元損害調査員の事故解決談

損害保険会社の人身事故の損害調査員として経験した数々の案件を参考に、ブログに頂いたご質問への回答。

加害者請求の休業損害の請求は

2017-06-15 08:38:44 | 人身の損害賠償

 【ご質問】

 事情があって任意保険の契約が無い車で人身事故を起こしてしまいました。お怪我をされた相手の方から会社で休業損害証明書を作成して貰うので用紙を送って頂きたいと云ってこられました。休んだのは10日間でパートで時給が800円で1日5時間の勤務だそうです。支払いは5時間×800円×10日として40,000円と考えれば良いのでしょうか。まだ請求されていませんが立て替え払いをして、後で自賠責保険から回収できるのでしょうか。お金を準備する必要があるので教えて下さい。

 【お答えします】

 交通事故の遭遇にお見舞い申し上げます。パートタイマーの休業損害に付いてのご質問ですのでご説明いたします。相手の方がどの様な形で提出されるのかは分かりませんが、パートタイマーの場合1ヶ月に20日以上1日6時間以上または週に30時間以上の勤務で実収入が5,700円以下の場合は5,700円で計算します。また就労日数が少ない場合は、休んだ日数×(過去3ヶ月の実収入÷90日が一日分)が支払いの目途になります。ご質問の場合月に幾日働いているのか不明ですので月収が分かりません、従って勤務する予定日の休職日が10日と考えればこの金額を補償すれば問題は無いでしょう。加害者請求も被害者請求も損害金が10万円を超えた場合と、治療が終わった時点で自賠責保険に請求する事が出来ます。何れの場合も診断書と診療報酬明細書が必要なので病院の支払いもする必要があるでしょう。また加害者請求の場合は示談をする必要があります。休業損害証明書の用紙は保険会社から自賠責保険の請求書類の中に有ります。

             (自宅の近くの池の畔から眺めた赤城山)

             

『保険』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 慰藉料の自賠や任意の支払い... | トップ | 担当者が医師に症状固定と云... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL