gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ペイン様の悩み多き日々 第33話

2016-10-16 15:17:21 | 日記



久納は、合宿所から戻ると、散らかった部屋を片付けた。
そして家でじっとするのをやめた。少しでもボキャブラリーを増やそうと、地元の図書館へ出向いた。初心に帰ったつもりで、アマ時代にお世話になったスタジオに出かけ、ベースの練習にもこれまで以上に力を注いだ。コンビニ弁当をやめて、下手くそながらも、自炊も始めた。

サチを通じてMJに連絡をとろうとしたが、サチは産休中のためとれなかった。

フェ ラーリではないが、念願の愛車も手に入れ、ドライブが趣味になってきた頃、突然悲劇がおきた。

2000年5月18日

走行中、目の前に一人の若者が横切り、久納は車でぶつけてしまった。
横断歩道も何もない所での事故だった。
とにかく、被害者の安否を確かめる必要があった。

「大丈夫ですかっ!!?」
車を慌て降りて駆け寄った。
「う…うぅ」
と小さく呻いている。青年に意識はあるようだ。
「いま救急車よぶね!」
「ダメ!…大丈夫…。歩けます」
「ええ!?なにいってんの?動かない方がいいよ!」
「大丈夫…あなたの車で、病院に…連れてって下さい」
「ええっ!?そ、それはいいけどさ…。本当に大丈夫?」
「…はい…」
久納は青年の体をゆっくりと起こし、自分の車へと運んだ。
後部座席に乗せようとすると
「助手席で…」
と指示された。なんだ?この子。こんなときに意志表示できるほど、意外としっかりしてるじゃないかと、内心思った。
「ちょっと待ってよ~…。今、地図で病院調べるから」
「いえ!」
「え?」
「ここ、まっすぐ行って、左にスーパーが見えたら左折して、そしたら病院見えてきます」
「え!そうなの?わかった。じゃあ行くよ」
やけに冷静なケガ人に、動揺する久納。

喋り方も、車に乗り込んだ途端に、しっかりし始めた。恐ろしい事故にならなくて、本当によかった…と、チラッと助手席を見ると、久納が積んでいたポテチを、青年は勝手に開けて、ボリボリ食べているではないか。
「ああ!ちょっと!!」
「はい?」
「キミ…手は大丈夫なの!?」
「ああ」
そういって青年は、外れていた肩をガキンと、自分で、はめ込んだ。
「うわ-----!!!」
久納は驚きのあまり、急ハンドルをきってしまったが、なんとか持ち直した。
「なにしてんスか!?」
青年の方がツッコんできた。
「こっちの台詞だよ!!肩…なに?ええ!?」
「ああ。俺、肩自由に外せるんすよ。ホラ」
また外そうとするので
「ヤダヤダヤダヤダ!もういいよ!!わかったよぉ」
と言って、やめてもらった。
「キミ、どうかしてるよ!」
青年は
「へへへ」
と笑うばかり。
「かなりおかしい」
「サイッコーの褒め言葉っすね。ペイン様に褒められるとは」
「キミ…オレのこと知ってるの?」
「やだなぁ、前にも会ってるのに」
「会ってる?」
「ほら、俺をギターとして入れてくれって言ってんのに無視したでしょ」
「ああっ!!あのときの!!」
車は病院に到着した。

「毎日、張ってたのに現れないと思ったら、免許取りに行ってたんすね。路チューはするのに、車持ってなかったって、マジウケるー!!!」
「ちょっと!!それはいいでしょ、とりあえず今は!!」
「このところ出掛けっぱなしで、いつもいないし」
「あー。そういえば、なんかいつも手書きのメモがポストに入ってて、気持ち悪いと思ってたけど、もしかしてあれ、キミだったの?」
「気持ち悪いって、ひどいなぁ。心こめて書いてるのに」
「いや、このところ嫌がらせばっかりだから、てっきりその類かと…」
「じゃあ、ポストに入れたCDは?聴いてくれました?」
「毎日、すごい量の嫌がらせがきたから、中も見ないで、まとめて捨ててるけど。ファンは事務所に送ってくるし」
「えー!!なんてことを!!」
「とりあえずさ、話は後にして、体診てもらおうよ。降りて」
「もういいっすよ」
「はぁ!?」
「どっこもケガなんてしてないっす」
「でも!ぶつけただろ!?」
「あんなゆるいスピードでケガするヤツが、どこにいるんすか?」
「え…それはまぁ…言われてみれば、そうかな…」
「もー!俺は、ペインと接触するきっかけが欲しかったの!」
「え?」
「野暮なこといわせんなよな。
…ふぅ…。
でも、これでもう、あんたは俺を無視できない。俺のギター、今度こそきいてもらうから」
青年はキツネのように目を細くしてニッコリ笑った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペイン様の悩み多き日々 第32話 | トップ | ペイン様の悩み多き日々 第34話 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。