一刀入魂 修業雑記

2012年4月デビュー
2015年5月初勝利&再起不能
2015年末より、新たな修業に入る

同情を欲したらソイツは終わり。

2017-05-13 20:02:59 | 日記

可哀相って何だろう?
同情って何なんだろう?

その言葉や行動を貰った人間は、
一体どんな気持ちになる「べき」なんだろう?

或いは、そんなモノを求める人は
誰に
何を
どうして欲しいのか?


同情する人間よ、驕るんじゃねぇ。
烏滸がましいんだよ。
他人の同情してる余裕があったら自分達を慈しめ。

同情を求める人間よ、甘ったれるんじゃねぇ。
テメェが生きるのは一体誰の為だ?
テメェ自身の為だろうがよ。

誰かの為にとか何かの為にとか、イチイチ重っ苦しいお題目は要らんだろう。
テメェがやりたいからやってる、
テメェが生きたいから死なずに生きてる。
たったそれだけだ。
己の生きる道すがらに大切な人がいて、
己の生きる道で生まれたものでその大切な人を守るのだ。結果として。


「なんで自分ばかりこんな目に遭うのか」

そんな、この世で最も弱く見苦しく傲慢な言葉を吐く人間には
それを「愚の骨頂」って呼ぶのだと言葉を贈ってやる。

自分ばかりが苦難を受けた?
自分ばかりが辛い?
思い上がりも甚だしい。

誰に何を強いられたか知らんが
今も昔も、全ては己が選んで進んだ道だろうが。
誰の所為にするつもりだ?
誰に救いを求める気だ?

そうやって「自由」と「責任」と「覚悟」を穿き違えてやがるから
自分だけが悲劇を生きてる気になるんだろうが。

己は一体どれだけ恵まれ、甘っちょろい人生を歩んできたのだろう。
そういう考えすら過らない時点で、テメェは未熟なんだ、経験不足なんだ。

どんな状況でも「何とかする」しかねぇ。
「何とか」出来なけりゃオシマイだ。
世の中シンプルなもんだ。

オシマイになるのは嫌だ?ワガママ言いやがって。
だったらオシマイにしねぇように這ってでも進めや、未熟モンが。

いい歳こいた大人が、年老いたパパやママに泣きついて
愚痴吐いてヤケ起こして、それで一体何がどう好転するってんだ?

泣き言言ってりゃどなたか親切な人がテメェの荷物を持ってくれるのか?
テメェの歩く道で?テメェの荷物を?
それでテメェは「生きた!」と言えるのか?

ふわふわ何かに依存して、
ワタワタ何かに責任を転嫁して、
そんな甘えた精神で強くなれる訳がないだろうが。
歳だけ取りやがって、それで「大人」だなんて騙るんじゃねぇバカヤロウ。


「なんで自分ばかりこんな目に遭うのか」

それに対する答えはたった二つだ。


一つ
テメェが未熟だから。

何でもかんでも乗り越える船でなきゃ、
小波に出くわしただけでサッサと座礁するわ。


二つ
テメェの人生を生きるのはテメェでしかない。
ならば簡単。

言うなればテメェの人生の主人公はテメェでしかない。
テメェ以外にあり得ない。

だから
「自分ばかりがこんな目に遭う」ってセリフは
テメェの人生の主役をテメェ以外の人間に押し付けたようなセリフだ。
そんなブッサイクな話、あるか。

テメェが主人公なのだから、テメェに降り掛かる出来事は
良くも悪くも全てテメェのものなのだ。

美味しいものだけ独占して味わって普段から悦に浸るクセに
苦いものからは自分以外の所為にして逃げたいって、
お天道様がそんなモン見逃す訳ねぇだろうが。

酸いも甘いも味わい尽くしてこそ
「生きた」と言えるんじゃないのか。

ネガティブな事にばかり注目してそればかりを取り立ててれば
ず~~~~~~~っとそういうネガティブな事ばかりが起きるぞ。
引き寄せの法則ってのは伊達や酔狂で存在する言葉ではないのだから。


同情ってのは、
やる側は黙って腹の内でするものだし
受ける側はテメェから求めるものではない。
恥を知るべし。

・・・

身内の残念な生き様に、憤りと呆れの備忘録。















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 15年振りの再会 | トップ | どうあっても、やっぱり自分... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。