MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処

箱根西麓の山の上で 自然な生き方を模索する日々

足場

2017-03-06 16:09:25 | komako

突然インターネットにつながらなくなり、四苦八苦、

電器屋さんのちょっとしたアドバイスで、元通り、

目に見えない物の世界の不思議は、キツネにつままれたようです。

先週で長屋の屋根の工事が終わりましたが、足場の意味を再認識しました。

足場は、作業する人が歩いたり足を置いたりするためだけの物では無いのですね。

職人さんが安心して仕事をするための役割が大きいということを、痛感しました。

屋根の上からの景色は、眺めるのは爽快! 作業は怖いです。

板金屋さんもスムーズに作業が進み、数日で終わりました。

足場屋さんが組み立てた物を1週間足らずで解体、ちょっと惜しい気がしました。

足場屋さんの見事な解体作業を見ながら、(親って足場かな)ふと思いました。

命を落とすような大けがだけは防ぐ、私はその程度の足場がいいです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 農園は準備万端 | トップ | 毎日野菜 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くるみ)
2017-03-06 17:52:32
高い所が苦手な私は、足場は怖いように思うのですが、無かったらもっともっと怖いでしょうね。うちも久しぶりに外壁の塗装などの工事をしたとき、家中足場とシートに包まれて息苦しいほどでしたが、確かに安全と言う意味だったんですね。
足場のように見つめる親、なりたいものです。さっぱりとした、おばあちゃんにもなりたいものだと思い始めています。
くるみさんへ (komako)
2017-03-07 18:28:12
私も屋根に上ってみて、足場があるだけで全然違うということが分かりました。
街中では隣に迷惑がかからないようシートも張るので、住んでいる場合は辛いですね。

コメントを投稿

komako」カテゴリの最新記事