中尾雅幸の人つなぎの旅

地域を元気に!と頑張っている方や子ども・若者の夢実現を応援中。手法は、あなたにとって最適な人との出会いのお手伝い

若者の皆さん!支えられ上手になりましょう!!!

2017-01-03 12:03:21 | 夢実現
 若者の未来を応援する皆さん、こんにちは。
  
 今年も地域の未来を担う人材への寄り添いをテーマに
 若者の応援を行っていきたいと思いますので
 皆様からのご意見、ご感想を楽しみにしております。

 視野は地域の未来ですが、私が応援した学生さんの中には
 留学を経験して世界に羽ばたこうとしている方もいます。

 年末に久しぶりにお会いして、学生さんが参加している
 プロジェクトのアンケート調査のお手伝いをしたのですが、

 学生さんの言葉で印象に残ったことは
 「高校時代まで佐賀の皆さんには
  大変お世話になりました。
  今は、佐賀を離れていますが、
  佐賀が関係するプロジェクトや研究に
  積極的にかかわり
  佐賀出身の自分がプロジェクトに加わることで
  佐賀へのフィードバックをすることで
  故郷に貢献していきたい」
 という言葉です。

 そして、このようなお言葉も、
 「学卒業後に佐賀以外で就職するかもしれませんが
  佐賀に貢献できることはあるでしょうか?」

 はい。たくさんあります

 彼女は1年間の中国留学で学業とともに
 中国語をマスターし
 帰国後に中国語のスピーチコンテストで
 最優秀賞を受賞しており、その経験を
 ふるさと佐賀の中高生に伝えたいとの
 希望を持っています

 このことは、世界のどこにいても可能な
 ふるさと貢献だと伝えました

 私も佐賀で若者の未来を応援する活動を始め
 7年になろうとしています

 彼女の言葉で「お世話になった故郷に恩返しをしたい」
 という言葉がありますが、中高生の時期に
 「お世話になる」=地域との何らかの関わりをもつ中高生は
 故郷への愛着は増すものと思われます。

 故郷への愛着が増すと、「将来、故郷で働きたい」
 (たとえ故郷で仕事はしなくても)「故郷へ貢献する」人材になりたい
 という若者が増えていきます

 このことは、私の経験談だけではなく、島根県浜田市が行った
 市内出身中・高校生の地域や将来意識に関するアンケート調査
 の結果報告書からも伝わってきます

 浜田を好きと答えた人の84%が「浜田を良くしたり元気にしたい」と回答したのに対し
 そうでない方は30%に留まっています

 ふるさとを好きになるという事は、
 ずっと住んでいる方好きという方もいるかもしれませんが、
 「ふるさとの秘めた可能性に気付く」ことが大切だと感じています

 そのためには、ふるさとで活動する地域の大人との関わりを持つことが
 大切であると考えています

 若者には、成長の途中では、たくさんの方々に支えていただく
 「支えられ上手」になってほしいと思います

 学生さんからのそのような情報を地域の大人がキャッチすると
 支えることができる、地域での学びを応援することができる大人が
 支える役割を担います

 そして、その経験をもとに育った若者は
 「地域のための貢献したい」と願う人材にと育っていくのです

 私は中学1年生にも、高校生にも、大学生にも
 常に「支えられ上手になりましょう」と伝えています

 それと同時に、「皆さんの夢や目標を実現するために、私は、皆さんのことを応援します。
 皆さんは、夢や目標を実現することで、周囲にどのような貢献ができるか考えてください」
 とお話ししています(画像クリックしてみてください)
 

 中学生からの質問で、
 「ユーチューバーになりたい僕でも世の中に貢献できることがありますか?」

 私からの回答
 「ユーチューバーで成功するには、多くの方にクリックしていただける特徴を持つ必要があります。
  その特徴とは、世の中の方から注目されることです。注目されるというのことは、
  多くの方が望んでいることをあなたがユーチューブの中で実現しているからです。
  だから、ユーチューバーは世の中の皆さんの夢や希望をかなえる最高の貢献者です」

 今年も、たくさんの若者の夢や希望を実現するお手伝いをしたいと思います
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中学一年生に私の人生を語った | トップ | 私はキャッチボールの繰り返... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

夢実現」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL