元損害調査員の事故解決談

損害保険会社の人身事故の損害調査員として経験した数々の案件を参考に、ブログに頂いたご質問への回答。

乗用車と自転車の衝突事故で怪我

2017-04-24 06:56:43 | 人身の損害賠償

 【ご質問】

 自転車で見通しが良く道幅も同じくらいで信号も無い交差点で乗用車と衝突してしまいました。車も自転車もスピードが出ていなかったのですが、雨が降っていたので傘を差していたので自分の方に停止線があるのを見落としていました。自分は転倒した際に足の打撲と擦過傷で病院で治療をしております。治療費等は相手の車の保険会社が支払う事になておりますが、休業損害等も支払って貰えるでしょうか。自分の過失が大きい様ですので損害賠償としてどこまで請求できるか心配です。

 【お答えします】

 交通事故でのお怪我にお見舞い申しあ上げます。傷害の損害賠償は強制保険である自賠責保険を基礎にして支払いますが、自賠責保険には限度額がありますので限度額を超えた場合や社会通念上当然賠償責任があるが自賠責保険では認定できない分を任意保険で補填する事に成ります。相手の車の保険会社が一括対応をすると云う事は相手の車の方の過失が大きいと判断しての事だと思います。従って自賠責保険の傷害の限度内の総額で120万円で収まれば減額無しで治療費、通院交通費、休業損害、慰謝料等が支払われます。しかし賠償金が自賠責補保険の限度額を超えますと過失割合での賠償に成りますので過失分が減額される事に成ります。但し減額されても自賠責保険の限度額を下回る事はありませんから120万円までは支払われる事に成ります。

           (自宅の近くの池の畔から眺めた赤城山)

           

 

 

 

『保険』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 保険会社の担当者の対応が納... | トップ | 保険会社からの計算書に付いて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

人身の損害賠償」カテゴリの最新記事