元損害調査員の事故解決談

損害保険会社の人身事故の損害調査員として経験した数々の案件を参考に、ブログに頂いたご質問への回答。

休業損害と眼鏡の損害の補償は

2011-03-23 08:55:38 | 人身の損害賠償

 【山田のホームページへのメール】

 失業中に交通事故に遭遇しました、幸いにも再就職が決まっていたのですが事故の怪我の為に出社できません、この様な場合は休業損害の補償は無いのでしょうか。また事故の際にコンタクトレンズが駄目になってしまいましたので眼科で購入しました、これは賠償の対象になるでしょうか。

                群馬県高崎市   小山亜矢子  (26才)  

 【お答えします】

 再就職で決まっている状態で事故に遭遇したのは不運でしたね。ご質問の状態での休業損害の補償についてですが、損害賠償の基礎である自賠責保険の規定では勤務予定であった会社との契約書などの取り決めが証明された物があり、その中に給与や勤務時間や日数などが判るものがあれば会社で休業損害証明書を作成して頂きその書類のコピーを添付すればそれ相当の金額が支払いをして頂けます。休業損害証明書だけで証明書類が用意できない場合は自賠責保険の休業損害の定額である5,700円が支払い金額になります。但し自賠責保険の総額の120万円を超えた場合は任意保険での対応になり認定方法が変わる事もあります。また失業保険を受給中であった場合は支払い対象になりません。尚、コンタクトレンズは眼鏡と同じで5万円を限度に自賠責保険でも認定します。

                       (名前は仮名)

    (前橋出身の「海」「チューリップ」「うぐいす」等の作曲家井上武士の石碑の一つ)

                     

         ≪ブックマークの『事故で困った』が私のホームページです。≫

『保険』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月19日に頂いたご質問の回答 | トップ | 休業損害で休日の扱いはどう... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL