マイコー雑記

行き来するもの書き留め場

「共通の土台」に同意し21世紀に必要とされる「ギフテッドネス」を育む集まり、夢をみることから始まる

2017年02月22日 | 子育て全般

昨日今日と、友人の娘ちゃん息子君を丸ごと2日間続けて預かってました。

 

子供たちにとってよかれと思う環境を整えつつ、

ああ、何家族か集まって、こうした環境を共に作っていけたら、

子供にとっても親にとっても、

そして未来の社会にとっても最高だよなあという思いは果てしなく広がり。

 

例えば具体的には以下のようなことをしていたのですが、

こうしたことも含めた活動を、

より「拡げて充実させ」取り組めるような集まり。

 

 

前回の記事

日常生活は「拡げ充実する」機会に溢れてますね、昨日1日での試み例

であげたポイントを心がけつつ

 

 ・自然探索&実験

オールアバウトに「自然体験が子供に与える影響&自然を楽しむ工夫10」をまとめました

山登り                      頂上!

  

魚とり

ダムづくり

ダッキーを救え!ミッション。プカプカとあちらこちら浮かばせたダッキーをリモートコントロールボートで集める。

    

おしゃべり

 


・アート&クラフト

小川からの帰り道、「石に色塗る?」と一言かけたところ、9歳、12歳、13歳の女の子たち、石集めに夢中になります。

「この木片はどうかな?」「このドングリもいい感じ」と目を輝かせ。

トレールで集めたあれこれが、

 

変身。

 

壁飾り                     日本をイメージしたそう。

  

紙飛行機

折り紙

 

 

・身体を動かす

身体を動かすことの大切さについて書いてきた記事)

サッカー

森で鬼ごっこ&かくれんぼ

各種ボール遊び

 


・ボードゲーム

 


・図書館で1時間ほど。本&漫画に夢中。

 


・料理

ブラウニー

クッキー

朝:パンケーキとヨーグルトとフルーツ野菜スムージー

昼:ミートソースパスタとスープと野菜スティック

夜:餃子とスープと野菜炒めと米

 

 

 

 

 

 

共通の土台として、

・「拡充学習」に興味がある

・「21世紀型能力」を育てることに関心がある

・子供を「成長の過程」ととらえ「多様なものさし」で見つめる

・熟練の指導者や体験を積んだ講師に学びつつも自らの直感も大切にする

といった内容に同意することを「参加条件」とする。

 

 (参考:

消費するだけでなく創造できる「ギフテッドネス」をどう開発する?教育学者レンズーリ氏の研究紹介

 ・世界中で提案される「21世紀型能力」とは? 次世代に求められる資質や能力って具体的に何なんでしょう?

直観力について書いてきた記事



親同士の勉強会も定期的にする。

フィードバックや研修を通して子供への「働きかけ方」を磨き続けられるようにする。

 

 

また、子育てのために、キャリアを上る道からは距離を置く選択をしたり、

社会的な活動のペースを落とした親って私の周りにもたくさんいるのですが、

そうした人々が子育て一段落したら、「運営側」にまわり、

子育てを通して培った知恵や体験を生かせる場にもする。

 

日本と、アラスカや米国東海岸にも支部を設け、

子供たちが海を行き来しての海外異文化を体験できるようにする。

そうして支部は、世界各地へと繋がっていく。

異文化について書いてきた記事

 

今の学校システムでは埋もれてしまうこともある、

21世紀に必要とされる子供たちの「ギフテッドネス」を育むために。

 

 

子供たちともみくちゃになりながら、そんな夢想をしていました。

夢をみることから始まりますね。

 

目の前の子供たちとの生活とともに、

長い目で見て少しでも夢に近づけるよう一歩一歩、歩いていきます!

みなさん、今日も良い日を!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日常生活は「拡げ充実する」... | トップ | 断乳?卒乳?いつがベスト?... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

子育て全般」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL