まんどれいくダラダラ日記

ダラダラですよ、もうだらだら!

新年会2010

2010-01-11 20:16:06 | 料理
昨日新年会をやりました
そのときの料理集

ポテトサラダ
ポイントは砂糖をちょっと入れてコクを出すことと
冷蔵庫に入れといて、出すのを忘れて翌日の晩飯になることです


赤飯
もち米2合と白米1合で炊飯器で出来る素を使って2回転、都合6合です
ばっちゃんちから炊飯器を借りたのでおすそ分けを持っていってるので実質5合くらいですかね


トマトとモッツァレラ
美味しいっぽいお高いトマトを半分に切って一口大のモッツァレラをあわせたもの
オリーブオイルをかけようと思ってたら、すっかり忘れてたの巻


鶏香味焼き
鶏に切れ目を入れて酒・塩・宅配ピザに付いてきたハーブと唐辛子・あと適当に胡椒とかフェンネルとかを適当に2時間ほど漬け込んで焼きました
葱は半分に割ってスライス、ミニアスパラはサッと茹でただけ
葱の上からは熱したラードをかけました
ごま油だと香りも出て良いかと思います


豚の角煮
豚バラのブロックを買ってきて、食べやすい大きさに切って
焼き目をつけてから酒・みりん・砂糖・昆布つゆ・水で煮込みました
まぁ、煮込むといってもシャトルシェフで保温加熱をしただけです
鶏の香味焼きにかけたラードはここで出来た豚の脂をつかいました
翌日に隠し庖丁をいれた大根も再加熱したときに追加しました


みぞれ鍋
どこがみぞれ?とはおもわないようにw
牛蒡をささがきにして、下茹でをして鍋に敷きます
鶏肉は酒を入れた湯でしっかり下茹でをして、白菜はざく切りにして牛蒡の上から敷き詰めます
鶏のゆで汁はアクをしっかりと取り、今回は比内地鶏鍋のつゆとかいうのを買ってきて加えました
あと塩を追加
出来上がったつゆを鍋に入れて、鬼おろしで擂った大根を上に乗せました
なのでみぞれねw
これにあと、刺身の盛り合わせ2皿
トリパパが買ってきたローストビーフ3皿・中トロの柵2枚
悪デカさんが買ってきたサラミソ-セージ
悪にいさんが買ってきたシュークリームに
S.A.L.さんが買ってきたドリップコーヒーで一応〆でした
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

真・年始鍋2009

2009-01-21 07:50:30 | 料理
もう結構たっちゃいましたが
今年の鍋

トマト鍋にしました
今回の材料
トマトジュース
ジャガイモ
金時人参
キャベツ
エリンギ
ズッキーニ
鶏もも肉
ロールキャベツ

胡椒
固形コンソメ
バター
トマトケチャップ

ロールキャベツはボクが丹精込めて











選んだ冷凍モノ
これを調味したトマトジュースで、前日から鍋で煮ておきました

ジャガイモ、人参、大きく輪切り
キャベツはざく切り
ズッキーニは4cm位に切って、縦にスライス
エリンギも縦にスライス
鶏もも肉は一口大に切り、下茹でをしました

鍋を温めなおした後に、具材を投入して煮上がったら出来上がり

〆は、茹でたパスタにオリーブオイルと
粗いペーストにした、オリーブを絡めて
それに鍋の汁をかけたもの


今回はパスタにしましたが
普通にリゾットでもいいかと思います
タップリと乾燥小海老を入れて
仕上げにチーズを上に


これに
タップリの水菜を添えた豚バラと大根の角煮
刺身の盛り合わせ
紅白の蒲鉾
菜の花の辛子和え

鳥パパが買ってきた、牛のたたきと数の子


《今回の反省点》
鍋は、前日に煮るのは、コンソメで煮て
当日にトマトジュースを入れて仕上げれば良かった
濃いトマトにしたかったんだけど
水も入れなかったので
ちょっと焦げやすかったかも
普通になら上記のやり方がいいですね~
あとまずは、ロールキャベツのみで出して取り終わったら
他の具材を入れる方がいいですね
もしくは1回取り出して、他の具材を入れた後にのせておくか…

ちょっと詰めが甘かった
もう少し考えを煮詰めれば良かったかな~w
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新年鍋2009

2009-01-07 00:27:40 | 料理
恒例の新年会鍋
10日にやるんだけど、差し迫った状態になってまで
2パターン考えて、どっちにしようか迷ってたり

1:トマト鍋
具にじゃが芋、キャベツ、にんじん、鶏肉、ロールキャベツ、えりんぎ
トマトジュースをベースにして洋風に仕上げる
〆はリゾットかパスタ

2:紅白しゃぶしゃぶ鍋
具に大根、にんじん、水菜、鶏肉、しいたけ、豆腐
大根とにんじんは、ピラーでかつら剥きにして
水菜としゃぶしゃぶする和風鍋
つけだれに、ポン酢と胡麻だれ
〆は雑炊かうどん・・・か餅
にんじんと大根で紅白とか、正月っぽさ出そうと思ったり思わなかったり


んー・・・・一長一短かなぁ・・・
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

まんどれいく風ラグ・デ・ポーク

2008-07-30 00:03:04 | 料理
ついでにぎじんさんの時つながりで久々に料理の話題でも

ぎじんさんが関東襲撃したときに
あくしあさんから、ハバネロのタバスコを貰ったので
自分なりにラグ・デ・ポークを作ってみました

材料
豚バラ肉(ブロック)1kg
トマトジュース500ml
玉ねぎ中サイズ2個
乾燥茸適量
バター20g
固形コンソメ1個
塩適量
砂糖少々
ワイン少々
ハバネロのタバスコお好みの量

付け合わせ
人参中サイズ1本
玉葱中サイズ2個
ジャガイモ4個
隠元適量

作り方
バラ肉は、1cm~2cm位・・・好みの厚さに切り
フライパンに脂身から乗せて焼く
脂身から乗せるのは油を敷かずに焼くのと、余分な脂を落とす為
あとは肉の表面を焼き固める程度に
表面を焼いて肉汁が出るのを抑えた後は
鍋に入れて、トマトジュースを入れて火にかけます
調味料を入れます
タバスコは通常の物でも問題は勿論ありません
ワインは白でも赤でも
なければ日本酒でもOK
ボクは鍋にいれましたが、フライパンで肉を焼いてる時でも
焼き終わった後に脂だけキッチンペーパーで吸い取って
そこにワインを入れてこびりついた肉汁を溶かし込んでから
鍋に入れるのも手です

玉葱は、粗みじんからみじん切りにしてお好みでフライパンで炒めて、鍋へ
ボクは面倒だったので、粗みじんにしたあと、そのまま鍋にぶっこみました

乾燥の茸は、前に買って来たモリーユ(アミガサダケ)
偶々、海外で買って来たのがあっただけなので、ポルチーニでも
マッシュルームでも、勿論入れなくても問題ありません


ウチはシャトルシェフで寝る前と朝にもう一度火を入れて
保温加熱してましたが、通常の鍋でなら加熱した後に
バスタオル等に包んでおいても、保温加熱に近い状態になるかとおもいます
もちろん、弱火でじっくりコトコトでもおk
ただし焦げ付きには注意ですね
都合でいけば5時間くらい煮込んでることになるでしょうけど
実際にはそこまで煮込まなくても軟らかくなるかとおもいます


圧力釜だともっと短時間に仕上がりますね

我慢出来ないので、作ったその日に食べてみましたが
やっぱり、味がこなれて無いのと、肉がヤワヤワじゃないので
満足度は低いです


変わって翌日
付け合わせ
ジャガイモは4等分に
玉葱は6等分に
人参は大きめの乱切りか、3つに切り、大きさに合わせて2つ割り4つ割りに
これを耐熱皿などに乗せ、水を少量かけて、ラップをして
5~7分レンジにかけます
隠元は、塩茹でにします
青物は、隠元ではなく、ブロッコリ、さっと茹でたほうれん草
オクラ、なんでもいいと思います
レンジにかけた野菜は、スープを入れて1分同様にレンジに掛けてもいいデスし
一緒の鍋でさっと煮てもおkです
もちろんそのまま皿に盛って、上からスープをかけてもOK
ご飯はケチャップで薄めにピラフに
あれば、イカ墨でやってもイイ感じです



タバスコはお好みでここでかけてもいいデスが
煮込むととげとげしさが抜けるので、個人的には煮るときに
タバスコを入れておくのが好きです
後からもかけますがw

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年始鍋

2007-01-08 15:45:42 | 料理
さて、仲間内では、恒例になってる年始の鍋を
6日にやりました

数年前までは、ホントは年越しでやってたんですが
鳥パパが、結婚してどうやっても年越しはダメになったり
年越しで仕事してる人も出てきたんで
ここ数年は、年越しではなく年末か年始・・・
それかもうちょい暫くしたらみたいな感じになってます





どんな鍋にしたのかをメモ程度に


みぞれ鍋

材料
鶏肉(胸肉・モモ肉)
大根
人参
牛蒡
エリンギ
舞茸
白菜

鶏肉は今回2種類用意
ブロックなやつなので、切り分けておきます
2回戦やる予定(雑炊にすると3回戦)なので
1回戦目はモモ肉、2回戦目は、胸肉にしました

牛蒡は、ささがきにします
この日は面倒だったので、ささがきになっているのを買ってきました
自分でやる場合は、一回下茹でして灰汁を取りましょう

鍋に水を張り、ここに牛蒡を入れ、出汁(ぶっちゃけ出汁の素)を入れます
沸騰したら、昆布つゆ・塩・酒で味付け
こっそり隠し味で醤油と砂糖を入れました
みぞれ鍋なので、もっと白っぽくすれば良かったと
思いましたが、まぁ・・・舞茸入れると
どうしても黒っぽくなるから、まぁイイか・・と自分に言い聞かせました

味が決まったら鳥モモ肉入れ、灰汁を取り
鶏肉がほぼ煮えたら、そこにスライスした白菜
解した舞茸・四つ割にしたエリンギ
輪切りにした人参を入れ、火を通します
最後に軽く味の調整

さて、「みぞれ」と言うからには欠かせないのが大根

今回は聖護院大根を用意
あのでっかい蕪のような京大根ですね
うちのじーちゃンちで昨年作ったので、それを貰ってきました

この聖護院大根を、6等分に割り
4個を鬼おろしで2個を普通で、大根おろしにし合わせておきます
鬼おろしを使うと、繊維と汁になるのではなく
粗くおろすので大根自体が混ざり、これがまた美味い
鍋に使うので、粗いほうがイイですしね

焼き魚でも、アツアツのご飯の上に乗せても美味しいんですがねw

これを半分ほど、鍋の上に敷き詰めもう一煮立ち
みぞれ鍋の出来上がりです

この間に2回戦用に別鍋でお湯を沸かし、胸肉を下茹でしておきました
大根がたっぷり入るので鶏肉も軟らかくなり
粗くおろした大根でアツアツ加減も持続しますし

凄く暖まります
一度お試しあれ(´∀`)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加