マレーシア発見・再発見!快傑ハリマオに会いに来たのです。

ジイの毎日新発見伝!暮らしの中の再発見、人生いろいろあるけど、あったけど「今」をゆっくり前向きに生きていきたいな。

注意!だましのテクニック。彼女たち怒れ!モノ乞い、お金乞いにも注意。ニセ札と同じかな。

2018年02月13日 | 危険情報・注意喚起

 にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ        

        

  

 

マレーシアのニセ札に関してはローカルから時々動画で送られてくる。

インクが簡単に剥げてしまう紙幣の写真とか、金属的に光るあの縦の

ラインが小さかったり、無かったり・・・・

 

こういうメモ帳、日本で買った・・これ等は楽しい部類に入るけど。

 

これは、ニセ札というよりも、お遊びの1億円(壱億円)だけど、日本で

数枚持っていた。開いたら電卓だったりする壱億円もあったし、額縁風

模擬の壱億円もあったし・・・・。

 

ある有名な熱海温泉が発行した純金風呂CMの大きな「壱億円」もあった。

持ってないのに「壱億円」が好きです。これって「一応、喰えん」存在だけど。

 

 

過去に日本人会館の掲示板に注意として貼ってあった100リンギット札

のことは、巷でも、ショッピングセンターなどで、こっちが出すときも確認

する事も必要かと。

 

あるショップでは、青い判別用の専用蛍光灯で真券、偽札の確認をするし、

あるお店では、レジのスタッフが、天井の蛍光灯の灯りにかざし、確かめる

ことが多い。その度にマレーシアでも偽札が横行しているんだなぁ~と思う。

 

見本ー真券 、見本ー偽札・・の見分け方って言うけど、そこまで正直、気を

張ってない。でも、せめて、両替は、信頼のおける大きなチェンジャーがいい

と思う。

 

透かしたとき・・マレーシア元首相像が明るすぎとか、真券は、両面にインタ

グリオ凹版印刷が感じられるが、偽札の場合、感じられないとかあるけど・・

・・・正直、その辺の細かいところは分からないなぁ。

 

 

 

 

最後に、締めくくり。・・・・・タイランドの面白いYouTubeです。

 

以前に、クアラルンプールのミッバリー駅前で、物乞いをする困っている人

の事を書いたけど、今日は、お金乞いをする「悪い輩」の人のYouTube。

「笑い」があるけどね。”ニセ札”という「人をだますテクニック」と同じだな。

 

彼女たち・・・怒れ怒れ!!  ダマし男・・・あわてろ、あわてろ!!

 

 有難うございます励みになってますお手数ですけどポチクリを嬉しいです

   にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ    

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

          

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ブラックから「ホワイトチア... | トップ | 「歩きスマホ」危険だってば... »
最近の画像もっと見る

危険情報・注意喚起」カテゴリの最新記事