チクチク テクテク 初めて日本に来たパグと30年ぶりに日本に帰ってきた私

大好きな刺繍と大好きなパグ
香港生活を30年で切り上げて、日本に戻りました。
モモさん初めての日本です。

雨の日のお香

2017年03月21日 05時36分20秒 | 日々のこと

雨、9度、96%

 昨日の昼頃から雨が降り出しました。今も降っています。私が日本に帰ってきて以来、初めての長い雨降りです。祭日のせいもあってか、車の音も少なく家にいると雨音ばかりが聞こえます。静かな静かな雨音です。

 処が変われば雨音だってこんなに違って聞こえます。まだ少し冷んやりする空気の中、座って庭を眺めます。 蹲の石がすっぽりと濡れていい風情です。主人が庭の隅に取り置いていた鬼瓦を綺麗に洗って並べてくれました。 この家の屋根には一体鬼瓦がいくつ付いていたことやら知りません。一番大きな鬼瓦は、庭の中央で東を向いています。こうして雨に濡れた鬼瓦、何かもの言いたげに見えてきます。昔の瓦です。雨に濡れるとその色が新しい瓦とはまるで別物のように艶を帯びてきます。

 冷んやりとした空気の中、お香を焚いてみました。松栄堂の「姫の香」です。四季を表す小さなお香です。 火お起こした炭の上で静かにくゆらします。桃色の春の花は梅の香でしょうか。一つ一つ匂いを楽しみます。緑色は新緑の夏の香り。黄色ははて、秋の何を表しているのか。少し乾いた香りです。灰色の冬の香りは凛としています。

 この同じお香を香港の家で楽しんだことがありました。湿度の高いしかもコンクリートの家の中で香った時とは全くその香りが違います。あの時、私が見ていたのは高い高い高層ビルでした。雨に濡れた石や芽吹き出した庭の緑ではありません。

 庭に降りてみると、 小さなでんでん虫の赤ちゃんがもう動き始めています。ゆっくりと静かな雨の午後を楽しみました。

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 玄関の靴 カンペール | トップ | いちじく、いちご、クルミ入... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL