マイコー雑記

行き来するもの書き留め場

『オールアバウト』に「生活の中で子どもの『考える力』がみるみる伸びる工夫」をまとめました

2017年01月20日 | 21世紀型子育て

従来の「知識重視型」の教育から、

自主的に考え、判断し、行動できる人材を育むことを目指すとし、

2012年に文部科学省が提案した「教育改革」

 

その中で、「考える力(クリティカルシンキング)」の大切さがあげられています。

 

クリティカルシンキングとは、記事でも説明したように、

「論理的に物事をとらえ、自らの考えを省み、的確な判断を下す力」を指しています。

周りの情報だけでなく、自らの考えについても、

「自分の考えていることってどうなんだろう?」(メタ認知)と、

多角的に見つめ直すことのできる力です。


ネットを繋げば世界中から雑多な情報溢れる今日、

そして技術が進むにつれますますそうなるであろうこれからを生きる子どもにとって、

情報を暗記して知識を増やすことよりも、

情報を論理的にとらえ、自らの考えを多角的に省み、判断し行動する力というのは、

必須になってきますよね。

 

記事の中では、

以前こちらの記事にあげた研究に基づき、

生活の中でできる具体的な言葉かけや働きかけなどがまとめてあります。

 

生活の中で、というより、生活の中でこそ、「考える力」鍛えていきたいですね。

 

興味ある方是非どうぞ!

生活の中で子どもの「考える力」がみるみる伸びる工夫

 

 

 

 

 

 

 

連日、我が家では、

ロボティックスチームのメンバーの誰かがロボットに取り組んでいます。

昨日は長男、夜は救急隊員訓練でいなかったんですが1人、

今日も長男はレスリングの試合でいないんですが2人のティーンが1階で作業。

せっせと食料を運ぶ日々です(すっかり給食のおばちゃん)。

一昨日は、迎えにきたママさんと一旦玄関を後にした子がすごい勢いで駆け込んできてそのまま階下へ直行。

後ろについてきたママさんに「忘れ物?」と聞くと、

「アイデアが湧いたらしいのよね・・・」と。

2人でふき出しました。

夢中になるティーンの姿って最高ですね。

 

みなさん、週末お楽しみください!

 

 

 




 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 才能溢れる先輩T君の「有名大... | トップ | 子育て風景:肋骨折れず感謝... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (奈緒美)
2017-01-21 23:32:43
いつも役立つ記事をありがとうございます。
レンズーリの拡充教育についての記事で、マイコさんのブログにリンクさせていただきました。(いつも事後報告で申し訳ありません)教室の活動を通して、ギフテッドの特徴を持つ子どもたちともたくさん関わっています。どのように関わり支援するのか試行錯誤しつつ、ひとりひとりの子どもの持つ才能の多種多様さとすばらしさから多くの感動をもらっています。
奈緒美さん、コメントありがとうございます! (マイコー)
2017-01-24 01:27:07
こちらこそ、いつも、インスパイやリングな記事をアップしてくださり、ありがとうございます。

教室で、ギフテッドの特徴を持つ子どもさん関わられているんですね!

後ほど更新する記事に、虹色教室が目指す「レンズーリの拡充教育」について紹介させていただきました!

「ギフテッドネス」をどう開発するのかを、IQ上位○%などといった解釈でなく、もっと広く多角的にとらえるレンズリー氏の研究、私もとても感化されています。

奈緒美さん、そしてTamakiさんの活動応援してますね。私も、心の支えにして、活動していきます! 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL