マレーシア発見・再発見!快傑ハリマオに会いに来たのです。

ジイの毎日新発見伝!暮らしの中の再発見、人生いろいろあるけど、あったけど「今」をゆっくり前向きに生きていきたいな。

マレーシアで懐かし「ニジマス」を塩焼で焼いてみた。現地で普通、手に入らない、

2017年11月14日 | B級以上目指してグルメ

 にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ        

        

  

ニジマスはマレーシアでは冷凍なので自然解凍後、塩を振り、ぬめりと

水分をキッチンペーパーでふき取る。振り塩はほどほど、今回はフライ

パン焼きなので尻尾やヒレなどへの、飾り塩が出来ない。

味の調整はあとで自由に、「醤油を少しかける、かけない」・・で。

 

 

マレーシアでは普通、手に入らない、懐かし「ニジマス」を塩焼で

 

焼いてみた。スバンジャヤにある業務用のお店で買ったもの。本当は

 

”自家製の金串”で、ニジマスをうねらせて刺して、姿塩焼と言いたい

 

ところだが、コンロに油が落ち煙は煙エン延々なので、やめることに。

 

今回はフライパンでやっつけた。

 

 

 

ちなみに”自家製金串”とは、以前に太めの真鍮の針金を購入し、先端を

 

やすりでとがらせ、炉端焼き風にくねらせて焼けるように試したことが

 

あるもの。大事に保管はしてある。

 

数十年前の、オートキャンプ、キャンプファイヤーを思い出す。

ニジマスには、その思い出がある。

 

 しっかし、ウチの皿は、ほとんどブル―カラー。皿をそんなにも買え

ないので必然的に、写真映りは、同じになる。ダイソー皿もあるし。

・・でも、そんなもの、瀬戸物の皿にのせて食べられるだけ幸せかも。

 

ニジマスって日本ではあまりにポピュラー。日本にいた時、釣り堀など

でのルアー釣りでよくお世話になったっけ。懐かしいというか冷凍パック

とはいえ、まさかマレーシアでお目にかかれるとは。

 

 

ちなみに今回のこれは、2匹真空パック入りで、614g:RM39.34で。

1匹約20リンギ、、安かろう高かろう、食べられるだけ幸せ。値段は

気にしない。・・・・脂がほどほどにあり、美味しかったですよ。

 

・・やっぱりニジマスはシンプルに「塩焼き」が一番だ。

・・・・先日作った自家製「メートル・ドテルバター」の、

・・・・・・レモンの皮の酸味がほどよくマッチして、おいヒイ。

・・・・・・・・・ニジマスの塩焼き・・ウチの奥さんに好評だった。

 

 有難うございます励みになってますお手数ですけどポチクリを嬉しいです

   にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ    

参考までに:他の方々の面白ブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも。

          

***********************************

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« このトリック、マジック、マ... | トップ | パワフルな画像です。考えさ... »
最近の画像もっと見る

B級以上目指してグルメ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。