中尾雅幸の人つなぎの旅

地域を元気に!と頑張っている方や子ども・若者の夢実現を応援中。手法は、あなたにとって最適な人との出会いのお手伝い

ゆんたく(沖縄の方言でおしゃべり)の場所ってありますか?

2017-01-25 19:05:07 | 夢実現
 若者の未来を応援する皆さん、こんにちは。
 武雄は今朝は氷点下6度まで冷え込みました。

 お昼ご飯は普段は職場で出前を注文することがあるのですが
 今朝は早朝出身で挨拶運動ができなかったので
 お昼の散歩がてら校区内を散歩しました

 長崎街道を歩いていると一軒の商店があります
 ご近所の方が歩いて買い物に来る
 昭和を思い起こさせる懐かしいお店です
 
 
 
 このようなお店が最近はすっかり無くなってしまい
 寂しい思いをしていましたが

 このお店に入ると落ち着きます
 地域の皆さんにとっては情報交換の場になっているようです

 昭和の時代には、全国どこにでもあったこのようなお店は、
 今の経営者さんが引退するとお店をたたんでしまうか
 後継者がいたとしたら、コンビニに変わったりしているようです

 コンビニになるには、一定の商圏人口が必要で
 また、初期の投資も大きく、地方都市の中心地の周辺や
 農山漁村等ではハードルが高いのが現状です

 以前、沖縄で半年ほど仕事をしていたことがあるのですが
 沖縄には共同店舗という制度が残っています

 地域の方が出資して、仕入れを行い、店員さんを雇用する
 儲けが出たら出資者に還元する

 だから、みんな共同店舗で買い物をする
 買い物するから品ぞろえが充実し、また、買い物に来る

 買い物に来たら、店員さんやほかのお客さんと
 ゆんたく(おしゃべり)する
 そこから、情報交換が進み、地域が見えてくる
 子どもも集うので、地域の大人に見守られながら育つ

 私が通っていた本部町の隣の今帰仁村にも共同店があり
 諸志売店に時々買い物に行って、ゆんたくしていました

 このようなお店は地域コミュニティの核となります
 (公民館や小中学校と連携すると核がより充実します)

 日本全国に広がってほしい素晴らしい仕組みだと
 思っています

 そのような思いを抱きながら
 お店で買った、お昼ご飯を
 アパートで食べて、職場に戻りました
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校生からこれからのまちづ... | トップ | これから、ものすごい会社に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

夢実現」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL