WIND BENEATH MY WINGS

震災後、私たちの暮らしの「あるべき姿」を考え中。持続可能で幸せな暮らしを一緒に考えていきませんか?

東京湾で潮干狩り!~城南島海浜公園~

2011-03-06 17:38:24 | 嬉しい!楽しい!面白い!ワクワク!





東京の人々は昔から水辺と親しんできたと聞きます。
同時に、海に面した都市である江戸・東京の歴史は、
埋立ての歴史という一面を持ちます。

江戸&東京人の水辺とともにある暮らしは、
江戸時代から明治、大正、昭和も戦後までず~っと、
続いてきたように思います。

でも戦後、経済発展と、首都周辺の怒涛の開発により、
東京の海は汚れ、埋め立てられ、東京の人たちは、
ずっと親しんできた水辺から遠ざかってしまったのでは
ないでしょうか。

「東京湾で潮干狩り」

なんて、母世代が聞いたら、
「大丈夫なの?」とぶっとぶでしょう。
(ごめんなさい・・・。)
私自身も「東京湾=汚い」と思い込んでいたので、
お台場でウィンドサーフィンをしている人をみて
大丈夫だろうか(汚染されないだろうか?)
と心配していましたから・・・。


しかし最近では大勢の方々の努力により
東京の水辺は再生されてきています。
いまでは「一番好きな海は東京湾!」という方も多いです。
多摩川も荒川もアユの遡上が増加傾向だったり、
しばらくみられなかった魚が獲れたり・・・。
東京湾とそこに流れ込む川は綺麗になりつつあります。
公私共にそういう話を各所で聞き、
本当に嬉しく思っています。

前置きが長くてすみません。
昭和45年に東京都において「海上公園構想」が立てられ、
海上公園のある東京の海辺づくりへの取り組みが
本格的に始まったそうです。
昭和47年頃から事業に着手。
昭和50年10月には、東京都海上公園条例を制定。
一挙に13の海上公園が開園しました。
この時期にできたものは、晴海ふ頭公園、
お台場海浜公園などだそうです。

「海上公園」は、
●砂浜があるなど海辺に親しむ場である「海浜公園」、
●ふ頭の環境整備の一環としての「ふ頭公園」、
●臨海部の施設を緑の帯でつなぐ緑道公園、
の3つのタイプに大きく分類することができるそうです。

今回私たちが行ってきた城南島海浜公園は、その名の通り「海浜公園」です。
この城南島海浜公園の人口砂浜は、海浜公園の中でももっとも新しく、
2002年にオープンしたものだそうです。





羽田空港に離着陸する飛行機を間近に眺めながら、
潮干狩りができるという、
東京港ならではの不思議な景観が楽しめます。

海に面した都市である東京。しかし、今では砂浜は希少です。
同公園は大井にある我が家からは車で15分くらい。
「15分で潮干狩り」。嬉しいことこの上ありません。

潮干狩りは「つばさ浜」(人工海浜 延長約440m)で行います。

「じょれん」などのハイテク?は禁止されており、
「くまで」だけで獲るのがルールです。



波から逃げながら、旦那と私は熱中して獲りました。



「つばさ浜」の水は綺麗でした。
白くみえるのがアサリ。




こちらはちょっと別の場所ですが底が透けてみえてびっくり。




旦那は掘り、私は長靴だったので、波打ち際で拾っていたかんじ。
波とたわむれるのは久しぶり。楽しかったです。


言いだしっぺの次男は、砂遊びに熱中して戦力外でしたが、
それもよしでしょう。




長男は砂にも海にも慣れていないのですが、
その割にはずいぶん頑張りました。

カニが現れて、そちらに気持ちがいってしまいましたが
それもよしです。

カニ~。



とにかく「砂」が気になったみたい。



飽きると砂遊び参加?




一時間ほどで潮が満ちてきたので、終了。
大漁?でした。



選別して、「10円玉より小さいもの」は自然保護のために浜にかえします。
カニも嫌がる長男からとりあげ逃がす。

ここ大切なので、
「食べる以上はとらない」「赤ちゃんアサリはそのまま」
などと偉そうに子供たちに言い聞かせる。
(^^;
(ここのルール)




でも、昔の人はあたりまえにやっていたことなんですよね~。
「獲りつくさない」は、自然と共に生きながら人類が体得した
大切な知恵なのに。

余談ですが・・・。
「2キロ以内」とか「くまで」
なんて無視して、
大量に獲っていた人はいました。

うーん、なんだかな~。

※※※


午後はお弁当食べて、芝生でごろごろしたりして
楽しく過ごしました。





芝生に寝転がって空をみる。
気持ちよいです~。




大きなアサリは、さきほど酒蒸しにして食べました。
ぜんぜん問題なかったと思います。



(^^)

大森・大井地域に移住してから身近になった東京湾。
ますます東京湾LOVEになった一日でした。

今年中にキャンプまたは日帰りバーベキューにきますので
またそのとき詳しく書きますね!




●城南島海浜公園
東京都大田区城南島4丁目2番2号
http://www.tokyobaypark.net/jonanjima_seaside/

●車の場合 
首都高速大井南ランプ出口を利用の場合、高速道路側を南下し、
環状七号線より城南野鳥橋を渡り、道なり直進突き当たりを右折。  
首都高速平和島ランプ出口を利用の場合、環状七号線より城南野鳥橋を渡り、
道なり直進突き当たりを右折。  
●有料駐車場(284台)。
ジャンル:
ウェブログ
Comment (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 椎茸パパラッチに思う。「これ面... | TOP | 「ビジョンを描く、ネットワーク... »
最近の画像もっと見る

1 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
バーベキューレンタルのゴードン (バーベキューレンタルのゴードン)
2011-09-01 08:19:14
城南島海浜公園、いいですよね!

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。