金リベンジ

1年ほど前。

家族で金を取りに行った。

カネじゃなくてキンね。
ゴールドね。

鯛生金山という施設内で砂金取りが出来るのよ。
専用のお皿を使って、砂の中にある1ミリほどの砂金を探し出すってやつ。



難しいだろうけど、それでもちょこちょこ取れるんだろう。

と気軽な気持ちでやってみたら、これが思いのほか難しかった。
それが制限時間30分が近づいても見つからず、終了間際で係の人がお手本を見せてくれ、ようやく2個獲得出来たのだ。

でもそれでよ〜く分かった。

あれだけ大胆に砂を落としてもいいもんなんだな。
やり方さえ分かればもう大丈夫。
いつかまたリベンジしに来てやるぞ!

と思い続けて早一年。

今日、G氏夫妻を連れて再び鯛生金山に行ってきましたよ。



この2人は砂金取りが初めて。
ふっふっふ。
ボクはリベンジな上、もう完全に攻略法が分かっているもんな。
取れずに悩む2人を尻目に、ボクと愚妻でワンサカ取りまくってやりましょう!

と、得意気に砂金を探しだす。

が…

おかしい!
こんなのおかしい!
全く見つからないぞ!

前回教わったようにやっているつもりなのに、どこにも金の姿は見えず。

それどころか、今日はさほど混んでいないせいか係員さんがちょくちょく見回ってくれ、G氏夫妻のほうが先に取っているではないか!

嘘だろ!?

必死になって探す。
前回同様、息子(8歳)が「取れない」と嘆いていても、完全に無視し、砂金に集中する。
それでも見つからない!

どうにか愚妻は2個ほど獲得したものの、ボクはゼロ。
1個も取れず。

なんという不甲斐ない結果であろうか…。
こんなはずじゃなかったのに…。

G夫妻のほうも係員さんが手伝ってくれたので取れたってのもあり、あまり納得がいってない様子。

全員の想いは一つだ。

即リベンジ!

このまま終わらすわけにはいかない。
あまりにも悔し過ぎるよ。

横の食堂でご飯を食べ、期間限定で無料公開していた金の採掘跡を見学した後、再び砂金取りに向かった!

受付のオジさんから「また来たの?」という顔をされながらも、真剣な顔つきで専用の皿を手にする。

今度こそ!
どうにかとれてくれ!
祈るように何度も何度も砂の中を探し…

なんとか4粒発見!

よかった!
リベンジして本当によかった!
あのまま終わってたら、今夜は眠れないとこだったよ。

けど、G氏婦人は10粒以上も取っていたけどね!
「コツが分かった!」
と言いながら、次々と取りまくっていたけどね!

他の人もそこそこ取れていて、ボクが最下位。
息子にすら負けてしまったよ。

あれだけ自信満々で行ったってのに…。

どうにかしてあの専用のお皿を手にいれて、次回に備えて家で特訓をしていたほうが良さそうだな。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« DB お腹 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。