元損害調査員の事故解決談

損害保険会社の人身事故の損害調査員として経験した数々の案件を参考に、ブログに頂いたご質問への回答。

後遺障害に必要なレントゲン写真に付いて

2017-06-20 06:57:55 | 人身の損害賠償

 【ご質問】

 病院に勤務する者ですが保険会社が要求するレントゲン写真に付いての質問です。保険会社から時々レントゲン写真の貸し出しを依頼されます、そこでレントゲン写真のデジタル化を検討しております。後遺障害の申請の時に必要らしいのですが、今迄の様に画像を貸し出すのでは無くデジタル画像をCDにして有料で提供しようかと考えております。尚レントゲン写真が必要なのは後遺障害の審査の時だけでしょうか。

 【お答えします】

 先ずレントゲン写真を必要とするのは後遺障害の申請の時と、被害者の治療が長引いて何等かの対策が必要な場合に保険会社の顧問医に見解を聞いて参考にする場合でしょう。後遺障害の審査をする損害保険料算出機構の地区の調査事務所で、後遺症診断書に初診時と症状固定時までの診断書と診療報酬明細書のコピーと受傷部位にもよりますが、初診時と症状固定時のレントゲン写真の添付が要求されます。また治療が長期化した場合や受傷部位の状態の確認等で今後の対策の参考にする様な時に必要になるでしょう。今迄は病院からレントゲン写真を借りてその後返却する方法が多かったようですが、最近は医療機関が有料でレントゲン写真のコピーを提供するケースが増えた様です。

             (自宅の近くの池の畔から眺めた赤城山)

             

『保険』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どうなるギプス固定期間の扱いは | トップ | 賠償として何処までタクシー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

人身の損害賠償」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL