MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処

箱根西麓の山の上で 自然な生き方を模索する日々

アレルギーショック

2017-06-17 21:39:14 | komako

午前中、大斜面の上から2段目の草刈りをしたのですが、

急にのどが痛くなり、顔がムシムシしてきました。

のどの痛み方があまりに急で激しいし、なんか変。

ちょっと休憩した方がいいと判断し、家に戻りました。

顔がチクチクするのですぐに水道でバシャバシャ洗い、

眼もかゆくなってきたので、流水で良く洗いました。

ところが洗い終わったとたん、顔が変形していくような感じがしたのです。

のどが痛くて腫れていき、詰まっていくような感じもします。

気分も悪くなり、着替えて部屋に戻って鏡を見たら!!!

右目が腫れて開けられず、左目も半分くらいしか開いていません。

こんな顔を見たのは初めてで、なんじゃこりゃ!と思いました。

のども腫れているので言葉が出しにくい、ふと思いついたのが、

アナフィラキシーショックという言葉です。

私の場合はアレルギー反応が激しく出たと考えて、その薬を飲みました。

1時間くらい安静にしていたら、眼も開いてきて、腫れも少し引きました。

食欲も出てきたのでパンを食べ、午後は部屋にいることにしました。

大分落ち着いたので、パソコンで手紙を書くことにしました。

夕方、長屋の前から今日の現場写真を撮ったのですが、原因が分かりません。

草刈りは毎日やっていることだし・・・。

いつもと違うのは、以前切ったクヌギの枯れ枝があったこと。

刈れたクヌギの葉っぱが原因?それともカヤ?

この時間になっても、眼の周囲の腫れとのどの痛みは残っています。

雨が降らないので乾燥が激しいから、草などの細かい粉が飛んでいるのかも?

大変な一日でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今のところ順調 | トップ | 天気の境目 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くるみ)
2017-06-18 16:44:56
大変でしたね。私も、いろいろなものにアレルギーがあるので、わかります。息苦しいというのは、アナフラキシーショックかもしれません。気を付けてくださいね。エディペンが、急な時には効果的と聞いています。
季節が違っても、ケムシの毛が風に舞ったり、蛾がうっかり目に飛びこんで、白目がとろんとろんに腫れてしまったこともあります。何が原因かわかるといいですね。お大事にして下さい。
くるみさんへ (komako)
2017-06-18 22:48:41
以前白眼がとろんとすることはありましたが、瞼も眼の下も腫れて、目が開かなくなりました。
喉がおかしくなって、アレルギーの怖さを実感しました。
花粉症の季節は終わったと安心していたのですが、常に気を付けなければと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。