感動漫画と恋愛コミックネタバレブログ

泣ける感動漫画・恋愛コミック・いい話のネタバレまとめ。

エログロ漫画「食糧人類」ネタバレと感想 蔵石ユウ・イナベカズ

2016-10-15 21:03:03 | 「食糧人類」ネタバレ

蔵石ユウ・イナベカズ漫画「食糧人類」を読みました。

普通の高校生の男の子・伊江が、友達のカズと共にバスでいきなりさらわれてしまい、冷凍人間工場で目覚めます。

フル防護服を着た作業員がそこで、チェーンソーで人間をちゅいーん、と真っ二つにしているオソロシイ現場。


>>試し読みはこちら

 

 本当は眠らされたまま冷凍と解体の運命でしたが、伊江はカズが先に入っていた飼育室へ送られてしまいます。カズはなんと、変な液体を飲んでしまい、ブクブクに太って頭もへろーんとおかしくなってしまっていました。

伊江がのどが渇いて飲もうとすると、ナツネという男の子が止めます。あれを飲んだらおしまいだ・・・と。

一度それを飲んでしまうとカズのようになってしまう、というのです。そして太らされた人間たちが、さっきの冷凍人間解体工場に送られるようでした。


スポンサーリンク

 

 

 山引というちょっとイカれた系な男の子も出てきて逃げ出そうとしますが、伊江がカズも連れていく!と言い張り足を引っ張ります。

う〜ん、なんか主人公なのに鈍くさいし、「サバイバルなんだぞ、わかってんのかオメー!」という空気なのに空気読めないしで、あまり主人公っぽくない弱い男の子です。

でも、友達を見捨てられない、というところは好感が持てるかも。

カズはだいぶおかしくなっていましたが、ギリギリ意思疎通できるレベルで止まっていたのでなりゆきで一緒に逃げ出します。

逃げた先にはやたらとでかいお化け幼虫や、化物カマキリが出てきて襲われそうになりますが、これもクリア。

「暴れると死ぬ」というのがこの漫画の世界の定番のようです。

 

まだまだ謎だらけですが、今出てる話から予想すると、昆虫生物を養う必要性があって、その餌となる人間をさらってきたり、養殖したりしている、という流れ。

昆虫生物は言葉をしゃべれるので、あれかな、「生贄を捧げるから、ほかの人には手を出さないで」という昔からある人柱的なもので取引をしているのかもしれません。

この漫画はだいぶ試し読みができるので、つづきは以下からどうぞ!


>>試し読みはこちら

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

『マンガ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 溺れる花火の結末とネタバレ... | トップ | 僕を殺さないで!ネタバレ~... »

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています