「学び方の上手い人・下手な人」

メルマガへのご意見・ご質問をまとめたページです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ゆらぎ」

2009年04月30日 12時45分00秒 | Weblog

「ゆらぎ」



青山学院大学で開催されたセミナー「大人の学びって何だろう?」に参加した
帰り道、池袋駅でスパゲッティー屋によりました。

もうすぐラストオーダーという時間だったのですが、隣にカップルが座り、
メニューを見始めました。


その時、ふと


「大人は 

 “他人は他人、自分は自分”

   と思える人ではないか?」


と思いました。



つまり大人は「確固たる自分」をもっている。
子供には「確固たる自分」はまだ確立されていない。


そう考えると、大人が学ぶためには「確固たる自分」をもっていても
「柔軟」に学ぶ、本人の姿勢が必要なのでは?


では、どんな時に「確固たる自分」をもっている大人が「柔軟」に学べるのか?


それは、

つらい体験をした時や、追い詰められた時、悩んでいる時、苦しんでいる時、

「今までの自分のやり方、考え方では上手くいかない」と思う時、

大人は柔軟に学ぶ姿勢をもてるのでは?


過去の経験などから培われてきた「確固たる自分」が「ゆらいでいる時」に

大人は学ぶのでは?


環境が変わり未知の体験をせざるを得なくなったり、
自分の過去の常識が通用せず自信を失ったりしたときに、

大人は学ぶのでは?



つまり大人が学ぶためには「ゆらぎ」が必要なのでは?・・・


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「与えすぎると、考えなくなる」

2008年10月30日 06時12分25秒 | Weblog

「与えすぎると、考えなくなる」 



ある2代目経営者の方が、こんなことをおっしゃっていました。


「会社として、現場の営業に役立つツールを用意している。

 ただ、先代の社長に言わせると、昔はそういうツールがなかったら、

 自分の頭で考え、工夫する営業が多かった。」


“与えすぎると、考えなくなる”ということでしょうか。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「失敗 = ?」 

2008年04月01日 09時40分15秒 | Weblog
「失敗 = ?」 



投資家の石橋明佳さんが、対談で面白い話をされていました。


「(投資に)失敗して、“あー・・・”と、落ち込む瞬間が好き。

 そういう時にこそ、学びがあるから。」


              (日本経営合理化協会 月刊CD経営塾より)



「失敗 = 学びのチャンス」と捉えられれば、

失敗することが怖くなくなるかもしれませんね。


**********************************************************************



もちろん、「余裕があるから」失敗しても寛容でいられる

というのはあるかもしれません。




余裕がない、あとがない、せっぱつまっている・・・


そんな状況でも、失敗を学びのチャンスと捉えられるのか。

失敗を恐れずに、前へ一歩踏み出せるのか。



それが、違いを分けるのかもしれませんね。



**********************************************************************
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「目標ハガキ」

2007年12月30日 05時30分50秒 | Weblog
「目標ハガキ」



数年前から、妻と「目標ハガキ」の交換をしています。

毎年12月末に、1年間の活動を振り返り、次の年の目標を立てます。
その目標を、ハガキに書き、お互い交換するのです。


私は「使命・家族・健康・仕事・金銭・勉強・執筆・地域・奉仕」などの
観点から、来年自分がやりたいことを書きます。


妻の目標ハガキを見ると、彼女が「何を大事に考えているのか」が見えてきます。



目標には、その人が「大事にしたいこと」が現れてくるのかもしれませんね。




**********************************************************************

◎今号の質問!    「目標ハガキ」



    あなたが、08年に「大事にしたいこと」は何ですか?



**********************************************************************
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「チャンス(機会)をくれる人」

2007年10月30日 14時12分34秒 | Weblog
「チャンス(機会)をくれる人」



先日、お客様からこんな投げかけをされました。

「関根さんの所で、○○をお願いできませんか?」


普段は、研修のお手伝いをさせて頂いている会社さんです。

今回の投げかけは、研修とは違うのですが、
是非やってみようと思い、その仕事をお請けしました。


このお客様は、今回のような投げかけだけでなく、
こちらからの様々な提案も受け止めて下さいます。

「やってみましょうよ!」と、色々なことを試させてくれます。

この会社さんで実施した内容が、その後の商品開発に
つながっていることも多々あります。


チャンスをくれる人は、こちらが気づいていない可能性も
引き出してくれる貴重な存在なのでしょうね。




**********************************************************************

◎今週の質問!    「チャンス(機会)をくれる人」



  あなたも気づいていない可能性を引き出してくれる人は誰ですか?



**********************************************************************
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「独り占めしようとすると」

2007年08月31日 12時11分50秒 | Weblog

「独り占めしようとすると」



昨日、人財ラボさん主催

「ASTD2007報告会 人材開発国際会議シンポジウム」に参加してきました。


印象に残ったのが、「情報をシェア(共有)する」という言葉です。


情報を独り占めしようとするのではなく、できるだけ多くの人とシェアする。

そうすることで、新たな情報が入ってくる。情報と情報が結びつく。



独り占めしようとすればするほど、学べないのかもしれませんね。



**********************************************************************

◎今週の質問!    「独り占めしようとすると」




     「あなたは、情報をシェア(共有)していますか?」




**********************************************************************
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「答えを教えない」

2007年07月30日 13時03分52秒 | Weblog

「答えを教えない」



「10の利益モデル」という本を読みました。
その中で、こんな問いかけがありました。


「最後に、私から『答え』を言わない問題を出題しておきたいと思います。

 (中略)
 
 自分で『考える』ことは大変苦痛ですが、
 それをしないと進化できないということなのでしょう。」


自分は会社員時代、答えをすぐに教えてもらおうとしていたように思います。

答えを教えてもらえないと、イラついたり、
「何で教えてくれないんだ!」と思ったりしました。



答えを教えてもらう方がラク。自分で考えるのは苦痛。

ラクをしてしまうと、結局あとで苦労するのかもしれませんね。



**********************************************************************

◎今週の質問!    「答えを教えない」



「あなたが『答えを教えて欲しい』と思ったときは、どんなときでしたか?」



**********************************************************************
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

「教える側の工夫」

2007年06月24日 23時40分18秒 | Weblog

「教える側の工夫」



ASTDという研修業界の国際会議に参加してきました。

私は「人の学びを手助けする」という観点から
「体験・参加型研修の企画運営」に関するセッションに多く参加しました。


そこで感じたのは、アメリカ人講師たちの工夫です。

・聴衆とのやりとり ・場面に応じた音楽の使い分け ・体験ゲームの実施など。


聴衆に「何かを得て帰ってもらいたい」という熱意が感じられました。


相手が学べるよう手助けするためには、教える側に様々な工夫が必要ですね。



**********************************************************************


◎今週の質問!    「教える側の工夫」



 教える側として、

  「あなたは、どんな工夫をしていますか?」


 学ぶ側として、

  「どんな工夫があると、学びやすいですか?」



**********************************************************************
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「厳しい言葉をくれる人」

2007年05月28日 11時00分11秒 | Weblog

「厳しい言葉をくれる人」



最近、二人の方に「厳しい言葉」をもらいました。


「本も出しすぎると、すり減らされる。飽きられる。」  出版社の方

「関根君の今のレベルなら誰でも行ける。
 問題は、継続できるかどうか。」   先輩経営者の方


そのときは、ズキッと胸が痛みます。顔がこわばります。
「自分のために言ってくれている」と分かっていても、そのときはつらいです。


だからこそ「厳しい言葉」は自分の中に残り、血肉になっていくのかもしれませんね。


**********************************************************************

◎今週の質問!    「厳しい言葉をくれる人」


 
 
   「あなたが最近もらった“厳しい言葉”は何ですか?」




**********************************************************************
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

「自分はまだまだ」

2007年04月30日 11時59分41秒 | Weblog
「自分はまだまだ」



東京大学の中原淳准教授主催のフォーラム「企業研修の先にある未来」に
参加してきました。


・講演内容 ・中原先生の要約 ・的をついたコメント



「俺は、まだまだ勉強不足だな・・・」と、少し落ち込みました。


本を何冊か書き、雑誌やウェブにも記事を寄稿し、新聞からも取材を
受けるようになってきて、それなりに自信をもっていたつもりでした。



「自分はまだまだ」


こう思える機会は、貴重ですね。



===============================

◎今週の質問!    「自分はまだまだ」



 「あなたが“自分はまだまだ”と思ったときは、どんな時でしたか?」



===============================
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加