gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人気新作ミュウミュウカードケース131502/ブラック

2013-03-16 15:24:32 | 日記

ミュウミュウカードケース道路の状況をよくドライバーに伝えるが、(CCブレーキのため)足元の軽さが利いているのだろう、小刻みに路面の凹凸をいなしつつ、上下動をイッパツで沈め、余計な振動を乗り手の身体に残さない!心地のいい硬さだ!フロント/リアともに、わずかな範囲で粘るセッティングになっているため、最初のうちは、ダイレクトさと、その先の(500psを超えるハイパフォーマンスゆえ)“手に負えなさそう”なイメージとがあいまって、リズムよく操ることが難しいと感じてしまったが、いくらか距離をこなしていくうちに、実は乗り手の意志に自然な感覚で反応してくれているのだと判りはじめ、だんだんと意のままのドライブフィールを獲得してゆく!クーペはドライビングファン徹底追及マシン高効率エンジンに加え、アイドリングストップ機構やブレーキエネルギー回生システムなどを搭載!旧型(V10エンジン)に比べ最高出力10%/最大トルク30%アップさせつつ、燃費は30%以上も向上させている身体がすっかり新型M6クーペに馴染んだころ、サーキットに到着した!早速、そのままコースインする!馴染みのコース、まずは挨拶がわりにと、ストレートでフルスロットルを試してみた!

人気新作ミュウミュウカードケース131502/ブラック

ミュウミュウカードケースミュウミュウカードケース

もちろん走行モードセットはスポーツ+だ!M5で既に味わっていたとはいえ、ツインターボパワーは、さすがのひと言!Mのこだわりだろう、トルクのノリは決して過給を強調するようなものじゃない!あくまでもリニアにトルクが立ち上がって、その角度が急、といった風情だ!しかも、エンジンは七千回転以上まできっちりと回る!現在、マーケットで望みうる、最高の直噴マルチシリンダーのターボエンジンの一つだといっていい!もっとも、かつてのV10エンジンのように、その回転フィールやパワーフィールの官能性にノックアウトされる、という事態には、残念ながら至らなかった!限界域での味つけは、なかなかにワイルド志向だ!いとも簡単にリアはブレークの兆しをみせる!けれども、車体の剛性と確かなステアリング反応のおかげで、ドライバーはといえば、わりと冷静に対処することができた!それがシャシーポテンシャルの懐の深さということだろう!もちろん、電子制御もほどよく、嫌味にならない程度に手助けしてくれている!ときに、運転が上手くなった気分になれるのは、いかにも現代的な制御だろう!注目のCCブレーキは、意外にも当たりが柔らかく、踏み込み量のコントロールもしやすかった!

ミュウミュウカードケース 人気新作ミュウミュウカードケース131502/ブラック

もちろん、制動力の方はといえば十ニ分!強力なストッピングパワーを誇っている!総合的にみて、最強仕様のクーペは、Mらしく、ドライビングファン徹底追究型のマシンだと言っていい!非日常への劇的転換が味わえるカブリオレ左右の駆動輪間で状況に合わせて駆動力を配分するアクティブ M ディファレンシャルを装備!これはアクセル開度やヨーレートなど、DSCからの情報により左右輪の駆動力を0-100%まで調整するもの帰りの一般道ではM6カブリオレに試乗した!運転席はもちろんのこと、助手席でも乗り心地がいい!これなら、女性をエスコートする日でも、かなり安心!クーペとは明らかにダンパーやスプリングのセッティングが異なっており、オープン時のわずかな剛性低下も手伝って、クーペのそれに比べれば、よりマイルドな乗り味だ!普段乗りにM6を多用したいという向きには、ためらうことなくカブリオレを勧める!クローズド+コンフォートモードで走ればクーペ以上に快適だし、ときどき、そのハイパフォーマンスをオープンエアで瞬間的に試す、といった非日常への劇的な転換が、M6の味わいをさらに深めてくれると思うからだ!もちろん、そこには、クーペよりわずかに柔というだけで、スタンダードモデルに比べれば、ずいぶんと硬派なオープンスポーツという、実力の高さがあった!

ミュウミュウカードケース人気新作ミュウミュウカードケース131502/ブラック 最新モデル ミュウミュウ長財布,ミュウミュウ 新作,miumiu財布新作,送料無料

走りのレベルや質感は、ノーマルモデルの比ではない!ただし、オープンのまま、スポーツ+を選んで、目を三角にして走り始めたりすると、やや足もとがバタついてしまうことがあった!コンフォート/スポーツ/スポーツプラスからサスペンションの設定を選択できるダイナミック・ダンピング・コントロールを搭載!ホイールのスリップを一定まで許容するMダイナミックモードも備わったオープンエアで聞くV8ツインターボのサウンドは、相当に野太く、迫力がある!V10ほどエモーショナルではないにせよ、一聴に値する音だ!おそらく、アメリカ市場を強く意識したのだろう!メルセデスAMGのサウンドに少し似てきたか!とにかく、マッスル! ちなみに、外で聞く音も、かなり激しい!個人的に、Mには、もう少し乾いたサウンドが似合う気もしたが……!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TORYBURCH 2013年新作 トリー... | トップ | Marc By Marc Jacobs Pretty ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。