飛んでルクセンブールクぅー♪

日本よりもっと小さな国へ来ちゃった私の奮闘記。

うっひょっひょー(´∀`)

2016-12-28 00:34:23 | 生活
ルクセンブルク語を始めた当初の目的をふと思い出しました
それは「Bommy(おばあちゃん)とおしゃべりすること」

日本の両親の祖父母はすでに他界してしまっていたので、
このおばあちゃんが私の唯一のおばあちゃんなのです

この80歳超えのおばあちゃん、ちょースゴいんですよ
お酒をよく飲み・・・(この前のクリスマスディナーではワインをグラス5杯 
食事をよく食べ・・・(入れ歯だけど 笑)
耳もしっかり聞こえ・・・(冗談めちゃめちゃ言います
とても驚異的なおばあちゃんなのです

去年の今頃はまったくルクセンブルク語が話せなくて、
おばあちゃんがせっかくいっぱいおしゃべりしてくれているのに、
何を言っているのか全く分かりませんでした・・・

それがすごく悲しくて・・・
それがきっかけで、「おばあちゃんとコミュニケーションとれるようになりたい」って思ったのが
私の目標となったのです

「相方の国の言語だから勉強したいな」っていうかわいい理由など決してなく、
Bommyが私のやる気の源
はい私、相方よりBommyのこと愛しちゃってますから(笑)

そんな私は、実は昨日のラクレット・ランチのときに、
おばあちゃんと2人きりでおしゃべりできたのですムフフ

まぁ内容としては大したことはなく、
 「ルクセンブルクの買い物は高い」
 「おばあちゃんの眼鏡は1000ユーロする」
 「おばあちゃんの入れ歯は2000ユーロする」
 「アルマーニジーンズは200ユーロする」
 「日本の魚は新鮮で安いが、ルクセンブルクの魚は高くて鮮度はあまり良くない」

なーんていう「値段が高い(笑)」っていうことが話題のしょーもない会話でしたが、
私にとっては大きな進歩

誰の通訳も介さず、誰の力も借りず、
本当に2人きりでおしゃべりしたのです
とても嬉しかった

でもその反面、まだまだだなぁと痛感
当たり前ですよね、まだ1年しか勉強してないので、
そんなに簡単にすべてを理解できてたら、誰も苦労はしません

おばあちゃんはシンプルな言葉でゆっくり説明してくれてたので、私にも理解できたのですが、
やはりネイティブが自然なスピードで話される他の人たちの会話にはまだついていけなくて、
自然と頭の中が真っ白&空っぽに・・・
お坊さんのように頭の中が「無」になり、思考停止(笑)

もう1年がんばったら、もっと会話ができるようになれるかな?
今回のおばあちゃんとの会話は単語をつなげただけの拙い文章だったので、
来年にはもっと驚かせるぐらい成長していたいです
(というか、1年に1度しか会わないわけではないんですけどね

そんなおばあちゃん。
12月29日が誕生日で、その日はお誕生日会があるのです

こんな年末に生まれただなんて、
にぎやかなのが気になってお母さんのお腹から出てきちゃったのかな?
クリスマスで大忙しだっただろうに、誕生日の準備は大変だったろうなぁ(笑)

実はまだ誕生日プレゼントを決めてなくて・・・
今日か明日には決めないと

この時期イベントが目白押しでてんやわんやな我が家
日本にいたときより忙しいよぅ・・・
ぬくぬくしたコタツでみかんを食べて、ゴロ寝・・・なんてする暇ないぞ~
(んだからこっちにはコタツがないのか←そんなわけではない 笑)

みなさまもあと5日の2016年、一緒に走り抜けましょう
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 怒涛の毎日・・・((+_+)) | トップ | あけましておめでとうござい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。