マイコー雑記

行き来するもの書き留め場

私の「ライフワーク」です!今の教育ではかられない「ギフト」を具体的に描き出し何ができるかを提示する

2017年01月27日 | お知らせ

形にしていきたいものが、具体的になってきました。

「これまで」を総合して、「これから」に繋げるために、

取り組んでいきます。

 

あれかな・これかなというアイデアはこれまでも色々あったんですが、

やっぱり、自分のコアバリューと、「がっちり合致」すると、

モーティベーションの勢いが違いますね。

 

これなら、

立ちはだかるだろう壁も、突き抜けていけるかも、

外に出て、広げていこうと動き回れるかも ← 元々人大好き。

という気持ちです。

 

形にしていきたいテーマは、

今の教育システムでは、はかられることのない「ギフト」:

子どもの持てる多様な「知」を具体的に描き出し、

子どもに関わる大人として、今何ができるかを提示する

といったようなもの。

 

偏差値や学業成績では、はかれない「知」がある。

 

そう聞くと、

そんなこと分かってるよ。

多くの方が、そう思うのではないでしょうか。

 

こうした感覚を、

より具体的現実的に表していけたらなと思っています。

そして今何ができるかの具体案を表していけたら。

 

 

これまでのリサーチ、そして、これからのリサーチ、

人類学を学びながらの世界中放浪旅

我が家の5人の子育て

夫の重度ディスレクシア

コミュニティー子育て支援活動

10年以上お世話になるギフテッドプログラム

大学、幼児教室、放課後スクール講師体験

子育て記事執筆

 

これらを合わせ、

一語一語つむいでいきたいです。

 

 

アインシュタインの言葉、まさにですね。

“Everybody is a genius. But if you judge a fish by its ability to climb a tree, it will live its whole life believing that it is stupid.”

皆天才だ。でも、もし「木を登る能力」で魚をはかるのならば、魚は、一生を通して、自分を馬鹿だと思い続けるだろう。



ライフワークです! 

燃えてますが、目の前の子育てとジャッグルしつつ、できるペースでこつこつと!

 

みなさん、楽しい週末を!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子育て生活で感情マックスに... | トップ | 嘔吐下痢ウイルスに家族皆倒... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しみにしています! (tamaki)
2017-01-28 07:14:01
すごく興味深いテーマです。そしてことばの端々から熱いエネルギーが伝わってきました!

いまの教育システムではかられない「ギフト」、本当にいろいろあるはずですよね。具体的なことばのリストだけでもあったらとても役に立ちそうです。

いま拡充学習についていろいろ調べていて思うのは、ギフテッドのお子さんを育てている方など、必要に迫られてこどもに合わせた才能の伸ばし方を実践、研究している方がたくさんいるんだろうなということです。

マイコーさんもいままでいろいろ試してこられたのですよね。

お忙しいと思いますが記事楽しみにしています。
こんにちは (奈緒美)
2017-01-28 14:20:27
自分のコアバリューとがっちり合致する形にしたいものが見えてきたんですね。いいですね。わたしもマイコさんの思いを重なるものをライフワークにしてずいぶんになります。
探求すればするほど魅力を感じています。マイコさんの言葉を目にして、(これまでうまく表現できないので、断念していたのですが)自分の大事にしてきたことを言語化していく勇気をいただきます。
tamakiさん、コメントありがとうございます! (マイコー)
2017-01-31 02:41:59
ふつふつと燃え上がる炎に対し、今実際に注ぐことのできる時間やエネルギーを思うと、自分の炎に焼き尽くされそうになりますよ。

でも、と立ち止まり。この目の前の生活も、必ず長い目で見て繋がっているから、と解釈し、少しでもできることをしていこうと自らに声をかけています。

>いまの教育システムではかられない「ギフト」、本当にいろいろあるはずですよね。具体的なことばのリストだけでもあったらとても役に立ちそうです。

「具体的な言葉のリスト」は、ガードナー氏の「多重知能理論(MI)」が最も有名なのでしょうね。そうですよね、身近により具体的に感じられる言葉がもっとあっていいですよね。普段の生活で、ああ、この子はこんな面が「力」なんだな、と見出しやすくなるような。

ひとまずよく分からなくても、「考える力」「表す力・創る力」「グリット」を育むことは、どんな方向に花開こうとも土台になるのだろうな、そう「レンズリー氏の3輪概念」を見ても思います。

「考える力」も自らの成長を支える土台になりますよね。


>いま拡充学習についていろいろ調べていて思うのは、ギフテッドのお子さんを育てている方など、必要に迫られてこどもに合わせた才能の伸ばし方を実践、研究している方がたくさんいるんだろうなということです。

「ギフテッド」とされる子が多様であるように、親の思いも多様であると思うのですが、「強烈さ」を持っている子も多いですから、そういう意味では、「分かりやすい」とも言えるのかもしれません。食いつきや、熱のこもり方も、強烈ゆえ、「あ、この子はこれね」と分かりやすかったりする。

ただ、「強烈さ」が周りにはより分かりにくい姿で現れる場合も多いですよね。内気さ、シャイさ、人見知り場所見知り、「いい子」などの様相で現れるケースです。他者の心の機微を強烈に感じ取りやすい子達。結果、他者や周りばかり優先し、自分を出せなくなってしまいます。「強烈さ」ゆえに、そうした傾向も強くなってしまう。

我が家にも、程度の差こそあれ、そうした傾向を持つ子もいるため、フォーカスを整えるようなサポートをするよう心がけています。

相手を尊重することは大切だけれど違うと思ったら同意しなくていいし結果嫌われてもしょうがない、友達は無理して大勢つくる必要なし、どう思われようが何を差し出せるかにフォーカス、失敗はよくなるための絶好のチャンス等々。

Tamakiさんの意欲&行動力、とても励みになります。私も、できることをしていきますね。ブログも楽しみに読ませていただいてます!
奈緒美さんへ、コメントありがとうございます! (マイコー)
2017-01-31 02:43:03
日々の子育てと日々の生活の糧を得ることと。「がっちり合致」の周りに今は幾重にも輪があるといった気持ちにもなります。それでも、たとえ今は繋がって見えなくても、必ず長い目でみたら繋がっているし、繋げていくんだと思っています。

「探究すればするほど魅力を感じています」という奈緒美さんの言葉に嬉しくなりつつ。

できることを、こつこつと続けていきますね。体現することが教授法のひとつとするならば、周りの大人が「レンズーリの3輪概念」のひとつ「タスクへのコミットメント」を体現することも、子どもの持てる力開花に向けてできることのひとつですね。
Unknown (tamaki)
2017-01-31 11:18:16
感染性の胃腸炎でみなさん大変だったのですね。冬は流行りますよね。うちは11月頃家族でかかりました。元気になられたようでなによりです。7人家族の切り盛りは、みんなが元気でもエネルギーを使いそうですが、他にもいろいろ活動してらっしゃるマイコーさんのバイタリティには尊敬の念しかありません。

目の前の生活は生活で楽しみつつ、ライフワークを楽しんでくださいね。これだ!と思えるものに出会えた幸せを大切に、喜びの炎を内側で燃やしつつ、一歩一歩ですね。

>ただ、「強烈さ」が周りにはより分かりにくい姿で現れる場合も多いですよね。内気さ、シャイさ、人見知り場所見知り、「いい子」などの様相で現れるケースです。他者の心の機微を強烈に感じ取りやすい子達。結果、他者や周りばかり優先し、自分を出せなくなってしまいます。「強烈さ」ゆえに、そうした傾向も強くなってしまう。

うちのこどもたちはどっちかというとこのタイプです。普段から対応には気を使ってますが、良いところを伸ばす攻めの姿勢も大切では?といろいろ学習方法を調べていてレンズーリにたどりついた感じです。他にもいろいろ取り入れていけたらとは思いますが。上の子が小学校に入って、なんとか嫌がらずに毎日行けるよう心を砕いているうちにあっという間に1年近くたってしまって。ひらがなや漢字の宿題につきあうだけで夕方になる毎日でしたが、それも落ち着いてきたので、これから家でプロジェクト的な楽しい学習ができたらと考えています。
tamakiさん、コメントありがとうございます! (マイコー)
2017-02-02 00:49:08
冬は流行るんですね。家族皆でこれほど「出し切った」のは、あるファストフード店の食事に「あたった」とき以来でした。Tamakiさん家も11月にかかられたんですね!ああ、まだ小さなお子さんがいらっしゃるから、大変でしたでしょうね。

「すごい週末だったね・・・」と時につぶやきあいながら、おかげさまで「皆通常通りの生活に戻っています。戻れば戻るで、変わらず目の回る毎日ですからね。元々私自身身体は強い方ではなかったんですが、すっかり鍛えられましたよ。(笑)

>目の前の生活は生活で楽しみつつ、ライフワークを楽しんでくださいね。これだ!と思えるものに出会えた幸せを大切に、喜びの炎を内側で燃やしつつ、一歩一歩ですね。

本当ですね、目の前の喜びをかみ締めつつ、ライフワークにできる範囲とペースで向き合っていきます。ありがとうございます。

Tamakiさん家の娘ちゃんたちも、一見分かりにくい「強烈さ」を持っているように見えるんですね。よい所を伸ばすために、レンズーリ氏の研究にたどり着いたとのこと、娘ちゃんたち、幸せですね。

1年生で宿題も軌道に乗り、プロジェクトなどへも目を向ける余裕が出てきたんですね。情報を集め、考え、試し、磨き。Tamakiさん家で練られていく試みを、楽しみにしています!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL