招き猫の日記

HP「招き猫の巣窟」の管理人、招き猫の日記です。
製作しているプラモなどの途中経過も書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3月13日(火) らっきーすたー

2012-03-13 21:43:45 | Weblog

気を抜くと眠くなるかダウナーになりそうです。

招き猫です。

 

 

画像のものは行きつけの中古ショップにて840円で購入したもの。

1/6fガレージキット 柊かがみ

サークル「猫の小判」さんのものです。

まぁ、格安掘り出し物だったのと、「猫の小判」という名前に、招き猫が親近感を抱いたのが理由です。

先週の木曜に手に入れ、今日、完成予定だったのですが……

髪パーツがひとつ塗装し忘れ、接続もしっかりできずに隙間ができてしまったり、塗装面を接着剤で汚してしまったり。

なので、髪だけ修正して塗装し直す予定です。

画像は仮組み状態となっています。

ちなみにディスプレイ用ベースは自前なのですが、そちらは木製で値段600円。

本体の3/4・・・・・・まぁ、本体が格安だったからですけれど、なんか釈然としなかったり。

 

 

四獣王&ワグテイル

撮影完了していますので、編集後アップになります。

でも最近、上記のかがみと、ゲームのテイルズ・オブ・エクリシアにかかりっきりだったからなぁ・・・・・・

 

AGEー1&AGEー2

完成しています。

撮影はデジカメのバッテリーとの戦いになります。

いえ、買い換えればいいのでしょうけれど、今月は念願の超合金YF-29デュランダルを購入してしまったので、金欠です。

いくら相場よりもかなり安かったとはいえ、諭吉さん2枚以上を生贄に召喚しましたから・・・・・・

でも、カッコ良くて、デキが良いので後悔はしていない!

現在はPC本体の上で、以前購入した超合金アーマードVF-25アルト機と一緒に敬礼しています。

 

 

ガンダムAGE

なんか、もう、予想や期待の斜め下を行きまくりでゲンナリ。

一応、BD豪華版は購入しましたが、2巻はどうしようかと思い始めています。

設定面は目をつむるとしても、描写不足の極みなのはどうにかならないのかと・・・・・・

まさか、アセム、ゼハート、ロマリーが仲良くしているのがEDの絵だけだとは・・・・・・

そこは丁寧にやるべきところだろっ!! と思わず突っ込んでました。

小説版も読みましたが、微妙なシーンが改変・カットされ他の描写が増やされていたので、そちらは期待大。

3世代、100年戦争を1タイトルで、というのは、やっぱり無理だったんよ・・・・・・

 

仕事が忙しくなりデスマーチと化す前に、AGEー1&AGEー2もアップできるといいなぁ。

いや、できるようがんばります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月4日(土) 次回予告

2012-02-04 19:06:24 | Weblog

溜まって山になっている未組み立てプラモ。

ちまちまと作業はしていたがために溜まる未撮影作品。

エクストリームvsで偏ったプレイのため行き詰る招き猫。

そしてようやく撮影を開始した招き猫に思いもよらぬアラートが鳴り響く。

次回「充電延期」

ヘタレな招き猫は撮影完了することが出来るのか。

 

……まぁ、要約するとデジカメのバッテリーが切れて中断。撮影の腰を折られるというわけです。

招き猫です。

 

正月の挨拶もなしに、ズルズルとここまで時間が経ってしまいました。

年末仕事が忙しく気が抜けてしまった上、プラモ製作部屋としていた部屋を妹が滞在するために大掃除していまったとかが理由です。

上記のようにちまちまやっていたので、完成しているものもそれなりにあります。

ということで本当の予告。

第1弾はガンダム、シャアザク、ベアッガイの「セブンイレブン仕様プラモ」

第2弾はZ外伝の「ワグテイル」と、残りの四獣王「龍頑駄無」「犀頑駄無」「隼頑駄無」

まだ作っていないのであくまで予定ですが、

第3弾はHG「ガンダムAGE-1ノーマル&フルカラーメッキバージョン」「ガンダムAGE-2ノーマル」ガンプラの「電動式4色射出成形機」

となっています。

AGE-2以外は完成しているので、いかに招き猫が撮影をサボっていたか……

まぁ、バッテリーが充電で着次第、撮影しますので、それなりに期待して待っていてください。

 

ガンダムエクストリームVS

基本、射撃のみのヘビーアームズ。

単機や僚機をあてにしない時はウイングゼロカスタム。

火力でゴリ押し、フルアーマーZZ。

といった使い分けで、防御も格闘もせずに、回避力と射撃のみで戦っています。

そんな偏ったプレイスタイルなので、トライアルミッションの「VSガンダム」の2つのミッションがクリアできません。

まぁ、VS1の方は良いとこまでいっても、あせりと苦手なレンジに入り込まれてクリアできませんね。

……格闘をしないのが最大の問題なのでしょうけれど。

ただ、アーマード・コアや他のガンダムゲーム、連合vsザフト等の頃から常に射撃中心。防御無し(できない)で回避しながらの火力攻め。

そんなプレイスタイルが完全に身についてしまっているものでして。

というか、招き猫は格闘ゲームは昔から苦手です。

うーむ、格闘練習したほうがいいのかなぁ。でも連ザよりも格闘が当たり難くなっている気がする……

トライアル全クリしたらオンライン対戦やってみようかと思っていましたが、まだまだ先になりそうです。

 

ガンダムAGE

やりたいこと描きたいことは分かるけれども、描写不足、説明不足。

それがフリット編を観終えた印象です。

Gエグゼス開発にしても、いきなり登場ではなく、すでに開発中で行き詰っていたのがウルフのガンダムの情報に刺激を受けて完成とか。

ディーヴァ改造もマッドーナが即登場でなく、「ちょうど仕事で近くに来ていた」という台詞を言わせていれば。

ユリンの養父もヴェイガンらがユリンを連れ去りに来た時、身を挺してかばうとか、元々内通していてそのつもりで引き取っていたとか。

戦力補強でジェノアスをはじめ、エルメダ、ゼノ、ジラとかにもドッズライフルとビームサーベルをAGEビルダーが量産しているシーンがあれば。

エミリーの気持ちだけでなく、フリットのエミリーへの気持ちをもっと描き、決戦後エミリーがフリットを慰めていれば……

細かいところや設定は抜きにしても、上記のようなことばかり感じてしまいます。

アニメなんだから作られたストーリーに沿っているといえばそれまでですが、どうにもキャラクター達が自身の意思ではなく、定められた計画表どおりに動いているという感じが否めません。

もっと簡単に言ってしまえば、メインのキャラクター達が「生きていない」ということです。

そしてもうひとつ。

伝説のMSガンダムを作っても、Xラウンダーに覚醒しても、大事な人一人助けられなかった。何が救世主だ。

それがフリット編の最後のフリットの描写ですが、そこでフリット編が終わりというのが納得いかないのです。

いや、次のアセム編が控えている以上、そこで終わるのがベストなのはわかりますが、「フリットの物語」としたら起承転結の「転」、そこから再び新たに始まるという所だと思うのです。

救世主のガンダムを手にしても、強力な力を手にしても、少年は守りたい者を守れなかった。自分の限界を感じ、ただのパイロットの限界を知った。そこからフリットという人間の新たな戦いが始まる。そういうターニングポイントだと思うのです。

そこで一回切り離して、フリットの成長をまるっとすっとばし息子のアセム編へと入ってしまうものですから、違和感がさらに増してしまうのです。

 

すべて3世代100年にわたる戦いの弊害だと今のところは思っていますが、今後どうなっていくか。

アセム編はOP等を見る限り、アセム、ロマリー、ゼハートの敵味方に分かれての葛藤や、友情ないし三角関係がメインに成りそうだと思いますが、フリット編の描写不足を省みるに、そのベタながら難しいテーマをきっちり扱えるかどうか、期待と不安が交じり合っています。

はたしてアセム編はどうなるのか。

 

仕事が忙しくなる前にいろいろやっとけよー、と自分自身に言い聞かせる招き猫でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月13日(火) 招き猫は毛布で丸くなる

2011-12-13 19:51:23 | Weblog

招き猫はヒト科ですが猫の一種なのか寒いのが苦手です。

かといって暑いのも苦手です。

そんな招き猫です。

 

どうも寒くなって招き猫の活動性が大幅ダウンしてしまい困っています。

予告どおり蒼星石のリペイントはしましたが、撮影に手を出さず。

今日「このままではダメだー」と撮影始めたら、デジカメのバッテリー切れ。

バッテリーはもう大分参ってますし、なかなか充電してくれませんし、かといってバッテリーを買い換えようと電気屋で相談したら、「取寄せですが関東圏では茨城にあるかないか」とか前言われてますし、もう買い換えようかなぁ……

ちなみに蒼星石のリペイントは、手持ちの翠星石と合うように髪と鋏を行ないました。

ならべるとイイ感じです。

 

で、この間、誕生日だったわけですが、これでるろうに剣心の剣心より年上に。

あぁ、いつの間にやら……

誕生日プラモは積みが多いので無し。

代わりに念願の超合金YF-29を手に入れるぞーと、息巻いたものの、プレ値の前に会えなく轟沈。

だって、新品PS3の値段それ以上とか、どんだけ……

 

プレイゲーム

まぁ、これがUPの遅れる要因のひとつなのですが……

PSPのGジェネワールドはパイロットは完全趣味。機体はできるだけ趣味で強力なのを使い、パイロットの強さをカバーしてプレイ。

でも今はガンダムエクストリームVS

イトコがやっていると聞いて、元々興味もあったのでプレイ。

とりあえず、射撃プレイヤーな招き猫はいろいろ射撃メインの機体を試して、ヘビーアームズに落ち着きました。

その後、格闘以外をフル改造したので、次はウイングゼロを育てています。

それにしても、アレルヤは武器扱いとか、ハブられる五飛とか、一部扱いの悪いキャラや機体がありますね。

ちなみについさっきまでミッション「エンジンカット」で特攻してくるヅダにやられまくってコントローラー投げました。

まぁ、攻略法を知れば楽勝ですが、核ミサイルや特攻兵器のガガより恐ろしいヅダって……

 

バッテッリーが問題なく充電したら撮影しますので、もうちょっと待っててください。

あ、でも、明日はイルミ当番で夜9時までだし、次の日は送別会があるし……

その次の日当たりで。招き猫の行動力がデッドゾーンに行かないように……

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月4日(金) ガンプラEXPO

2011-11-04 21:51:33 | Weblog

休みなので行って来ました。

招き猫です。

 

初日なだけあってたくさん人いました。

ガンプラ販売の方は整理券配っての行列で、整理券入手後から1時間くらい並んでようやく買えました。

画像はその購入物。

HGガンダムAGEフルカラーメッキバージョンと、バンダイホビーセンターオリジナル 1/60電動式4色射出成形機です。

他のお客さんが買うのを見ていましたが、結構メガサイズフルカラーメッキガンダムとか、数多く買っていく人がいました。

 

会場自体は入場無料。

入ってすぐは代表的なガンプラや、技術的ターニングポイント的なガンプラが飾られています。

コーナーとしては、

新作のガンダムAGE

12月にDVD発売のガンダムユニコーン

RG&リニューアルHG発売のガンダムSEED

そして25周年記念のBB戦士

といった感じですね。

他にも各所に新作、開発中ガンプラの展示や情報もあり、入場無料ですがだいぶ楽しめました。

 

最後にガンプラビルダーズワールドカップ2011のエントリー作品が展示してあります。

入場者が見て投票することができ、その中から日本代表が選ばれるそうです。

招き猫は、15歳以上のオープンコースは「ジオンの海獣」、14歳以下のジュニアコースでは「ゾック」を選びました。

ジュニアの方はMGのでていないゾックをシンプルですが綺麗に仕上げてあったので、すぐにそれに決まりましたが、オープンはだいぶ迷いました。

「陸戦型THEーO」も良かったですし、シナンジュをガンダム化して翼の騎士風に仕上げた「願い」、4枚のバインダーのグラデーションが綺麗だった「KSHATRIYA」も招き猫のつぼに入りました。それでも「ジオンの海獣」を選んだのは作りこまれたジオラマで迫力のあった、水中用MSにインパクトを覚えたからでしょう。

余談ですが、作品の中にサイズオーバーなためにすでに選考外となっていたものが。

メガサイズのシャア専用ザクを使いルウム戦役の戦艦撃沈シーンを再現した作品でしたが……

なにぶん、メガサイズを使用した上、ベースとなっているマゼランはそれよりも大きく、確かにサイズオーバーでした。

迫力満点の作品でしたが……もったいない気がします。

 

ガンプラEXPOはこの土日まで、秋葉原のUDXで開催していますので、時間のある方はぜひ行ってみるといいでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月27日(木) ロボット物×2

2011-10-27 21:11:53 | Weblog

寝ても眠いんです。

招き猫です。

 

今日不意打ち気味に届いたのが、画像の物。

SDX 聖機兵ガンレックス

結構な金額だけあって大ボリューム。

SDXのナイトガンダムがかすんで見えます。

大きさ以外はいたってシンプルなSDXですが、封印状態の再現や、鳴動の武具まで作りこまれているのには驚きます。

さすがに鳴動の鎧は額のモールドで別パーツではありませんが、鳴動の剣・盾はちゃんとパーツになっており、封印状態~覚醒までの流れを再現できるようになっています。

一応、次回のSDX灼熱騎士ガンダムF91を収納できる構造にもなっていますね。

もちろん、SDX灼熱騎士ガンダムF91も予約済みです。

それにしても、SDXは完全に魂Web限定になってしまったなぁ。

おかげで気づくのが遅れて、剣士ゼータは入手できていませんし。

まぁ、出るだけありがたいのですけれども。

 

復興版・ゴウザウラー

かつて探しても見つからず、今日立ち寄った中古店で発見しました。

行きつけの中古店のひとつに他の、マグナザウラーとグランザウラーはあってゴウザウラーがなかったのです。

キングゴウザウラーを再現したい招き猫としては、核となるゴウザウラーはぜひとも手に入れたいものでした。

明日は休みなので、その店にマグナザウラーとグランザウラーを探しに行ってみようと思います。

ただし、移転をしたのでその前のゴタゴタで今もあるかなぁ、と心配ではあります。

それにしても、復刻してくれたのはいいのですが、メッキは通常パーツへとなり、だいぶバリがそのままだったり、シールのカットがずれていたり、細かいところが荒いですね……

 

DX長合金VF-25アルト機がリニューアル版発売&専用スーパーパーツ、アーマードパーツ発売決定という・・・…

くそぅ、初期版VF-25アルト機とアーマードパーツのセットを中古で購入したというのに……

それよりもYF-29を再販してほしいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月14日(金) リバース招き猫

2011-10-14 20:25:35 | 途中経過

俺の体はボロボロだ!

生まれ変われるほど~強くなれる~ カラミソ!

はい、ご無沙汰してしまってすみません。

招き猫です。

 

もう季節が移り変わって秋ですが、ようやく戻ってまいりました。

仕事の忙しさから更新作業が滞り、招き猫もどんどんヘタレていき、画像のギャレンのように。

ほぼゼロになっていたプラモスピリッツも、リハビリを兼ねてセブンイレブン仕様のガンプラ3体を組むことで回復中です。

現在編集中のOOクアンタ、フルセイバー、ラファエルガンダムはこの週末にはUPできるはずです。

更新を待っていただいた皆様方、どうも申し訳ありませんでした。

 

ということで、途中経過もろもろ。

YF-29

撮影完了。DX超合金は買えませんでした。中古だとプレ値で2万5千くらい……再販してほしいですね。

DVDはもちろん買います。ようやくじっくりとYF-29の活躍が見られます。

 

KOGウォータードラゴン

震災の余波で大破したのを修理&リペイント。これも撮影完了です。

 

ガレージキット蒼星石

所有している薔薇乙女フィギュアで、これだけ手をいれても満足できず、出来の面でも他と浮いていたので、思い切ってガレキ購入。

これで隣の翠星石と並べても遜色なくなりました。やはり蒼星石には憂いを感じさせる表情が良いですね。

これも撮影完了。でも、手直しして再度撮影するかもしれません。

 

BB戦士・四獣王

龍・犀・隼頑駄無これの塗装に手をつけたところで力尽きました。

完成はまだ先です。

 

セブンイレブン限定仕様ガンプラ

ガンダム(セブンイレブンカラーver1.5)、シャア専用ザク(セブンイレブンカラー)、ベアッガイ(セブンイレブンカラー)の3体。

どれもあとは仕上げという状態です。

3体並ばせると、ベアッガイの存在感がはんぱないです。

 

ガンダムAGE

セブンイレブンで上記のガンプラと共にHGを購入。

ガンプラの方は手をつけてないので未知数。アニメの方は初報を聞いたときはどんなネタや釣りかと思いましたが、第1話を観た段階では結構イイ線いっています。

でもやっぱりキャラデザだけはどうにも違和感が・・・・・・まぁ、1クール後どうなっているか期待ですね。

 

 

とりあえず、招き猫の力が尽きるまえに出来るだけUPや更新をしようと思っていますので、よろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月26日(木) BB戦士・超機動大将軍 の輝羅鋼

2011-05-26 21:07:26 | 途中経過

ようやく手をつけた超機動大将軍。

まずは輝羅鋼からいってみました。

輝羅鋼がロストテクノロジーと化してしまった現在、それはクリアーパーツにシールを張ることで代用されています。

しかし、それでは面白くないし綺麗に仕上がらない、ということで表面を塗装、裏面をシールとしてみました。

が、その塗装は大変でした。

まず、裏面にメッキシルバーを吹いて、クリアーパーツを生かす部分を引き立たせます。

その後、黒の部分だけ先に塗装。そして奥面である鳳凰の背景から、メタリックカラーとまだとってあったGマーカーメッキシルバーで塗装。

鳳凰や翼の枠などの金の部分を塗装。

塗装した部分にそれぞれに対応するクリアーカラーを塗装してより強調させます。

はみ出し等細かい修正をして、最後にクリアーコートしました。

もう、苦労しました。シールが実際の輝羅鋼と一部カラーが違い、それを鵜呑みにして間違えて塗装してしまった時など、心が折れそうになりました。

それでも、まぁ、シールで済ませるよりはいいものになったと思います。

 

犀、龍、隼頑駄無

超機動大将軍編のあとに製作予定の七人の超将軍編を、本当にもう完全にするために購入。組み立てました。

これで獣王頑駄無の兜変更も完璧です。

過去武者の装備装着、金色の羽衣装着、完全武装の大鋼、全閃光結晶装備の飛駆鳥大将軍、超合体・飛駆鳥大鋼。

どれもすべて再現するつもりであります。

時間がかかってしまうと思いますが、まっててください。

 

 

最近、バルキリーに凝りだし、完全変形のVF-11サンダーボルト、VF-17ナイトメア、VF-19エクスカリバーとか集めています。

どこかに同スケールのVF-21シュツルムフォーゲルとかないかなぁ……

ちなみに超合金YF-27デュランダルは購入するつもりです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月8日(金) これまでの、招き猫は――

2011-04-08 21:38:28 | Weblog

これまでの、ヘタレモデラー招き猫は――

 

劇場版マクロスFサヨナラノツバサ、もう一回観に行きたいな。

地震発生!? これほどまでの被害が、嘘だろ……

ガソリンがなきゃ車もうかつに乗れないじゃないか!

…………(返事が無い、MP切れのようだ)……

この仕事が終わったらさ、サヨナラノツバサをもう一度観るんだ。

仕事でひたすら穴を掘り~ へいへいほ~ ←いまここ

 

以上がこれまでの招き猫の行動あらすじです。

地震は住んでいる県が北関東で海無し県で、震度も津波も心配ありませんでしたが……

仕事場はそこそこ被害が出て片付けをしたりしました。

招き猫ルームの損害は奇跡的に軽微。

飾ってあっ星衣神話のサジタリウスが倒壊しましたが、これは招き猫の星座ということもあり思い入れがあるので、パーツ構成を完全に記憶しているので、飛び散ったパーツも分けなく探し出せました。

それと対照的なのがベヌウの方。全パーツ回収したと思ったら、胸パーツが行方不明。必死に探しましたが、いまだ見つからず。

一番甚大だったのが、FSSのモータヘッド達。

倒壊転倒の嵐。半分近くが大破。特にKOGウォータドラゴン(シュペルター)が大破。

あとでレストアして再アップするから、すこしまってて……(涙)

 

そんな中、画像のを組み立てました。

パーツ数が少なく、簡単なのはいいのですが、シールで補う部分が多すぎで、シールが良く伸びる薄型のものなので剥がれやすかったり透けたりしてしまいます。

そのためどうにもならないマーキング等以外はほとんど塗装で仕上げました。

サヨナラノツバサのほうはもう一度観に行きました。

最初では気づけなかったところを再確認したり、何よりあの歌の迫力は劇場でないと味わえないものだと思います。

入場者プレゼントでもらったフィルムは、ランカの体の秘密をマクロスクォーターのブリッジでみんなで話しているシーン。

ブリッジにみんな写っているコマなので、それぞれ小さいのが微妙なところ。

まぁ、レオン三島とかが写っているやつとかよりは良いですが(笑)

 

途中経過。

すみません。招き猫のMP切れと仕事の忙しさから撮影を行っていません。

通常版ゴッド丸も完成してしまいましたし、早く撮影しなくてはと思うのですが・・・・・・

よし、明日撮ろう。休日だし。

こういっておかないと、また流れそうだし……

新三烈神のアップ、期待しないで待っててください。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月27日(日) 劇場版マクロスF サヨナラノツバサ

2011-02-27 21:58:30 | Weblog

ご無沙汰してしまいました。

招き猫です。

 

風邪を引いて寝込んだりなんだりして、MP切れに。

それでもちまちま製作作業はやっていたので、撮影するものが溜まってしまいました。

地中経過については後述で。

 

 

劇場版マクロスF サヨナラノツバサ 

公開初日の初回で観てきました。

OOの時の教訓を生かして1時間早くつくように行きました。

おかげで初回に滑り込み、グッツも上映時間前になんとか買えました。

画像上のシェリルのイヤリングは出来の割りに値段は割高ですが、お気に入りの一品です。

以下若干のネタバレありで行きます。

 

設定などが異なり、大筋は同じものの、別の物語となっている劇場版。

それが最も現れているののがラストバトルとエンディングです。

劇中の伏線や一場面をうまく集約させた物語。

迫力の映像とそれを盛り上げる、シェリルとランカの歌。

そしてシリーズを観ている人へのちょっとしたファンサービスなど。

アフレコの台本もラストだけは白紙で、ラストのアフレコでその部分のコピーを配るという様に、声優さんにも秘密にしていたそうです。

まぁ、それだけのためでも観にいく価値はあります。

ただちょっとエンディングのネタバレしますと、

TVシリーズはミシェルの死があったとはいえ、ほぼ完全なハッピーエンド。

では劇場版はハッピーエンドとしても完全ではなく、それからどうなるかは視聴者の想像に任せる部分があります。

招き猫的にはラストバトルも合わせて劇場版のほうが好きではありますね。

 

メインの3人にはあえてふれないで、サブキャラたちを

オズマ大尉

漢(おとこ)をみせてくれます。

迷いを抱えるアルトに喝を入れ、くしくも実の兄と義理の兄との対決となったランカ争奪戦では、文字通り体を張ってランカら3人を守ってみせます。

 

ジェフリー・ワイルダー艦長

海でノリノリサーフィン。それだけかと思いきや、ラストバトルでもノリノリ強行突破。すごいものをみせてくれます。

おかげでだいぶイメージが変わりました。

 

グレイス・オコナー

TVシリーズではラスボス。では今回は?

ギャラクシーの大佐としてではない、本当のシェリルのマネージャーとしての顔、本当のグレイスに戻れた瞬間がありました。

 

メインの3人以外で印象的だったのはこの3人ですね。

禁断のエクリアとかサヨナラノツバサとか、またあの映像つきで聴きたいなぁ。

もう一回観にいったり――っていろいろと溜まっているのでした。

 

途中経過もろもろ

新三烈神は撮影待ち。

サバーニャは撮影完了も、ハルート撮影で力尽き。まだ完了していません。

フルセイバーはHGクアンタのデカールを購入して貼り付け。完成。

ラファエルは折れた爪の稼動部は、展開前と後が差し替えになっているんだし、展開後のまま固定接着してしまえばいいや、と解決。

ついでに擬似GNドライヴとGNビッククキャノン砲口など、赤く輝くようにディティールアップしました。

それらを撮影し終えたら、予定では超起動大将軍編のトリを飾る、

超起動大将軍と、すでに手をつけている通常版ゴッド丸の製作の予定です。

ま、まぁ、ずいぶん溜まってしまったのでいつになるやら・・・・・・

とりあえずハルートを撮影しなきゃ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月5日(土) HG・OOクアンタ&GNフルセイバー

2011-02-05 21:05:10 | 途中経過

HG・OOクアンタ&GNフルセイバー

 

クアンタはほぼそのままのストーレート組。

クリアーパーツと足りない箇所を塗装し、墨入れしただけの簡単仕上げです。

フルセイバーも同様で足りない箇所の塗装、それとホビージャパンの今月号付録のデザイナーズマーキングシールを貼りました。

HGクアンタのガンダムデカールも追加してドレスアップしようと思うものの、探してみてもMGしか見つかりません。

MGのを流用するか、HGのを探そうか・・・・・・

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加