一刀入魂 修業雑記

2012年4月デビュー
2015年5月初勝利&再起不能
2015年末より、新たな修業に入る

「積み重ねる」ことの真の意味

2016-10-29 02:05:47 | 日記

少し前に、リフターの人が僕に言いました。

「自分は20年もウエイトリフティングの世界にいる」
「だからベンチで200キロ挙がって当たり前なんです」と。


目つきや表情を見れば、それが謙遜や上っ面の言葉ではない事は分かる。
20年やってもまだ頂点に立てない、という悔しさに満ち満ちた顔だったから。

正直な所、僕は嬉しかった。
こういう潔い人が大好きだから。
自分もそうであろうと常々思っているから。

そして同時に思った。
この人は20年もの間、ただノンベンダラリンとバーベルを挙げてきた訳ではないと。

逆説的ながら、
そんなモチベーションではベンチプレス200キロなんて到達出来ないし、
20年間も、身体を壊しながら挑み続ける事など到底出来やしない筈だ。

ただ惰性でやってきたことを「積み重ねてきた」と嘯く人がいたとしたら
きっと20年も続かずに1回故障した時に辞めてしまうか、
或いは奇跡的に趣味のように続いたとしても、一般人に毛が生えた程度のレベルだろう。
それは断言できる。身体付きと面魂を見ればすぐ分かる。

競技の世界にも残念ながら存在する。
「人一倍の努力を積んできたんだ」と啖呵を切る割に、
じゃあ一体何をどの位やってきたのかと聞けば、
知識も引き出しもなければ、当然オリジナルの理論も工夫もなく、
挙句の果てに雑誌やDVDを「購入させられて」その受け売りを語り、
更に情けない事に全く自分のモノに出来てもいない人。
当然、鍛えるなんて事は100%やっちゃいない。

それを「積み重ね」とは言わない。
それこそが「惰性の産物」なのだ。
ただダラダラと道楽でつまみ食いしただけの、児戯にも劣る代物。


爆弾抱えて、僕もやっと「少しだけ」分かった。気がする。

目の前が真っ暗くなるような絶望感に頭を抱えて、嫌な汗をジンワリかいて、
ケツに火が点いて、試行錯誤と苦肉の策を織り交ぜて、
不安と、焦りと、ヤケになりそうな己を飲み込んで、
初めて「積み重ねる」という意味を知った。


そのリフターの人を含め、色んな達人やプロ、アスリート達が
苦心惨憺の果てに歩みを止めず、進み続けた道。

進み続けて、それぞれの答えや納得感を見出してきた系譜。

そこには、様々な葛藤や感情だけでなく
「思考」「行動」「変化」「対応」が濃密に詰まっている。

積み重ねる、とはそこでこそ初めて言える言葉だ。

20年かぁ…
それほど続けた事って何もないなぁ…
僕はまだまだだ。










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一心不乱  | トップ | スマホ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。