小平マナのブログ

東京都小平市で自然食品のお店をやっています。
趣味は料理と写真、日々の出来事をブログに綴っていきたいと思っています。

レモンの外皮の黒点の正体は? レモン酵素の作り方🍋

2017年05月18日 19時32分46秒 | ブログ

こんばんはわ自然食品の店こだいらマナです

こだいらマナに今入荷しているレモンは
広島産の自然農法のレモンです。

MOAの広島レモン農家さんの荷物と一緒に
レモン酵素の作り方とレモンの外皮の
黒点についての記事が一緒に添えてありました。

 

レモンの外皮の黒点は、ポリフェノールの一種
サルベストロール〉と呼ばれる成分です。

これは無農薬のフルーツにみられ〈ファイトアレキシン〉
と呼ばれています。

農薬を使用しないと真菌(カビ)がフルーツの果皮に付着
します。この真菌はカンジダ菌であることが多くそのため
フルーツは防御反応としてカンジダ菌を殺菌する〈ファイト
アレキシン〉の一種である〈サルベストロール〉を30倍分泌します。

いわゆる天然のカビキラー!
なので黒点が出来て身を守るのですね。
レモンは皮ごと食べることが多いので
安心なレモンをぜひ召し上がってくださいね。 

レモン酵素の作り方

材料
オーガニックレモン・・1Kg
甜菜グラニュウ―糖・・800g

①よく洗ったレモンを2ミリくらいの輪切りにする。

②ガラスの広口瓶に①と砂糖を入れて木べらでしっかり混ぜる。

③約2週間毎日朝夕木べらで混ぜ発酵したら完成。
レモンを除いて液体のみにして召しあがってください。
(アイスティーで割ったり、スムジーに入れても美味しいです)

 



※取り出したレモンはジャムなどにして食べられます。

 

 

 

『手作り料理』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 米粉ふんわりケーキミックス... | トップ | あなたと健康社の東城百合子... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む