対し、最終見解への反論手続きを進めるほか、慰安婦を「性奴隷」と認定した国連人権委員会の「クマラスワミ報告書」(1996年)の内容の再調査・撤回を国連に要求することを求めた。

さらに、慰安婦問題に関する国際社会の誤解を解くべく、首相が記者会見を開いて説明するよう要望した。

藤岡氏は8日の記者会見で、日本政府が2月の対日審査で説明した事実関係が最終見解にあまり反映されていないことを批判し、「(国連は)まともな国際機関としての意味をなさない。日本たたきの道具にしかならない国際機関に日本が大金を出すのは不条理だ」と訴えた。

 また、ジャーナリストの西村幸祐氏は「非常にいい加減な最終見解だが、日本が反証していくための材料にもなる。今後、政府や民間の情報発信が重要になる」と述べた。

     ーーー以上ですが、一部抜粋するつもりだったのですが、読むほどにどの文言も重要で結局全文転載です。

日本は国連のATMだと言われていますが、国連への無意味な拠出金を
大幅に減額すべきです。きちんと理由を述べて。
大金を吐き出さされるだけで、常任理事国にはしてもらえず、
韓国中国の言い分に加担した、日本毀損の言動ばかり。

ユネスコもまた同様で、日本が世界最大の拠出金国なのですが、
韓国の言いなりで、偽りを登録してしまいました。外務省、佐藤地ユネスコ大使の無能ぶりもあってのことですが、外務省自体がいまだGHQ以来の
自虐史観体質をひきずっています。敗戦以来、他のあらゆる分野と同じく、
GHQの日本弱体化施策に従順なほど出世階段を駆け上り、
愛国心の持ち主は放逐されて現在に至ります。
(今現在、外務省にいる人達全てが反日者であるという意味ではありません。
敗戦以来、いまだ引きずる全体的な体質の説明です)

たとえば、日本人を毀損し韓国人を称揚するたぐいの映画の試写会に、
外務省が宮内庁に働きかけ、天皇皇后両陛下をお呼びするたぐいのことは、
平然といまだやらかしています。

両陛下といえば、国連の「国際連合人権理事会」設置の
「女子差別撤廃委員会」
からは女性天皇を認めないのは
性差別だとして、皇室典範の改正をしろと言って来ましたね。
流石にこれは日本側が一蹴しましたが、ことほどさように
日本に対しては無知、あれもこれも濡れ衣を
着せてきて、日本を貶めることに余念がありません。

国連大学もこれに準じます。お金だけは大枚、出さされて
そこで行われているのは従軍慰安婦問題の集会だったりします。
北朝鮮のチュチェ思想への傾倒者が副学長であったこともありました。
この人物はKGBのエージェントを国連大学に迎え入れたことさえ
あります。

思わぬ長さになりましたが、今回の拙文は藤原信勝拓殖大客員教授や
加瀬英明氏への賛同文です。日本は国連に莫大なお金を毎年、
無条件に渡すべきではありません。あたかも彼らの反日資金提供です。
中国に訳の分からないODAを渡し、日本にミサイルを向けさせるための
軍事費の一部に流用されるがごときですね。

つい最近も、森林を増やそうとかいう中国の民間団体(日本人がやっているらしいですが、それにしても民間団体ですよ?)に100億円が計上されました。
そして国内では消費税アップ、国民年金カットって何ですか?
中国のGDPは日本の上位ですよ?
選挙前にあまり、自民党の批判はしたくないのですが、
自民党外交部会などの会議で平成27年度補正予算案に「植林緑化支援事業費」で100億を計上したのが二階俊博氏です。
私、よほど酷くなければ具体的名前を出すことはしないのですが、
鳩山由紀夫氏や村山富市氏、河野洋平氏らは、国賊だと思っています。
日本の未来を担う子供たちへの虐待者だ、とも。

国連及び国連大学の反日性については、調べていただければ
明瞭です。しかし、それにテーマを絞っての報道がなされないので、
国民は、これほど深刻な事態にあることを知りません。

ユネスコ軍艦島の強制性を登録させてしまった外務省に
いっとき、憤りを見せても、なぜそのようなことが生じるのか、
なぜ皇室関係者までもが反日国連や国連大学に
かかわられるのか、基礎を学びませんし、概ね誰も
きちんとは論じません。
 

この国の、言論の不自由さを時として思います。外務省における
反日弱腰体質の、もともと依って来る筆頭格的反日人物の名と
その言動を語ることが難しいのです。ある「仕組み」の中に
繰り入れられたことにより。それもおそらくはGHQの流れの
一環でしょう。ある勢力は、あり得べからざる某所にまで、
入り込んでいます。

「戦後レジームの脱却」とは、もろもろを含んでのこと、日本の「戦後」は底深く、
闇が深いのです。その闇には、通常の日本人が思いもしない現実が、
とぐろを巻いています。ネットの発達で、わずかずつながらそこが
人の目に姿を現しつつありますが、私などの目にも、ようよう見え始めた
その思いがけない事実、予想もしなかった奸計、登場人物の
悪どさと醜さに慄然と致し、しばし呆然と声を呑み佇むことがあります。
敗戦を機に、日本はここまでやられていたか、と。

私が死期を悟った時は、知り得た全てを書き残したいと思います。
しかし時代はもはや闇を許さぬほうに向かっているかとも
思います。私ごときの臨終の書も要らぬ時代になりつつもあるのか、と。

そうでありますように。

 

追記 文中 藤原信勝拓殖大客員教授の姓は藤原ではなく、藤岡氏ではないかと
ご指摘を頂きましたが、そのとおりです。産経新聞がミスタイピングを行ったのを、
そのまま引用しました。お詫びと共に訂正します。

コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

日韓外相談話の効力について再び

2016-03-06 | 歴史・政治

安倍政権における日韓外相談話について、ある一部で批判と
反感が強いことに対して、私は擁護派なのですが・・・・

つまりこういうことです。

外相談話が事実から基本でかけ離れた謝罪であったことには
私とて愉快ではありません。
しかし、アメリカが背後にある現環境の中、そしてあのどうしようもない
長官であった河野洋平氏の談話が残っている中、捏造慰安婦性奴隷に
対して毅然とした否定は出来ないのが現実です。

それならば放置していればよかったのか。
いいえ。韓国による捏造は日々肥大化、悪質度は日々
増していったであろうことは、これまでの経緯を見れば明らかです。

なら、100歩譲歩した談話であろうと「蒸し返さない」という言質を取ることの
ほうが大事であった、とそれが私の意見です。当初から変わっていません。

それに対して不満があるのも心情的には解りますが、外交は
どのみち妥協の連続です。「損して得取れ」が外相談話であったと
思います。

国連における外務省の杉山晋輔外務審議官の談話が国連HPに載っていますが、ご覧のとおり軍の関与は認めたが(関与は事実)、強制性はあっさり否定しています。
そここそが、談話の肝であり、また慰安婦問題の核です。
そこを、国連の場で日本は明確に否定したのです。
日韓外相談話で、韓国側の嘘の口封じをした上で。

 

An Expert said that the answer of the delegation on the issue of comfort women was unacceptable and contradictory. On the one hand, the Government of Japan denied the existence of comfort women, while on another hand, the Government reached an agreement on that same issue. If Japan was so willing to solve the issue, would it send an apology to all comfort women, who had been waiting for their situation to be recognized for over 70 years?

 An Expert deplored the lack of understanding of gender violence by the delegation. Was the Government considering the establishment of injunctions and prosecution without complaints? She underlined the importance of Japan investigating and addressing gaps.

 Replies by the Delegation

 In response to the comments made by an Expert, the delegation explained that the agreement between Japan and the Republic of Korea explicitly confirmed that the issue of comfort women was finally and irreversibly resolved. It was not true that the Japanese Government denied history. The Japanese Government was painfully aware of its responsibilities and offered its sincere apologies and remorse. The involvement of the military with regard to the establishment of comfort stations had been acknowledged in the past. However, the figure of 200,000 persons as the number of comfort women lacked concrete evidence. The expression “sex-slaves” also contradicted the facts, and it was regrettable that a Committee Member had raised points contradicting the facts. - See more at: http://www.ohchr.org/EN/NewsEvents/Pages/DisplayNews.aspx?NewsID=17052&LangID=E#sthash.wTgIqAXI.dpuf

    ーーーーーーーーーー転載ここまでーーーーーーーーーー

zakzak<韓国メディア「白旗」に激怒 韓国外相、国連で演説も「慰安婦」で沈黙…>
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160304/frn1603041700006-n1.htm より

その一方、韓国では韓国が慰安婦問題に関して日本に白旗を掲げたとして、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相の国連における演説が、糾弾されています。

外相は、人権理事会という肝心の場での演説で(2日)、慰安婦問題に一言も触れなかったのです。

国と国との約束で「最終的かつ不可逆的に解決」つまり「蒸し返さない」としたのだから、当然の結果ですが、その当然が通らないのが韓国ではあります。
国民とメディアレベルでは、相変わらずの反日カードとしての慰安婦を
使い続けていますが、しかし国際舞台で国家間の約束事項を
そう簡単に破棄は出来ません。それに今回は、アメリカの意向がバックに
あっての談話ですから。

日本側は国連の女子差別撤廃委員会の質問に答えたまでのこと、
何の問題もありません。

日本側の回答。

「慰安婦の強制連行を裏付ける資料はない」

「性奴隷は事実に反する」

事実に即して端的です。

国際社会に誤解が広がった「犯人」として、吉田清治氏の大嘘書物と、
朝日新聞を名指しして完璧です。

言論の詐欺師としての吉田清治氏と、朝日新聞を国連の場で淡々と
断罪した手並みは、見事でした。

外務省も、小和田恒氏を代表格としてGHQ政策に反逆しない、つまりは
反日的姿勢の人たちが出世階段を登ってきて現在に至り、何事につけ
歯がゆい引け腰と、相手の策略にやすやすと騙されるし(この間の
ユネスコ問題における佐藤地ユネスコ大使のごとく)、歯噛みしたいほど
甲斐性のない外務省でしたが、今回は良好であったと思われます。

敗戦以来の外務省の体質がやっと変化しつつある兆しなら、歓迎すべきことでしょう。

韓国では明確に、韓国側の完璧な敗北として捉えています。
すなわち、日韓談話においては日本が勝利したのです。
不完全な形だとしても、これから修復可能なのは、国連の場で
「慰安婦の強制性」を明確に否定したのですから。

うがてば、ここまでのシナリオ、女子差別撤廃委員会からの質問、それに対する
日本側の回答まで含めて、日米間が水面下で交わした談合の結果と
推測できなくもないのですが、仮にそうだとしても表には出ません。

いずれにしても、安倍政権批判の材料として日韓談合批判がありましたが、
これに関する批判材料は概ね消えた形です。

それにしても、不思議なのは(皮肉です)安倍政権を、何事につけ批判する構えの人たちが、日韓外相談話における(当時は)安倍政権の敗北とされていたことに対しては、つまりは日本に不利な慰安婦に対しては沈黙を保ち、いきり立った人が概ね普段は“愛国派”あったことを、興味深い眺めだとして、私は見ていました。

それにしても、国家間の決め事をないがしろにする韓国の人々のやり口は、
ルール違反だし、品性を持っていただきたいと思うのです。

画像はこちらから拝借しました。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/05/2016030500534.html

 

NY日本総領事館前で韓国人がデモ

「日本は未成年者を強姦」

「アジアのホロコースト」 

とは、何と手口の汚いアンチプロパガンダでしょう。黒の、いかにもな
チマチョゴリもこれみよがしの下品さ。強制の慰安婦に関しては
日韓双方の綿密な調査の果て、証拠が皆無です。
強制性の無さを示す証拠なら、当時の済州島の新聞、それから
アメリカの公文書図書館に聞き取り調査の綿密な史料が残っています。

国内のみならず、海外で嘘を広める浅ましさ。本人たちは信じこんでいるのでしょうが、これはあちらの政府の教育のせいですね。韓国はこれに対して責任を
取るべきでしょう。「民間のなすこと」としての責任逃れは卑怯。

それにしてもあちらのマスコミの報道によれば、韓国を捨てたい、いずれ
海外に出て行きたいとする韓国人が驚くべき率でいるのに(記憶が
曖昧ですが70%以上で、驚愕した記憶あり)。いったん海外に
出たら、このような“愛国心”の発露。

とりわけ、汚いなぁと思うのは捏造慰安婦をナチスのホロコーストと
同類として印象づけるような詐欺的手法に対してです。

慰安婦問題など、本来ありはしない。

慰安婦問題がどこから始まったか、考えてみればいい。
吉田清治氏が売らんかなの書物に書き記した毒々しいフィクションと、
朝日新聞発です。それまで韓国サイドからは何も出ていないのです。
後にこれだけ大騒動することなのに、ずっと沈黙でした。
性奴隷などという事実がなかったからです。

南京大虐殺も日本の左翼からの発信が最初で、中国側は
それまで何も言ってはいません。

あまりに理不尽なので、この際言っておきますが韓国映画「鬼郷」の
内容は、史実には全くない少女の性奴隷の話ですが、これに
関わったのは、大阪の在日劇団です。いったい日本以外の
国で、その国に住まわせてもらっている「外国人」が史実にはない
その国への侮辱を実話という触れ込みの映画という形で行い、
厳しい糾弾にさらされない国がありますか? 
日本人の穏やかさに、乗じすぎてはいないでしょうか。

日本ではしかし映画には無反応です。韓国ではヒットと伝えられていますが。
韓国で制作された、14歳の少女が性奴隷にされたという、
捏造性奴隷アニメを日本国内で広める在日3世のタレントさん
もいるのに、日本は余りにも寛大過ぎませんか。

せっかく政府が勝ち取りつつある慰安婦における真実獲得の道筋なのに、
民間が無関心では外相談話の効力が半分に落ちてしまいます。
慰安婦問題に関して安倍政権に激しく抗議の声をあげていた人たちがなぜ、
捏造映画「鬼郷」に、在日3世として日本に世話になっている身で韓国の
捏造アニメを広げるタレント(松嶋あすか氏)の発言はスルーなのでしょう?
本末転倒ではありませんか?

松嶋あすか氏が、私の論にご不審ならいつでも対論に応じます。
ただし公開のこと、一対一で。数を頼んだ一種の暴力でこれまで日本人は
黙り込まされてきました。
本国の嘘を信じこみ、日本と私達の祖父たちを侮辱することを、
私は絶対に許しません。「日本は未成年者を強姦した」などと。

韓国の強姦数の異常な高さを知らないのでしょうか。


性犯罪が約25分に1件のペースで発生 統計によると、韓国では、 今年(2013年)の1月−7月に、1万2千件を超える性犯罪が発生。
http://matome.naver.jp/odai/2138101792965025101

国最高検査庁が発刊した「2011年犯罪分析」によると、2010年1年間の性犯罪は1日平均54.6件発生。

http://matome.naver.jp/odai/214240935037017430113

13歳未満の児童が被害に遭った性犯罪は、1日平均3.2件発生。アジアのレイプ発生数ランキング1位は韓国です。そんな国が、総じて禁欲的抑制的であった
日本人に、未成年の強姦とは何を言うか。口を慎みなさい。

 

追記 コメント欄に頂いて知ったのですが、慰安婦映画「鬼郷」の
内容が私が予告編で知っていたより、言語を絶する捏造のようです。

 

以下、転載。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160305-00000520-san-int



【外信コラム】正視に耐えぬ、韓国最悪の慰安婦映画『鬼郷』
産経新聞 3月5日(土)13時0分配信

 慰安婦を主人公にした映画『鬼郷』が人気を集めている。1週間足らずで早くも観客動員100万人突破!などとニュースで大いにもてはやされている。
もともと7万人以上の個人募金を集めて制作された独立プロダクションのキャンペーン映画だが、いわば“時流”に乗り、マスコミの宣伝が加わって大衆映画として大ヒットしている。

 しかしこの映画はひどい。1970年代から韓国の映画やテレビ、舞台で数多くの反日ドラマを見てきたが、これは最悪である。
「慰安婦として強制連行された可憐(かれん)な韓国の少女たちと極悪非道の日本兵」という図式で、日本兵による少女たちに対する殴る蹴る引き裂く…の残虐な暴行、拷問場面の連続は正視に耐えない。

 客席からは悲鳴が上がるほどで、暴行によって少女たちはいつもみんな顔が腫れ上がり、唇は切れ、体は血だらけ、傷だらけだ。
しかも驚くべきことに、日本兵は慰安所から脱走しようとしたとして少女たちを野原に引き出して全員銃殺し、死体は穴に蹴落とし石油をまいて焼いてしまう。

 映画はわざわざ「元慰安婦たちの証言による事実にもとづく」と銘打っている。荒唐無稽なストーリーもさることながら、マスコミや識者、文化人から異論や批判はまったく出ず、絶賛一色という知的現実が実に切ない。(黒田勝弘)

 

      ーーーーー転載ここまでーーーーー

 

日本人のヘイトスピーチがどうのと、言われていますが韓国の人々の
日本や日本人に対するヘイトスピーチやヘイトアクション 、ヘイトクライムは
戦後すぐから始まり70年に及ぶ歴史があり、その中身も日本のそれより
過激です。
なぜそれらは見ぬふり、日本だけを叩くのでしょうね、それも
一応日本人だと思われる人々が?

今まで、日本ヘイト映画に対して出演という形で協力した
在日の方々の劇団やお名前はずっと伏せてきましたが、ここまで
言語を絶する反日映画の協力をなさるなら、相応の覚悟をなさっての
ことでしょう。

事実と銘打った捏造慰安婦映画、「鬼郷」予告編。

https://www.youtube.com/watch?v=Bpt5JBjBQJA

映像でものを作る者として「最低」だと言わせていただきます。
作品を、憎悪プロパガンダの道具として使うなど、恥というものを
知りなさい。

それでも、物の作り手か。魂を何に売り渡したのか。

日本人の名誉を毀損する、ヘイトスピーチの満ちた映画への協力劇団は、

下記「なでしこりん」というブログで告発されていますが、

http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12135901732.html

「タルオルム」という大阪の在日劇団で、代表が金民樹 (キム・ミンス)氏
(女性)、朝鮮学校在学中のキム・ミンス氏の娘さんが
ヒロインを演じているので、韓国映画の体裁は取っていますが、
日本在住韓国人からの寄付も多く、
永住権を得て日本に住み着いている韓国の人たちの日本人への
悪意と憎悪は、覆いようもなく、私達日本人は直視すべきでしょう。
キム団長は慰安所を管理する日本人女性「ノリコ」を演じています。
こういう、むき出しの悪意を前に「日韓友好祭り」など、何をゆるんだことを
外務省はやっているのでしょうか。

調べたら北朝鮮系の在日の方たちも相当政策に協力
なさっているようです。南北一触即発の状態の時に、こと
日本侮辱の行為を日本でやる時には南北、手を結んでいます。

               真実なら我慢もします。
 

しかし、嘘です。大嘘。嘘で日本人を侮辱することを日本人は
許すべきではありません。
ヘイトスピーチなど生ぬるい、これは日本という国家と
日本人に唾吐きかける行為です。

こういう嘘映画の上映を許す韓国は、外相談話の破壊者であり、
国際レベルの約束違反者です。
また日本政府も、こんな残虐な嘘を韓国内は愚か、世界中に
ばらまかれることを全力で抗議、阻止すべきです。
何なら経済制裁に踏み切ってもいいくらいの日本と日本人毀損です。
韓国にとって日本からの制裁、たとえば精密部品やレアガスの輸出停止などは国家の屋台骨を揺るがすほどの痛手ですが、日本は無傷とは行きませんが、
国が傾くほどのことはありません。
仮に国交断絶となってさえ、立ち直れないほどの深傷(ふかで)は負いません。
韓国では逆のことを主張しています。試しに3年間やってみようぜ、
国交断絶を、と。やればいいのです。どちらの国がへしゃげるか。

この筆舌に尽くせぬ日本毀損映画が、世界に蔓延する前に、
私ごとき弱小言論人ではなく、もっと大きな人に飛び火せぬかと願いつつ。
これぞと思う心当たりの方々に告発、知らしめていただきたいのです。

この映画で日本人が立ち上がらねば、この先永遠に日本人は濡れ衣を
着せられ侮辱し続けられます。私達が残す負の遺産のツケを払わされるのは、子供たちです。

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

日本を殴りつけながら、日本で就職したいと言ってくる不思議国

2016-03-03 | 歴史・政治

以下の、心理的脈絡を解る人がいるでしょうか?
解る日本人は?
韓国の方々なら、矛盾は感じないのでしょうか?

 

▼【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は1日、日本の植民地支配に抵抗して1919年に起きた独立運動を記念する「3・1節」式典のあいさつで、旧日本軍の慰安婦問題をめぐる昨年末の韓日合意に関し「日本政府も歴史の過ちを忘れず、今回の合意の趣旨と精神をそっくり実践に移し未来の世代が教訓として記憶するよう努力しなければならない」と述べた。http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/01/2016030100946.html

 

▼日韓合意から2か月、早くも新たな慰安婦像設置の動き

TBS系(JNN 31()1914分配信

「日本が嫌がる平和の少女像を、必ずや釜山に我々の力で建てましょう」(市民団体側)

「(慰安婦像は)設置すべきです。外交問題になるのは日本のせいですよ」(釜山市民)

▼捏造慰安婦映画「鬼郷」の製作上映

韓国映画だと思っていたら、大阪の在日劇団が主体的に関わっての
製作だそうで、理解に苦しみます。
世話になっている国に対して、なぜこうも泥を投げつけて
やまぬのでしょうか。

真実ならともかく、強制の慰安婦など存在しません。
映画の内容を見て愕然としたのですが、少女たちを焼き殺すなど、
あり得ません。

日韓双方の調査で、強制の痕跡皆無。噂の出処、済州島でも
調査がなされましたが、島の人々は一笑に付して調査は
終わり。これは現地の新聞にも、あっけにとられた記事が
載り、現在も資料として残っています。

米国の公文書館にも、米軍による聞き取り調査の結果が残っていて、
慰安婦たちは、おおむねゆとりのある暮らしを約束されていたことが
記されています。暴力性など皆無。

▼【慰安婦合意】「歴史の魂が燃え上がる」〜6メートルの巨大少女像前でパフォーマンス、慰安婦問題解決促す文化行事

http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1454542495/ 

▼【慰安婦問題】この「小さな少女像」の友人になって下さい…高さ10〜30センチのミニチュア少女像をいつもあなたのそばに

http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1454587902/ 

・・・・・・と他にもありますが、日本毀損のあれこれを見るにつけ、
日本で就職したいとか、五輪は日本と協力とか言ってくる
神経が、ほとほと分かりません。

 ↓

韓国の若者よ、日本で就職しよう!」 韓国協会が支援方針 すでに説明会開催

http://www.sankei.com/world/news/160229/wor1602290021-n1.html

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

放送法を、事実のまま語って叩かれている高市総務相の理不尽

2016-03-01 | 歴史・政治

昔、テレビ朝日の「プレステージ」という番組に出演した時の司会が、
飯星景子さん、高市早苗さん、蓮舫さん、というその後を思えば
濃い面白いメンバーでした。

高市さん、私を覚えていらっしゃるだろうか?

高市さんと蓮舫さんは、自民と民主とはっきり対立党に分かれ、
飯星さんは、なんでだかああいうことと関わって、女性3人の
その後が興味深いことです。今一番スポットを浴びているのが
高市さんですね。
「プレステージ」の頃は、飯星さんがスターでした。
その後「二番じゃいけないんですか」の頃が、蓮舫さんの時代。
本当に、はたから拝見していて有為転変の味わい深さ。

高市さんは、政治的立ち位置が私とほぼ重なりますが(核以外は)
生放送のスタジオでご一緒した頃は、私は政治には全く
無関心な頃、高市さんは今のお立場になるくらいだから、
思索もその頃からしっかりされていたのでしょう。

その高市さんですが、放送法と電波法について、事実に即して
単に述べられたことが、理不尽にバッシングされていることは
すでに書きましたが、キャスターの人たちまでもが横断幕を
麗々しく掲げての抗議活動するに至っては、もう一度
はっきり言わせていただかねばなりません。

高市さんは、単に放送法と電波法の内容、それに違背した場合の
罰則。条文化されているものを、単に披瀝したに過ぎません。

放送法
(業務の停止)
第174条 総務大臣は、放送事業者(特定地上基幹放送事業者を除く。)がこの法律又はこの法律に基づく命令若しくは処分に違反したときは、3月以内の期間を定めて、放送の業務の停止を命ずることができる。

 

高市さんは放送の公平性について記された内容と、上記をそのまま
事実として述べただけです。それを、無理やり「恫喝」めく文脈に脚色して
叩いている人たちがいます。

恫喝なら、この方たちでしょうに?(先稿では個人名は遠慮して書かなかったのですが、余りに事態が酷くなりつつあるので)

恫喝と呼ぶに値するものは複数、民主党野与党時代にありますが
代表的なのを2例だけ上げておきます。

野田佳彦政権下の松本龍復興担当相。平成23年7月3日、宮城県庁を訪れた際、村井嘉浩知事が自分より先に部屋に入り待っていなかったと激怒。

当時宮城は震災の後始末でてんやわんやの時期であり、知事も陣頭指揮に
走り回っていた頃のことです。

「お客さんが来るときは自分が入ってから呼べ」と命令形で威嚇。

そして、その場にいたテレビや新聞の取材記者に対して、

「今の部分はオフレコな。書いた社はこれで終わりだから」

以下は、ヤクザも顔負けの脅し。

「電波を止めてしまうぞ!政府は電波を止めることができるんだぞ。電波が止まったら、お前らリストラどころか、給料をもらえず全員クビになるんだ」

平成24年(2012年)2月23日、民主党の輿石東幹事長(当時)の言葉です。

繰り返しますが、高市さんは単に放送法と電波法の内容と、それに
違背した時の罰則について、そのまま述べただけであり、松本龍当時復興担当相や、輿石東元幹事長のような恫喝めく言葉はいっさい発していません。

ところが、こわいことにきちんと検証しないと、マスコミで流されている
野党の言い分だけ切り取って耳に入れられ続けると、恰も
高市さんに非があるかのような印象を持ちます。
そこに、追い打ちをかけるがごとき有名キャスターの人たちが
団結しての抗議なので、なおさら。

印象操作のレベルに達しています。

では彼らに対抗して、高市擁護の可能性がある
キャスターがいるかというと、
皆無だとは思いませんが、微々たる有様です。
それが今の、日本の放送における言論界勢力です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加