元損害調査員の事故解決談

損害保険会社の人身事故の損害調査員として経験した数々の案件を参考に、ブログに頂いたご質問への回答。

後遺障害の認定に付いての疑問

2017-07-11 06:19:32 | 人身の損害賠償

 【ご質問】

 後遺障害の認定に付いて良く分からないので教えて下さい。交通事故で怪我をして通院治療をしておりましたが、先日医師から後遺障害の申請を勧められました。早速治療を中止にして後遺症診断書を作成して頂き、対応してる相手の保険会社に郵送しました。相手の保険会社の担当者のが電話が有り『この診断書の内奥では後遺障害の認定は無理だと思うので申請しても無駄だと思いますよ。』と云ってきました。後遺症診断書を作成して下さった先生には高い等級は無理でしょうが14級位なら認定されるでしょうと云われました。保険会社の担当者に云われて通り諦めなければならないでしょうか、頸椎捻挫による手の痺れが依然として続いております。

 【お答えします】

 交通事故で後遺障害に成るかも知れないよなお怪我にお見舞い申しあげます。ご質問の内容から頸椎捻挫に関する後遺障害の様ですが、確かに頸椎捻挫に係る後遺障害の認定は難しい様です。後遺障害の申請は受傷の部位によりますが、治療が治癒とか中止で終わったから一定期間経過観察して医師が症状固定と判断した段階で後遺症診断書を作成して頂く訳です。ご質問の内容を拝見しますと治療が中止後直ぐに後遺症診断書を作成したようですが審査をする損害保険料率算出機構の地区の調査事務所から経過観察をしてから後遺症診断書を作成して貰う様に云われる可能性があります。頸椎捻挫に関する後遺障害は第12級も第14級も神経症状を残すものとありますので神経症状が決めてになる様です。医師が後遺障害に該当するであろうと云うのであれば十分該当の可能性があるのでしょうから保険会社の担当者に申請の手続きをして貰う事です。担当者の云う通り非該当であれば異議申し立てもできます。

                               (自宅の近くの池の畔から眺めた赤城山)

           

『保険』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 治療の終了時期と慰謝料に付いて | トップ | 今迄の治療費を知る方法は »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL