チクチク テクテク 初めて日本に来たパグと30年ぶりに日本に帰ってきた私

大好きな刺繍と大好きなパグ
香港生活を30年で切り上げて、日本に戻りました。
モモさん初めての日本です。

2017年04月22日 04時50分13秒 | 日々のこと

曇、14度、78%

 中国が原産と言われている柳の木です。ところが香港でこの柳を目にした記憶がありません。柳に水辺は付き物ですが、水辺は河か池だと思います。つまり淡水。そう思えば大きな池や川がない香港です。

 まだ時折小雪の舞う大濠公園を走り始めたのは2月の中旬でした。なんと半世紀ぶりに大濠公園を走ることになりました。緑を蓄えている常緑樹もありますが、濠の周りにはすっかり裸の木が立っています。何の木だったか、柳の木に違いないと記憶を辿ります。

 毎朝、裸の木を見て走っていました。日が昇るのも次第に早くなりました。帽子や手袋をしなくても走れるようになりました。遠目にも柳の新芽が吹き始めたのを感じました。柔らかな柳の芽です。芽吹きの時期は黄緑です。小さな芽がついた柳はイガ栗頭のようにも見えました。流れるような柳の優しさではありません。石川啄木の歌を心でつぶやきながら、芽が大きくなるのを待ちました。

 大濠公園の柳の木は木姿がはんなりとはしていません。どちらかというとがっしりとしています。中国陶磁器の柳の模様のような細くゆらゆらした木ではありません。それでも他の木に比べると柔らかな木です。   

 大濠公園を回り終える頃、東の方を見れば朝日がずんずん昇るのが柳を映し出しています。 この春30年ぶりの日本で私が待ち焦がれたのは、桜とこの柳でした。

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アコールの3つ組みテーブル | トップ | 明かりが灯るスピーカー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL