ガチ坊の おもひで日誌

ノスタルジー、メモリー、レトロ。ほぼ、3分間で読むほっこりタイム。

ムスタング・レッド

2017-07-11 08:00:00 | 映画


日本で公開もされていないのですが、ジョージ・ルーカスさんが製作総指揮した「レッドテイルズ」という
欧州戦線で活躍した実在した黒人のみの戦闘機部隊レッドテイルズという2012年にアメリカで公開された戦記物の映画があったようです。

この映画、実は1988年ころにルーカスさんが企画立案したものの黒人のヒーロー物ということでお金が集まらず、紆余曲折あってようやく2009年に制作が始まったといういわくつきのもの。

お話の方は実在した戦闘機部隊の名前借りただけで、ルーカスさんらしい荒唐無稽のスター・ウォーズの戦闘機ものといった内容です。トレイラーを見ても後ろにメッサーシュミットに付かれて銃撃されているのに、45度に上方回転してすぐに上から銃撃するなど、ちょっと空力も慣性も無視したアクションさせています。


ま、アクション・エンタものということで、アメリカマンセーの人にはかなり楽しめそうです。で、なぜレッド・テイルズかといいますとムスタングの尾翼から胴体中ほどにかけて赤く塗られていて、それが名前の由来だそうです。いわばム「スタングレッド」ですかね。

こんな名前見ると思い出されるのが、秋田書店発行の冒険王掲載・貝塚ひろし先生の「ゼロ戦レッド」ですかね。あちらも子供心に毎回楽しみでした。

そういえば太平洋戦争末期には日本と戦った米空軍にもムスタングが投入されて、日本本土にもたくさん来たようですね。この戦闘機は太平洋戦争初期に活躍したゼロ戦のはるか上いく性能だったので、末期にはゼロ戦の相手にはならなかったようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シュル・エモンネタ | トップ | エンドマークはいつ来るのかな? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。