記憶の彼方へ

カラーとモノクロの写真と一緒に
日頃のなにげないエピソードや
ホッとするコトバを♪

ABCクッキングレッスン

2017年12月14日 00時20分50秒 | Weblog

先日たまたま見つけたweb広告で、気になるメニューがあったのでABCクッキングの500円体験レッスンに参加した
場所は丸の内の国際ビルディングの地下2F。

メニューは、ミートソースグラタンとフォッカチャ
ミートソースを使うという点では、先週末に受けたTadakuのアレッサンドロさんのラザニアと似ているが、グラタンバージョンも気になる

今回のミートソースは、若干酸味が強かった。
自分で作るときはホワイトソースをジャガイモに絡めてみよう。
こうして比較することで、自分の好みを再確認出来るのも楽しい。

さらに、フォッカチャは思いの外簡単にできることを知り、是非自分でも作りたい一品となった。基本のプレーン味が解れば、ドライトマトやオリーブ、抹茶などを加えたアレンジも利く!!

ただ、イースト菌を加えた小麦粉に、一気に水を混ぜるのが大変。明日筋肉痛になっていそう
発酵させた後の手で捏ねるのは結構楽しいよ!!
焼きたてのフォッカチャが期待以上に美味しくて、しあわせな気分になれた

体験レッスンだから、通常はお料理を習いに来たい人が参加するはず。誠に申し訳ないが、私の場合、習う目的ではないことを告げると、気軽に参加できる1dayレッスンを教えてくれた。これなら好きなメニューの時に参加すればいいので、私にぴったり

参加者の中に、すでにコースを受講していて4年も通っている人がいた
今日はご友人と参加されていたけど、趣味として続けているそう。男性の生徒さんもいるようで、夕飯を作ってお教室で食べて帰るなんて方もいるようです!!お酒は飲み放題というから、楽しい夕飯になるね

私みたいに単発で好みのメニューの時に参加するもよし、基本から学びたい人は是非コースで受けてみると良さそうです


グラタン皿の底に、レンジでチンしたジャガイモ、ミートソース、チーズの順。
私のアレンジは、底にホワイトソースに絡めたジャガイモ、ミートソース、チーズだ!!
あるいは、ミートソースの上にホワイトソース、チーズかな。

レッスンの後、念願の怖い絵展へ。
風はないけど寒空の中、待ち続けました。

カイロを貼ってきて大正解!!

図録は買わず、こちらを購入。
改めて解説を読んでみたい。

美術館の後は、クリスマスコンサートへ。

音は聞くことは出来なかったが、立派なパイプオルガンです。


怖い絵のひみつ。 「怖い絵」スペシャルブック
中野 京子
KADOKAWA

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスリースレッスン

2017年12月13日 00時17分06秒 | Weblog

あと2週間弱でクリスマス
今年もリースのレッスンに友人と一緒に参加した

場所は表参道駅降りてA4出口を左に進む。この通りは初めて歩いたかも
プラダの斬新なデザインのビルやレンガ造りなど個性的な建物が並んでいて、ポカポカ日和なら散策にぴったりな雰囲気だ。こんど、改めて来てみよう

リース作りでいちばん苦手なのが、芯となる円形ワイヤーにモミを巻きつける作業。均一な厚みをつけることが出来ない
丸とは程遠い、モミがあっち向いたりこっち向いた状態から、先生が綺麗に円形に直してくれた

飾り付け用のパーツがいくつかあり、大体の配置を決めてから実際に固定する。
まず一番大きなピンク色のリボンの置く場所を決めた
全てのパーツを使うかどうかは自由。私はシンプルなのが好きだから、あえて残したパーツもいくつかあった。
そうそう、不思議な法則?発見!!
左利きの人は、この大きなピンク色のリボンを右側に置くのがしっくりくるそう。
我々、右利きの場合は左側がしっくりくる。これって何か理由あるのかな???

仕上がりを特別イメージしていたわけではないぱっと見の印象で好きかキライかを判断してパーツを配置していった
こんな時、いつも無口になって黙々と手を動かすタイプ

モミを巻く作業はいちばんビリだったけど、出来上がるのはいちばんだった。

リースがあると、お部屋の雰囲気がグッと暖かく感じますよ


シンプルを狙ったはずが、、、
使わなかったパーツは数種類あったけど、シンプルな仕上がりとも言えない
でもじぶんの好きなバランスを保ったリース

昨年作ったリースは、新しい子が来たのでお役御免です。
お疲れさま〜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

念願のラザニア

2017年12月10日 22時30分51秒 | Weblog

昨日はTadakuのクッキングレッスン、「イタリアン ラザーニャ ボロニエーゼ」に参加した

今から27年程前、大学の研修旅行で初めてイタリアを訪れた時、同級生と食べたラザニアの美味しさに、みんなで驚嘆した
うる覚えだが、確かメニューには無かったんだけど、無理を言ってお願いしたのだ出来上がるまでかなり時間はかかったが、待った甲斐はあった
それ以来、あの味を自分で再現したいと思い続けて数十年
作ったことのある友達には簡単だと聞かされていたけど、同じ味を出せる自信がなくて、なかなか実行に移せずにいた

今回のレッスンは9割型、先生が作るのを見るタイプ。だから、わかった気にならないよう、写真に加え動画も撮影した

ミートソースはお肉たっぷりの具だくさんソース
コトコト地道に煮詰めていく。レッスン時間だけでは足りないため、既に煮込まれていた。
パスタも自分で作る。こちらも既に小麦粉と卵を混ぜて捏ねられた生地がラップに包まれ、かたまりになって用意されていた。
ラザニアの生地は厚さ1ミリほどが理想的
見たことはあったが、実際に使ったことはなかったパスタマシンから、薄いパスタが出てくるのを見たら欲しくなった
綿棒で伸ばすには至難の業だもんね

いつもハインツの缶詰で、ホワイトソースを作ったことはなかったが、ナツメグを擦った粉を加えるんだねなんとも言えない、漢方薬らしい香りだった

大きめのバットにホワイトソース、パスタ、ホワイトソース、ミートソース、粉末状のパルミジャーノレッジャーノの順に4層ほど重ね、最後のパルミジャーノは大目に振りかける。これは焼きあがった時のクリスピー食感を作るため

焼きあがったラザニアを見て、みんな大興奮

赤ワインで乾杯して、戴いたこれなら私も作ってみたい是非とも生パスタから
ちょうど今、アマゾンのサイバーマンデーでお得になっていたのでパスタマシンを早速注文した

前回のタダクから一年半ぶりだったけど、異国のお料理と文化を知ることは楽しいね。
次は何処の国のレッスンに参加しようかな!






ホストはアレッサンドロさんです!











ティラミスもメニューにあります。
以前受けたイタリアンのレッスンで習っていたので、おさらい出来ました!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピーマン大好き

2017年12月07日 08時48分48秒 | Weblog


子供の時はあまり好んで食べなかった生のピーマン、今は狂ったように食べている
カットする時は、ピーマンを鼻先に持って行き、香りを楽しむ。ものによってはあまり香りがしないのもある

たまたまテレビで見たレシピにハマり、いまは家族や友人、知人にオリジナルのレシピ(シーチキンを加えてます)を伝えピーマンファンを増やし続けている

そこで、今まで捨てていたピーマンの種とワタが、なにやらカラダにいいらしいと知り、新たなメニューを考えたのでお知らせしたい

ただし、ニュークイックというお肉屋さんのひき肉とおかず生姜が必要なので、手に入れにくい場合は、ソースを工夫してみてね

ピーマンの細切り塩昆布、シーチキン和えは、名前の通り、ピーマンを縦に細切りにし、塩昆布を適量加えて、冷蔵庫で30分寝かす
塩昆布がしんなり馴染んだら、シーチキンを加えて混ぜれば出来上がり
姉はさらにレンジで温め、ピーマンをしんなりさせてしまうが、わたしはピーマンのシャキシャキ感を楽しみたいので、レンジはご法度

さて、取り除いた種とワタの行き先を紹介
ニュークイックで、ゆず胡椒入つみれ用ひき肉と混ぜ、さらに高知のアンテナショップで売っている「万能おかずしょうが」を大さじ2杯ほどまぜて捏ねる。

これをフライパンでハンバーグのように焼くだけ。
まだやってみてないけど、鍋用につみれにしてもいいね!

味付けは十分!ピーマンの種としょうがの食感がポイント
食感に命を懸ける私には幸せの逸品である

ぜひお試しください!!

ピーマンと塩昆布を加え塩昆布がしんなりするまで寝かせます。

塩昆布がなじんだら、シーチキンを加えて出来上がり

こんなに出る種とワタ、今まで捨てていました





ご飯が進みます!

ワンプレートディナーの完成!!

さすがにヘタは使い道がないかと思ったら、食べることはできるようです。
今回は捨てました!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親だからこそのコトバ

2017年12月03日 22時58分20秒 | Weblog

今日は予備校時代からの親友と、当時お世話になっていた英語の先生の3人で銀座で再会

2人は2児の親でもある。未経験のわたしには解らない、親の気持ちを知ることとなった。
先生は、まさに絵に描いたような親バカ、いや本人曰く、「ばか親っぷり」を披露していた

結婚のイメージすら感じさせなかった先生だったから、あまりのギャップに驚いたけど、なんだか微笑ましかった
そんな会話の中で、親友の放ったコトバが、琴線に触れた

「若い時は異性など、他人にカッコよく見せようとオシャレもしたけど、オッサンになるとどうでも良くなる今は何もしないし考えない。オッサンは楽だな
それに対して親友は、
「カッコ良く見られたい対象が、ただ単にこどもに変わっただけですよ。
私だって我が子に認めてもらえる親でありたいと思う。」

先生も私もウルッと来た後から知ったけど、言った親友もウルッと来ていた

なるほどね
親の気持ちってそういうもんなんだぁ、と初めて知った
あくまで親にならなければ、解らないこと
でも、自分の親の気持ちを知らされた気がした。

まあ、子供にとってはカッコ悪い親だって構わないんだけどね。他人に迷惑をかけさえしなければ
まあ、多額の借金とかは勘弁して欲しいけど、家族にかける迷惑なら許せるんじゃないかな

かっこいい悪いはあまり関係なくて、その時その時を「幸せ」と感じているかどうかが、子供にとっての幸せの基準なのだ




再会する前に、新宿三丁目で降りるはずが、間違えて四谷三丁目で降りてしまったうっかりさん
駅員さんに「丸井に行きたいんですが、」と言ったら、「マルショウ」ですか?
と聞かれ、「いえ、丸井です!」と答え、なんで丸井知らないの?と内心呆れていたけど、
三丁目違いに気づき、そそくさと去った
タイトなスケジュールだったので、丸井に行くのは諦め
予定変更して銀座の駅チカのスタバで時間つぶしました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加