MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処

箱根西麓の山の上で 自然な生き方を模索する日々

可愛さの終わり

2016-10-19 22:18:42 | おもしろい

あの大きな黒猫の息子、チビ黒がこの頃またやって来るようになりました。

ビクとは正反対に、人懐っこい性格で、ニャオニャオ近づいて来ます。

つい先日はまだ小さくて可愛かったのが、もうビクと同じ位の大きさです。

人間から見れば、あの大きな黒猫と父子関係であるのは間違いないと思えます。

人懐っこさ、鳴き方、転がり方、何より真っ黒な姿、こんなに似るものかと驚きます。

多分ブータンが母親なので、両親とも人懐っこい性格ですから、不思議ではありません。

雄猫は父親の自覚とか、感じるのでしょうか?

この黒猫の父と息子の関係を、当猫同士は気づいているのでしょうか?

昨日は父親の黒猫が来ていたので、どちらも近くにいるはずです。

このチビ黒もすぐに大きくなってしまうと思うと、今が可愛さの最終段階?

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゆとりの栞 | トップ | 海外旅行 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くるみ)
2016-10-20 16:56:44
猫も犬も人の何倍もの速さで生きるんですね。だからこそ子猫子犬の時のかわいさが、際立っているのでしょうか。
すぐに大人になってしまった以前の家の飼い犬のことを思い出しました。
くるみさんへ (komako)
2016-10-22 14:57:53
小さきものの可愛さは、人も犬猫も同じですね。
犬猫の生長の速さにはびっくりしますが、寿命を考えると犬猫の一日は人間の五日分位なのかな?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。