記憶の彼方へ

カラーとモノクロの写真と一緒に
日頃のなにげないエピソードや
ホッとするコトバを♪

作り手が見える安心感

2017年04月27日 23時27分20秒 | Weblog
この間実家に帰った時のこと
近くに新しい回転寿司が出来たようで、いつみても車が並んでいて人気らしい。一度行ってみようという事になった

明る過ぎるくらいの店内に入ると、いつも元気良く声を張り上げる板前さんが一人もいない
回転寿司だったはずだけど、お寿司は回転していない。テーブルがびっしり並んでいるだけ。実に違和感厨房もどこにあるのか不明

受付のお姉さんに「〇〇テーブルにどうぞ」と言われてテーブル番号の書かれた伝票を受け取った。席には案内しないシステムらしい。

壁に貼られた店内の配置図を確認して、指定のテーブルについた。タッチパネルで注文するシステムなのだと、この時理解した。
親は全くのお手上げ状態なので、タッチパネルのそばに私が座った。

まずは、中トロの味を試してみよう
ところが、タッチパネルで中トロを探すも見つからない
「中トロないよ」と私が言うと、「寿司屋で無いわけないだろう!」と笑って言う親
だが、いくら探しても無いのだ。当然のごとく、大トロなんて以ての外

とりあえず、鉄火巻きとマグロだけを頼んだ
新幹線みたいな車両?にのったマグロが高速でやってきて、テーブル横で急停止した。そのマグロの色を見て私は新たに注文する気を失った

結局、早々に見切りをつけ、行き慣れている銚子丸で、それぞれいつものように好きなネタを食べた

最近はこういうシステムが人気なのかな?
申し訳ないが、私は馴染めない
なぜって作り手が見えない不安があるからだ。
特に、握るお寿司の場合は、誰がつくっているのか解らないものを何の疑いもなく口に入れるなんて怖くて出来ない。
まあ、このお店の場合、ロボットかもしれないけどね

先日、イタリアンのお店でランチを頂いた。
初めてのお店だ。
まず、席に通された時点でテーブルセッティングの美しさに感動し、メニューの細かな説明、食べ方のアドバイスなどを受け、わくわく感が倍増。どのメニューも美しく、美味しくて大満足だった最後、お会計が終わりコートを羽織っている時、私たちに向かって、「本日担当しましたシェフでございます」と、厨房から出てきたシェフを紹介してくれた。

この方が作ってくれたんだ!!意外と若い人だったんだね
きちんとご挨拶してくれたことで、より一層印象深くなる

どんな人が作っているのかが解ると、より満足感が増すのは私だけ

余談
今日、レストランの予約で利用しているとあるサイトから、アンケートメールが来た
内容はレストランなどで、今後ハイテクが利用できるとしたら、何を望むか?といった内容だった。タッチパネルでの注文の是非を問う項目もあった。

そもそも、食事をいただく場でハイテクは望んでいない


このお皿の色、大好きです。



国産牛トリッパのトマト煮込みとスカモルツァチーズのオーブン焼き

サルディーニャ産カラスミと本日の魚介のスパゲッティ

青森県産鴨のラグーで和えたタリアッテレ

本日の鮮魚のポワレ タイム風味のレモンソース

カモミールのジェラートとブランマンジェ
夏らしい鮮やかな色合い

食後のコーヒーと一緒にいただくお菓子

ラストリカート

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7年ぶりの台湾 part 5

2017年04月24日 14時09分42秒 | Weblog

とうとう台北最後の日
飛行機が15時過ぎなので、市内を12過ぎ時には出たい。桃園空港でパイナップルケーキを買いたいのでもう少し早くてもいい。
限られた時間を最大限使いこなさなきゃ

まずホテルを9時に出て、予め台北駅でチェックインをしに行った。友達が教えてくれたのだが、今年の4月から桃園空港の市内でのチェックインが可能になったのだ。キャリーバッグを預け、搭乗券を空港ではなく台北駅で受け取るなんて初体験!!今回は小さなキャリーバッグだったけど、大きなスーツケースの時はありがたいサービスだ。
身軽になって、残りの滞在時間を有意義に過ごせます。荷物を預ける場所では、係の人が親切に案内してくれます。自分の荷物が無事に運ばれる様子を、係の人とモニターで確認したらおしまい。簡単です

身も心も身軽になり、次に向かう場所はホテルオークラ。こちらのパイナップルケーキも食べてみたい。
早速タクシーで向かった
ホテルの一階、NINEというオークラ特製ベーカリーで買うことが出来る。
まるで百人一首が入っていそうな立派な箱に、すべて違う柄のパッケージで丁寧に包まれている。しかもずっしりと重い
身軽になったのはほんの束の間となった

次は、前日友人と散策した迪化街へ。
ここは写真を撮るのが楽しい街です
そうそう。台湾はタクシーが信じられないほど安いメトロよりもタクシーでの移動が楽チンです。

最後は新光三越のデパ地下へ。
目的のお土産は手に入れていたので、特別欲しいものはなく早々に店を出た
ホテルの近くに胡椒餅のお店があり、食べたことがないので、遅い朝ごはんとしてホテルで食べた。ジューシーなお肉が沢山入っていて、ピリリと効いた胡椒がアクセント。出来たてなので美味しかった。実はホテルは朝食付きだったけど、毎晩お腹いっぱい食べていたので、規定の時間内に入る隙間はなくコーヒーだけ飲みに行った。

12時のチェックアウトきっかりにホテルを出た。桃園空港MRTで台北駅から桃園空港駅までひと乗り。快速は35分です。

空港に着くなり、サニーヒルズへ直行。南青山にもお店があるようですが、本場で買いたいなんと5箱も買ってしまった。手がちぎれそうに重かったので、小さなカートを見つけてきてカラカラ引いて歩いた

疲れちゃったからほとんど見なかったけど、空港内も色々なお店があって、楽しめそうです。
まだまだ、やり残したことがいっぱいだから、出来たら年内にもう一度来たいな


日本もこんなサービスがあったら便利だね。

新しく建設されている台北駅。地上からだと従来の駅の少し離れた横にあります。

ほら!百人一首みたいでしょ!

この包装紙、取って置いてあります!パズルみたいに合わせて何か作る予定!

迪化街で見つけた可愛いオブジェ。こういうの、大好きです。

お店や、病院、お寺などを示しています。これはお花屋さんかな?

新光三越前にいたライオン!百獣の王ライオンは、地球までも支配していた?!

ここが胡椒餅のお店。お餅と言うよりは肉まんを鉄板で焼き揚げた感じ。

サニーヒルズ発見
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7年ぶりの台湾 part 4

2017年04月24日 01時20分04秒 | Weblog

さすがに歩き疲れたようで、九份から台北までのバスでは2人とも寝てしまった
何度か目が覚めたのち、やっと台北市内に到着。雨はすっかり止んでいた

さぁ、これからカラスミを買いに行きます
迪化街という所にお店はある。一人で行くには迷子になりそうな場所だが、友達のおかげですんなり見つけることが出来た。幸せ
念のため、味見をして好きな味かどうかを確認!!ねっとりした食感の、ちょうどいい塩加減だった一つ目のお土産を無事に手にいれることが出来た

せっかくなので、古い町並みの迪化街も散策。洋風な建物も多く、漢方薬のお店や、布地屋さん、ドライフルーツ、燕の巣、見たことのない食材のお店を見るのは全然飽きない。

6時くらいになり、友達オススメの屋台で夕飯を食べた。魚のフライがトッピングされたサッパリ麺サクサクのお魚、美味しかった右隣のお店では臭豆腐のフライを販売していた。臭豆腐はそのままだとにおいがキツくてニガテと言ったら、「揚げてあるのはにおいが控えめだよ」と言い、試しに食べてごらんと、友達が買いに行った。

おっかなびっくり箸を口に持っていくと、確かにかすかににおいがするだけ恐る恐る噛んで見ると、まるで出来立ての厚揚げだった。チリソースと大根の酢漬、お好みで一緒に食べると更に食べやすい。
結局半分ずつキレイに食べ切れた臭豆腐の概念が少し崩れた

お腹もいっぱいになった所で、最後に桂花烏龍茶を買いに、友達がいつも買っているお茶屋さんに連れて行ってもらった。台北駅、新光三越のそばにあるお店だ。
はじめは気づかなかったが、日本語が通じる店員さんだと判ったので、友達に訳してもらう必要はなかった逆に友達が店員さんに、私と何を話していたかを台湾語で尋ねていた
まずは試飲。友達がパイナップルケーキの試食もお願いしてくれたので、お茶と一緒いただきました。ちょっとした食後のデザートになった。ここで桂花烏龍茶を無事に手にいれることが出来た。

友達と別れ際に、昼間、私が気になっていたフルーツを売る出店があった。「ホテルで食べてみて!」と、ひとつ買ってくれた。まるでお祭りに来た子供のように嬉しかった

友達とはここでお別れ思いっきりハグをした
そして、友人とのパリでの出逢いを、心から感謝した。友達はもちろん台湾の人達は、とても親切だと改めて実感した。お店に行っても、タクシーに乗っても、公共の場でも、常にあたたかく接してくれる。
だからこそ、また行きたいと感じたのだ
つづく


からすみのお店、「永久號」

迪化街にあるここは、有名な恋愛成就のお寺だそう。お願いしておけばよかったかな?

お茶をしたかったお店は閉店間近でした。ASW tea house

唐揚げみたいに見えるのが、揚げたお魚です。

味のある看板。

これが屋台で売っていたフルーツ。蓮霧というそうです。
(フトモモ科ジャワフトモモの果実)
味はりんごに似ています。食感は食べたことのないサクサク感。

台北駅はライトアップされていて、7色位、色が変化します。
赤が一番好き。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7年ぶりの台湾 part 2

2017年04月23日 00時40分07秒 | Weblog

欣葉では、写真付きのメニューがあるので、とっても便利言語が異なる国では文字の羅列にしか見えないメニューは難解だけど、見た目でわかるって幸せ
しかもページをめくるたび、あれもこれも食べたくなって困っちゃう
2人だけだから、残すといけないので友達のアドバイスを受けながら注文
まだ注文し足りない気分だったが、お店のお姉さんが2人には量が多いと笑ってアドバイス
テンションマックスだった胃も、さすがに多すぎてギブアップでもテイクアウト用にパックに詰めてくれます。謝謝

濃いめでコクのある味の台湾料理、大好きです

翌日は友達が住んでいる基隆まで、1人でバスに乗って行かないといけない。
バス乗り場を確認しに、台北駅バスターミナルへ向かった。
急に7年前に見た台北駅の風景を思い出した
あの時は夜に着き、桃園国際空港からバスに乗ってひとり台北駅まで来た。
台北駅で写真学校の同期のIと待ち合わせしていたけど、なかなか巡り会えず心細い思いをしたっけ
バス降車場に面した台北駅出口にあるセブンイレブンで待ち合わせたが、このセブンイレブン、どの出口にもあったのだ充電が切れそうな携帯で、お互い「セブンイレブン前にいるよ、どこにいるの?」となり、無事再会できたのは待ち合わせから1時間以上後になっていた
その話を聞いた友達は大爆笑
次回からは、出口の方角と番号を伝えると間違いないよ、と教えてくれた。
どの入り口にもセブンイレブンがあるなんて、、、想定外だ
つづく



豚の角煮、ほろほろです!コラーゲンたっぷり!

牡蠣のサッパリスープ。ほっとする優しい味です。

大好きなエビがパリパリ麺に包まれてます

台湾らしいお料理だそうです。この濃い味付け、クセになります。

からすみ入りチャーハン。

こんな感じに詰めてくれます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7年ぶりの台湾 part 3

2017年04月22日 23時54分55秒 | Weblog


翌日は予報通りの雨
ホテルの前でタクシーに乗り、前日おさらいした場所に向かったが、幸か不幸か台北バス乗り場が見えないかなり手前で降ろしてくれた
タクシーのドアが開くと、何故か大きな黒い傘をさしたスーツの男性が立っている行き先を英語で尋ねてきたので、台北バスターミナルと答えたら、男性が指を指した方向に向かって一緒に歩くことに。
建物の入り口に来ると去って行った。

五つ星ホテルの前でもないし、こんな親切な人がいるんだと驚いた。お陰で雨に濡れずに済んだが、この後迷子になった昨日見たバスターミナルが見つからない。建物の中を通った先と言われたが、恐ろしく先だった
汗だくでなんとかたどり着き、バスに乗り込んだ

40分弱で友達の住む基隆に到着港町とは知らなかったので、降りるときに運転手さんに基隆で間違いないかを確認した
豪華客船が停まる大きな港だった後から友達に聞いたけど、沖縄からの船も来るようです。
程なくして無事に友達と合流
バスで1時間ほど揺られて九份に着いた。
中に入ると、小さなお店がひしめき合って並んでいる。味見をすすめる店員さんに手を伸ばす観光客。買わなくてもニッコリ笑って見送ってくれる。
ここでは有名なヌガーと、林銀杏というアーモンドの粉を溶かして飲むお茶を味見した。杏仁パウダーで、ほっとする味に思わず購入!!ビタミンEと蛋白質が豊富なお茶です。コーヒーや紅茶に混ぜても良いそうです。
どのお店の人も丁寧に説明してくれるけど、言葉が全くわからないので友達に英語に訳してもらって理解した

悲しいことに晴れ女の私でも雨は止まなかった。ただ、写真を撮るにはいい光加減だった
さらに想定外なことに思いの外寒かった前日が33度だったのに、今日は15度くらい。寒がる私を見た友達はリュックからストールを出して貸してくれた

ランタンの独特な赤い色が雲がかかった空に鮮やかに映える。この赤いランタン、理由はわからないけど懐かしく感じた
そしてついに、念願だった千と千尋の神隠しの舞台を発見
この映画の舞台と言われている場所は他にもあるけど、日本語で書かれた文字を見るとここが本当の場所かと思い、なんだか嬉しくなった。
来てよかったぁ
つづく


基隆の街です。右奥に豪華客船が停まっています

九份のお店街

ついに見つけたぁ!!

湯婆婆はどこかな?

お昼ご飯は魯肉飯とお魚のすり身入りスープ。

デザートはタロ芋のスイーツ。おしるこみたいです。

日本では見たことのないフルーツが並んでいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加