吹田ホスピス市民塾の What's new

吹田ホスピス市民塾の活動を紹介していきます

千里山コミセンで講演会を。

2016-10-16 10:44:53 | 事例研究会


昨15日午後(2~3:30)、千里山コミセンで、千里山コミュニティ協議会主催の講演会にお招きを頂きました。

テーマ:「終活・エンディングノート・尊厳死~あなたらしい最後の迎え方」

な75名の方がお見えいただきました。

予定していたレジメの配布ができなかったり、スクリーンに映るスライドの上下が切れるなどのトラブルがあって、十分なお伝えができにくかったかと反省しています。

アンケートは65人の方がお書きいただきましたが、拝見する限りは「良かった」40名、「良くなかった」3名。評価欄にお書きいただかなかった22名の方は「良くなかった」?

それにしても、地域の皆さまは温かいです。感激しながらお話をさせていただきました。

講演終了後、何人もの方が私の席にお運びいただいて一緒にお話をさせていただいことも嬉しかったです。

評価いただいたご意見は別として、ご指摘を頂いた中には「自分が気が付かない」「お伝えしたはずなのに」ご意見も幾つもいただきました。とてもありがたいご指摘で、勉強になりました。

○「エンディングノート」へのご関心が結構ありました。事前に事務局から知らされていたので、通常よりも念入りにお話をし、サンプル本も数冊持参して展示、私の考え方をハッキリ申し上げたつもりでしたが…。

○「講師の考え方が聞けなかった」:お話ししたことの大半が私の考え方でしたが…。

ということで、すべての方にご理解いただくことは難しいとしても、更に「伝え方」の勉強が必要だと感じました。

それにしても数年前に、幾つかの公民館に持ち込んでお話させていただいたときは、お見えいただいた方が数名・・・といった頃との大きな差・・・時代を感じた次第でした。 

お招きいただいた皆さま、お越しいただいた皆さま、本当に有難うございました。
                                                 (KO)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「第2回吹田市地域医療推進... | トップ | 10月20日いよいよです »
最近の画像もっと見る

あわせて読む