マンボウ写真館

MTBやウインドサーフィンと季節の花などの写真を気楽にUP

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

梅ケ谷峠>御岳渓谷>梅ノ木峠>入山峠>醍醐林道>和田峠

2017年06月17日 | Rord bike

本日はスマートフォン用の3つのロードアプリを同時進行して試してみました。
最初にCatEyeのMapと詳細

 

 


次はSTRAVAの詳細画面


 

最後にRuntastic
 

 

 色々あり過ぎて、excel表にまとめてみました。(自己流で得点評価しています。)

結果:Runtasticは唯一の購入済みアプリ、是非ともデフォルトで自動停止機能を入れて欲しい。基本的データーが他のアプリと比較し見劣りがするので5評価以外は使えない。CatEyeは必要な基本データーが正確。STRAVAは迷路の様な構成で出口が分からずいつも迷っていますが、面白いプログラムでこれから長く楽しめそうです。現状ではそれぞれ長所短所があり適当に使い分けていくのがベターかな。
有線サイコンはロードバイクでは振動で接触不良の為か途中表示不良になりデーターが抜ける。(予備のケーブルセットに交換したが同じ)問題の発生しないMTBで使う予定。

追記:登坂高度がそれぞれまちまちで、CatEyeとRuntasticでは2倍の差があり驚きです。今迄使用していたルートラボの登坂高度を欄外で追記して置きます。ユーザーがどれを信じてよいのか、早急の対策をお願いします。

『サイクリング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風張峠>松姫峠>鶴峠>和田峠 | トップ | スマートフォン・ロードアプ... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL