まも

乗り鉄、撮り鉄、作り鉄 ブログ製作開始2005.9.19

南東北右半分の旅 その8

2017-06-17 06:41:43 | 取材班

おはようございます。

今日はなんとか梅雨らしい天気になりそう、かな

さて、はじめます。

高城町駅に到着しました。

ここで仙石線とはお別れです。

列車は、分岐線手前で一旦停止します。

ポイントが分岐側に変わっているのを確認しゆっくりと進入します。

ここからは架線がありません、つまり非電化なのでディーゼルエンジンとバッテリーのハイブリットで駆動します。

仙石線は直流、東北本線は交流、コストの高い交直流電車を開発するならばいっそのことハイブリットでということで導入されたのでしょう。謎が解けました!

右手に東北本線が見えてまいりました。

中継信号は停止を示してます。

信号は赤、手前で停止します。

青に変わりました。

進行します。

東北本線上に乗りました。

左手には仙石線が見えます。

仙台まではお別れです。

つづく

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南東北右半分の旅 その7 | トップ | 南東北右半分の旅 その9 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (なる)
2017-06-18 23:47:35
交直流からハイブリッドなんですね~!
展望席からの眺めも最高です(微笑)
Unknown (まも)
2017-06-20 06:45:22
なるさん、おはようございます。

交直流電車たかいですからねえ
保守点検も大変なのでしょう。

渡り線通過はちょっとしたショーですよw

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。