大阪・使命!の招き猫

上昇・常勝への道のりを探る。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

海外市況

2009年05月01日 | 世界のニュース

おはようございます。今朝は、海外市況の話。

 では、本日の海外市況です。

 

 海外主要銘柄の中心限月の相場表(限月、終値、前営業日比)                     

NY金    2009/ 6   891.2  -  9.3  アルミ3カ月物        1,494.0  + 36.5 
NY銀    2009/ 7 1,232.5  - 45.0  銅3カ月物          4,431.0  + 61.0 
NYプラ   2009/ 7 1,106.6  -  0.2  ニッケル3カ月物        11,680  +  375 
NYパラ   2009/ 6  218.20  - 4.80  NY原油       2009/ 6   51.12  + 0.15 

シカゴ大豆  2009/ 7 1055.00  +30.00  NYコーヒー   2009/ 7  115.90  - 0.60 
シカゴコーン 2009/ 7  403.50  + 2.25  NY粗糖     2009/ 7   14.36  + 0.28 

ドル・円            98.61  + 1.06  日経平均       2009/ 6   8,895  +   80 
----------------------------------Y【為替=ドル・円は続伸、米指標改善や株高などで】                    
 ドル・円は続伸。米経済指標の改善や株高、月末に絡む調整の動きなどから、ドル・円は中盤に、22日以来となる98.89円まで上昇した。 

                      
 ダウ工業株30種平均の終値は、前日比17.61ドル安の8168.12ドルと反落。10年物米国債の利回りは、前日比0.02%上昇の3.12%。 

 

30日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、前日比17・61ドル反落し、8168・12ドルで取引を終えた。

    
 月間ベースでは2カ月連続のプラスとなった。 

                                  
  ハイテク株主体のナスダック総合指数は5・36ポイント高の1717・30(暫定値)。小幅続伸ながらナスダック指数は、ほぼ6カ月ぶりの高値となった。     
 

                                                                         
  朝方発表となった米国の雇用関連の経済指標が改善したため、米景気の底打ち 
 期待が高まり朝方は買いが先行。一時、8300ドル台を回復した。              
  しかし米自動車大手クライスラーの連邦破産法申請の発表で、失業の増加など   
 米経済に対するマイナスの影響が意識され、午後に入ると売りが優勢となった。    

 

            

【NY貴金属=総じて急反落、世界の株価上昇が圧迫】                          
 金は急反落。対ユーロのドル安をはやしてプラスに浮上したが、米景気の回復期待で世界の株価が上昇したため、安全資産の手じまい売りで7日ぶりの安値に値を消した。


 銀は急反落。ドル安や金の反発で前日の高値に接近したが、世界の株価上昇やドル反発、金の反落や原油安がテクニカル売りを誘い、6営業日ぶりの安値に押し込まれた。

 プラチナ7月限は軟調。ドル安や金の上昇で前日の高値を突破したが、金の急反落で値を消した。プラスに切り返したが、クライスラーの経営破綻でマイナスに転落した。


 パラジウムは急反落。前日の高値が抜けずに押されたあと、プラチナの急落で前日の安値を割った。下げ渋って回復したが、クライスラーの経営破綻で値を消した。

 

    

【NY原油=期近は続伸、ガソリン在庫減少や株高で】                           
 原油は、期近が続伸。夜間取引では、ガソリン在庫減少や株高を背景に、期近は13日以来の水準へ上昇したが、ドル相場の切り返しや月末絡みの動きなどに押されると、高値調整場面へと転じた。

                                         
 石油製品は、ヒーティングオイル期近が反落、改質ガソリン期近は続伸。納会に絡んだ動きとなるなか、ヒーティングオイル期近は原油相場に追随するなど軟調に推移。改質ガソリン期近は、在庫減少などを背景に、一時、20日以来の高値を付けた。 

 

    

【シカゴ穀物=大豆、コーンともにまちまち】                            
 大豆はまちまち。7月限は大幅続伸。前日の急伸に対する利食い売りが先行したが、アルゼンチンの生産高の下方修正、米景気回復期待による世界の株価上昇、ドル安・原油高、高水準の輸出成約高で2週間ぶりの高値に急伸した。

                       
 コーンはまちまち。7月限は続伸。戻り売りで4ドルを割り込んだが、大豆急伸や強
気の外部市場、作付遅れ懸念、高水準の輸出成約で14日の高値に並んだ。利食いでマイナスに転落したが、大豆の上値追いをはやしプラスに浮上した。  

               

【コーヒーは軒並み下落】                             
 アラビカ・コーヒーは軒並み下落。7月限は、ドル買い戻しの動きや月末に絡む調整などから、一時、22日以来の安値圏へと下落したが、引けにかけては一転してショートカバーなどに支えられ、下げ幅を縮小した。                                   
 

 

 

 どうぞ今日も良い一日を

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市況概況(海外) | トップ | 市況概況 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。