マイコー雑記

行き来するもの書き留め場

「受け入れる(accept)」でなくても「認める(acknowledge)」でいい

2016年10月13日 | 子育て全般

「マインドフルである」ためのトレーニングなどで、

「自らの思考や感情に気づき、認める

と言われることがあります。

 

この「認める(acknowledge)」というところに、

「受け入れる(accept)」という言葉が用いられることもあります。

 

「自らの思考や感情に気づき、受け入れる」と。

 

でも私自身は、

それらの思考や感情の存在を「認める」でいい、

そう思います。

 

「受け入れる」と自分の枠内に囲う必要はない。

思考も感情も、選択しない限り、

誰のものでもないんですから。

 

 

 

これは、子育てでも同じだなあと思うんです。

 

よく、子供の気持ちを「受け入れて」やりましょう、

子供のできなさ、足りなさもひっくるめて、「受け入れて」やりましょう、

というようなことが言われます。

 

この「受け入れる」というのも、

「認める」でいいよなあと。

もしくは、「受け止める」「抱きしめる」かなあと。

 

痛かったね、辛かったね、悲しかったね、と

子供の気持ちを「受け止めて」てやる。

できなさ、足りなさもひっくるめて、

子供の存在を「認め」「抱きしめて」やる。

 

 

思考も感情も子供も、

変化し続けています。

「入れる」と、自身の枠内に囲う必要はないんです。

 

 

言葉のニュアンスの問題ですが、

親の気持ち的に、私自身がそうであったように、

楽になる方もいるんじゃないかな、そう思います。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子育て風景、少しずつ掛け違... | トップ | 脳全体に働きかけるイメージ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL