B級グルメ&徒然なる生活探訪クアラルンプール2

マレーシア&都心KLでのいろいろ生活探訪情報。お店のグルメ情報甘口辛口感じたままを徒然なるままに発見の毎日あれやこれや。

地震のない?マレーシアに学べるかと、立川の「防災館」の「地震体験室」でユラユラ揺れて来た。

2016年11月19日 | 驚き日記2

 にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ         

      

  

 立川には、思い出があるんですが、今日はその郷愁に浸ることなく、駅に

降り立つ。「IKEA」もあるんです。クアラルンプールのカーブの横の

「イケア」、チェラスの「イケア」を思い出しました。世界の「IKEA」

は、立川にも「行けやー」で出店です。レストランまで画一され同じです。

 

 

さて、消防署の隣にある「立川防災館」です。東京に滞在中の地震への

心構えは、やはり必要デショ~と感じました。

東京の数か所に限らず、地方でも小学生をはじめ、いろんな方が少しでもと

防災訓練の体験をしているようですが、私達は、仕事で忙しく、そんな暇は

なかった。今回ふと気が向いただけですが、その時に心構えだけは備えねば

思います。実際その瞬間は、ホントに何もかも頭が真っ白でしょうけれど。

 

 

 

理念は、「守る・救う・消す」・・・・だ・・そうですよ。

キャッチフレーズは、「体験が高める防災力」・・と謳ってます。

 

・・・こういう難しいDVDも・・観ます・・勉強になります。

 

 

 

さて、ここでは

 ・・・・ 防災体験コーナーの種別として、・・・・

①防災ミニシアター ②地震体験コーナー ③煙体験コーナー 

④応急救護体験コーナー ⑤消火体験コーナーなどがあるようです。

※各体験コーナーの詳細は、ホームページで。

 

 

”その時”のための「グッズ?」身を助ける道具類・・・・・・

 

地震が起きると・・こうなるよ・・・の、現場・状況・展示。

 

向こうに見えるのが、部屋になっていて、部屋全体がグラグラッと揺れ

ます。縦揺れと、横揺れの2つの種類。ガスコンロあり、トイレあり、

玄関ドアあり、ブレーカーあり、テーブルあり、のセットになっています。

それらが、その時の注意するポイントになっていて、その説明があります。

 

 

この日の体験は、平日最後の、閉館真近の、夕方の時間でした。私達と

市民の方達で計8人です。分かりにくいけど写真の正面は、地震の強震

が襲い、テーブルの脚を抑えている様子です。・・交替で体験。

 

注意点がありました。ある時、お婆さんが体験したらしいですが、太い

テーブルの脚に掴まったはいいのですが、揺れは人工的ではあるけれど、

鎖骨を折ったそうです。確かに自分も体験したけど、しっかりつかむと

揺れの振動と反動で、鎖骨にかなり衝撃が来ます。持ち方も問題かな・・

・・だけど、実際の時は、そんなこと言ってられないなぁ。

・・・・・・・・・つかむので、精一杯だよね。たぶん。

 

 

 詳しくはこの下・・立川防災館の場合。煙体験や消火訓練等もあるようです。

 http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-ttbskan/tachi-sisetu.htm

 

 そして無料で学べる・・東京及び各県の防災センター&防災館を調べました。

 http://www.rurubu.com/season/special/tada/list.aspx?gc=7

 

この歳でそういう防災館などには行ったことがなかった。日本にいた時でも、

仕事が忙しくて、それどこじゃなかったからね。だから軽く体験してみた。

日本にいる間に、機会があれば、行って、そして、見るのもいいと思います。

 

日頃、ある時は、防御の「”防妻?”」に陥る。

・・マレーシアにいると「平和ボケ」と共に「時差ボケ防災ボケ」だ。

・・・・「ボケ茄子」と言われないように

・・・・・・・・・「頭の細胞(🔁防災)ボケ」は防ぎたいなぁ~・・ね。

 有難うございます励みになってますお手数でもポチクリをお願い致します

にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ他の方々のブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも作成中。

             

      

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嬉しい「日本の紹介」が増え... | トップ | マレーシアでずっと我慢して... »
最近の画像もっと見る