バカボンパパ

「伸びた庭木を切ってくれ」

母・美智子から言われた。

切るのはいいけど暑いな。
もうちょっと涼しくなって、虫も出なくって、トゲトゲの葉っぱとかなくって、切りやすい枝ばかりだったらやってもいいんだけど。
12月くらいがベストね。

でも、そこまでは待っていられないようだ。
もうすぐ親戚が来るので、今すぐ切って欲しいらしい。

誰も庭木の伸び具合なんて気にしないと思うけどさ。

仕方ないので、暑さ対策を万全にして実家へ。
ハシゴに登って切っていく。

ちょっとくらいなら切った事あるけど、こうして本格的に庭木の剪定をするのは初めて。

なかなか難しいものだね。
全体のバランスをすぐに確認出来ないからさ。
ある程度切って、少し遠くから見てバランスを確認して、そしてまたちょこちょこ切っていく。
綺麗に仕上げようと思えば思うほど難しい。

けど少し楽しい。

あんまりやった事ない作業だからだろうな。
でっかいハサミでジョキジョキと切った時の爽快感は、なかなか味わった事のないものだよ。

玄関前の木だけと言われていたのが
「ついでにあっちも」
「ついでにあっちも」
と言われ続け、気付けば予定の5倍くらい切らされたね。

でも達成感はあるな。

改めて見たら、かなり雑だったけどさ。
やっぱりプロは凄いな。
アニメのバカボンではパパが植木屋さんだったけど、ああ見えてかなりの技術の持ち主だったんだな。
素人が見よう見まねでやったって、綺麗に切るのはそう簡単にはいかないものだ。

次はもっと綺麗に仕上げたいね。

それまでにバカボンのアニメを見返して、パパの技術を盗んでおこっと。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« プール初め 魅力のセミナー »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。