風の音を聞いてみたい

オーストラリア在住27年。好き勝手に語っています(^^)

わさび@@!

2017-01-25 16:20:22 | あれこれ、どれそれ
今度の土曜日が中華新年なので、金曜日の夜に家族で新年のお祝いをするんですが、そのレストラン探しにお義母さんと、元旦那の弟と、みまりと、おまけ(元旦那)と一緒に行って来ました。
英語で、レインボーサラダっていうんですが、中華新年の時に家族で一緒に健康を祈って混ぜ混ぜして食べるんです。
生のサーモンが入ってて、他に何色か入ってるのが特徴です。

ピーナッツ抜きって言わないと、ピーナッツ入っちゃってるんだった。
武士にちゃんと言わせなくちゃ。

そのあと、近所の日本食レストランへ行きました。
そこでそのままマレーシア料理食べても良かったんですが、日本食が食べたいっていうので、連れて行ったんですよね。
茶碗蒸しが美味しいところです。
お出汁も効いてるし、揚げ物が油臭くなくて、中華ジャパニーズとは全然違う、正統派ジャパニーズです。

私は、うまうまちらし寿司。
お刺身いっぱい^^

元旦那の弟は、野菜天ぷら弁当。

お義母さんは、チキンカツ弁当。

美鞠は、ハンバーグ弁当。

おまけ(元旦那)は、ちらし寿司。

もう、認めたくないけど、あのバカとか好みが会うんだよねぇ。
だから、言葉がわからなくても結婚できましたって事なんでしょうけど。(。・ε・。)ムー
お義母さんは、復縁を願ってますが、絶対にいやだ。
自分勝手で思いやりってものがないし、武士を助けることは何一つしないし(自分で何億、親の金を無駄にしたんだか)、無理。ただただ、無理。一生、おまけで居ろw

とは言っても、別に無視したり喧嘩したりしてるわけじゃないんですけど、なんか、イラっとするw
趣味が同じだと、余計にイラっとするw

まぁ、腐っても長男ですよね。
あれが居ると、なんか、いつも幅を利かせて居る、義妹の旦那が静かになって、居心地が良くなるので、少し許してやろうw

まぁ、そんなこんなで、うまうまランチを食べてたんですが、お義母さん、食が細くなって来て居るので、全部食べきれない。
元旦那と義弟が、半分以上残したお義母さんのチキンカツを食べると手を出したんですが、なんと、彼らはわさびをつけていた@@!

いやいや、わさびは、刺身とかそばとかでしょう???

チキンカツじゃないでしょう???

ふと見ると、元旦那の横にわさびの皿が二つ???
どうも、わさびを大盛り追加オーダーしたそうな@@!

よくみたら、元旦那の刺身に、刺身と同量のわさびが乗っかってた@@!

あんた!そんなに辛いじゃないのっ@@!

いや、これが、美味いんだよ^^

えええええええΣ(ノ; ̄□ ̄)ノ

そういえば、東京のお寿司屋さんで、外国人のお寿司に大量のわさびを入れて問題になったニュースを見た!!
きっと、元旦那が相手だったら、そのわさびは、お店の人のサービスで、とっても素敵なお店で、親切だな!って思っただろうに〜

まさか、この世に、あんなにわさびを食べる人が居たなんて。。。

食べるですよ、まぢ食べる!

わさびのお寿司たべれますよ@@!

すっごいもの見てしまったw

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ありえない事ってあるんですわ | トップ | いちご狩り »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Hiroko)
2017-01-25 19:46:29
いやいや、稚恵子さん、私の友人の台湾人夫婦のわさび消費量もすごいですよ。釣りやウニ取りに行ってそのあと一緒にご飯食べると新品のわさびチューブ1回で半分使うかというぐらい出しますもん。 私はほんの少しで十分からいのでいつもすごいなと思いつつ見てます。鼻にこないんかしら?
Hirokoさま (稚恵子です)
2017-01-26 08:31:58
手強いっすねぇ><
わさびって、一人3cmじゃないんですね!
3cmでも余すのに、チューブ半分って、飲茶のチリソースじゃないんだから。まったく、あのノリですよね。ニュースになったお寿司屋さんがなんか気の毒になりましたよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。