マレーシア発見・再発見!快傑ハリマオに会いに来たのです。

ジイの毎日新発見伝!暮らしの中の再発見、人生いろいろあるけど、あったけど「今」をゆっくり前向きに生きていきたいな。

KLIA2空港の「水」はどこにあるの?そして「水飲み場」事件簿。「日本一時帰国」記録開始。まずはエアアジアに乗る。

2016年10月15日 | 旅行

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ        

      

  

日本に一時帰国がやって来た。あっという間に行って、あっという間に

帰ってくるけど書くことは多い。しばらく、マレーシア事情と日本事情

の交互でいきます。

 

 

 

 

ずっとエアアジア利用だったけど、もしかしたら、今後ANAとか他の

航空会社になるかも。他の会社はちょっとは高いけど、プロモ含めて

安くなってきたから。ただ、到着時間とか、羽田か成田、前泊か後泊か

などで、いろいろ検討アリ。・・早めの一時帰国考察準備が必要か。

 

 

ある事情で、KLIA2空港に早く行かねばならず日本式のレストランに入った。

何でここでもラーメンを喰うの?という事ですが、麺喰い、試すのが好きだから。

味はイマイチ残念。会社オーナーは香港。日本の良さの吸収は、まだまだだね。

 

 

 

そうは言いつつ、KLIA2には、日本の良さ、日本の紹介の看板が目立つ。

 

・・さて7時間の空路。食事はどうしまショ。機内で普通に食べるなら

機内食・・そうせねばなりませんが・・ここで有名な「SUBWAY」で

お好みのサンドイッチを買う事に。

 

コレって持ち込みはホントはやってはいけないのです。エアアジア食、

・・ちょっと飽きちゃったからなぁ~。コレッ・・やっちゃいけません。

(食べるなら、他の人の食事時間内&暗くなってからデス)(ここだけの・・ハ・ナ・シ

 

 

 

 

「SABWEY」のサンドイッチ、中々いけます。キュウリピクルスの

南蛮漬けをトッピング・・これが美味しさのポイントなり。

(・・・・あくまで、機内では食べちゃいけません・・デス)

 

 

でも、作ってもらいました。エアアジアのアテンダントのこの女性も、

しっかりここで、同じように買っていきました。休憩の時に、機内で

食べるのでしょう。

私達はダメ・・・アテンダントは、特別OKですね。・・了解ですゥ。

 

 

・・以前にも書いたけど、この空港のゴミ箱は面白い反応をします。

以前出した画像は、これが光に反応して壁に人の顔に見えることです。

ホントに偶然ですが、そう見えるんです。 (過去の写真が探せない)

 

 

 

KLIA2の空港では、行き先のルートにより、荷物検査とイミグレの後、

水はどこにも売ってない。ペットボトルも売ってない。売っているのは、

カップ式のストロー付き。

 

ペットボトル「水」売り場が再開したり閉まったり。国際線と国内線

では違ったり、例えば国内線のコタキナバル間では、水の持ち込みは全く

OKだし・・コレって変なの?どこでショ・・規制の基準が分からない。

・・危険性は、国内線だろうが国際線だろうが全く同じ事のはずなのに。

 

水の補給方法で一番いいのは?やったことがありますが、ペットボトルの

空を持ち込むか、空の水の容器を持ち込み、下のここで補充することですね。

 

しかし、今回、残念無念発見は、下のコレ。・・茶色のものは何でしょう?

 

誰かの・・自分の容器に入れてあった「お茶の葉っぱ」だと思うけど、

ここに捨てているんですよね。ゴミ箱じゃないんだし、イヤですよね。

 

どこの国とは言いませんが、近隣の大国の話。YouTubeで見たことが

あります。こういう水飲み場の穴に向けて、親が子供を抱えて股を広げ

させ、おしっこをさせている光景でした。・・ったくシンジラレナ~イ

ビックリです、ガックリです。コックリ、口を開けて、アングリです。

 

 

 

 ・・・さて、いよいよ、エアアジアで日本へ飛び立ちます。

・・・・・・短い滞在期間、ビッチシ予定があり。

・・・・・・・・・「お茶を濁してる」場合じゃありません。

 

  有難うございます励みになってますお手数ですけどポチクリ嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ他の方々のブログ拝見はこの下からも。動画紹介専門ブログも作成中。

             

      

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 女性100人のダンスダンスダン... | トップ | こんな何もしない「大漁の魚... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。