MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処

箱根西麓の山の上で 自然な生き方を模索する日々

桃之助の隣

2016-12-28 13:51:07 | 富士山

一昨年だったか世和土木の社長に、並んで立っていたヒノキを伐ってもらいました。

その結果、道路の少し下からも富士山が見えるようになりました。

太い幹が何本も出ている木が、私が桃之助と勝手に名前を付けた桜です。

MAMMAにある大きな2本の桜を二人の息子に重ねて名前を付けたのですが、

名札を付けた訳でもなく、心の中でただ思っているだけのこと。

それなのに、桜の木を見ると自然に息子を思います。

まいぺぇすの記念樹を見ると、じゅんちゃんとたかちゃんを思います。

忘れたくない人は、木にしよう、そんな気になりました。

安倍首相がパールハーバーを慰霊の為に訪れました。

国同士の関係上、謝罪ということはお互いにしないということでしょう。

スピーチでアメリカの人々に感謝の気持ちを伝えたことは、良かったと思いました。

個人同士のケンカなら、両方に言い分があるとしても、

正しくない方がきちんと謝ることをしなければ、解決はしません。

「ごめんなさいとありがとう」簡単な言葉なのに、とても重い言葉です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クヌギの切り株 | トップ | イチゴの紅葉 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くるみ)
2016-12-28 18:00:39
思い出の木や、大事な人の木、とてもいいですね。
うちの狭い庭にも亡き義母の植えた椿や、私の植えた椿などがありますし、畑には夫の植えた杏子や柚子の木があります。花が咲いても、実がなっても思い出します。実家には父の大切にしてきた木がいっぱい残っています。
姉弟で思い出を語る時いつも登場してくる柿の木もあるんです。孫が生まれたら、記念に木を植えようかしら。
くるみさんへ (komako)
2016-12-29 10:34:07
私が作っているミニ自然公園には、山や庭に自然に出てきた苗木を植えています。
植える場所を考えて、ほとんどはあまり大きくならない木を選びます。
お孫さんの記念樹選び、楽しんでください。

コメントを投稿

富士山」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。