記憶の彼方へ

カラーとモノクロの写真と一緒に
日頃のなにげないエピソードや
ホッとするコトバを♪

流行に囚われない生き方

2016年10月19日 21時18分59秒 | Weblog
10/15,16の2日間、モードとアートのコラボイベントを無事盛況に終えることができた

昨年の秋から始めて、今年の5月と今回で3回目になる。場所は渋谷の松濤美術館のすぐそば。渋谷駅からお散歩がてらちょうどいい距離
私は迷子になり易いので、京王井の頭線の神泉駅から来る

この場所、初めて利用したときから2人ともが大のお気に入りのギャラリーとなってしまったアクセスの良さと、なによりこの丁度いい空間、さりげなく演出してくれている階段も大きなポイント

友人は、パリやミラノから買い付けてきた、彼女独特のセンスあふれるお洋服やアクセサリーを展示販売する
私はまっ白い壁に、フランスやニューヨークで撮影したモノクロ写真を、展示販売するのだ

絵画と違って、どちらかと言うと写真を飾る習慣のない日本人にとって、残念ながら作品を買うまでには至らないただ、フランス繋がりで出逢った友人とのこのイベント、私も楽しいしモノクロ写真を見てもらえるチャンスなので今後も続ける予定

この2日間のイベントで改めて感じたこと

雑誌やテレビで作り上げられるトレンドを求める人が少なくなっているってこと。
全員じゃないだろうけど、少なくとも友人のお客様はそう。
私も20代の頃は、流行に飛びついていたけれど、今はあえてそういう商法には絶対に乗りたくない出来る限り稀なデザイン、国内では見たことのない色遣い、ボタンの使い方、ちょっぴり遊びごころのある形などを探し求めてしまう。そして、時代に左右されないデザインであること
さらに、イタリアやパリのいいところは、デザインもさる事ながら発色が美しいこと

子供の時には抵抗があった「個性的」と、言われることに快感を覚えるくらい、ひと味違った装いで、自分を表現したい。

身のこなしは、そのひとの人となり。

通うたびに少しずつセンスが磨かれ、愛おしいお洋服にめぐり逢える友人のお店、オススメです

Rive Gauche



2日限りのお店はこんな感じです。

パリのブティックのような雰囲気です。

来年のカレンダーは今年弾丸でおとずれたNY
ご希望の方は、コメントをいただくか、下記にメッセージをください。
fine-art-photographer@masumin.info
1部¥1,500です(送料別)数に限りがあります。
詳細はこちら
http://masumin.info
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仰天な履歴書!? | トップ | くるくるが気になる!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。