一日江戸人

2017-06-13 16:44:36 | セルフケアー
『一日江戸人』 杉浦日向子著



先日旅行先へもっていった本ですが、あまりに面白くておもしろくて

何度も読み返しております。この本を読むと江戸人はなんて粋で合理的で素敵。。。と思ってしまいます。

夏の必須アイティム:うちわ、すだれ、朝顔の苗、風鈴、蚊取り、金魚、冷やし瓜、蛍

だなんて、素敵じゃありませんか?


食についても目を引くものがあります。

日本原産のお野菜は、フキ、セリ、ウド、ワサビ、ジュンサイ、ゼンマイ、ワラビ等です。

これらは当時庶民のお口に入りました。今ではどうでしょう?

一流料理店に行かないと本物は食べれません。高価なものになってしまっています。

(現地収集されることができる方は別ですが)

これらは生よし、煮てよし、食べすぎ飲みすぎに、美容や健康に、さらに熱さましや咳止め

頭痛止めにも効果がありお安くて美味しい食材でした。

夏の大根は辛いですが、冬の大根はいくら食べすぎても当たることはありません。

大根が当たらないのではなく、大根と一緒に食べると当たらないと解するべきと書かれています。

その通りだと思いました。ソバや豆腐と一緒に食べると当たらない、あらゆるものにちょっと大根ろしを

添えるのは薬味というよりむしろ毒消しだったとは。。。。。

ソースやスパイスは当時はありません。(私もあまり好きではないのでどうもフレンチが苦手)

天然塩(ナトリウム合成はNG)だけで食材を頂くと、お米の生産地の違い、豆腐の豆の香りなどの違いも

わかってきます。要するにたまには調味料断をすることで、本来の味覚が冴えるそうなのです。

本当にその通りですね。

断食後は、その意味が体でわかります。

江戸人にとって、料理は特別なもので、毎日のおかずとは違い、空腹を満たすとか栄養を取ることとは

無縁で、料理=風流だったそうです。生存のためのエネルギー摂取は菜肴といって、料理とは言わず

料理とは香りを聞く、花を生ける、と同等の趣味であり、舌で解する風流、、、、高級料亭へ

行くことばかグルメではなかったのですね?


本当に勉強になります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の熱中症対策 | トップ | 膝の負傷からちょうど2か月 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良いご本ですね! (森のどんぐり屋)
2017-06-14 22:04:11
まさにその通り、だと思います。今の日本人は大切なことを忘れすぎています。
思うに、やっぱりあのバブルがいけなかったのでは?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む